2017年10月19日

【血統&馬体講座】 ライジングドラゴン


今回のレースロゴ
2017年10月14日(土)
 京都04R ダ1800 2歳新馬 1着


プロフィールロゴ
牡2 ライジングドラゴン
父 カネヒキリ
母 ゴッドビラブドミー
母父 ブライアンズタイム
出産時の母の年齢 11歳
毛 色 芦毛
馬体重 440K
厩 舎 吉田直(栗東)
馬 主 鈴木 義孝氏
生産者 芳住 鉄兵
生産地 新冠
ヘイロー系

カネヒキリ

栗毛  2002
フジキセキ
青鹿  1992
Sunday Silence1986Halo1969
Wishing Well1975
Millracer1983Le Fabuleux1961
Marston's Mill1975
ライフアウトゼア
栗毛  1992
Deputy Minister1979Vice Regent1967
Mint Copy1970
Silver Valley1979Mr. Prospector1970
Seven Valleys1972
ロベルト系

ゴッドビラブドミー

   2004
ブライアンズタイム
黒鹿  1985
Roberto1969Hail to Reason1958
Bramalea1959
Kelley's Day1977Graustark1963
Golden Trail1958
ゴッドインチーフ
芦毛  1996
Commander in Chief1990Dancing Brave1983
Slightly Dangerous1979
Fager's Prospect1990Chief's Crown1982
Fager's Glory1976
クロスRoberto 3x5 Hail to Reason 5x4 Mr. Prospector 4x5
馬体コメントロゴ
腹袋が大きく、胴、手脚、繋とも長め、繋の角度(遊び)は程良くある。蹄は若干大きめで、蹄底は厚め。馬場状態(ダート)は晴れ雨不問。距離は1700m〜1800m。

レースコメントロゴ
好発から先手。4F通過までのスローペースから加速していく流れ。同じ位置取りでレースを進めた馬が直線入り口で苦しくなっているのを尻目に、追い出されると楽な感じで抜け出した。ミラクルレジェンドの子、グレートタイムだけが最後差を詰めた。こちらは決してスムースな競馬ではなかっただけに素質を感じさせる内容。
1711014-4ライジングドラゴン
ライジングドラゴン
カネヒキリ
カネヒキリ
ブライアンズタイム
ブライアンズタイム



カネヒキリ_脚
カネヒキリ-脚
ブライアンズタイム-脚
ブライアンズタイム-脚
1711014-4ライジングドラゴン脚
ライジングドラゴン-脚
血統コメントロゴ
父カネヒキリ×母ゴッドビラブドミー(母父ブライアンズタイム)の血統構成。5代までにRoberto, Hail to Reason, Mr. Prospectorクロスを持つ。

※写真の無断転載を禁じます




JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら



2017年10月16日

【競馬稼業はつらいよ】〜雨&馬場に泣かされながらの闘い!


土曜日:朝のうちはともかく、午後からの雲行きが怪しい。となると馬券勝負は午前中に仕上げていなければ・・・と云って、そうは問屋が卸さないのが馬券。はてさて、帰り道に笑って一杯飲めるかどうか?

京都4R2歳新馬 ダート1800m    

◎05番グレートタイム(2着):ほぼ仕上がる。距離向く。軽めもまずまず。
○11番ベストマイウェイ(6着):ほぼ仕上がる。距離向く。軽めも少しできる。
▲07番ライジングドラゴン(1着):馬体ふっくら見せ順調。少し後肢の蹴りが弱い。
注06番ラセット(9着):ほぼ仕上がる。距離向く。少し頭高い。
△10番メイケイダイハード(4着):少し煩くなるもデキ良し。少し力む。

総評 上位馬実力拮抗

結果、▲7番は好スタートを切ったが抑えて好位の外から。内から2番がハナに立ち、注6番は2番手、*1番は好位の内から、◎5番は出負けし中段の内、△10番は中段の外、○11番は中段後方の外から追走。直線、*2番が粘るところを▲7番が外からあっさり交わし、その外から◎5番が道中フラフラしながらも直線はシッカリ伸びて2着確保。*1番が内々を伸びて、3着確保。

京都5R2歳新馬 芝1200m     

◎11番ピュールフォルス(6着):ほぼ仕上がる。距離向く。少し後肢の蹴りが弱い。
○01番ロンロネオ(1着):少し煩くなるも仕上げ良し。軽めもまずまず。
▲08番ミヤジサクラコ(3着):少し煩くなるも仕上げ良し。少し後肢の蹴りが弱い。
注03番ショウナンアンビル(4着):ほぼ仕上がる。距離向く。少し力む。
△13番キングポセイドン(7着):少し煩くなるもデキ良し。少しできる。

総評 各馬横一線

結果、*4番がハナを切り、*9番は2番手、▲8番は好位、*13番が好位の外、◎11番は中段の外、○1番は中段の内から追走。直線、*4番(2着)が粘るところを○1番が外から力強く伸び、快勝。▲8番はジワジワジワ伸びて、3着確保。◎11番は、道中、外に逃げるなど恐がりな面を見せ、直線も他馬に寄られる不利もあり直線、伸び切れず。


日曜日:午前中はともかく、午後に入ると雨足が強くなり、パドック作業は難儀。それにしても、G1デーに雨とは、トホホ・・・。と云って、手を抜くことは厳禁。そう、「馬見家」は雨降ろうが雪が降ろうが闘うのみ! 果たして結果は如何に?

4R2歳新馬 ダート1200m    

◎10番スリーチェイサー(2着):仕上げ良し。距離向く。:放馬するも直ぐ捕まる。
○04番クレヴァーパッチ(1着):ほぼ仕上がる。距離向く。少し煩い。
▲14番メイショウダブル(5着):お釣りある仕上げもデキ良し。少し煩い。
注01番プンタレオナ(9着):お釣りある仕上げもデキ良し。軽目に終始。
△08番センショウユウト(10着):ほぼ仕上がる。距離向く。軽目に終始。

総評 上位馬実力拮抗

結果、○4番がハナに立ち、◎10番が2番手、*7番は好位、△8番は好位後方、▲14番は中段の外、注1番は中段の内から追走。○4番は直線に向いても脚色衰えず、ゴールを駆け抜け、快勝。◎10番は勝ち馬に迫るも差は縮まらず、2着まで。▲14番は、直線、失速し掲示板まで。外から*13番がジリジリ伸びて、3着確保。

京都11R秋華賞・G1 芝2000m(雨・重馬場)  

◎07番リスグラシュー(2着):展開微妙もびっしり仕上がる。軽目に終始。
○01番アエロリット(7着):休み明けもすっきり仕上がる。シャドー外す少し煩いが動きはマズマズ。
▲16番ファンディーナ(13着):馬体締まりデキ上向く。馬具変更。軽目に終始。
注02番ラビットラン(4着):馬体ふっくら見せ順調。少し煩い。
△14番ディアドラ(1着):お釣りある仕上げもデキ良し。落ち着きありスムーズな走り。
▽04番モズカッチャン(3着):すっきり仕上がる。力む。

総評 各馬の仕上げ良く、横一線

結果、*8番がハナに立ち、▲16番が外から2番手追走、○1番は好位の内、注2番は好位後方の内、▽4番は好位後方の内、◎7番は中段の中、△14番は後方の外から追走から追走。直線、*8番が粘るところを、△4番が交わし、その外から△14番が力強く差し切り、快勝。◎7番は、ゴール寸前、粘る▽4番(3着)をハナ差交わし、2着確保。


土曜日 13R ハイカラ屋

アオノさん、囲碁界のサラブレッド関山利道九段、スタッフの橋浜とワイワイヤイヤイ。参加された皆さん、おつかれさまでした。

現場参戦

オオシマくん、次回ご参加ください。

古川吉洋騎手のお父さん、山盛りのカレーの差し入れありがとうございました。超美味しかったです。感謝!

森裕太朗騎手のお祖父さん&お祖母さん、お土産ありがとうございました。

日曜日 13R ハイカラ屋

イノウエさん、アケダさん、名古屋からワタナベパパさん&ワタナベくん、オオシマくん、イナバさん、リエコさん、千葉からメグミさん(橋浜の単行本をお買い上げいただきありがとうございました)、広島からミズエさん(橋浜の単行本をお買い上げいただきありがとうございました)、ナオミさん、東京からミナミさん、スタッフの橋浜、イハラとワイワイヤイヤイ。参加された皆さん、おつかれさまでした。
古谷コンシェルジュ、お土産ありがとうございました。

ではでは パドックでお逢いしましょう グッドラック!



JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら


2017年10月15日

【本日の馬場情報】 10/15


【東京】
 芝:重 ダート:不良
今日は朝からしとしとと弱い雨が降り続いており、馬場は悪化の一途となっています。ダートも朝一番はそれほどでもなかったものが、昼には水が浮きかけていて、水捌けが追いついていません。




やや重スタート。
最初のレースから直線で馬群がバラけるものの、直線入口で先頭に立った馬が坂の半ばで捕まり、馬群のさらに大外を回って伸びる馬が勝ち負けしています。
距離損はあまり関係なく、坂上の平坦部分で仕掛けても追いつく馬場で、上がりが掛かる決着ばかり。ステイゴールド産駒やキングマンボ系統の馬が穴になっているのを気にしたいです。瞬発力はあまり通用しなさそうです。


ダート

水が浮いて前が止まらず、逃げ先行馬も速い上がりでまとめられてしまう高速ダート。
内枠から2列目以内に収まるか、相当速い上がりを駆使しないと間に合いません。下級条件ではIDM上位馬が安定しているはずです。
午後からは推定上がり上位馬に注目。






【新潟】
 芝:良 ダート:稍重
今朝は、どんよりとした空模様で馬場に影響があるほどではありませんが弱い雨があったようです。午前中も時折小雨がパラついています。

芝:雨の影響はほとんどなく昨日と同じ馬場状態だと思われます。

ダート:
昨日に続き稍重の馬場状態。日照が無いので乾かないかもしれません。





【京都】

 芝:良馬場 ダート:稍重

肌寒く、雨は降ったり止んだりしている。風はほとんど吹いていない。



雨で少し滑りやすい馬場。ダート適性馬や、フットワークが安定している馬が有利。

ダート
脚抜きが良い馬場。先行馬や、4コーナーまでに好位につけられる馬が有利。

WIN_20171015_08_43_07_Pro
WIN_20171015_08_43_13_Pro
WIN_20171015_08_43_31_Pro









JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら


2017年10月14日

【外厩名人】 村山弘樹の明日使える?データ


☆京都11R 秋華賞
k11r

人気各馬の基本的な見解と過去成績は週初めにコチラの記事でまとめた通り。。

ゝ厩3走目以降の馬は下げて考える
⊆丗羞漏葦糠呂涼,2走目に警戒


これが意識したいポイント。

しかしながら、△亡悗靴討郎Gは"らしい"馬を見つけることができず。前哨戦の内容と変わり身予測を重視した予想となった。あまりお見せしたくもない馬券だが、とにかく軸が決まらなかったので。また、府中牝馬Sも買いました。人気の2頭のどちらかが勝つというノーザンBOX。ヴィブロスは休み明けで勝ちに来てるとは思わないが状態は良さそうで。

IMG_2712
IMG_2713


+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-


アエロリットの前走パフォーマンスは超強い。IDM70ですよ。それと同じパフォーマンスを今回も期待できるかどうかだが、1頭軸にするほどの自信はなかった。今までもそうだったと言えるが、1番枠を引いたため極端な競馬しか選択肢がなくなったのはどうなの?クロフネ牝馬で2000Mはどうなの?という疑念が晴れない。元より先行馬不利の傾向がある秋華賞ということを考えると、勝つか圏外かぽい。1番人気なら嫌っても良い評価だが、一応、G1における帰厩初戦の強さを語っている立場として、ノーザンF空港帰りなので入れたという感じ。

モズカッチャンは調教映像が軽めの時の映像であったため、明らかに良化!とは言い切れないのだが、ローズS以上の仕上がりにはあるはずで、内枠のMデムーロ騎手なら外せない。コーナー4つの競馬も好走経験あり。アカデミー牧場は当ブログでは説明できていなかったが、タツゴウゲキやハローユニコーンも同じで厩舎御用達。非社台系でも重賞を好走させ続ける鮫島一歩厩舎の厩舎力に期待して。

リスグラシューは矢作厩舎のプラン通りに調整できていることが好感で、湿った馬場でも末脚堅実。何度も繰り返し書いてる気がするが、矢作厩舎はノーザンFしがらき帰り2走目で成績を上げてくる。(それだけ厩舎力がある)普通ならこの馬が本命になるのだが、コーナーで上手く動けるタイプではなく、取りこぼしがありそうで。

リカビトスは本来買っていけない馬。内回りのレースではまず届かないとは思うが、全勝で上がりの使える天栄馬なだけに、これが来てしまった時にハズレる局面はどうしても避けたかった。リカビトス買うなら3走目でもディアドラのほうがよっぽどいいとは正直思う。

ポールヴァンドルは外枠以外に嫌う点が少ない。前走は既に1000万下勝ちの賞金を持った状態で、しかもスター後接触して無理せず控える競馬。競馬の幅が広がったいい内容だったと感じたためここでも狙ってみたい。コーナー4つの競馬に好走歴があり天栄帰り。

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-

ディアドラは状態の維持だけが問題。今回はポイント,鉾燭靴燭燭瓩貿磴錣覆っただけ。いい馬。ローズS後に1番買いたかったファンディーナは良化がスロー。。。能力はソウルスターリング級だと思っているが、力を出し切れる仕上がり、精神状態かどうかが不明で。ラビットランミリッサは帰厩2走目、G1常連厩舎なだけに確実に追い込んでくるだろうが色々と注文が付きそうで。(じゃあリカビトス買うなは禁止)

☆新潟4R11番メイショウマトイ・・・帰厩初戦の好期待値条件(宇治田原優駿ステーブル)
→27.3-40-56-91.8-83

☆新潟12R11番トゥザクラウン・・・ノーザンFしがらきと相性の良い厩舎(帰厩2走目まで)
→18.2-29.9-40.9-101.6-85.1

☆東京11R3番ストロングタイタン・・・ノーザンFしがらきと相性の良い厩舎(帰厩2走目まで)
→18.2-29.9-40.9-101.6-85.1

☆京都5R9番ドラセナ・・・ノーザンFしがらきと相性の良い厩舎(帰厩2走目まで)
→18.2-29.9-40.9-101.6-85.1

☆京都7R5番ショパン・・・ノーザンFしがらきと相性の良い厩舎(帰厩2走目まで)
→18.2-29.9-40.9-101.6-85.1

☆京都11R7番リスグラシュー・・・ノーザンFしがらきと相性の良い厩舎(帰厩2走目まで)
→18.2-29.9-40.9-101.6-85.1


JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら


【本日の馬場情報】10/14


【東京】
 芝:稍重 ダート:不良
今日は朝からずっと弱い雨がしとしとと続き、ときおり止むこともありますが、どんよりと薄暗い雲が広がって肌寒いです。
今日は雨がまた降るかもしれず、経過に注意したいところです。乾くことはありません。


やや重スタート。序盤慎重な入りでスローに落としやすく、後半上がりをまとめる競馬。
しかし馬場が渋っている影響でスピードは出にくく、東京芝にしては上がりが微妙に掛かっています。
逃げ馬がだいぶ有利にレースを運べるようで、外よりは内枠有利、大型の先行馬が有利になりそうです。

ダート
不良馬場ですが水は浮いておらず、非常に脚抜きの良いスピードダートです。
基本的には前が止まりません。逃げ馬も上がりをまとめて押し切れるので、下級条件は全く差し馬が通じません。相当速い上がりが必要でしょう。馬込みの内にいたらアウト。



【京都】
 芝:良 ダート:良
涼しい。風はほとんど吹いていない。


コンディション良好。フットワークが綺麗な馬に向く馬場。先行馬が粘りやすい。

ダート
少し力が要る馬場。馬格がある先行馬が有利。
WIN_20171014_09_04_44_Pro
WIN_20171014_09_04_53_Pro
WIN_20171014_09_04_57_Pro




【新潟】
 芝:良 ダート:稍重
朝から風もなく穏やかで、このあとも雨が降ることはなさそうです。


ところどころ凹凸がありますが、良好な状態に見えます。芝足が短いので走りやすく時計が出やすい馬場状態だと思われます。

ダート
昨日の雨の影響で脚抜きがよく時計が出やすい馬場状態です。スピードが必要で持ち時計のある馬は有利になりそうです。





JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら


2017年10月13日

【外厩名人】 村山弘樹の明日使える?データ


3日間開催明けは1週間が本当に早い。スマートレイアーが京都大賞典を勝ったのが昨日のことに思えるんですが...。




スポーツ報知さんの「馬トク」では今週からタテ馬柱が見られるとのこと。
関東ではタテしか読まないという方も多いと思うので、タテ・ヨコ見られるのはGoodでは。

https://umatoku.hochi.co.jp/pog

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-

最近予想面にシフトしすぎていた感があるので、今回はダートの新馬戦についての明日使える?データを。
◆2歳新馬戦における外厩別成績(ダートのみ。関西馬のみ。2016〜)
dagaikyu


関西馬のみ、という絞りにしているわけですが、ノーザンFしがらきの成績が良くないことが一目でわかります。単勝回収率は17.6%で、勝った3頭はいずれも1番人気の馬。2番人気以下の馬では勝つことができていないのは相当大きいことかと。15年〜とするとゴールドドリームが3番人気で勝ってはいますが、最近は勝てていません。

出走数、勝率ともに上位なのが宇治田原優駿Sと吉澤ステーブルWEST。注目なのは人気別成績。

☆宇治田原優駿Sに限定。人気別
uzi

☆吉澤ステーブルWESTに限定。人気別
yosizawa

ともに人気馬はしっかりと好走する傾向にあります。一回しか勝っていないところを強調するのは難しいですが、1、2番人気の馬は馬券妙味がある馬だと言ってよいでしょう。一方、関東だとノーザンF天栄が強すぎるのですが、山元トレセンとテンコートレセン、ミッドウェイファームが続く感じです。(ダート向きのノーザンF馬は関東所属になる傾向?)

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-

☆京都4R
k4r

以上のことから京都4Rを見ると、ベストマイウェイとヒルトップパレスにはあまり馬券的妙味はないか。

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-

東京11R 府中牝馬S
t11r

もろもろの作業が終わった後に予想と見解を更新したいとは思いますが。。。

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-

☆新潟5R11番ヤマニンルネッタ・・・帰厩初戦の好期待値条件(宇治田原優駿ステーブル)
→27.3-40-56-91.8-83

☆新潟8R7番リライアブルエース・・・ノーザンFしがらきと相性の良い厩舎(帰厩2走目まで)
→18.2-29.9-40.9-101.6-85.1

☆新潟11R3番トレジャートローヴ・・・ノーザンFしがらきと相性の良い厩舎(帰厩2走目まで)
→18.2-29.9-40.9-101.6-85.1

☆新潟11R6番ルックトゥワイス・・・帰厩初戦の好期待値条件(吉澤ステーブルWEST)
→27.3-40-56-91.8-83

☆東京7R7番シャドウブリランテ・・・帰厩初戦の好期待値条件(吉澤ステーブルWEST)
→27.3-40-56-91.8-83

☆東京10R5番クライムメジャー・・・ノーザンFしがらきと相性の良い厩舎(帰厩2走目まで)
→18.2-29.9-40.9-101.6-85.1

☆東京10R9番タイセイスターリー・・・ノーザンFしがらきと相性の良い厩舎(帰厩2走目まで)
→18.2-29.9-40.9-101.6-85.1

☆東京11R5番トーセンビクトリー・・・ノーザンFしがらきと相性の良い厩舎(帰厩2走目まで)
→18.2-29.9-40.9-101.6-85.1

☆京都9R6番トゥザフロンティア・・・ノーザンFしがらきと相性の良い厩舎(帰厩2走目まで)
→18.2-29.9-40.9-101.6-85.1


JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら


2017年10月11日

秋華賞メモ


読みづらい、結論が書いてないというのはお許しを。

まず、芝G1で勝ち馬となるための基本条件となるのが"外厩からの帰厩2走目以内"であること。馬場が渋っていた桜花賞でこそレーヌミノルが優勝したが、今年帰厩3走目以降で勝ったのはレーヌミノルのみ。週末は雨になる可能性があるが、良馬場であれば帰厩2走目までを重視して考えたい。3走目以降では2、3着までならその他要素のアシストがあれば好走できるがアタマはなかなか難しい。

また、帰厩3走目以降では人気馬でも好走は難しい。G1を勝ったのは、クラリティスカイ(15年NHKマイル)、ショウナンパンドラ(15年JC)、ディーマジェスティ(16年皐月賞)、マカヒキ(16年ダービー)、レーヌミノル(17年桜花賞)。たとえ好走してもその後のレースに蓄積疲労として影響するのかも知れない。

◆芝G1における帰厩○走目別成績(2015年以降):
kikyuu


◆芝G1における帰厩3走目以上の馬の人気別成績(2015年以降):
g1kikyuuu

これによりカワキタエンカディアドラは減点対象。両頭ともに前走は見応えある内容なのだが下げて考えたい。

念のため14年秋華賞の勝ち馬ショウナンパンドラ、3着のタガノエトワールが帰厩3走目であったことは補足しておくが、外厩情勢は主にNF天栄の躍進が始まる15年からガラリと変わっていることもまた強調しておきたい。

..............................................................
..............................................................

また、ローズSの傾向といえば、社台ファーム系外厩帰り2走目の馬がやたらと走ること。
15年
5人気2着クイーンズリング(山元▲蹇璽S5着)
8人気3着マキシマムドパリ(山元甲武特別1着)

16年
4人気2着パールコード(グリーンウッド∋膠S5着)
8人気3着カイザーバル(山元▲蹇璽S3着)


昨年改めて思い知らされた次第だが、ローズSで敗れた馬も叩いて良化してくる。
厩舎力と調教内容はしっかりと確認しておきたい。

qq
*1週前段階でのデータなので確定版ではありません。ご注意ください。

この辺りを重視して各馬の火曜段階の見解を。

..............................................................
..............................................................

◇ディアドラ
dhiadora
冒頭に触れた通り帰厩3走目がネック。コーナー4つのコースを狙って使い続けて、かつ結果を残してきた点、Cルメール騎手が騎乗する点、紫苑Sで馬体を戻していた点は好感。桜花賞・オークスでともに上がり最速と末脚性能も世代屈指だろう。しかしながら、札幌→中山の遠征続きでの帰厩3走目でパフォーマンスを維持できるとは思えず。押さえまで。

◇アエロリット
aeroritto
NF系の強い馬あるあるのレース→天栄→厩舎のローテ。今回は札幌の後ということもありノーザンファーム空港から。入厩から2週間程度で使う、という競馬が向いているのかNHKマイルCとクイーンS、そしてクイーンC時はこのパターンで快勝or強い競馬。今回は9/14の入厩なので一ヶ月間は厩舎にいた計算。過去に好走歴があるので問題はないとみているが、近2走とは同じ外厩帰りでも‐貊雖∈澑拘間は違うことは留意しておきたい。能力面ではクイーンSで記録したIDM70は驚異的な値で、過去の名馬の同時期と比べても上回るほど。極端な競馬を2走続けていることから自分の競馬ができなかった時にどうなるかくらいでは。雨は微妙そう。

◇ファンディーナ
fandhi-na
ローズSの記事で"余裕残しだろう"とは書いたのだが、まさか+22キロとは。Hペースと休み明けが合わさった感じで直線ではバッタリだったが、使ってよくなるだろう。というのが世間一般の評価だろうが、一週前の坂路が思ったより軽かったことが気になる。叩いての良化を狙った調教とは思えなかったので、案外仕上げ切れなかったということもあるかも。最終追い見てから。

◇リカビトス
rikabirosu
ノーザンファーム天栄帰りの全勝馬ということで看過できない存在では。ただ、スタートが不得手で、エンジンの掛かりが遅い馬なので、明らかに直線の長いコースに向くタイプ。内回りではまず届かないだろう。が、冒頭に挙げたようにG1において帰厩初戦の馬というだけでアドバンテージがあり、それが天栄となるとなおさら。人気しないのであればヒモには入れておいても。

◇ラビットラン
rabittoran
前走時も末脚性能はあるので面白いかもと触れた気がするが、想像以上だった。好タイムの中で最速の上がりを使えたことは、流れて案外差しが届く秋華賞で評価できるが、ダート時とはいえコーナー4つの競馬が案外だったことを考えるとどうも推しづらい。こちらはローズS勝ち馬なので立場は違うが、角居厩舎×山元トレセンの2走目なのでカイザーバルと同じ。勝つか圏外かぽい。

◇リスグラシュー
risugurasyu
末脚安定、重賞で好走を続けている世代の中心馬。矢作厩舎×NFしがらきなのでローズS→秋華賞で状態を上げてくると当時予測していた通り、一週前にしっかり時計は出してきて仕上げは万全に思える。安定感求めるならここからか。

モズカッチャン...非社台ノーザン関係の2走目でどれだけのデキで挑めるか。コーナー4つの競馬で好走してきた立ち回りの良さは武器となるが、Mデムーロ騎手頼みな面はある。

カワキタエンカ...Hペースを前で粘る。厩舎ランク白色の帰厩3走目。

ミリッサ...ローズSで速い上がりを使った馬の巻き返しパターンならこの馬になるが。石坂厩舎は厩舎ランク紫色。在厩で上がり目は望みづらいか。

レーヌミノル...距離が長い。

とりあえず火曜段階ではこんな脳内。社台系外厩の2走目穴馬は今年は厳しいかなという見立て。


JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら


2017年10月10日

【血統&馬体講座】 タングルウッド


今回のレースロゴ
2017年10月09日(月)
 京都05R 芝1800 2歳新馬 1着


プロフィールロゴ
牡2 タングルウッド
父 シューニ
母 アピール2
母父 セルカーク
出産時の母の年齢 7歳
毛 色 芦毛
馬体重 464K
厩 舎 中内田(栗東)
馬 主 寺田 千代乃氏
生産者 ノーザンファーム
生産地 安平
ヌレイエフ系

シューニ

   2007
ピヴォタル
   1993
Polar Falcon1987Nureyev1977
Marie d'Argonne1981
Fearless Revival1987Cozzene1980
Stufida1981
Sichilla
   2002
Danehill1986Danzig1977
Razyana1981
Slipstream Queen1990Conquistador Cielo1979
Country Queen1975


Appeal

   2008
セルカーク
栗毛  1988
Sharpen Up1969Atan1961
Rocchetta1961
Annie Edge1980Nebbiolo1974
Friendly Court1971
Amenixa
   1994
Linamix1987Mendez1981
Lunadix1972
Amen1987Alydar1975
Issues n' Answers1980
クロスNorthern Dancer 5x5
馬体コメントロゴ
前後躯のバランスが良い。胴、手脚、繋は若干長め。繋の角度(遊び)は若干窮屈。蹄の大きさは標準で、蹄底は若干厚め。馬場状態(芝)は晴れ雨不問。距離は1600m〜2000m。
レースコメントロゴ
1000M通過まではゆっくり。そこからどんどんと加速していく新馬戦らしいレースに。タングルウッドは逃げてこのラップを演出し、ラスト3ハロンは11.6-11.3-10.8。脚の回転の速さが印象的だった。次走でも楽しみ。流石、2歳戦好調の中内田厩舎で新馬戦から勝ち切ってくる。当レースにはサトノエターナルやハーツフェルトなど敗れた馬にも素質馬は多く、これらは未勝利では終わらないだろう。
171009-5タングルウッド
タングルウッド
画像なし
シューニ
画像なし
セルカーク



画像なし-脚
シューニ-脚
画像なし-脚
セルカーク-脚
171009-5タングルウッド脚
タングルウッド-脚
血統コメントロゴ
父シューニ×母アピール2(母父セルカーク)の血統構成。5代までにNorthern Dancerクロスを持つ。

※写真の無断転載を禁じます




JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら


【血統&馬体講座】 ソシアルクラブ


今回のレースロゴ
2017年10月09日(月)
 京都03R 芝1600 2歳新馬 1着


プロフィールロゴ
牝2 ソシアルクラブ
父 キングカメハメハ
母 ブエナビスタ
母父 スペシャルウィーク
出産時の母の年齢 9歳
毛 色 栗毛
馬体重 470K
厩 舎 池添学(栗東)
馬 主 襯汽鵐如璽譟璽轡鵐
生産者 ノーザンファーム
生産地 安平
ミスタープロスペクター系

キングカメハメハ

   2001
キングマンボ
鹿毛  1990
Mr. Prospector1970Raise a Native1961
Gold Digger1962
Miesque1984Nureyev1977
Pasadoble1979
マンファス
青鹿  1991
Last Tycoon1983Try My Best1975
Mill Princess1977
Pilot Bird1983Blakeney1966
The Dancer1977
ヘイロー系

ブエナビスタ

   2006
スペシャルウィーク
黒鹿  1995
Sunday Silence1986Halo1969
Wishing Well1975
キャンペンガール1987マルゼンスキー1974
レディーシラオキ1978
ビワハイジ
青鹿  1993
Caerleon1980Nijinsky1967
Foreseer1969
Aghsan1985Lord Gayle1965
Santa Luciana1973
クロスNorthern Dancer 5x5x5 Nijinsky 5x4
馬体コメントロゴ
前後躯のバランスが良く、胴、手脚、繋の長さは標準。繋の角度(遊び)は程良くある。蹄の大きさは標準で、蹄底は若干厚め。馬場状態(芝)は良馬場ベストだが稍重程度ならこなす。距離は1600m〜2000m。
レースコメントロゴ
ブエナビスタの娘、ソシアルクラブが大外から脚を伸ばして差し切った。前を行くゴルトキルシエらの脚色が鈍ったわけではないにもかかわらず、一頭違う脚色で差し切った瞬発性能は母譲りか。姉のコロナシオンも新馬戦で同じようなレース運びをしていただけに、真価は次のレースでとなる。上位の着差は僅かで、二桁着順の馬でもそこまで大きくは負けていない。
171009-3ソシアルクラブ
ソシアルクラブ
キングカメハメハ
キングカメハメハ
スペシャルウィーク
スペシャルウィーク



キングカメハメハ-脚
キングカメハメハ-脚
スペシャルウィーク-脚
スペシャルウィーク-脚
171009-3ソシアルクラブ脚
ソシアルクラブ-脚
血統コメントロゴ
父キングカメハメハ×母ブエナビスタ(母父スペシャルウィーク)の血統構成。5代までにNorthern Dancer, Nijinskyクロスを持つ。

※写真の無断転載を禁じます




JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら


【血統&馬体講座】 マドモアゼル(りんどう賞)


今回のレースロゴ
2017年10月08日(日)
 京都09R 芝1400 りんどう賞 1着


プロフィールロゴ
牝2 マドモアゼル
父 ブラックタイド
母 ポールポジション
母父 ピヴォタル
出産時の母の年齢 9歳
毛 色 黒鹿
馬体重 440K
厩 舎 斎藤誠(美浦)
馬 主 蝪烹團譟璽轡鵐
生産者 三嶋牧場
生産地 浦河
ヘイロー系

ブラックタイド

黒鹿  2001
サンデーサイレンス
青鹿  1986
Halo1969Hail to Reason1958
Cosmah1953
Wishing Well1975Understanding1963
Mountain Flower1964
ウインドインハーヘア
鹿毛  1991
Alzao1980Lyphard1969
Lady Rebecca1971
Burghclere1977Busted1963
Highclere1971
ヌレイエフ系

ポールポジション

   2006
ピヴォタル
   1993
Polar Falcon1987Nureyev1977
Marie d'Argonne1981
Fearless Revival1987Cozzene1980
Stufida1981
Danehurst
   1998
Danehill1986Danzig1977
Razyana1981
Miswaki Belle1992Miswaki1978
Belle Et Deluree1985
クロスNorthern Dancer 5x5x5
馬体コメントロゴ
牝馬ながらも腹袋が大きく、肉量豊富。胴、手脚、繋の長さは標準で、繋の角度(遊び)は若干窮屈。蹄の大きさと蹄底の厚みは標準。馬場状態(芝)は良馬場ベストだが、稍重程度ならこなす。距離は1200m〜1400がベストだが、成長次第で1600mもこなす。
レースコメントロゴ
マドモアゼルが後続勢の追撃をしのいだ。残り1F付近では交わされそうな印象を受けたが、そこから差をそれ以上詰めさせず渋太く脚を使っていた。2〜4着は接戦。各馬レッドシャーロットを筆頭に良く脚を伸ばしてきている。500万特別戦で引き続きの好走が期待できる。
171008-9マドモアゼル
マドモアゼル
ブラックタイド_シルエット
ブラックタイド
画像なし
ピヴォタル



ブラックタイド-脚
ブラックタイド-脚
画像なし-脚
ピヴォタル-脚
171008-9マドモアゼル脚
マドモアゼル-脚
血統コメントロゴ
父ブラックタイド×母ポールポジション(母父ピヴォタル)の血統構成。5代までにNorthern Dancerクロスを持つ。

※写真の無断転載を禁じます




JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら


【血統&馬体講座】 ジュンヴァルロ


今回のレースロゴ
2017年10月08日(日)
 京都05R 芝2000 2歳新馬 1着


プロフィールロゴ
牡2 ジュンヴァルロ
父 ニューアプローチ
母 ウェイクミーアップ
母父 ロックオヴジブラルタル
出産時の母の年齢 8歳
毛 色 栗毛
馬体重 482K
厩 舎 友道康(栗東)
馬 主 河合 純二氏
生産者 ノーザンファーム
生産地 安平
サドラーズウェルズ系

ニューアプローチ

   2005
ガリレオ
   1998
Sadler's Wells1981Northern Dancer1961
Fairy Bridge1975
Urban Sea1989Miswaki1978
Allegretta1978
パークエクスプレス
黒鹿  1983
Ahonoora1975Lorenzaccio1965
Helen Nichols1966
Matcher1966Match1958
Lachine1960


Wake Me Up

   2007
ロックオヴジブラルタル
   1999
Danehill1986Danzig1977
Razyana1981
Offshore Boom1985Be My Guest1974
Push a Button1980
Hymn of the Dawn
   1999
Phone Trick1982Clever Trick1976
Over the Phone1965
Colonial Debut1994Pleasant Colony1978
Kittihawk Miss1986
クロスNorthern Dancer 4x5x5 His Majesty 5x5
馬体コメントロゴ
腹袋が大きく肉量豊富。胴、手脚、繋の長さは標準で、繋の角度(遊び)は程良くある。蹄の大きさは標準で、蹄底は厚め。馬場状態(芝)は時計の掛かる馬場向き。距離は1800m〜2000m。
レースコメントロゴ
2分1秒3での決着は新馬戦にしては速く、道中で13秒台を刻むことがなかったように締まった流れとなった。この流れを先導して、かつ、上がりをまとめるのだからジュンヴァルロには誰も追いつけない。敗れた馬でも時計自体は評価できるものなので、ドミナートゥス他4着までの上がりをまとめられた馬は次走以降もチャンスがあるだろう。
171008-5ジュンヴァルロ
ジュンヴァルロ
画像なし
ニューアプローチ
画像なし
ロックオヴジブラルタル



画像なし-脚
ニューアプローチ-脚
画像なし-脚
ロックオヴジブラルタル-脚
171008-5ジュンヴァルロ脚
ジュンヴァルロ-脚
血統コメントロゴ
父ニューアプローチ×母ウェイクミーアップ(母父ロックオヴジブラルタル)の血統構成。5代までにNorthern Dancer, His Majestyクロスを持つ。

※写真の無断転載を禁じます




JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら


【血統&馬体講座】 タガノカレン


今回のレースロゴ
2017年10月07日(土)
 京都05R 芝1400 2歳新馬 1着


プロフィールロゴ
牝2 タガノカレン
父 ダイワメジャー
母 スマートレディー
母父 ジャングルポケット
出産時の母の年齢 10歳
毛 色 黒鹿
馬体重 442K
厩 舎 中村均(栗東)
馬 主 八木 良司氏
生産者 新冠タガノファーム
生産地 新冠
ヘイロー系

ダイワメジャー

栗毛  2001
サンデーサイレンス
青鹿  1986
Halo1969Hail to Reason1958
Cosmah1953
Wishing Well1975Understanding1963
Mountain Flower1964
スカーレットブーケ
栗毛  1988
Northern Taste1971Northern Dancer1961
Lady Victoria1962
Scarlet Ink1971Crimson Satan1959
Consentida1962
ゼダーン系

スマートレディー

   2005
ジャングルポケット
鹿毛  1998
Tony Bin1983Kampala1976
Severn Bridge1965
Dance Charmer1990Nureyev1977
Skillful Joy1979
フロムファースト
鹿毛  1994
Dr Devious1989Ahonoora1975
Rose of Jericho1984
Brelandier1982Run the Gantlet1968
April First1975
クロスNorthern Dancer 4x5
馬体コメントロゴ
前後躯のバランスが良い。胴、手脚、繋の長さは標準で、繋の角度(遊び)は程良くある。蹄の大きさ、蹄底の厚みとも標準。馬場状態(芝)は晴れ雨不問。距離は1400m〜2000m。

レースコメントロゴ
重馬場で京都の開幕週ながら時計上がり掛かる馬場。タガノカレンは好位に付けて直線で前を交わすだけという、お手本のような勝ちっぷり。それゆえに特別な印象は受けなかったが、競馬が上手いタイプではあるはずで、大崩れすることもないのでは。
171007-5タガノカレン
タガノカレン
ダイワメジャー
ダイワメジャー
ジャングルポケット
ジャングルポケット



ダイワメジャー-脚
ダイワメジャー-脚
ジャングルポケット-脚
ジャングルポケット-脚
171007-5タガノカレン脚
タガノカレン-脚
血統コメントロゴ
父ダイワメジャー×母スマートレディー(母父ジャングルポケット)の血統構成。5代までにNorthern Dancerクロスを持つ。

※写真の無断転載を禁じます




JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら


【血統&馬体講座】 ホウショウナウ


今回のレースロゴ
2017年10月07日(土)
 京都04R ダ1400 2歳新馬 1着


プロフィールロゴ
牡2 ホウショウナウ
父 ゴールドアリュール
母 ホウショウルビー
母父 デザートキング
出産時の母の年齢 12歳
毛 色 栗毛
馬体重 490K
厩 舎 河内洋(栗東)
馬 主 芳賀 美知子氏
生産者 新井 昭二
生産地 日高
ヘイロー系

ゴールドアリュール

栗毛  1999
サンデーサイレンス
青鹿  1986
Halo1969Hail to Reason1958
Cosmah1953
Wishing Well1975Understanding1963
Mountain Flower1964
ニキーヤ
鹿毛  1993
Nureyev1977Northern Dancer1961
Special1969
Reluctant Guest1986Hostage1979
Vaguely Royal1974
ダンジグ系

ホウショウルビー

   2003
デザートキング
   1994
Danehill1986Danzig1977
Razyana1981
Sabaah1988Nureyev1977
Dish Dash1979

  
クロスNureyev 3x4 Northern Dancer 4x5x5
馬体コメントロゴ
胴、手脚、繋の長さは標準で、繋の角度(遊び)は若干窮屈。蹄の大きさは標準で、蹄底は若干厚め。馬場状態(ダ)は晴れ雨不問。距離は1400m〜1700m。

レースコメントロゴ
不良馬場で一日を通して前の馬が全く止まらない馬場での開催。しかしながらホウショウナウは決して馬場の恩恵を受けて勝ったのではなく実力勝ち。終始手応えに余裕が見受けられた。2着のサンリットデューが直線入口で迫ってきた時もこちらはまだ馬なりで、追い出すとどんどん離していった。サンリットデューは小柄ながら上手に体を使える馬なだけに次走も好走が期待できる。こちらは軽い馬場が向いた感はあるが。
171007-4ホウショウナウ
ホウショウナウ
ゴールドアリュール
ゴールドアリュール
画像なし
デザートキング



ゴールドアリュール-脚
ゴールドアリュール-脚
画像なし-脚
デザートキング-脚
171007-4ホウショウナウ脚
ホウショウナウ-脚
血統コメントロゴ
父ゴールドアリュール×母ホウショウルビー(母父デザートキング)の血統構成。5代までにNureyev, Northern Dancerクロスを持つ。

※写真の無断転載を禁じます




JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら


2017年10月09日

【本日の馬場情報】10/9


【東京】
 芝:良 ダート:稍重
今日は雲が掻き消え、真っ青な空模様で日曜日よりも直射日光が厳しい暑い日になっています。
適度に風は吹きますが、それでも蒸し暑い日です。今日は乾燥一途。


馬場が荒れているのか、最内は案外残せないようで、上がりが速くないのに外差しが届きます、
案外使い込まれて前が止まる競馬になっているのかもです。
上がり最速馬、IDM上位の人気馬が崩れにくいようです。


ダート
見た目にはほぼ乾いていますが、まだ上がりが速く全体時計も速いままです。
スピード必須で、しかし前でスタミナのない馬は止まるので、IDM上位馬が全く崩れません。
展開もあまり考える必要がなさそうです。




【京都】
 芝:良 ダート:稍重
日曜同様、真夏の暑さ。風はほとんど吹いていない。


3日間で一番、走りやすい馬場。能力が高い馬が外から差し切るケースもあるが、基本的には先行馬が有利。

ダート
少し脚抜きが良い馬場。先行力を活かせる馬が有利。
WIN_20171009_09_03_41_Pro
WIN_20171009_09_03_45_Pro
WIN_20171009_09_03_48_Pro









JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら


2017年10月08日

【本日の馬場情報】 10/8


【東京】
 芝:良 ダート:重
多少雲はありますが、今日は日差しが非常に強く、風も弱めで暑いと感じる1日です。長袖では耐えられません。
今日はずっと乾燥する天気になるでしょう。




ほぼ乾いていて、内も良いのですがどちらかというとフラット。
土曜日は追い込みが届く決着があったが、外差し優勢という馬場ではなく、あくまで力のある馬なら差して間に合う、という水準でしょう。
基本的には力のある先行馬が止まらない馬場で、レース上がりもそこまで速すぎはしません。


ダート

重馬場スタート。土曜日に続いて脚抜きの良いダートをキープしており、非常に時計の速い決着になっています。
上がり最速馬を狙うか、逃げ・2番手の馬がそのまま押し切る競馬中心でしょう。上のクラスではむしろ差しが届くかと。






【京都】

 芝:良馬場 ダート:重馬場

夏の小倉並みに暑い。風はほとんど吹いていない。



土曜日よりも乾いて走りやすい馬場。内を通れる先行馬が粘りやすい。

ダート
引き続き脚抜きが良い。依然、先行馬に有利な馬場。

WIN_20171008_08_12_01_Pro
WIN_20171008_08_12_09_Pro
WIN_20171008_08_12_13_Pro









JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら


記事検索
JRDB本家はコチラ
JRDBについて
JRDB資料
↑クリックして拡大
⇒JRDBについてもっと詳しく
Archives