2017年08月02日

【血統&馬体講座】 コウエイユキチャン


今回のレースロゴ
2017年07月30日(日)
 小倉05R 芝1200 2歳新馬 1着


プロフィールロゴ
牡2 コウエイユキチャン
父 ストラヴィンスキー
母 カノヤグッドラック
母父 フジキセキ
出産時の母の年齢 9歳
毛 色 栗毛
馬体重 476K
厩 舎 山 内(栗東)
馬 主 伊東 政清氏
生産者 田原牧場
生産地 鹿児島
ヌレイエフ系

ストラヴィンスキー

   1996
ヌレイエフ
鹿毛  1977
Northern Dancer1961Nearctic1954
Natalma1957
Special1969Forli1963
Thong1964
ファイヤーザグルーム
   1987
Blushing Groom1974Red God1954
Runaway Bride1962
Prospector's Fire1976Mr. Prospector1970
Native Street1963
ヘイロー系

カノヤグッドラック

   2006
フジキセキ
青鹿  1992
Sunday Silence1986Halo1969
Wishing Well1975
Millracer1983Le Fabuleux1961
Marston's Mill1975
カノヤロマン
芦毛  1992
マルゼンスキー1974Nijinsky1967
Shill1970
シルバーナイキ1978Don1966
ケープルビー1969
クロスNorthern Dancer 3x5 Wild Risk 5x5 Native Dancer 5x5
馬体コメントロゴ
腹袋が大きく、肉量が豊富。胴、手脚、繋の長さは標準。繋の角度(遊び)は、若干窮屈。蹄の大きさ、蹄底の厚みは標準。馬場状態(芝)は、良馬場ベストだが稍重程度ならこなす。距離は1200m〜1400m。

レースコメントロゴ
九州産馬限定の新馬戦。コウエイユキチャンはゲートを出てしばらくは5番手あたりとそれほど抜群のスタートを決めたわけではなかったが、大外枠を生かしてジワジワと押し上げ2番手でレースを進める。4角で捲り上げて進出してきたキリシマアスカに迫られたものの、最後まで粘り切った。しかしながら、タイムは直後に行われたレースの4着相当のものなので、勝ったコウエイユキチャンでも九州産馬以外を相手にするのは厳しいかもしれない。
170730-5コウエイユキチャン
コウエイユキチャン
ストラヴィンスキー
ストラヴィンスキー
フジキセキ
フジキセキ



ストラヴィンスキー-脚
ストラヴィンスキー-脚
フジキセキ-脚
フジキセキ-脚
170730-5コウエイユキチャン脚
コウエイユキチャン-脚
血統コメントロゴ
父ストラヴィンスキー×母カノヤグッドラック(母父フジキセキ)の血統構成。5代までにNorthern Dancer, Wild Risk, Native Dancerクロスを持つ。

※写真の無断転載を禁じます




JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら



【血統&馬体講座】 シトリカ


今回のレースロゴ
2017年07月29日(土)
 小倉05R 芝1200 2歳新馬 1着


プロフィールロゴ
牝2 シトリカ
父 ヨハネスブルグ
母 サチノスイーティー
母父 カリスタグローリ
出産時の母の年齢 12歳
毛 色 鹿毛
馬体重 412K
厩 舎 牧浦充(栗東)
馬 主 水上 行雄氏
生産者 競優牧場
生産地 新冠
ストームバード系

ヨハネスブルグ

   1999
ヘネシー
栗毛  1993
Storm Cat1983Storm Bird1978
Terlingua1976
Island Kitty1976Hawaii1964
T. C. Kitten1969
ミス
   1993
Ogygian1983Damascus1964
Gonfalon1975
Yarn1987Mr. Prospector1970
Narrate1980
ネヴァーベンド系

サチノスイーティー

   2003
カリスタグローリ
鹿毛  1988
Bravest Roman1972Never Bend1960
Roman Song1955
ロッチテスコ1975Tesco Boy1963
スターロッチ1957
ペルファヴォーレ
栃栗  1997
Afleet1984Mr. Prospector1970
Polite Lady1977
コンアモール1992Assatis1985
ブロケード1978
クロスMr. Prospector 4x4
馬体コメントロゴ
小柄ながらも前後躯のバランスが良く、胴、手脚、繋の長さは標準。繋の角度(遊び)は柔軟。蹄の大きさは標準、蹄底は若干厚め。馬場状態(芝)は、晴れ雨不問。距離は1200m〜1400mがベストだが、成長次第で1600mもこなす。
レースコメントロゴ
シトリカが逃げ切り勝ち。35.4-34.7の後継ラップで、前に付けられて上がりもまとめられる馬で決まったレース。2着のエイシンテースティは4角で外に振られる不利を受けたのがもったいなかった。
170729-5シトリカ
シトリカ
ヨハネスブルグ-シルエット
ヨハネスブルグ
画像なし
カリスタグローリ



ヨハネスブルグ-脚
ヨハネスブルグ-脚
画像なし-脚
カリスタグローリ-脚
170729-5シトリカ脚
シトリカ-脚
血統コメントロゴ
父ヨハネスブルグ×母サチノスイーティー(母父カリスタグローリ)の血統構成。5代までにMr. Prospectorクロスを持つ。

※写真の無断転載を禁じます




JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら


2017年07月31日

【競馬稼業はつらいよ】〜願望のミスト登場も気休め程度・・・


土曜日:雨の心配は無さそうだが、気温だけが・・・。ただ、以前から願望していたパドックにミストの設備を取り入れて欲しいということ。その願いは叶ったものの、ほんの気休め程度(パドックの掲示板の下、数メートル)のモノでどこまで「お馬さん」に効果があるのか?ま、「お馬さん」も大事だが、現場のファンには何の恩恵も無い。せめて、パドックの周囲全体に設備をして欲しいもの。

それよりも、難儀な初日開催週と出走馬メンバーを見渡せば・・・、結果を考えると・・・(涙)。 と、言って仕事を放り出す事もできず
メイチ頑張るしかない! ま、頑張っていればそのうち良いことがあるだろう。それが旅打ちの楽しみ。


小倉5R2歳新馬 芝1200m     

◎11番エイシンテースティ(2着):脚捌き少し硬いがデキ上向く。少し頭高いが脚捌きは問題なし。
○02番ロンス(3着):お釣りある仕上げもデキ良し。少し後肢の蹴りが弱い。
▲04番シトリカ(1着):すっきり仕上がる。距離向く。少し後肢の蹴りが弱い。
注03番テイエムヨハネス(9着):馬っ気出すが仕上げ良し。少し脚捌き硬い。
△09番コウエイゴールド(6着):お釣りある仕上げもデキ良し。高脚使う。

総評 全体的に、仕上げ途上馬多く

結果、▲4番が内からハナに立ち、*7番が2番手、○2番が好位、◎11番は好位の外、注3番は中団の内、△9番は中団の外から追走。▲4番は、直線に向いても脚色衰えず、そのまま、ゴールを駆け抜け、快勝。○2番はゴール手前まで踏ん張っていたが、◎11番(2着)にアッサリ交わされ、3着まで。


日曜日:やはり、どの開催であれ開幕週のパドックほど難儀なモノは無い。特に、夏場のローカル競馬は・・・。そう、「馬見」だけでは無く、酷暑との闘いでもあり、あれこれと難問が多い。(涙)

小倉5R2歳新馬(九州産馬) 芝1200m    

◎03番ズッチーナ(6着):馬体ふっくら見せ順調。距離向く。少し後肢の蹴りが弱い。
○05番ショウナンタクト(5着):脚捌き少し硬いが仕上げ良し。少し煩い。
▲06番テイエムヒットンダ(8着):ほぼ仕上がる。距離向く。少し頭高い。
注02番キリシマアスカ(2着):ほぼ仕上がる。距離向く。軽めも少しできる。
△17番コウエイユキチャン(1着):ソエ微妙もデキ良し。少し頭高い。

総評 各馬横一線

結果、*7番がハナに立ち、外から△17番が2番手、*11番が好位から、▲6番が中団馬群の中、◎3番は中団の内、○5番は後方、注2番は後方の内から追走。*7番が早めに抜け出し、粘るところを△17番が外から交わし、そのまま、危なげ無くゴールを駆け抜け快勝。注2番が大外から、勢い良く、突っ込んできたが、2着まで。*11番は直線、馬群の抜け出し、3着確保。

小倉6R2歳新馬     

◎09番クーファエラン(4着):お釣りある仕上げもデキ良し。少し脚捌き硬い。
○02番タマモキンバリー(3着):ソエ微妙も仕上げ良し。少し煩い。
▲04番ライナス(2着):ほぼ仕上がる。距離向く。少し後肢の蹴りが弱い。
注03番ヤマニンレジスタ(5着):お釣りある仕上げもデキ良し。少し頭高い。
△08番モンテガナール(6着):仕上げ良し。距離向く。少し頭高い。

総評 仕上げ途上馬多く

結果、*5番が好スタートを切ったが抑えて2番手、内から3番がハナを奪い▲4番は好位の外、*7番は好位の外、○2番は好位の内、△8番は後方から追走。直線、○2番(3着)が内で粘るところを*7番が外からアッサリ交わし、快勝。内から▲4番が伸び、2着確保。

13R

現場参戦

カワバタさん(開門ダッシュありがとうございました)、まひろさん(差し入れありがとうございました)、ヨコミゾさん次回ご参加ください。 

日曜日 13R てんぷら屋

まあちゃん(ダイアナヘイローが佐世保ステークスで優勝。3連勝でオープン入りしたお祝い)を、スタッフの橋浜、広島から橋浜のお母さんとでワイワイヤイヤイ。まあちゃん、お祝いの宴&お土産をありがとうございました。

現場参戦

イリエ先生の奥様&可愛いお子さんたち、カワバタさん(開門ダッシュありがとうございました)、広島から橋浜のお父さん、ヨコミゾさん、次回ご参加ください。

お礼

博多の別嬪さん、開門ダッシュありがとうございました。

センちゃん、差し入れありがとうございました。



JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら


2017年07月30日

【本日の馬場情報】 7/30


【新潟】
 芝:良 ダート:良
少し雲が出ているぐらいで、晴れ間が広がり明るい日差しが降り注ぐ競馬日和になっています。雨が降る気配は全くありません。
全くと言っていいほど風が吹かず、場内は人込みであふれ、蒸し暑い気配です。館内でないと非常に過ごしにくい天気です。




引き続き馬場状態は良好です。外回りだと外差しが余裕で間に合うのですが、内回りはラチ沿いを通る馬に注目という方針でいいでしょう。
とにかく、直線入口でエンジンをかけられる態勢に置きに行っていることが重要。
外回りは上がり最速馬に注目すべきです。


ダート

引き続き、圧倒的な前有利状況です。
どちらかというと隊列予想の方が重要ですが、連戦続きの馬の上がり目が乏しいので、休み明けでリフレッシュしてきた馬が変わり身するパターンに注意したいです。
枠順はポジションを取れる馬なら、あまり関係ありません。IDM上位の馬が途中で高い位置を取れる動きができるので。






【小倉】

 芝:良馬場 ダート:良馬場

暑さが厳しい。風はスタンドから2コーナーに向いて吹いている。


引き続き、走りやすい馬場。内を通れる先行馬や、トビが綺麗な馬に向いている。

ダート
土曜日同様、乾燥していて、少し力が要る。先行馬に有利な傾向は変わらず。

WIN_20170730_09_53_32_Pro
WIN_20170730_09_56_09_Pro
WIN_20170730_09_53_32_Pro










JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら


2017年07月29日

【本日の馬場情報】7/29


【札幌】
WIN_20170729_09_43_46_ProWIN_20170729_09_43_24_Pro

 芝:良 ダート:良

開幕週らしく生えそろっているが、草丈が短く見える。
1Rの時計が速く、例年よりも時計が出そう。

ダート
良でも軽い馬場。
ペースが速くなりがちだが、それでも前に行った馬が有利な状況。




【新潟】
 芝:良 ダート:稍重
前日まで雨が降っていたようで、曇りがかって場内も湿っていますが、午前中は雨が降る場面はありませんでした。
雲行きが怪しいことはなく、適度に風が吹いて、日差しは遮られているものの明るくはなっています。
今日は雨に変わることはないと思います。


前日夕方には雨が降っていなかったようなので、良馬場スタート。
時計も速いのですが、内ラチ沿いピッタリ回った馬が直線後半しっかり脚を使えているようで、コーナーで外を回る不利が大きいように見えます。
枠順がだいぶ左右しそうです。それと逃げ馬はかなり有利。

ダート
やや重スタート。徐々に乾きかけですが、内ラチ沿いを進んだ馬有利で、逃げ馬も2連対。圧倒的に前有利の状況で、IDM上位の馬をちゃんとチェックすべき。
外から半端な位置で競馬をして、コーナーで無駄足を使う形が最悪。




【小倉】
WIN_20170729_08_24_43_ProWIN_20170729_08_23_12_ProWIN_20170729_08_22_01_Pro

 芝:良 ダート:良
暑い。風はスタンドから2コーナーに向いて吹いている。


Aコース使用。コンディション良好。内を通れる先行馬が有利。

ダート
乾燥している。先行馬や、早めに進出を開始できる馬が有利。





JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら


2017年07月28日

【外厩名人】 村山弘樹の明日使える?データ


2017年07月26日

【血統&馬体講座】 アントルシャ


今回のレースロゴ
2017年07月23日(日)
 中京05R 芝1400 2歳新馬 1着


プロフィールロゴ
牝2 アントルシャ
父 ノヴェリスト
母 アソルータ
母父 ゼンノロブロイ
出産時の母の年齢 7歳
毛 色 鹿毛
馬体重 436K
厩 舎 池添学(栗東)
馬 主 襯ャロットファーム
生産者 ノーザンファーム
生産地 安平


ノヴェリスト

   2009
Monsun
   1990
Konigsstuhl1976Dschingis Khan1961
Konigskronung1965
Mosella1985Surumu1974
Monasia1979
Night Lagoon
   2001
Lagunas1981Ile de Bourbon1975
Liranga1973
Nenuphar1994Night Shift1980
Narola1989
ヘイロー系

アソルータ

   2008
ゼンノロブロイ
黒鹿  2000
Sunday Silence1986Halo1969
Wishing Well1975
Roamin Rachel1990Mining1984
One Smart Lady1984
フレンチバレリーナ
   2003
French Deputy1992Deputy Minister1979
Mitterand1981
Ballet Queen1988Sadler's Wells1981
Sun Princess1980
クロスLiterat 5x5 Northern Dancer 5x5
馬体コメントロゴ
前後躯のバランスが良く、胴、手脚、繋の長さは標準。繋の角度(遊び)は若干窮屈。蹄の大きさ、蹄底の厚みとも標準。馬場状態(芝)は良馬場がベストだが重馬場程度ならこなす。距離は1200m〜1600m。

レースコメントロゴ
開催最終週の日曜日に行われた一戦。アントルシャが好発からハナを取りそのまま押し切った。先頭のアントルシャとロードイヒラニが3〜4コーナーでは内を空けて立ち回る。その内をライリーが突き並びかけたところが直線入口。そこからロードイヒラニが口向きの悪さを見せ、まともに追えない状況だったのを尻目にアントルシャがスッと抜け出した。一度はアントルシャに並びかけたライリーだったが最後は脚が止まったか。
170723-5アントルシャ
アントルシャ
画像なし
ノヴェリスト
ゼンノロブロイ
ゼンノロブロイ



画像なし-脚
ノヴェリスト-脚
ゼンノロブロイ-脚
ゼンノロブロイ-脚
170723-5アントルシャ脚
アントルシャ-脚
血統コメントロゴ
父ノヴェリスト×母アソルータ(母父ゼンノロブロイ)の血統構成。5代までにLiterat, Northern Dancerクロスを持つ。

※写真の無断転載を禁じます




JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら


【血統&馬体講座】 アマルフィコースト(中京2歳S)


今回のレースロゴ
2017年07月22日(土)
 中京09R 芝1600 中京2歳ステークス 1着


プロフィールロゴ
牝2 アマルフィコースト
父 ダイワメジャー
母 ジプシーハイウェイ
母父 ハイシャパラル
出産時の母の年齢 7歳
毛 色 黒鹿
馬体重 454K
厩 舎 牧田和(栗東)
馬 主 觴丗罐譟璽好曄璽
生産者 社台ファーム
生産地 千歳
ヘイロー系

ダイワメジャー

栗毛  2001
サンデーサイレンス
青鹿  1986
Halo1969Hail to Reason1958
Cosmah1953
Wishing Well1975Understanding1963
Mountain Flower1964
スカーレットブーケ
栗毛  1988
Northern Taste1971Northern Dancer1961
Lady Victoria1962
Scarlet Ink1971Crimson Satan1959
Consentida1962
サドラーズウェルズ系

ジプシーハイウェイ

   2008
ハイシャパラル
   1999
Sadler's Wells1981Northern Dancer1961
Fairy Bridge1975
Kasora1993Darshaan1981
Kozana1982
ローズジプシー
   1998
Green Desert1983Danzig1977
Foreign Courier1979
Krisalya1986Kris1976
Sassalya1973
クロスNorthern Dancer 4x4x5 Kris 5x4
馬体コメントロゴ
腰周りの毛艶はまだ一息だが、馬体はフックラ見せ順調。抑える競馬も身につけレース内容も良くなり、上のクラスでも通用。
レースコメントロゴ
7頭立ての少頭数となった2歳オープン戦。道中は少頭数の割にバラけた展開となったが、勝ったアマルフィコーストと2着アドマイヤアルマは中団でじっくりと脚を溜めていた。直線では外から伸びた1,2着馬の脚色が抜群で後続を一気に捉え、引き離す。上位2頭と3着以下とはハッキリとした力の差があった。アマルフィコーストは200mの距離延長にも対応し、父ダイワメジャーらしくこの時期の強さを示した。アドマイヤアルマは次走未勝利戦に出られるので力的に確勝級かも知れないが、マテラアリオンのように勝ち切れないタイプなのかもしれないので注意したい。
170722-9アマルフィコースト
アマルフィコースト
ダイワメジャー
ダイワメジャー
170610-5アマルフィコースト
新馬戦時



ダイワメジャー-脚
ダイワメジャー-脚
170610-5アマルフィコースト脚
新馬戦時-脚
170722-9アマルフィコースト脚
アマルフィコースト-脚
血統コメントロゴ
父ダイワメジャー×母ジプシーハイウェイ(母父ハイシャパラル)の血統構成。5代までにNorthern Dancer, Krisクロスを持つ。

※写真の無断転載を禁じます




JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら


【血統&馬体講座】 アーデルワイゼ


今回のレースロゴ
2017年07月22日(土)
 中京06R 芝1400 2歳新馬 1着


プロフィールロゴ
牝2 アーデルワイゼ
父 エイシンフラッシュ
母 アーデルハイト
母父 アグネスタキオン
出産時の母の年齢 8歳
毛 色 青鹿
馬体重 432K
厩 舎 池添学(栗東)
馬 主 襯轡襯レーシング
生産者 ノーザンファーム
生産地 安平
ミスタープロスペクター系

エイシンフラッシュ

黒鹿  2007
キングズベスト
   1997
Kingmambo1990Mr. Prospector1970
Miesque1984
Allegretta1978Lombard1967
Anatevka1969
Moonlady
   1997
Platini1989Surumu1974
Prairie Darling1984
Midnight Fever1991Sure Blade1983
Majoritat1984
ヘイロー系

アーデルハイト

   2007
アグネスタキオン
栗毛  1998
Sunday Silence1986Halo1969
Wishing Well1975
アグネスフローラ1987Royal Ski1974
アグネスレディー1976
ビワハイジ
青鹿  1993
Caerleon1980Nijinsky1967
Foreseer1969
Aghsan1985Lord Gayle1965
Santa Luciana1973
クロスなし
馬体コメントロゴ
前後躯のバランスが良く、胴、手脚、繋の長さともに標準。繋の角度(遊び)は程良くある。蹄の大きさ、蹄底の厚みとも標準。馬場状態(芝)は良馬場がベストだが、稍重程度ならこなす。距離は1400m〜1800mがベストだが、成長次第で2000mもこなす。

レースコメントロゴ
好位の内から脚を伸ばしたアーデルワイゼが新馬勝ち。追われ始めてすぐは頭が高くスピードに乗り切れていないように見えたが、残り200mほどからはスピードに乗り始め、フォームも安定して走れていたように映った。
170722-6アーデルワイゼ
アーデルワイゼ
エイシンフラッシュ
エイシンフラッシュ
アグネスタキオン
アグネスタキオン



エイシンフラッシュ_脚
エイシンフラッシュ-脚
アグネスタキオン-脚
アグネスタキオン-脚
170722-6アーデルワイゼ脚
アーデルワイゼ-脚
血統コメントロゴ
父エイシンフラッシュ×母アーデルハイト(母父アグネスタキオン)の血統構成。5代までにクロスを持たない。

※写真の無断転載を禁じます




JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら


【血統&馬体講座】 トゥザフロンティア


今回のレースロゴ
2017年07月22日(土)
 中京05R 芝1600 2歳新馬 1着


プロフィールロゴ
牡2 トゥザフロンティア
父 ロードカナロア
母 トゥザヴィクトリー
母父 サンデーサイレンス
出産時の母の年齢 19歳
毛 色 鹿毛
馬体重 482K
厩 舎 池江寿(栗東)
馬 主 襯ャロットファーム
生産者 ノーザンファーム
生産地 安平
ミスタープロスペクター系

ロードカナロア

   2008
キングカメハメハ
   2001
Kingmambo1990Mr. Prospector1970
Miesque1984
Manfath1991Last Tycoon1983
Pilot Bird1983
レディブラッサム
鹿毛  1996
Storm Cat1983Storm Bird1978
Terlingua1976
Saratoga Dew1989Cormorant1974
Super Luna1982
ヘイロー系

トゥザヴィクトリー

鹿毛  1996
サンデーサイレンス
青鹿  1986
Halo1969Hail to Reason1958
Cosmah1953
Wishing Well1975Understanding1963
Mountain Flower1964
フェアリードール
栗毛  1991
Nureyev1977Northern Dancer1961
Special1969
Dream Deal1986Sharpen Up1969
Likely Exchange1974
クロスNureyev 5x3 Northern Dancer 5x4
馬体コメントロゴ
前後躯のバランス良く、胴、手脚、繋の長さとも標準。繋の角度(遊び)は柔軟。蹄の大きさは標準で蹄底は若干厚め。馬場状態(芝)は良馬場がベストだが、稍重程度ならこなす。距離は1400m〜1800mがベストだが、成長次第で2000mもこなす。

レースコメントロゴ
大きく出遅れた馬が多くバラバラとしたスタート。トゥザフロンティアは好発から好位外で折り合いをつける。道中はスムースに見えたが、直線では内にモタれる癖を見せ、鞍上のホワイト騎手がまとめに追い出せなかった。そのまま追えない状態が続きながら前との差を1完歩ごとに縮め、前で粘る2、3着馬を差し切った。母トゥザヴィクトリーの良血馬の能力を披露した一方で、若さも目立った新馬戦となった。また、結果的には前残りでの決着だった。
170722-5トゥザフロンティア
トゥザフロンティア
ロードカナロア
ロードカナロア
サンデーサイレンス
サンデーサイレンス



ロードカナロア_脚
ロードカナロア-脚
サンデーサイレンス-脚
サンデーサイレンス-脚
170722-5トゥザフロンティア脚
トゥザフロンティア-脚
血統コメントロゴ
父ロードカナロア×母トゥザヴィクトリー(母父サンデーサイレンス)の血統構成。5代までにNureyev, Northern Dancerクロスを持つ。

※写真の無断転載を禁じます




JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら


2017年07月24日

【競馬稼業はつらいよ】最終回だと云うのに内伸び馬場とは?(涙)


土曜日:天気良く、雨の心配こそ要らないが、如何せん、暑さはピーク状態。よって、人馬ともども暑さとの闘い。はてさて、どこまで耐えられるかが勝敗の分かれ目?

中京5R2歳新馬 芝1600m    

◎14番トゥザフロンティア(1着):脚捌き少し硬いがデキ良し。少し脚捌き硬い。
○03番マイネルカイノン(5着):お釣りある仕上げもデキ良し。距離向く。少し力む。
▲09番アップファーレン(2着):ほぼ仕上がる。距離向く。少し頭高い。
注06番ウインヒストリオン(6着):ほぼ仕上がる。距離向く。少し掛かる。
△02番リスペクタブル(7着):お釣りある仕上げもデキ良し。少し後肢の蹴りが弱い。

◎14番は相手に恵まれた感。

結果、*12番が好スタートを切りハナに立ち、*5番は2番手、好位の外から▲9番、注6番は中団の外、○3番は中団馬群の中、◎14番は中団馬群の外、△2番は後方の内から追走。直線、*12番(3着)が粘るところを▲9番(2着)が外から交わし、その外から◎14番が抜け出し快勝。

中京6R2歳新馬 芝1400m    

◎03番アーデルワイゼ(1着):ほぼ仕上がる。距離向く。軽めもまずまず。
○14番プリュス(9着):少し煩くなるもデキ良し。少し脚捌き硬い。
▲08番サンドクイーン(7着):脚捌き少し硬いがデキ良し。少し脚捌き硬い。
注13番レーヌビクトリア(10着):仕上げ良し。距離向く。少し頭高い。
△12番トゥンバドーラ(6着):ほぼ仕上がる。距離向く。後肢の蹴りが弱い。

総評

◎3番以外は横一線

結果、*5番がハナに立ち、▲8番が2番手、◎3番は好位の内、△12番は好位の外、○14番は中団の外、*2番は出遅れて中団の内、*7番は中団の中、注13番は中団馬群の外から追走。直線、*5番が粘るところを◎3番が馬群の中から抜け出し、快勝。その内から、*3番(2着)が抜け出し、大外から、*7番が追い込んで、3着確保。


日曜日:空はどんよりし、今にも雨が降り出しそうな気配だが、ただ、その雨雲のお陰で、体感温度は若干、低め。後は雨さえ降らなければ・・・。 それよりも土曜日の芝レース結果を見ると、逃先行有利な馬場状態が微妙。本来なら、最終日になると外差し馬場になるのが・・・。とにもかくも頑張るしかない。

中京5R2歳新馬 芝1400m      

◎07番アントルシャ(1着):ほぼ仕上がる。距離向く。少し掛かる。
○08番マイネルベッカー(9着):お釣りある仕上げもデキ良し。放馬するも直ぐ捕まる。軽め。
▲03番ロードイヒラニ(3着):周回中鳴き幼い面見せるも仕上げ良し。少し力む。
注15番ワイルドフィクサー(8着):お釣りある仕上げもデキ良し。少し頭高い。
△01番タレンティドガイ(13着):仕上がる。距離向く。少し頭高い。

総評 ◎7番以外は横一線

結果、◎7番はハナに立ち、内から▲3番が2番手、注15番は好位の外、*4番は好位の内、○8番は中団の外、△1番は後方から追走。▲3番は、3角から早めに先頭に立ち、直線に入ったが、半ばで内にヨレ減速。その外から◎7番が力強く抜け出し、快勝。*4番が内から抜け出し、2着確保。▲3番が、態勢を立て直し、3着確保。

中京11R中京記念・G3(ハンデ)  

◎06番グランシルク(2着):馬体ふっくら見せ順調。先入れ、軽めも少しできる。
○15番ブラックムーン(3着):お釣りある仕上げもデキ良し。軽め。
▲14番グァンチャーレ(12着):馬体締まりデキ上向く。少し脚捌き硬い。
注08番アスカビレン(4着):すっきり仕上がる。距離向く。少し頭高い。
△11番マイネルアウラート(16着):休み明けもほぼ仕上がる。ハミ変え。少し脚捌き硬い。

総評 各馬横一線

結果、*12番が外からハナに立ち、*3番が2番手、*9番が好位から、△11番が好位後方、注8番は中団馬群の中、▲14番は中団馬群後方、○15番は最後方から追走。直線、*3番が内から抜け出し、そのまま、脚色衰えずゴールを駆け抜け快勝。大外から◎6番が追い込み2着確保。○15番は最内伸びて来たが、3着まで。

*開催最終日だと云うのに、内枠が伸びる馬場状態とは・・・?


土曜日 13R→金山のビュッフェ

ワタナベパパ(開門ダッシュありがとうございました)、アキヤマさん、フジイさん、チカさん、ヤマギシくん(差し入れありがとうございました)、カドヤさん、フルサワくん、東京からヨコテさん(お土産ありがとうございました)、スタッフの橋浜とワイワイヤイヤイ。参加された皆さん、おつかれさまでした。


現場参戦

ワタナベくん(開門ダッシュありがとうございました)、次回ご参加ください。


日曜日 13R→イタリアン

フジイさん、スギムラさん、チカさん(極上のウィスキー差し入れありがとうございました)、ヤマギシくん(差し入れ&お土産ありがとうございました)、東京からヨコテさん(差し入れありがとうございました)、スタッフの橋浜とワイワイヤイヤイ。

現場参戦

ワタナベくん(連日の開門ダッシュありがとうございました)、ワタナベパパ(連日の開門ダッシュありがとうございました)、アキヤマさん、カドヤさん、次回ご参加ください。

お礼

馬主のナカムラさん、事務所への差し入れありがとうございました。

ではでは パドックでお逢いしましょう グッドラック!



JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら


2017年07月23日

【本日の馬場情報】 7/23


【福島】
 芝:良 ダート:良
前日の夜中ににわか雨があり、今日の明け方も少し弱い雨があったようです。
場内はまだ少しばかり濡れていて、午前中もぱらぱらと微妙な雨が降る時がありました。
今は雨こそありませんが、直線追い風が結構強く吹いています。
競馬に影響あるかも知れませんので、経過に注意したいところ。




馬場が掘れる程緩んではいません。ほとんど土曜日と同じフラットな状況と見て良いでしょう。
ペースが遅ければ前残り、途中で動きがある展開なら外追込みと極端な決着になりそうなので、展開読みが重要そうです。


ダート

表面が湿っているようで、砂煙が全く上がりません。
しかし脚抜きが良いのかと思いきや、とてつもなく時計が掛かっているようで、スピードが出にくいいかにも「重たい」馬場のようです。
フットワークが雑な馬の方が勝ち負けしているようで、細い馬やクッションのある繋の馬が全滅。立ち繋の方がよさそうです。






【中京】

 芝:良馬場 ダート:良馬場

曇っているが、湿気がある暑さ。風はほとんど吹いていない。


内側が凸凹しているが、内外の伸び方の差はそれほどない。長く脚を持続できる馬が有利。

ダート
土曜日よりも少し脚抜きが良い。馬格がある馬に向いている。

WIN_20170723_09_12_08_Pro
WIN_20170723_09_14_20_Pro










JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら


2017年07月22日

【外厩名人】 村山弘樹の明日使える?データ


この時期はどうしても母校の野球部の結果が気になります。結果しか追えていないのですが、先日は逆転勝ちで4回戦進出を決めてくれました。私立の壁が厚い大阪大会を勝ち抜くことは非常に困難ですが、懸命に戦っている後輩たちを見て、OBである私も彼らのように頑張らねばと思う次第です。最後の夏、1つでも多くの勝利を願っています。

個人的に今週の競馬はお休み。
抱えている作業が終わったら予想モードに入りたいのですが。

c11r


h11r


☆福島11R7番マウントロブソン・・・堀厩舎×ノーザンファームしがらき
→44.4-51.8-55.5-177-104.4

☆中京4R4番ミッキーシーガル・・・ノーザンFしがらきと相性の良い厩舎(帰厩2走目まで)
→18.7-31-39.6-109.2-85.7

☆中京10R13番アードラー・・・帰厩初戦の好期待値条件(吉澤ステーブルWEST)
→26.1-40.4-58.7-87.6-87.3

☆中京11R10番ダノンリバティ・・・ノーザンFしがらきと相性の良い厩舎(帰厩2走目まで)
→18.7-31-39.6-109.2-85.7




JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら


【本日の馬場情報】7/22


【函館】
WIN_20170722_09_16_42_ProWIN_20170722_09_16_32_Pro

 芝:稍重 ダート:不良

午後から稍重に回復。
1Rの時計からも、最終週にしては芝はそれほど荒れていない。
先週と同様に、内外差の少ない傾向が続きそう。

ダート
時計の出る不良馬場。
朝からかなり時計の速い決着が続き、先行決着が続いている。
スタミナよりもスピードがものを言う状況。




【福島】
 芝:良 ダート:良
朝から薄く雲が広がっていて、時折微妙に暗くはなりますが、おおむね日差しもそれなりに出ていて、不穏な様子はありません。
晴れることはあっても、悪化はないはずです。今日はこのままでしょう。



内ラチ沿い4頭分は蹄跡がかなり残っていて、3〜4コーナーと直線の内側は、少々地面の色が違って見えます。
しかしまだ騎手が内を避けて走るほどではなく、ある程度フラットと見ても問題なさそうです。
差しが決まるかどうかは、あくまで展開次第というところでしょう。


ダート
パサパサに乾いていますが、若干速い時計で決着していて、逃げ馬が2連勝。開催傾向通り、捲りは通じても差し込むのが難しい、先行有利状況でしょう。
体格の良い馬、やや外枠のブリンカー装着馬には注意したいです。




【中京】
WIN_20170722_10_00_03_Pro
WIN_20170722_10_01_32_Pro
WIN_20170722_11_23_02_Pro


 芝:良 ダート:良
暑さを通り越して痛い。風はスタンド側から3コーナーに向いて吹いている。


Bコース使用。コンディションを維持できている。長く末脚を使える馬に向く馬場。

ダート
乾燥していて力が要る馬場。ある程度、前で競馬を運べる馬が有利。





JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら


2017年07月21日

【外厩名人】 村山弘樹の明日使える?データ


先週の日曜中京5R、ワグネリアンヘンリーバローズの瞬発力勝負は見ごたえがありましたね。超がつくスローペースだったので評価は次戦以降に持ち越しですが、2頭ともに流石ノーザンファームのディープインパクト産駒と思わせる内容だったのではないでしょうか。今週も血統的に注目のトゥザフロンティアプリュス、さらにジェネラーレウーノも出てきますし、今年は夏の早い時期からPOG注目馬がどんどん出てくる印象。もちろん秋デビューの有力馬もたくさんいるわけで、ノーザンファームの層の厚さには驚かされます。驚いているだけではなくて、各馬がどのようなローテーションを選び、外厩を使ったかはしっかりと見ておきたいところ。

先週から続いての宣伝になってしまうのですが、馬トクPOGサイトでは今週から2歳オープン戦の「馬トク出馬表」を公開しています。新馬戦はもちろんのこと、中京2歳ステークスと函館2歳ステークスの出馬表及び集計データをご覧いただけますので参考にしてみてください。

馬トクPOGサイト

中京2歳ステークス馬トク出馬表

函館2歳ステークス馬トク出馬表

f5

さて、福島5Rの外厩欄を見て不思議に思ったことないでしょうか?そう、10ナスノシンフォニーがノーザンファーム空港で育成されていたとなっています。同馬は恵比寿興業株式会社那須野牧場の生産で馬主も那須野牧場ですから、普通にプロフィールを読んでいただけではまさかノーザンファーム系外厩で育成されていたとは知る由もありません。(社台系である可能性はありますけど)ググってみるとこんな記事を発見しました。以下、スポーツ報知のPOGブログ
http://www.hochi.co.jp/horserace/pog/20170507-OHT1T50173.html
http://www.hochi.co.jp/horserace/pog/20170705-OHT1T50142.html
からの引用です。

ナスノシンフォニー(牝、父ハーツクライ、母ナスノシベリウス)は調教が進んでいる組。「育成はノーザンFで生まれは那須野牧場。ノーザンFで育成する馬って、よそから来た馬の9割以上はついていけないんですが、馬は普通について行けている。しかも、今は一番進んでいる組に入っていて、それくらい体力あるし走りのセンスもある。これは5月末くらいの入厩になる」とのこと。(5月7日)

福島開催デビューで手応えが良さそうなのは、22日の福島・芝1800Mを予定しているナスノシンフォニー(牝、父ハーツクライ、母ナスノシベリウス)です。鞍上は木幡巧J。武井調教師によれば「これは走る。馬体重は450キロですが、心肺機能が高い。折り合いもつくし、しまいも伸びる。少し遅めのゲートをのぞけば、注文がつくところはない。まだ本気で攻めていないけど、いいものを持っている」と感触はかなり良さそう。(7月5日)
 引用終わり

厩舎コメントをそのまま信じるのもなんですが、好感触のようです。POGに熱心な方には周知の情報であったかもしれませんが、それ以外の方にとっては外厩データが役に立つ好機会となるのではないでしょうか。これで人気薄であれば馬券でも狙いたいのですがね、、そうはいかないのが難しいところです。このレースには「ダノン」×「ノーザン」と今年のセレクトセールでも目立った組み合わせのダノンポピーがいて好調戸崎騎手を配してきて上位にきそうです。配当も見込めそうにないのでこの予想で買えるレースではないか。
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-

☆中京5R14番トゥザフロンティア・・・ノーザンFしがらきと相性の良い厩舎(帰厩2走目まで)
→18.7-31-39.6-109.2-85.7

☆中京7R9番ファイナンス・・・ノーザンFしがらきと相性の良い厩舎(帰厩2走目まで)
→18.7-31-39.6-109.2-85.7

☆中京7R18番カデナダムール・・・ノーザンFしがらきと相性の良い厩舎(帰厩2走目まで)
→18.7-31-39.6-109.2-85.7


JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら


記事検索
JRDB本家はコチラ
JRDBについて
JRDB資料
↑クリックして拡大
⇒JRDBについてもっと詳しく
Archives