2017年09月11日

【競馬稼業はつらいよ】〜9月の阪神パドックは真夏なみ。(涙)


土曜日:週中の気温は秋が近付いて来た感もあり、その残暑厳しい阪神パドックも今年はなんとか気分良く仕事が出来るか、とささやかな期待を持って・・・。いやはや、例年に劣らず、阪神パドックは温室状態。(涙) と云っても、「馬見家」はパドックに立って
、ナンボの商売。そう、メイチ頑張るしかない!

阪神5R2歳新馬 芝1600m    

◎06番ジャンダルム(1着):すっきり仕上がる。距離向く。少し煩いが動きはマズマズ。
○07番スターリーステージ(3着):脚捌き少し硬いが仕上げ良し。軽めもまずまず。
▲09番サンライズカナロア(5着):ほぼ仕上がる。距離向く。軽め。
注08番ロードラナキラ(2着):お釣りある仕上げもデキ上向く。抑えて軽め。

総評 上位馬実力拮抗

結果、*1番が好スタートを切りハナに立つ、*3番は2番手、*内から*2番が好位、◎6番は好位の外、注8番は中団の外、○7番は中団後方の中、▲9番は出遅れて後方から追走。◎6番は、直線入り口付近で気の悪さを見せたが、立て直すと力強く、先頭に抜け出し、そのまま、危なげ無く、ゴールを駆け抜け、快勝。注8番は、四角で外に膨れたが、直線に向き力強く伸びて、2着確保。○7番は馬群の中から抜け出して来たが、ゴール前で力尽きて、3着まで。

日曜日:阪神パドックは、昨日に引き続き気温が高く、おまけに湿度も高く、身体はヘロヘロ状態だが、如何に体力を維持し集中力だけは落とさないように、無駄な動きをせず、頑張るだけ。それにしても蒸し暑い。(涙)

阪神5R2歳新馬 芝2000m    

◎06番シルヴァンシャー(1着):すっきり仕上がる。距離向く。少し頭高い。
○04番プルンクザール(5着):仕上げ良し。距離向く。軽目に終始。
▲03番ムーンレイカー(2着):すっきり仕上がる。距離向く。少し煩い。
注08番サンディー(4着):ほぼ仕上がる。距離向く。煩い面見せる。

総評 上位馬横一線

結果、内から*1番がハナに立ち、*7番が掛かり気味に2番手、*2番は好位、▲3番は中団の内、注8番は中団の外、○4番は後方、◎6番は抑えて最後方から追走。直線、*1番(3着)が渋太く粘るところを◎6番が大外からアッサリ交わし、快勝。▲3番は内から力強く伸びて、2着確保。

阪神6R2歳新馬 芝1400m     

◎09番デルニエオール(1着):少し煩くなるも仕上げ良し。少し煩い。
○11番メイショウタンゴ(5着):お釣りある仕上げもデキ良し。少し煩い。
▲04番ピエナミント(2着):すっきり仕上がる。距離向く。少し煩い。
注02番キフジン(6着):少し煩くなるも仕上げ良し。煩い面見せる。

総評 上位馬実力拮抗

結果、*3番がハナに立ち、*7番が2番手、*8番が好位の外、注2番は好位の内、▲4番は中団の外、○11番は中団後方、◎9番は中団後方の外、*1番は出遅れて中団後方の内から追走。直線、勝負処で*8番が先頭に立つも、◎9番が大外からアッサリ先頭に踊り出て、そのまま、ゴールを駆け抜け快勝。▲4番は内から渋太く伸びてきたが、2着まで。直線、大外から*1番が追い込んで来たが、後一歩届かず、3着まで。

阪神11RセントウルS・G2 芝1200m

◎13番ダンスディレクター(3着):休み明けもほぼ仕上がる。少し力む。
○07番ファインニードル(1着):良い意味での平行線。軽めも少しできる。
▲14番フィドゥーシア(9着):馬体ふっくら見せ順調。少し頭高い。
注02番メラグラーナ(4着):びっしり仕上げる。展開次第。軽めもまずまず。
△03番アルティマブラッド(6着):良い意味での平行線。少し脚捌き硬い。

総評 各馬横一線

結果、▲14番が大外からハナに立ち、*12番が2番手、○7番は好位から、▲3番は好位後方、◎13番は後方から追走。直線、▲14番が渋太く粘るところを、○7番は力強く抜け出し、快勝。*6番が内から抜け出し、2着確保、◎13番は、大外から力強く伸びてきたが、後一歩届かず、3着まで。

土曜日 13R ハイカラ屋

名古屋からミズカミさん、合流したハイカラ屋の若社長、スタッフの橋浜とワイワイヤイヤイ。参加された皆さん、おつかれさまでした。

現場参戦

ユミさん、囲碁界の"サラブレッド"関山利道九段、オオシマくん、次回ご参加ください。

森裕太朗騎手のお祖父さん&お祖母さん(7Rタイセイパルサーの完勝おめでとうございました。差し入れありがとうございました)。

日曜日 13R ハイカラ屋

イシイさん(開門ダッシュありがとうございました)、つばみさん、オオシマくん、東京から某編集部のタバタさん、フルサワくん、スタッフの橋浜とワイワイヤイヤイ。参加された皆さん、おつかれさまでした。

現場参戦

ユミさん、次回ご参加ください。


JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら



2017年09月10日

【本日の馬場情報】 9/10


【中山】
 芝:良 ダート:良
今日は朝から日差しが強く、ほぼ風がない蒸し暑い一日となっています。
おそらく土曜日よりも暑くなりそうです。




引き続き馬場は良好。基本的には内が止まりにくく、差すなら混雑する内よりも、ロスがあっても外を回る方が勢いがつきやすいです。
時計・上がりともに若干掛かりがちで、そこまで速い馬場ではないのですが、気を抜く展開だとアッサリ前残りになります。


ダート

土曜日以上に馬場がぱさぱさに乾いていて、砂煙が上がります。
パワー必須で先行有利、体格の良い馬から評価したいところです。
馬体重はチェックしましょう。






【阪神】

 芝:良馬場 ダート:良馬場

照り返しがきつくて暑い。風はスタンド側から向正面に向いて吹いている。



土曜日よりも乾いている。多少、体の線が細い馬でも凌ぎやすい馬場。先行馬が有利。

ダート
乾燥している。先行馬や、馬格がある馬が有利


WIN_20170910_09_14_08_Pro
WIN_20170910_09_15_08_Pro
WIN_20170910_09_15_11_Pro












JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら


2017年09月09日

【外厩名人】 村山弘樹の明日使える?データ



競馬ナマTVが日曜14:00〜再開!!!
安井代表らしさ?を出した放送になるそうなのでお楽しみにお待ちください。






春競馬の競馬ナマTVで公開していた新激走指数は、改良を加え現在はスポーツ報知さんの「馬トク」サイトでご覧いただけます。コチラもあわせてご確認ください。
https://umatoku.hochi.co.jp/



h11rsun

☆セントウルS
今回はミッドウェイファームからの帰厩2走目となるファインニードル。北九州記念では前が詰まってロクな競馬ができなかったことを考えると重賞でも通用する実力を示した。ミッドウェイファームは勝利数こそ多くないものの、成績自体は上位外厩と遜色ない優秀な育成牧場。さすが世界のダーレー。個人的に狙い撃ちできる条件が分からず、推奨できていないのが申し訳ないところ。さて、このような場合は、厩舎の仕上げ方や馬のリズム等を合わせて判断するべし。高橋義忠厩舎は基本的に宇治田原優駿ステーブルの2、3走目で結果を残している厩舎(クラスの問題もありますが)で、ファインニードル自身も帰厩2走目で結果を出していることが過去走から見てとれる。本番で乗ることはないが、引き続きのMデムーロ騎手騎乗なのでモチベーションも高いだろう。

◇ファインニードルの過去走
fineneedle

フィドゥーシアは大山ヒルズからの帰厩2走目。近年は直線競馬で強さを見せてきた馬がセントウルSで好走するケースが多く、今年ならこの馬か。

ファインニードルから上手く組み立てたいが、おもしろい穴馬も見つけられずで、馬券は買いづらい。買うなら単勝かフィドゥーシアとのワイド1点になる。

--------
--------

n11rsun

☆京成杯AH
高速決着のイメージがあった京成杯AHも、エアレーションや馬場工事などで上がりの脚がある馬に有利になってきた印象。グランシルクは、ここまで【4,6,5,6】と安定した成績を残しているが、ノーザンF天栄からの帰厩初戦に限定すると【2,2,2,1】。馬券内を外したのは3歳時の京成杯AH時だけ。主戦の戸崎騎手がメラグラーナの方に乗りに行っている点が引っかかるが、この馬自身の力は出せるパターンではある。ただ勝ち切るタイプではないので、馬連フォーメーションで外厩馬券を。2列目には逃げ馬マルターズアポジー、勝率がイマイチも馬券にはよく絡む池添学厩舎×小松TCのボンセルヴィーソ、安定の音無厩舎×ノーザンFしがらきであるブラックスピネル、馬名太字馬になるほどではないが、藤原英昭厩舎×山元トレセンのガリバルディまで4点。

--------
--------

☆阪神9R 新涼特別
今年帰厩初戦で人気馬も穴馬も激走する西園厩舎。ノーザン系から宇治田原優駿S、吉澤S-WESTまで幅広く走っている。吉澤S-WESTからの帰厩初戦スマートレイチェルはスンナリ運べたら完勝まで。

◇2017年西園厩舎の単勝人気別成績(帰厩初戦時)
nisizono


馬券的に面白いのはマイネルラック。前走は出遅れて競馬にならず。距離延長に加え新潟→阪神のコース替わりなら差し脚が生きる。地力上位ヒロブレイヴと安田隆行厩舎のストリクス、スマートと同系だが逃げ馬のベルエスメラルダまで。

--------
--------

☆阪神10R 西宮S
かなり人気しそうなので推奨はできないですが、ミエノサクシードの放牧先である名張のヒイラギステーブルは率でならノーザンF系外厩に迫る実績がある、とは覚えていてください。

seiseki

--------
--------

☆阪神12R
なかなか勝ち切れないが500万下条件では地力上位のエンヴァールから。今回で3走連続となるノーザンFしがらき帰りとなる。藤原英昭厩舎は幅広くどこの外厩でも結果を残しているが、今年は吉澤ステーブルWESTからの帰厩初戦が【9,6,2,14】と爆発。レオナルドとかが代表馬でしょうか。前走ペースが向かなかったグランノーブルウェーブヒーローへ。



JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら


【本日の馬場情報】9/9


【中山】
 芝:良 ダート:稍重→良
今日はほとんど雲のない快晴で、朝方は涼しい風が出ていたものの、昼過ぎから風がやんで蒸し暑い気候に戻りました。長袖だと苦しいほどの暑さはあります。今日は乾燥一途でしょう。


馬場状態は絶好。芝は蹄が見えなくなるほど密に伸びています。
今のところはほとんど前有利で、差し馬安定とは言いにくく、馬場状態が良い分前行った方がいいという状況。
上のクラスになってペースが変わればわかりませんが。


ダート
ほとんど朝から乾いていて、比較的前行った組の方が有利。
特に変哲のない、通常のダートのように見えます。
中距離は結構上がりが掛かるはずです。




【阪神】
 芝:良 ダート:稍重→良
WIN_20170909_09_10_12_ProWIN_20170909_09_10_00_ProWIN_20170909_09_08_52_Pro

湿気があり暑い。風はほとんど吹いていない。


Aコース使用。コンディション良好も、少し力が要る馬場。馬格がある先行馬に有利。

ダート
表面は乾燥しているが、若干脚抜きが良い馬場。中団よりも前で競馬を進められる馬が有利。





JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら


2017年09月08日

【外厩名人】 村山弘樹の明日使える?データ


夏競馬はステルヴィオ(コスモス賞)、フロンティア(新潟2歳S)、ロックディスタウン(札幌2歳S)とサンデーレーシングの2歳馬が活躍を見せました。まだまだデビューを控えている素質馬が揃っているサンデーレーシングは流石としか言いようがありませんね。

-----------------------
-----------------------
n11r

☆紫苑S
ファンディーナやアドマイヤミヤビ、レーヌミノル、リスグラシューにモズカッチャンら関西の有力どころがローズSにいるので、それを避けてきた関西馬がチラホラ。昨年のヴィブロスもここで権利を取りに来ていたと記憶している。ディアドラはノーザンFしがらきからの帰厩2走目。1000万下条件を勝っても秋華賞出走権が危ない?のか紫苑Sを使ってきた。前走で馬体重が-12キロだったことや、再度の輸送を考えるとコンディションは?なので本命には推しづらいが、オークス4着馬の強さで押し切られても納得できる。馬券は15ルヴォワールから組み立てたい。手塚貴久厩舎×ノーザンF天栄×戸崎騎手で今回は権利取りの一戦。前走は裂蹄テープを巻いていて、今回はフレグモーネ明け。調教での遅れもあり状態は疑問だが、パターン的には来るやつ。外厩以外でも素質を感じるフットワークだったということも理由。相手はノーザンファームBOXとなる7ポールヴァンドル、8ホウオウパフューム、16ディアドラ、18サロニカ。紫苑Sは長期休養明けの有力外厩帰りの馬が活躍する重賞になると見込んでの予想。

-----------------------
-----------------------
h5r

☆阪神5R
さて、個人的に注目の新馬戦。母がビリーヴ(Believe)の6ジャンダルムは4月のPOG取材で実馬を見たが、筋肉量がありボリューム感ある馬体に思わずオッとなった記憶が。取材の感触と自分のイメージからPOGでも指名したので頑張ってほしいところ。そこまで長い距離が向くとは思わないけれども、現段階では素質で適応できる。そしてやはりミッキーアイルの下の7スターリーステージも調教で動いている。この2頭から、3連単ではなく3連複2頭軸流し相手2点とかで組み立てたい。何となくですが。次に人気が予測されるロードカナロア産駒の2頭がいるが、追い切り指数が高いことに加え、安田厩舎の新馬戦成績の良さから9サンライズカナロアをより上位評価したい。

-----------------------
-----------------------
h11r

☆阪神11R エニフステークス
外厩でいうならば、中内田厩舎×グリーンウッドの15イーデンホールだろう。勝つか馬券外かのピンパー。
☆2017年中内田厩舎×グリーンウッドは帰厩初戦で勝ち切る傾向
nakauti

ただ買いたいのは4ウインムート

uinnmu-to

ウインムートは桶狭間ステークスの内容が秀逸。サトノファンタシーを直線で更に突き放し完封した内容は圧巻だった。今走で帰厩4走目を迎えるが、厩舎ゆえに過去にも使われているので問題はないだろう。単勝オッズが3倍付くなら単勝を買いたい。

相手で注目は8ゴーインググレート

go-ing

実績は1200Mに集中しているが、プロキオンSでは差し決着を粘っていた。メンバーレベルを考えると今回なら粘れても。他は人気どころに流そうと思うが、6ピンポン10ナガラオリオンはこの条件ならいつ来てもおかしくなく、広めに。

-----------------------
-----------------------
h9r

☆阪神9R 鳥取特別
前走は同冠のタガノヴェローナに厳しくされた感がある6タガノグルナが楽逃げできれば。岡田稲男厩舎×宇治田原優駿ステーブルの7ウォーターマーズは距離延長で巻き返せるとは思うが、今年は帰厩初戦のダートで勝てていない。使ってから勝ち切る厩舎ではある。
☆2017年岡田稲男厩舎×宇治田原優駿ステーブルの成績
uuuzzziii


☆中山8R4番コパノマイケル・・・帰厩初戦の好期待値条件
→25.7-39.2-56.4-86.7-83.4

☆中山11R18番サロニカ・・・ノーザンFしがらきと相性の良い厩舎(帰厩2走目まで)
→17.9-29.6-40.6-99.7-86.1

☆阪神6R13番トゥザクラウン・・・ノーザンFしがらきと相性の良い厩舎(帰厩2走目まで)
→17.9-29.6-40.6-99.7-86.1

☆阪神6R16番イルーシヴハピネス・・・ノーザンFしがらきと相性の良い厩舎(帰厩2走目まで)
→17.9-29.6-40.6-99.7-86.1

☆阪神10R4番サトノグラン・・・ノーザンFしがらきと相性の良い厩舎(帰厩2走目まで)
→17.9-29.6-40.6-99.7-86.1


JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら


2017年09月06日

【血統&馬体講座】 アサクサゲンキ(小倉2歳S)


今回のレースロゴ
2017年09月03日(日)
 小倉11R 芝1200 小倉2歳S・G3 1着


プロフィールロゴ
牡2 アサクサゲンキ
父 ストーミーアトランティック
母 アメリア
母父 ディキシーランドバンド
出産時の母の年齢 17歳
毛 色 鹿毛
馬体重 450K
厩 舎 音 無(栗東)
馬 主 田原 慶子氏
生産者 Alexander − Groves −
生産地 米
ストームバード系

ストーミーアトランティック

   1994
ストームキャット
黒鹿  1983
Storm Bird1978Northern Dancer1961
South Ocean1967
Terlingua1976Secretariat1970
Crimson Saint1969
Hail Atlantis
   1987
Seattle Slew1974Bold Reasoning1968
My Charmer1969
Flippers1981Coastal1976
Moccasin1963
ノーザンダンサー系

アメリア

   1998
ディキシーランドバンド
鹿毛  1980
Northern Dancer1961Nearctic1954
Natalma1957
Mississippi Mud1973Delta Judge1960
Sand Buggy1963
Aquilegia
   1989
Alydar1975Raise a Native1961
Sweet Tooth1965
Courtly Dee1968Never Bend1960
Tulle1950
クロスNorthern Dancer 4x3 Native Dancer 5x5
馬体コメントロゴ
胴、手脚、繋の長さとも標準で、繋の角度(遊び)は若干窮屈。蹄の大きさ、蹄底の厚みはともに標準。馬場状態(芝)は良馬場がベスト。距離は1200m〜1400m。
レースコメントロゴ
内を空けて4角を回る馬が多く、時計も1分9秒台とタフな馬場であったか、上がりが掛かり差し馬が台頭する展開となった。その流れを押し切ったアサクサゲンキが強かったと言えるレース。1番人気に推されたモズスーパーフレアは、自身の新馬戦で記録したタイムよりも0.6秒遅い決着であったが、ペースと短い間隔での輸送が堪えたか7着に沈んだ。持ち時計だけでは決まらないことを実感させられた。ヴァイザーは道中不利多くもったいない競馬。1200Mでも大丈夫。
170903-11アサクサゲンキ
アサクサゲンキ
画像なし
ストーミーアトランティック
画像なし
ディキシーランドバンド



画像なし-脚
ストーミーアトランティック-脚
画像なし-脚
ディキシーランドバンド-脚
170903-11アサクサゲンキ脚
アサクサゲンキ-脚
血統コメントロゴ
父ストーミーアトランティック×母アメリア(母父ディキシーランドバンド)の血統構成。5代までにNorthern Dancer, Native Dancerクロスを持つ。

※写真の無断転載を禁じます




JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら


【血統&馬体講座】 メイショウテッコン


今回のレースロゴ
2017年09月03日(日)
 小倉05R 芝1800 2歳新馬 1着


プロフィールロゴ
牡2 メイショウテッコン
父 マンハッタンカフェ
母 エーシンベロシティ
母父 レモンドロップキッド
出産時の母の年齢 10歳
毛 色 青鹿
馬体重 486K
厩 舎 高橋忠(栗東)
馬 主 松本 好雄氏
生産者 下屋敷牧場
生産地 新ひだか
ヘイロー系

マンハッタンカフェ

青鹿  1998
サンデーサイレンス
青鹿  1986
Halo1969Hail to Reason1958
Cosmah1953
Wishing Well1975Understanding1963
Mountain Flower1964
サトルチェンジ
黒鹿  1988
Law Society1982Alleged1974
Bold Bikini1969
Santa Luciana1973Luciano1964
Suleika1954
ミスタープロスペクター系

エーシンベロシティ

   2005
レモンドロップキッド
   1996
Kingmambo1990Mr. Prospector1970
Miesque1984
Charming Lassie1987Seattle Slew1974
Lassie Dear1974
バーモントガール
鹿毛  1997
Mi Cielo1990Conquistador Cielo1979
My Inheritance1982
Raging Apalachee1988Apalachee1971
Fagers Charisma1976
クロスMr. Prospector 4x5
馬体コメントロゴ
腹袋が大きく、肉、骨量とも豊富。胴、手脚、繋の長さとも標準で、繋の角度(遊び)は程良くある。蹄の大きさ、蹄底ともに標準。馬場状態(芝)は良馬場ベストだが、稍重程度ならこなす。距離は1600m〜2000m。

レースコメントロゴ
直線外から伸びたメイショウテッコンが差し切り勝ち。前半3ハロンが39.0秒と序盤はかなりのスロー。そこからは徐々に加速していくラップを刻み、最後まで減速することがなかった。レースの上がりタイムはこの条件を考えると速く、この流れを差し切ったメイショウテッコンは評価できる。敗れたレッドヴァールとリバプールタウンはともに次走でもマークしておきたい。
170903-5メイショウテッコン
メイショウテッコン
マンハッタンカフェ
マンハッタンカフェ
画像なし
レモンドロップキッド



マンハッタンカフェ-脚
マンハッタンカフェ-脚
画像なし-脚
レモンドロップキッド-脚
170903-5メイショウテッコン脚
メイショウテッコン-脚
血統コメントロゴ
父マンハッタンカフェ×母エーシンベロシティ(母父レモンドロップキッド)の血統構成。5代までにMr. Prospectorクロスを持つ。

※写真の無断転載を禁じます




JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら


2017年09月04日

【競馬稼業はつらいよ】〜秋風が吹き馬場状態良ければ!?


土曜日:朝起きて外に出れば、今までの暑さは何処へ、と行ったと思うほど、秋風が身体を通り抜けるかのような涼しさ・・・。いやはや、ここまで涼しくなり、馬場状態も良馬場となれば、久々にパドック&個人馬券ともどもなんとかなるか、と。←(早くも捕らぬ狸の皮算用? 笑い) はてさて結果は如何に・・・。


日曜日:昨日に続き、気温は低めで馬場状態も良く、パドック&個人馬券ともどもなんとかなるかと。←(相変わらず気楽な親父です。笑い)

小倉5R2歳新馬     

◎08番レッドヴァール(2着):ほぼ仕上がる。距離向く。頭高いが全体的な動きはマズマズ。
○03番カンズ(9着):ほぼ仕上がる。距離向く。少し脚捌き硬い。
▲04番ノーブルスピリット(5着):お釣りある仕上げもデキ良し。少し煩いがフットワークはマズマズ。
注09番メイショウテッコン(1着):お釣りある仕上げもデキ良し。少し力む。
△12番シャンテューズ(10着):ほぼ仕上がる。距離向く。少し頭高いが脚捌きは問題なし。
☆15番トップオブウイン(6着):脚捌き少し硬いが仕上げ良し。頭高い。

総評 上位馬実力拮抗

結果、▲4番がハナに立ち、◎8番は2番手、*10番が好位の外、、○3番は好位の内から、☆15番は中団後方、△12番は後方から追走。◎8番(2着)は、直線入り口で早めに先頭に立ち、ゴール手前まで踏ん張っていたが、注9番が外からアッサリ交わし、快勝。*13番が大外から追い込んで、3着確保。

*次走、コメント。◎8番は、馬体面からの上積み見込め、次走に期待。

11R小倉2歳S・G3 

◎11番モズスーパーフレア(7着):脚捌き少し硬いがデキ良し。頭高いが全体的な動きはマズマズ。
○09番ヴァイザー(4着):休み明けも仕上げ良し。少し脚捌き硬い。
▲07番ペイシャルアス(6着):良い意味での平行線。軽目も落ち着きある。
注17番アサクサゲンキ(1着):良い意味での平行線。少し後肢の蹴りが弱い。
△10番バーニングペスカ(3着):馬体ふっくら見せ順調。少し脚捌き硬い。
▽14番アイアンクロー(2着):馬体ふっくら見せ順調。少し後肢の蹴りが弱い。

総評 上位馬横一線

結果、*4番が内からハナに立ち、◎11番は、好スタートを切ったが、抑えて2番手から、*5番は好位の中、注17番は好位後方の外、○9番は中団の外、▲7番は中団後方から追走。直線入り口で、◎11番が先頭に立つも、注17番(1着)に外からアッサリ交わされ、失速。大外から▽14番が伸びて来て、2着。△10番は馬群の中から抜け出し、3着確保。

次走、コメント。◎11番は、脚捌き硬い面あり揉まれ弱さあるが、馬体良く、スンナリなら巻き返せる。次走に期待。

土曜日 13R ハイカラ屋→あぶくりカフェ

森祐太朗騎手のお祖父さん、お祖母さん(最終レース優勝おめでとうございました。差し入れありがとうございました)、大阪の馬券師さん(差し入れありがとうございました)、横浜から馬主のナカムラさん(クオカードありがとうございました。一口愛馬クランモンタナ、障害レース慣れして、巻き返してくれますように)、ハイカラ屋の若社長、アキちゃん、カヨさん、フルサワくん、スタッフの橋浜とワイワイヤイヤイ。参加された皆さん、おつかれさまでした。

シマダさん、ごちそうさまでした。

現場参戦

カワバタさん(開門ダッシュありがとうございました)、ナカミチさん、次回ご参加ください。

日曜日

現場参戦

カワバタさん(連日の開門ダッシュありがとうございました)、コモリさん、アキちゃん、マリンさんとお嬢さん、フルサワくん、馬主のナカムラさん(エスコートありがとうございました)、マヒロさん(差し入れありがとうございました)、おつかれさまでした。
スミさん&息子さん、開門ダッシュありがとうございました。

ではでは パドックでお逢いしましょう グッドラック!



JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら


2017年09月03日

【本日の馬場情報】 9/3


【新潟】
 芝:良 ダート:良
土曜日と同じように微妙な雲と強い日差しがある好天で、今日は涼しい風が吹き込んで過ごしやすい天候です。
そこまで風は強くありません。雨の影響は全く見られません。



土曜日後半と一緒で、馬場の真ん中から外を使う競馬になっているようで、地力上位の馬が安定しています。
直線でバラけるので不利もなく、しかし先行する馬が止まらないという状況。推定上がり最速候補は安定しているはずです。


ダート

土曜日よりは若干内有利のようで、微妙に時計も速め。
上がりは掛かっていますが、基本的に前有利のダートが戻りました。
馬場自体はフラットなのですが、コーナーで外を回ると遅れを取ります。





【小倉】

 芝:良馬場 ダート:良馬場

土曜日よりも日差しがきつく、暑い。風はスタンド側から2コーナーに向いて吹いている。



少し内側が荒れているが、全体的なダメージは気にならない。土曜日よりも若干、力が要る馬場。

ダート
土曜日よりも乾燥していて、パワータイプの馬に向く馬場。引き続き、先行できる馬が有利。

WIN_20170903_09_16_05_Pro
WIN_20170903_09_18_54_Pro
WIN_20170903_09_18_44_Pro









JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら


2017年09月02日

【外厩名人】 村山弘樹の明日使えるデータ


重賞がない札幌にCルメール騎手が残っているので、どこかに勝機のある馬がいると考えるのが自然の流れ。勝ち星的には独走状態ですので、札幌リーディングを狙っているというわけでも無さそうですし。当然有力馬に多く乗っているのですが、その中でも藤沢和雄厩舎との組み合わせである9Rのピックミータッチ(ファンタストクラブ)が本命になるのかと思います。(しかしながら札幌に拘る必要もあまりないようなメンバーだが...。)

-+-+-+-+-+-+-+-+
-+-+-+-+-+-+-+-+

n11
k11

小倉2歳Sは上位人気に思ったほど被っていないので、新馬戦好タイムで勝ち上がりのモズスーパーフレアヴァイザーのワイドで勝負。ヴァイザーの新馬戦は次走で好走する馬が多くいたレベルの高い新馬戦だった。比較的早い流れであったことからも1200Mへの短縮は好感。堅い馬券だが意外と土曜昼の段階では配当は望めそう?

IMG_2691

eew

新潟はノーザンF馬が多くいる芝のG3戦なので、ノーザン系外厩の馬のどれかが勝つと考えて馬券を組み立てたいのですが、、、多すぎますね。選ぶならアストラエンブレムが一番無難かとは思いますが。馬券は買いませんでした。

☆小倉1R2番ラブカンプー・・・帰厩初戦の好期待値条件(宇治田原優駿ステーブル)
→26.4-39.7-57.3-89.3-85

☆小倉9R2番エルビッシュ・・・ノーザンFしがらきと相性の良い厩舎(帰厩2走目まで)
→18.1-30.4-40.7-104.9-88

☆小倉10R5番シロニイ・・・ノーザンFしがらきと相性の良い厩舎(帰厩2走目まで)
→18.1-30.4-40.7-104.9-88


JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら


【本日の馬場情報】9/2


【新潟】
 芝:良 ダート:良
明け方はまだ曇っていましたが、競馬開催が始まってから雲が晴れてきて、昼には強い日差しが戻ってきました。
比較的涼しい風が吹き込んでいたのですが、昼になると風が収まり蒸し暑くなり始めています。今日は乾燥する1日となりそうです。


引き続き全面的に荒れている様子で、あまり最内と真ん中は差がないように見えます。
内回りのレースは好位と内の決着、上がり性能は必要ですが大外回しはあまり通用しなさそうです。馬場が良好なままきていて、今日もそれほど荒れないでしょう。

ダート
大混戦ムードのレースが多かったためか、展開が二転三転して直線差しが決まるレースが3つ続きました。
時計は標準、上がりが掛かる馬場で馬場は乾いています。
スタミナに寄った状況なのか、差しが決まるので、前走から距離短縮した馬が穴をあけている様子。推定上がり最速馬にも注意。




【小倉】
WIN_20170902_09_52_04_ProWIN_20170902_09_51_59_ProWIN_20170902_09_49_06_Pro
 芝:良 ダート:良
時折、涼しい風が吹いて過ごしやすい。風はスタンド側から向正面に向いて吹いている。


Bコース使用。少し内側が凸凹している。フットワークが綺麗な馬に向く馬場。

ダート
乾燥している。先行馬や、中団よりも前で競馬を進められる馬が有利。




【札幌】
WIN_20170902_09_07_00_ProWIN_20170902_09_06_52_Pro
 芝:良 ダート:良

最終週らしく内側が荒れている。
時計が掛かり、先週ほどではないが差し馬に有利な状況。

ダート
水が撒かれた影響か、午前中は時計の出る軽い馬場。
徐々に乾いてきているものの、先行有利な状況が続きそう。







JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら


2017年09月01日

【お知らせ】単行本「京大式 推定3ハロン パーフェクトブック」が予約開始!


■単行本「京大式 推定3ハロン パーフェクトブック」■

B2




⇒「Amazon」はコチラから

◎発売日
9月1日(金)

◎価格
1998円(税込)

◎目次
◎プロローグ…推定3ハロンの凄さを学ぶ(推定3ハロンのこれまでの実績を紹介)
◎1章…推定3ハロンの基本を学ぶ(推定3ハロンの考え方、扱い方を説明)
◎2章…推定3ハロンの応用を学ぶ(推定3ハロンを使った馬券の狙い方を説明)
◎3章…推定3ハロンの活用術を学ぶ(推定3ハロンを活かした全コースデータ)
◎4章…推定3ハロンの攻略術を学ぶ(推定3ハロンを活かした全重賞データ)
◎袋とじ…推定3ハロンのマル秘データを学ぶ(推定3ハロン的激走馬リスト一覧)

⇒「Amazon」はコチラから




JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら


【外厩名人】 村山弘樹の明日使える?データ


小倉2歳ステークスのモズスーパーフレアは新馬戦を1:08.5の好時計で快勝。人気になっているのも頷けます。では、果たしてこのタイムはどれくらい速かったのでしょうか。このように走破タイムの比較をしたい際に役立つのが「JRDVコース別タイム」です。では、実際に小倉芝1200の新馬戦という条件で確認してみましょう。

ダウンロード (2)

「JRDVコース別タイム」を見ると、2013年2月〜先週までの期間において、モズスーパーフレアが記録した1:08.5は、ホウライアキコベルカントに次ぐ3番目の時計です。能力指数IDMは46と高く、昨年のレーヌミノルより5も高く出ています。このことから、前走見せたパフォーマンスは高く評価することができると考えていいでしょう。今回のコンディションと枠順等にマイナス面が見つからなければ堅軸となり得る存在です。また、これを見るとバーニングペスカの新馬戦のタイムは速かったものの、IDMはモズスーパーフレアと差があることが分かりますね。以上、「JRDVコース別タイム」の紹介でした。

---------------------
---------------------

以前にも触れた気がするのですが、記事が見つからなかったのでもう一度。八木良司氏×宇治田原優駿ステーブルの今年の成績は以下のとおり。

無題

また、これをダートに絞って単勝人気別で見てみると、

無題

1番人気での成績はもちろん、上位人気に支持された際の安定感が光っています。最近ではレパードSにグルナ・カトレア・ディグオの3頭出しをするなど、特にダート路線での活躍馬が多いタガノ冠馬。ノーザンファームが絶対ではない分野で結果を出すというオーナーブリーダーとして方針がはっきりと見てとれます。自外厩の宇治田原優駿ステーブル調整馬は、今後も激走を見せてくれそうなのでマークしておくべきでしょう。ただ、今週は該当馬はゼロ...。週中に用意したネタだったので正直ボツネタです。。。

---------------------
---------------------

チェキ会?やらで今週何かと競馬界を騒がしたハウナニがデビュー。ここまでロードカナロア産駒は7勝を挙げるなど、種牡馬として評判通りの好スタートを切っており、ノーザンF生産馬に限定すると【5,2,3,4】と驚くほどの好成績を記録。当然、ハウナニにも好走が期待されます。今のところダートではアクアリブラ(ノーザンF生産馬)が6着に敗れているだけで、【0,0,0,1】と未勝利。ダートでの初勝利を父にプレゼントできるかにも注目です。

---------------------
---------------------

馬券では、スピードを武器に未勝利→500万下を連勝して以降、結果が伴っていないアズールムーンの復活を狙ってみる。とにかくテンのダッシュ力には非凡なものがあるので、それを生かしての粘り込みを期待。近走の大敗は精神的なものに因るだろうし強気にはなれないが、まだ復活の芽はある。ノーザンファーム天栄でのリフレッシュ効果が上手くはたらいてほしいところ。

☆札幌12R7番ハナズレジェンド・・・帰厩初戦の好期待値条件(宇治田原優駿ステーブル)
→26.4-39.7-57.3-89.3-85

☆小倉1R6番レッドルーラー・・・ノーザンFしがらきと相性の良い厩舎(帰厩2走目まで)
→18.1-30.4-40.7-104.9-88

☆小倉1R10番キングナポレオン・・・ノーザンFしがらきと相性の良い厩舎(帰厩2走目まで)
→18.1-30.4-40.7-104.9-88

☆小倉2R1番シャルドネゴールド・・・ノーザンFしがらきと相性の良い厩舎(帰厩2走目まで)
→18.1-30.4-40.7-104.9-88

☆小倉10R2番サトノケンシロウ・・・ノーザンFしがらきと相性の良い厩舎(帰厩2走目まで)
→18.1-30.4-40.7-104.9-88

☆小倉10R5番ジュンスパーヒカル・・・ノーザンFしがらきと相性の良い厩舎(帰厩2走目まで)
→18.1-30.4-40.7-104.9-88

☆小倉10R8番オールドクラシック・・・ノーザンFしがらきと相性の良い厩舎(帰厩2走目まで)
→18.1-30.4-40.7-104.9-88


JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら


2017年08月30日

【血統&馬体講座】 バブリーバローズ


今回のレースロゴ
2017年08月27日(日)
 小倉05R 芝2000 2歳新馬 1着


プロフィールロゴ
牡2 バブリーバローズ
父 ステイゴールド
母 バブリームード
母父 クロフネ
出産時の母の年齢 8歳
毛 色 栗毛
馬体重 442K
厩 舎 池江寿(栗東)
馬 主 猪熊 広次氏
生産者 社台コーポレーション白老ファーム
生産地 白老
ヘイロー系

ステイゴールド

黒鹿  1994
サンデーサイレンス
青鹿  1986
Halo1969Hail to Reason1958
Cosmah1953
Wishing Well1975Understanding1963
Mountain Flower1964
ゴールデンサッシュ
栗毛  1988
Dictus1967Sanctus1960
Doronic1960
ダイナサッシュ1979Northern Taste1971
Royal Sash1966
ヴァイスリージェント系

バブリームード

   2007
クロフネ
芦毛  1998
French Deputy1992Deputy Minister1979
Mitterand1981
Blue Avenue1990Classic Go Go1978
Eliza Blue1983
バブルドリーム
   1993
Akarad1978Labus1971
Licata1969
Bubble Prospector1984Miswaki1978
Bubble Company1977
クロスなし
馬体コメントロゴ
薄身体型だが、前後躯のバランスが良く、胴、手脚、繋の長さは標準で、繋の角度(遊び)は程良くある。蹄の大きさは標準、蹄底は若干厚め。馬場状態は良馬場がベストだが、稍重程度ならこなす。距離は1600m〜2000mがベストだが成長次第では2400mもこなす。

レースコメントロゴ
パドックでの歩様からはやや硬い面が見受けられたが、バブリーバローズが人気に応えての新馬勝ち。力む素振りを見せ、中団で折り合いを確かめながら乗られ、3角入口から一気に先頭に並びかけるとそのまま危なげなく押し切った。大差を付けたわけではないが、最後まで余裕ある勝ちっぷり。新馬戦に強い馬が多い、猪熊広次氏×池江泰寿厩舎のコンビはやはり安定している。
170827-バブリーバローズ
バブリーバローズ
ステイゴールド
ステイゴールド
クロフネ
クロフネ



ステイゴールド-脚
ステイゴールド-脚
クロフネ-脚
クロフネ-脚
170827-バブリーバローズ脚
バブリーバローズ-脚
血統コメントロゴ
父ステイゴールド×母バブリームード(母父クロフネ)の血統構成。5代までにクロスを持たない。

※写真の無断転載を禁じます




JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら


【血統&馬体講座】 レグルドール(ひまわり賞)


今回のレースロゴ
2017年08月26日(土)
 小倉09R 芝1200 ひまわり賞 1着


プロフィールロゴ
牝2 レグルドール
父 アドマイヤマックス
母 コスモパルムドール
母父 ヨナグスカ
出産時の母の年齢 11歳
毛 色 鹿毛
馬体重 462K
厩 舎 杉山晴(栗東)
馬 主 螢哀薀鵐妊ーナーズ
生産者 田上 勝雄
生産地 宮崎
ヘイロー系

アドマイヤマックス

鹿毛  1999
サンデーサイレンス
青鹿  1986
Halo1969Hail to Reason1958
Cosmah1953
Wishing Well1975Understanding1963
Mountain Flower1964
ダイナシュート
栗毛  1982
Northern Taste1971Northern Dancer1961
Lady Victoria1962
シャダイマイン1973Hitting Away1958
Fancimine1967
ブラッシンググルーム系

コスモパルムドール

   2004
ヨナグスカ
   1998
Cherokee Run1990Runaway Groom1979
Cherokee Dame1980
Marital Spook1990Silver Ghost1982
Homewrecker1983
ゲイトスインガー
   1995
Wayne's Crane1984L'Enjoleur1972
True to Romeo1977
Sovereign Nation1985Sovereign Dancer1975
Hazy Nation1968
クロスNorthern Dancer 4x5
馬体コメントロゴ
腹袋が大きく、肉量豊富。胴は若干詰まり気味。手脚、繋の長さは標準で、繋の角度(遊び)は若干窮屈。蹄の大きさと蹄底の厚みは標準。馬場状態(芝)は良馬場がベストだが稍重程度ならこなす。距離は1200m〜1400m。
レースコメントロゴ
ただ一頭、1分9秒台の持ち時計があったレグルドールが順当勝ち。好位から4角で手応えよく先頭を捉えると、楽な感じで最後まで駆け抜けオープン勝ち。結局このレースにおいても9秒台で走れたのはレグルドールだけで、今年の九州産馬のなかでは頭一つ抜けていた。ただし、ここからは8秒台を記録してきた馬との戦いになる。例年のひまわり賞馬は苦戦傾向にあるが、この馬はどうか。
170826-9レグルドール
レグルドール
アドマイヤマックス
アドマイヤマックス
170730-6レグルドール
新馬戦時



アドマイヤマックス-脚
アドマイヤマックス-脚
170730-6レグルドール脚
新馬戦時-脚
170826-9レグルドール脚

レグルドール-脚
血統コメントロゴ
父アドマイヤマックス×母コスモパルムドール(母父ヨナグスカ)の血統構成。5代までにNorthern Dancerクロスを持つ。

※写真の無断転載を禁じます




JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら


記事検索
JRDB本家はコチラ
JRDBについて
JRDB資料
↑クリックして拡大
⇒JRDBについてもっと詳しく
Archives