2017年08月16日

【血統&馬体講座】 ヒロシゲゴールド


今回のレースロゴ
2017年08月12日(土)
 小倉05R ダ1000 2歳新馬 1着


プロフィールロゴ
牡2 ヒロシゲゴールド
父 サウスヴィグラス
母 エフテーストライク
母父 ブラックタキシード
出産時の母の年齢 11歳
毛 色 青鹿
馬体重 462K
厩 舎 北 出(栗東)
馬 主 西川 茂樹氏
生産者 斉藤 正男
生産地 新ひだか
ミスタープロスペクター系

サウスヴィグラス

栗毛  1996
エンドスウィープ
鹿毛  1991
Forty Niner1985Mr. Prospector1970
File1976
Broom Dance1979Dance Spell1973
Witching Hour1960
ダーケストスター
黒鹿  1990
Star de Naskra1975Naskra1967
Candle Star1967
Minnie Riperton1974Cornish Prince1962
English Harbor1957
ヘイロー系

エフテーストライク

   2004
ブラックタキシード
青毛  1996
Sunday Silence1986Halo1969
Wishing Well1975
O. P. Cat1990Storm Cat1983
Princess S.1978
イチヨシロマン
黒鹿  1987
サクラショウリ1975Partholon1960
Shirinella1968
ブレスアゲン1974Atan1961
オンワードメイ1969
クロスなし
馬体コメントロゴ
腹袋が大きく、骨、肉量豊富。手脚、繋の長さは標準で、繋の角度(遊び)は程良くある。蹄は若干大きめで、蹄底は厚め。馬場状態(ダート)は晴れ雨不問。距離は1000m〜1400m。

レースコメントロゴ
ヒロシゲゴールドは逃げた2着馬の後ろでレースを進める。4角〜直線入口で口向きが悪くなり、リズムに乗れず前と差を広げられるが、じわじわと最後の最後に伸びてきた。ペガッソは鞍上が勘違いしたか、決勝戦前で強く追わなかったことが仇となった。勝ちに等しい内容だろう。
170812-5ヒロシゲゴールド
ヒロシゲゴールド
サウスヴィグラス-シルエット
サウスヴィグラス
画像なし
ブラックタキシード



サウスヴィグラス-脚
サウスヴィグラス-脚
画像なし-脚
ブラックタキシード-脚
170812-5ヒロシゲゴールド脚
ヒロシゲゴールド-脚
血統コメントロゴ
父サウスヴィグラス×母エフテーストライク(母父ブラックタキシード)の血統構成。5代までにクロスを持たない。

※写真の無断転載を禁じます




JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら



2017年08月14日

【競馬稼業はつらいよ】〜夏真っ盛りに秋風が漂う?


土曜日:暑さを覚悟しパドックに立つも、夏真っ盛りのこの時期に何故か秋風の如く心地よい風がそよぎ、何か天地異変でもあるのか、と。(笑い) ま、暑いのよりも涼しい方が良いに決まっている。ならば、パドック仕事に集中してがんばれそうだが・・・。

小倉5R2歳新馬 ダート1000m    

◎08番ジャスパーエイト(6着):ほぼ仕上がる。距離向く。少し脚捌き硬い。
○06番ペガッソ(2着):お釣りある仕上げもデキ良し。距離向く。軽めもまずまず。
▲04番ヒロシゲゴールド(1着):馬体ふっくら見せ順調。少し頭高いが脚捌きは問題なし。
注05番ホッコータピタン(4着):ほぼ仕上がる。距離向く。少し後肢の蹴りが弱い。
△02番コウエイアンカ(5着):お釣りある仕上げもデキ良し。少し掛かる。

総評 仕上げ途上馬多く

結果、○6番がハナに立つも、*7番、◎8番が雁行状態で先行争い。▲4番は好位から追走、*3番、△2番は出遅れて後方から追走。直線、○6番がゴール前まで踏ん張っていたが、直前に、▲4番に交わされ惜敗。*3番が後方から追い込んで3着確保。

日曜日:昨日ほどに無いにしても、心地よい風が吹き、パドック作業は集中してがんばれそうだが、如何せん、出走馬が・・・(涙) ま、これも競馬、がんばるしか無い。

小倉5R2歳新馬 芝1200m    

◎03番チャームリング(2着):お釣りある仕上げもデキ良し。距離向く。少し脚捌き硬い。
○02番スーサンドン(1着):ほぼ仕上がる。距離向く。少し後肢の蹴りが弱い。
▲01番モンサンフィエール(3着):お釣りある仕上げもデキ良し。頭高いが全体的な動きはマズマズ。
注05番ソリストサンダー(4着):少し煩くなるもほぼ仕上がる。少し力む。

総評、仕上げ途上馬多く

結果、○2番が内から先頭に立ち、◎3番が2番手、▲1番が好位の内、注5番は中団の外から追走。○2番は、直線に入っても脚色衰えず、そのままゴールを駆け抜け快勝。◎3番は渋太く粘り、2着確保。▲1番は最内から伸びて、3着確保。


土曜日 13R 居酒屋→バー

カワバタさん(開門ダッシュありがとうございました。一口愛馬サクステッド優勝おめでとうございました。)フルサワくん、スタッフの橋浜とワイワイヤイヤイ。

現場参戦

広島からおいどんさん、カワバタさん(開門ダッシュありがとうございました。)、まひろさん(差し入れありがとうございました)、次回ご参加ください。


日曜日

現場参戦

イリエ先生、まひろさん、次回ご参加ください。



JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら


2017年08月13日

【本日の馬場情報】 8/13


【新潟】
 芝:良 ダート:稍重
明け方にかなり強い雨が降り、ずっと曇り空のままで芝ダートともにやや重スタート。しかし、昼過ぎに芝が良に変更となりました。
まだ天気雨のようなパラパラとした降り方をしているんですが、日が差して徐々に雲も晴れてきています。すぐに馬場が回復するほどではありませんが。



雨が数時間前に止んだので、新潟なら徐々に回復するはずです。
土曜日と同じく若干ぬかるみつつも内側は問題ない状況。
展開次第で追い込みも間に合いますが、あまり大外回しが有利には見えません。

ダート

そこまでダートの表面は湿っていない印象ですが、砂煙は上がりません。
内を通った馬が引き続き有利なのは変わらずも、差し馬の不利はそれほどありません。外を回る馬に不利があるものの、馬群の内を回るなら問題なし。
基本的に逃げ有利で、インベタを通る馬のみ脚が溜まるようです。





【小倉】

 芝:良馬場 ダート:良馬場

辛抱できる暑さ。風はスタンド側から3コーナーに向いて少しだけ吹いている。



内側が凸凹している。スピードが活きる馬場。先行馬が有利。

ダート
乾燥して力が要る馬場。先行できて、馬格がある馬が有利。

WIN_20170813_09_52_33_Pro
WIN_20170813_09_54_37_Pro
WIN_20170813_09_55_18_Pro














JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら


2017年08月12日

【外厩名人】 村山弘樹の明日使える?データ


n11r

関屋記念はリピーター狙い。ヤングマンパワーはノーザンファーム天栄からの帰厩初戦。G1のようにペースが厳しくなるとダメで、東京新聞杯のような極限の上がり勝負も向いていない。この馬自身、上がり最速は新馬戦以降記録していいないことからも分かりやすい。
young

テンが速くならず、上がり最速を使わなくてもポジション利で勝ち負けすることができる関屋記念は、昨年制しているようにこの馬に向く舞台。また、手塚厩舎はノーザンファーム天栄との組み合わせが多い厩舎。このような厩舎のノーザン系馬の成績は先週書いたノーザンファーム天栄の好不調の影響を受けやすい。天栄が好調な今は素直に信頼で。
teeenei

◇手塚厩舎×ノーザンファーム天栄(2017年月別帰厩初戦時成績)
teduka

+-+-+-+-+-+-+-+-
+-+-+-+-+-+-+-+-

ダノンリバティは近走やや苦戦気味だが、もともとノーザンファームしがらきからの帰厩2走目で結果を残してきた馬。昨年7番人気2着と同ローテの今回、人気を落とすなら。
danon


メートルダール、ロードクエストを入れた馬連BOX。

+-+-+-+-+-+-+-+-
+-+-+-+-+-+-+-+-

s11r


☆小倉3R4番イルーシヴハピネス・・・ノーザンFしがらきと相性の良い厩舎(帰厩2走目まで)
→18.3-30.8-40.6-104.7-87.7

☆小倉4R10番キングナポレオン・・・ノーザンFしがらきと相性の良い厩舎(帰厩2走目まで)
→18.3-30.8-40.6-104.7-87.7

☆小倉6R3番ファイナンス・・・ノーザンFしがらきと相性の良い厩舎(帰厩2走目まで)
→18.3-30.8-40.6-104.7-87.7

☆小倉8R5番ジュンテオドーラ・・・ノーザンFしがらきと相性の良い厩舎(帰厩2走目まで)
→18.3-30.8-40.6-104.7-87.7


JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら


【本日の馬場情報】8/12


【札幌】
WIN_20170812_09_18_03_ProWIN_20170812_09_18_12_Pro

 芝:重 ダート:不良

朝一は雨が降っていても時計が出たが、午後からは重馬場に。
時計が掛かるようになって差し馬も台頭してきそう。

ダート
朝よりは時計が掛かるものの、脚抜きのいい状態。
前に行った馬が止まらず、先行力が必要。




【小倉】
WIN_20170812_09_10_19_Pro
WIN_20170812_09_10_13_Pro
WIN_20170812_09_11_49_Pro

 芝:良 ダート:良
少し曇っていて、過ごしやい。風はスタンド側から2コーナーに向いて吹いている。


Aコース使用。内側が少し凸凹してきた。トビが綺麗な馬や、中団よりも前で競馬を進められる馬が有利。

ダート
いくらか脚抜きが良い。午後からは乾燥しそう。先行馬に有利な馬場。




【新潟】
 芝:稍重 ダート:稍重
今日は朝一番から天候が急激に悪化し、2R開始ごろに強烈な雨が降りましたが、昼休みを越してから天気が回復。今は曇り空の中でも日が差すようになっています。
まだ予断を許しませんが、適度に風が吹いており、ここからは徐々に回復しそうです。経過に注意してください。



開始ごろの雨が影響してやや重発表に至りましたが、まだ極端に悪化した気配はなく、新潟なので内がすぐ悪くなったりはしません。
全面的に馬場は良いままで、内が止まる競馬にはならず、上りをまとめられる馬が引き続き有利です。

ダート
脚抜き良い馬場になっており、砂煙も立たず、スピードが必要。
下級条件では逃げた馬がひとまず圧倒的有利。
しかし、芝で一定の脚を使える馬が、ダートでも決め手を使える状況になっています。砂を被るロスが減る馬場なので、細身の差し馬にも注意したいところです。
スタミナ展開にまで寄ってくれないので、大型馬がちょっと不振気味。






JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら


2017年08月11日

【外厩名人】 村山弘樹の明日使える?データ 


父Frankel、母Vodka(ウオッカ)の注目馬タニノフランケルがいよいよデビュー。POGで指名したわけではないのですが、どのような走りを見せてくれるか楽しみにしています。上のきょうだいが新馬戦からは走っていない点が懸念材料ですが、はたして。

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-


札幌1Rでは遠野馬の里からの帰厩初戦であるハヤブサレジェンドが人気を集めそう。ハヤブサ冠の武田修氏×伊藤圭三厩舎は、ハヤブサナンデダロハヤブサマカオーで同様に遠野馬の里を使用し結果を残している組み合わせ。500キロに迫る馬格があるヘニーヒューズの産駒なのでダート向きであるだろうし、わざわざ上記ハヤブサ2頭が結果を残した北海道に参戦してきたこと、Cルメール騎手を起用したことなど陣営の期待も感じ取れる。


そのハヤブサレジェンドに勝ったステルヴィオがコスモス賞に参戦。なぜここを使ってきたのかは分からないが、初戦の内容に加えて、厩舎ランクが白→ピンクまで復活した木村哲也厩舎×Cルメール騎手×ノーザンF天栄の勢いのある組み合わせであることから1着候補はこの馬。ただ、これは人気が被りそう。

☆小倉2R8番クアトレフォイル・・・ノーザンFしがらきと相性の良い厩舎(帰厩2走目まで)
→18.3-30.8-40.6-104.7-87.7

☆小倉10R8番レーヌドブリエ・・・ノーザンFしがらきと相性の良い厩舎(帰厩2走目まで)
→18.3-30.8-40.6-104.7-87.7


JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら


2017年08月09日

【血統&馬体講座】 サイエン


今回のレースロゴ
2017年08月06日(日)
 小倉06R 芝1200 2歳新馬 1着


プロフィールロゴ
牝2 サイエン
父 バゴ
母 トウカイルックス
母父 サンデーサイレンス
出産時の母の年齢 14歳
毛 色 栗毛
馬体重 410K
厩 舎 松元茂(栗東)
馬 主 詁麌谷ファーム
生産者 二風谷ファーム
生産地 平取
ブラッシンググルーム系

バゴ

   2001
ナシュワン
栗毛  1986
Blushing Groom1974Red God1954
Runaway Bride1962
Height of Fashion1979Bustino1971
Highclere1971
ムーンライツボックス
   1996
Nureyev1977Northern Dancer1961
Special1969
Coup de Genie1991Mr. Prospector1970
Coup de Folie1982
ヘイロー系

トウカイルックス

黒鹿  2001
サンデーサイレンス
青鹿  1986
Halo1969Hail to Reason1958
Cosmah1953
Wishing Well1975Understanding1963
Mountain Flower1964
ボブズディレンマ
鹿毛  1990
Mr. Prospector1970Raise a Native1961
Gold Digger1962
Hay Patcher1973Hoist the Flag1968
Turn to Talent1963
クロスMr. Prospector 4x3 Halo 5x3 Turn-to 5x5
馬体コメントロゴ
前後躯のバランスが良く、胴、手脚、繋の長さは標準で、角度(遊び)は若干窮屈。両前の蹄は若干不揃い。蹄底は若干厚め。馬場状態(芝)は晴れ雨不問。距離は1200m〜1600m。
レースコメントロゴ
サイエンの勝ち時計1.09.4は、今世代の小倉の芝1200M新馬戦の中では頭一つ抜けて速いタイム。同じペースで逃げていたラガーデリケートが大きく失速した一方で、逃げて上がり3F最速の脚を使ったサイエンのパフォーマンスが飛び抜けていたレースだろう。単純比較はできないものの、昨年同開催でレーヌミノルが記録した時計に0.1秒差に迫っていることから、次戦以降も期待していいのでは。
170806-6サイエン
サイエン
バゴ
バゴ
サンデーサイレンス
サンデーサイレンス



バゴ-脚
バゴ-脚
サンデーサイレンス-脚
サンデーサイレンス-脚
170806-6サイエン脚
サイエン-脚
血統コメントロゴ
父バゴ×母トウカイルックス(母父サンデーサイレンス)の血統構成。5代までにMr. Prospector, Halo, Turn-toクロスを持つ。

※写真の無断転載を禁じます




JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら


【血統&馬体講座】 キボウノダイチ


今回のレースロゴ
2017年08月06日(日)
 小倉05R 芝1800 2歳新馬 1着


プロフィールロゴ
牡2 キボウノダイチ
父 バゴ
母 ラクスクライン
母父 ステイゴールド
出産時の母の年齢 8歳
毛 色 黒鹿
馬体重 478K
厩 舎 松元茂(栗東)
馬 主 三宅 勝俊氏
生産者 カナイシスタッド
生産地 浦河
ブラッシンググルーム系

バゴ

   2001
ナシュワン
栗毛  1986
Blushing Groom1974Red God1954
Runaway Bride1962
Height of Fashion1979Bustino1971
Highclere1971
ムーンライツボックス
   1996
Nureyev1977Northern Dancer1961
Special1969
Coup de Genie1991Mr. Prospector1970
Coup de Folie1982
ヘイロー系

ラクスクライン

   2007
ステイゴールド
黒鹿  1994
Sunday Silence1986Halo1969
Wishing Well1975
ゴールデンサッシュ1988Dictus1967
ダイナサッシュ1979
ニシノティアラ
   1997
Quiet American1986Fappiano1977
Demure1977
Afaff1987Nijinsky1967
Continual1976
クロスNorthern Dancer 4x5 Halo 5x4 Mr. Prospector 4x5
馬体コメントロゴ
胴、手脚、繋の長さは標準で、繋の角度(遊び)は程良くある。蹄の大きさは標準で、蹄底は若干厚め。馬場状態(芝)は晴れ雨不問。距離は1600m〜2000m。
レースコメントロゴ
スローペースから中盤以降はイーブンラップで流れる。キボウノダイチは馬群の中で我慢する競馬で、直線前が開いた所から伸びてきた。決して楽な勝ち方ではなく、次走以降で経験として生きるレースとなったはず。派手なレースパフォーマンスを示したわけではないが、上位3頭が後続を大きく引き離している。
170806-5キボウノダイチ

キボウノダイチ
バゴ
バゴ
ステイゴールド
ステイゴールド



バゴ-脚
バゴ-脚
ステイゴールド-脚
ステイゴールド-脚
170806-5キボウノダイチ脚
キボウノダイチ-脚
血統コメントロゴ
父バゴ×母ラクスクライン(母父ステイゴールド)の血統構成。5代までにNorthern Dancer, Halo, Mr. Prospectorクロスを持つ。

※写真の無断転載を禁じます




JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら


【血統&馬体講座】 バーニングペスカ


今回のレースロゴ
2017年08月05日(土)
 小倉05R 芝1200 2歳新馬 1着


プロフィールロゴ
牡2 バーニングペスカ
父 パイロ
母 メイショウガンツ
母父 ダイワメジャー
出産時の母の年齢 5歳
毛 色 鹿毛
馬体重 444K
厩 舎 松永昌(栗東)
馬 主 山田 信太郎氏
生産者 三嶋牧場
生産地 浦河
シアトルスルー系

パイロ

   2005
プルピット
鹿毛  1994
A.P. Indy1989Seattle Slew1974
Weekend Surprise1980
Preach1989Mr. Prospector1970
Narrate1980
Wild Vision
   1998
Wild Again1980Icecapade1969
Bushel-n-Peck1958
Carol's Wonder1984Pass the Tab1978
Carols Christmas1977
ヘイロー系

メイショウガンツ

   2010
ダイワメジャー
栗毛  2001
Sunday Silence1986Halo1969
Wishing Well1975
スカーレットブーケ1988Northern Taste1971
Scarlet Ink1971
ステイトリースター
   1992
Deputy Minister1979Vice Regent1967
Mint Copy1970
Stylish Star1986Our Native1970
Northern Style1979
クロスNorthern Dancer 5x5
馬体コメントロゴ
腹袋が大きく、肉量豊富。手脚、胴の長さは標準。繋は長めで角度(遊び)は柔軟。蹄の大きさは標準で、蹄底は若干厚め。馬場状態(芝)は晴れ雨不問。距離は1200m〜1600m。

レースコメントロゴ
好発からハナを主張したバーニングペスカの押し切り勝ち。スピード性能がこのメンバーでは抜けていたか。4角通過順位が7番手以降の馬はレースに参加できておらず、スピード不足の印象。ひと夏越しての成長に期待したい。2着のラブカンプーだけが最後に差を詰めた。
170805-5バーニングペスカ

バーニングペスカ
パイロ
パイロ
ダイワメジャー
ダイワメジャー



パイロ-脚
パイロ-脚
ダイワメジャー-脚
ダイワメジャー-脚
170805-5バーニングペスカ脚
バーニングペスカ-脚
血統コメントロゴ
父パイロ×母メイショウガンツ(母父ダイワメジャー)の血統構成。5代までにNorthern Dancerクロスを持つ。

※写真の無断転載を禁じます




JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら


2017年08月07日

【競馬稼業はつらいよ】〜台風も馬券も迷走中?


土曜日:明日は台風が近付き天気がどうなるか分からないだけに、勝負するなら・・・。も出走メンバーを見てもコレっと云った「馬&レース」が無く、個人馬券はさておき、暑さに耐え仕事に集中するのが正解か、と。

小倉5R2歳新馬 芝1200m    

◎05番カフジバンガード(3着):お釣りある仕上げもデキ良し。力む。
○08番テイエムオスカー(5着):距離微妙もデキ良し。少し脚捌き硬い。
▲09番バーニングペスカ(1着):脚捌き少し硬いがデキ良し。少し力む。
注13番トウカイオルデン(4着):脚捌き少し硬いが仕上げ良し。少し掛かる。
△11番メイショウドウドウ(6着):お釣りある仕上げもデキ良し。少し後肢の蹴りが弱い。☆03番ダイイチリュウ(9着):ほぼ仕上がる。距離向く。少し頭高い。

総評 成長途上馬多く

結果、▲9番がハナに立ち、*10番が2番手、*6番、○8番は好位から、注13番は中団の外、△11番は中団馬群の外、☆3番は後方から追走。▲9番は直線に向いても脚色衰えず、*6番(2着)の追撃を凌ぎ切りゴールを駆け抜け、快勝。◎5番は直線、追い上げるも3着まで。


日曜日:迷走している台風の進路がどうなるか? また、雨が降るのかどうなるかと。ただ、夕方までは天気は持ちそうとのことで、とにもかくも、ホッ! 本日は「小倉記念」があるけれども全体的に出走馬のレベルが低く、馬券になりそうな「馬」が見当たらず、とにもかくも、仕事に集中するのみ。

小倉5R2歳新馬 芝1800m (直前、雨)    

◎04番アンチェイン(6着):すっきり仕上がる。距離向く。少し脚捌き硬い。
○05番ロングランメーカー(3着):少し煩くなるも仕上げ良し。軽めも少しできる。
▲02番シースプラッシュ(5着):お釣りある仕上げもデキ良し。少し後肢の蹴りが弱い。
注10番タイセイビスタ(10着):馬っ気出すもほぼ仕上がる。少し頭高い。
△12番ベティバローズ(4着):ほぼ仕上がる。距離向く。少し頭高い。

総評 仕上げ途上馬多く

結果、一旦、*7番がハナに立ったが、内から*1番がハナを奪いレースを引っ張る。▲2番は好位の内、△12番が好位の外、*5番は中団の中、*8番が中団の外、◎4番は中団の内、○5番は中団の外から追走。直線半ばまで*1番が粘っていたが、*8番が一旦、外から先頭に踊り出たが、内から*3番が抜け出し、そのまま、渋太く粘り切り、快勝。*8番は勝ち馬に渋太く追いかけたが、後一歩届かず、2着まで。○5番は出遅れて後方から、直線、ヨレながらも伸びて来たが、3着が精一杯。

小倉6R2歳新馬 芝1200m     

◎07番ラガーデリゲート(3着):ほぼ仕上がる。デキ良し。軽めもまずまず。
○10番ビーチキャンドル(6着):馬体ふっくら見せ順調。少し脚捌き硬い。
▲09番スターアイリス(4着):すっきり仕上がる。距離向く。少し頭高い。
注05番サイエン(1着):ほぼ仕上がる。距離向く。少し頭高い。
△03番クリノウィルディス(9着):お釣りある仕上げもデキ良し。引っ掛かり気味。

総評 仕上げ途上馬多く

結果、◎7番が好スタートを切ったが、内から注5番がハナを奪いレースを引っ張り、▲9番は好位の外から△3番は引っ掛かりながら追走。*6番は中団、○10番は最後方から追走。直線勝負処で◎7番(3着)が一旦、先頭に踊り出たが、内から注5番が脚を伸ばし、そのまま、ゴールを駆け抜け快勝。*6番が馬群の中から抜け出し、2着確保。

11R小倉記念・G3  

◎10番ストロングタイタン(8着):脚捌き少し硬いがデキ良し。少し頭高い。
○13番バンドワゴン(11着):脚捌き少し硬いがデキ良し。少し頭高いが脚捌きは問題なし。
▲03番ヴォージュ(6着):良い意味での平行線。軽めもまずまず。
注08番サンマルティン(2着):馬体ふっくら見せ順調。少し頭高い。
△02番タツゴウゲキ(1着):すっきり仕上がる。距離向く。少し頭高い。
☆05番フェルメッツァ(3着):デキ上向く。複勝圏内。先入れ、軽めもまずまず。

総評 各馬の仕上げ良く、横一線

結果、○13番が大外からゆったりと先頭に立ち、▲3番が2番手、△2番は好位の内、◎10番が好位の外、☆5番は中団の中、注8番は中団馬群の外から追走。注8番が3角から早めに仕掛けて直線、勝負処で先頭に踊り出てゴール前まで踏ん張っていたが、△2番に内からハナ差交わされ、2着惜敗。☆5番は直線、馬群の中からジワジワ伸びて、3着確保。

土曜日 13R 居酒屋→バー

横浜から馬主のナカムラさん(一口愛馬スヴァルナ、ローテーションの不安が的中しましたね。しっかりリフレッシュしてくれたらいいですね)、ハイカラ屋の若社長、スタッフの橋浜とワイワイヤイヤイ。某調教師と合流してバーへ、その後は、某調教師と若者達は何処へやら闇の夜に消えて行きました。(笑い)。

現場参戦
小倉支部長のタカビッチさん、大分からナカミチさん、カワバタさん(開門ダッシュありがとうございました)、次回ご参加ください。

ハイカラ屋の若社長、差し入れありがとうございました。

日曜日 13R 新幹線車内で残念会

馬主のナカムラさん(一口愛馬クランモンタナ、返し馬で落ち着いていましたね。障害レースで活躍してくれますように)、スタッフの橋浜と、新幹線で移動しながらワイワイヤイヤイ。ナカムラさん、二日間の長距離移動おつかれさまでした。

現場参戦
コモリさん、山口から大串さん(お土産ありがとうございました)と弟さん、カワバタさん(連日の開門ダッシュありがとうございました)、次回ご参加ください。
小倉の別嬪さん、差し入れありがとうございました。



JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら


2017年08月06日

【本日の馬場情報】 8/6


【新潟】
 芝:良 ダート:良
今日は遠くに見える入道雲を除けば、頭上は全く雲が見当たりません。
非常に強い直射日光が降り注ぎ、明らかに土曜日よりも蒸し暑いです。
乾燥も厳しく、あまり風もありません。
今日はこのままでしょう。来場なさる方は日射病に注意してください。




引き続き馬場状態は絶好。
内から外まで良い馬場なので、ペース次第では十分内も残せます。
外回りで2度も内が残りましたが、能力上位の馬の先導。
地力のあるなしがまず大事な馬場ということでしょう。
極端な追い込み馬でないかぎり、そこまで脚質を気にしなくても良いと思います。

ダート

相変わらずパサパサですが、水撒きが効いているのか若干時計は速め。
逃げた馬、好位内を通った馬が直線でもあまり落ちず、早捲りを決めないと間に合いません。
土曜日の傾向を引き継いだままと見ていいでしょう。






【小倉】

 芝:良馬場 ダート:良馬場

台風の接近に伴い、雨が降ってきた。風はスタンド側から3コーナーに向いて強く吹いている。



特に気になる箇所は見当たらない。馬格があり、中団よりも前で競馬ができる馬が有利。後半のレースは、渋った馬場に対応できる馬が向きそう。

ダート
後半のレースは、脚抜きが良い馬場になりそう。先行馬に有利。

WIN_20170806_09_17_43_Pro
WIN_20170806_09_16_26_Pro
WIN_20170806_09_15_57_Pro














JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら


2017年08月05日

【外厩名人】 村山弘樹の明日使える?データ


ノーザンファーム天栄からの帰厩初戦の馬は、2016年はまさに飛ぶ鳥を落とす勢いで、人気馬を買えば馬券は当たり、しかも儲けることができました。それが一変して、全く儲からなくなったのが2017年の春までのシーズン。戸崎騎手の不調と時期が被ったこともあり、ことごとく人気を裏切る形となりました。

teeenei


それが初夏〜は再び2016年の天栄らしい好成績。これも戸崎騎手の成績とシンクロして成績を伸ばしていますね。聞くところによると、NF天栄の坂路の改修工事がこの前後に終了したそうで、坂路の改良の効果が成績にはっきりと出ているのでしょう。栗東周辺には良績を収める外厩がたくさんありますが、美浦近郊ではNF天栄の一強状態です。夏のサマーシリーズだけでなく、秋からのトライアルや前哨戦となる重賞においても天栄帰りの馬は軽視できないでしょう。

新潟11R レパードS

さて、そのノーザンファーム天栄帰りのエピカリス。海外遠征帰りで脚に不安があるかもしれないという、IDMが突き抜けて高い以外に買う要素が見つからないんですよね。。。ただ、調教の動きを見る限りでは問題はなさそう。また、逃げ馬の後ろからレースを進めても大丈夫な馬なのでまあ3着には来るだろう。土曜朝の確認段階ではそこまで被った人気にはならなさそう?で、この馬からでも十分馬券を組み立てられます。相手はテンザワールド。前走は道中でポジションを下げるロスがありながらも強い内容。外枠偶数から先行して押し切るイメージ。この2頭のワイド。何倍付くのだろう?


小倉2R メイトサン
→ノーザンFしがらきからの帰厩初戦。気性面の不安こそあるが非凡な能力を秘めた馬。ここまで4戦続けて1秒差以上での負けではあるものの、ダッシュ力はピカイチ。前走の1000M通過タイムは58.2秒と、芝スタート等で単純比較ではいかないが小倉ダ1000Mの基準以上の時計を記録。1000Mなら押し切れる。


JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら


【本日の馬場情報】8/5


【札幌】
WIN_20170801_19_52_36_ProWIN_20170801_19_52_13_Pro

 芝:良 ダート:良

先週と同様に時計の出る状態。
差しは届くが、外を回すと厳しく内枠有利。

ダート
明け方に雨が降った影響もあって良馬場でも軽い馬場。
先週も馬場が軽かっただけに同じような傾向になりそう。




【小倉】
WIN_20170805_09_53_57_ProWIN_20170805_09_19_30_ProWIN_20170805_09_19_22_Pro

 芝:良 ダート:良
暑さはマシ。風はスタンドから3コーナーに向いて吹いている。


Aコース使用。コンディション良好。前で競馬を進められる、パワータイプの馬に向く馬場。

ダート
乾燥している。馬格がある先行馬が有利。




【新潟】
 芝:良 ダート:良
日差しが厳しく風もなし、蒸し暑い一日となっていてずっと乾燥しています。今日はこのままでしょう。



外回りは大外追込みが間に合う様子で、あまり隊列を気にしなくても良さそうです。ただし、馬力が必須で馬格に注目。非力では脚が続きません。
2週目になって外差しがやや有利になってきた印象はあります。

ダート
時計が掛かりがちで、引き続き前に行く馬有利。
下級条件ではバテ合いになるので差しが届く結果にはなりましたが、上のクラスではある程度の位置を確保しないと間に合わないでしょう。基本的には内ラチ沿い優勢です。





JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら


2017年08月04日

【外厩名人】 村山弘樹の明日使える?データ


暑さとの戦いに加え、台風とも戦うことになりそうな週末です。

------------------------------------------------------

小倉3R アラハバード
k03
→池江厩舎としては珍しく中5週で在厩調整。(除外の影響?)乗り込んだおかげか栗東坂路で動くようになったし、初ダートで一変があるのでは。

小倉8R チカノワール
k07
→今回で吉澤ステーブルWESTからの帰厩4走目。そして距離延長。これは精神的に苦しくなるローテーションで減点材料。それでも、前走はモロに不利の影響を受けた中で勝ちに等しい内容だったので。

小倉12R ダノンチャンス
k122
→デビュー時からダートで見てみたかった馬。中内田厩舎×信楽牧場は、縁こそあるが成績はそこまで。それでも狙ってみたいと思える一頭。


☆小倉9R14番ザクイーン・・・ノーザンFしがらきと相性の良い厩舎(帰厩2走目まで)
→18.8-31-40-107.5-85.9


JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら


2017年08月02日

【血統&馬体講座】 レグルドール


今回のレースロゴ
2017年07月30日(日)
 小倉06R 芝1200 2歳新馬 1着


プロフィールロゴ
牝2 レグルドール
父 アドマイヤマックス
母 コスモパルムドール
母父 ヨナグスカ
出産時の母の年齢 11歳
毛 色 鹿毛
馬体重 456K
厩 舎 杉山晴(栗東)
馬 主 螢哀薀鵐妊ーナーズ
生産者 田上 勝雄
生産地 宮崎
ヘイロー系

アドマイヤマックス

鹿毛  1999
サンデーサイレンス
青鹿  1986
Halo1969Hail to Reason1958
Cosmah1953
Wishing Well1975Understanding1963
Mountain Flower1964
ダイナシュート
栗毛  1982
Northern Taste1971Northern Dancer1961
Lady Victoria1962
シャダイマイン1973Hitting Away1958
Fancimine1967
ブラッシンググルーム系

コスモパルムドール

   2004
ヨナグスカ
   1998
Cherokee Run1990Runaway Groom1979
Cherokee Dame1980
Marital Spook1990Silver Ghost1982
Homewrecker1983
ゲイトスインガー
   1995
Wayne's Crane1984L'Enjoleur1972
True to Romeo1977
Sovereign Nation1985Sovereign Dancer1975
Hazy Nation1968
クロスNorthern Dancer 4x5
馬体コメントロゴ
腹袋が大きく、肉量が豊富。胴、手脚、繋の長さは標準。繋の角度(遊び)は、若干窮屈。蹄の大きさは標準で蹄底は厚め。馬場状態(芝)は晴れ雨不問。距離は1200m〜1400m。

レースコメントロゴ
九州産馬限定戦を除外されたレグルドールが一般の新馬戦で勝利。中団からレースを進め、やや外に振られる不利がありながらも終いの伸び脚が他馬とは全く違っていて強い内容に映った。ただ、タイムは前日のシトリカよりも0.6秒劣っており、今回はメンバーに恵まれたのかもしれない。
170730-6レグルドール

レグルドール
アドマイヤマックス
アドマイヤマックス
ヨナグスカ-シルエット
ヨナグスカ



アドマイヤマックス-脚
アドマイヤマックス-脚
ラーイ-脚
ヨナグスカ-脚
170730-6レグルドール脚
レグルドール-脚
血統コメントロゴ
父アドマイヤマックス×母コスモパルムドール(母父ヨナグスカ)の血統構成。5代までにNorthern Dancerクロスを持つ。

※写真の無断転載を禁じます




JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら


記事検索
JRDB本家はコチラ
JRDBについて
JRDB資料
↑クリックして拡大
⇒JRDBについてもっと詳しく
Archives