2008年05月17日

【枠確定】3回京都8日目


【枠確定】2回東京8日目


【乗り替わり推進委員会】 5/18


■日曜の注目乗り替わり

東京12レース テレビ埼玉杯
2.イチタイタッチ
吉永→池添
後方からの馬で、池添騎手がジックリ溜めて乗れば先行馬を纏めて面倒見れる。


京都10レース 烏丸S
16.シルバーブレイズ
津村→川田

川田騎手は2500Mの重賞目黒記念を勝つなど、長距離戦でのペース判断も巧み。
昇級でも。



JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら


【オッズ】 ヴィクトリアマイル


 ヴィクトリアマイルのオッズです(PC版)。
(発売前は基準オッズとなっています)
続きを読む

JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら


【オッズ】 京王杯SC


 京王杯SCのオッズです(PC版)。
(発売前は基準オッズとなっています)
続きを読む

JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら


【レース結果】 5月17日(土) 新潟競馬


【レース結果】 5月17日(土) 京都競馬


【レース結果】 5月17日(土) 東京競馬


2008年05月16日

【Webレーシングペーパー】 ヴィクトリアマイル・京王杯SC


【枠確定】1回新潟5日目


【枠確定】3回京都7日目


【枠確定】2回東京7日目


【乗り替わり推進委員会】 5/17


先週アメリカで行われたピーターパンSで藤沢和厩舎のカジノドライヴが圧勝。
本番のベルモントSが楽しみになったが、ベルモントSでは新馬戦で手綱を取った武豊騎手とのコンビ復活も。
ベルモントSの週末は日本では安田記念が行われるが、そちらよりベルモントS。
安田記念でも有力のスズカフェニックスは本番では乗り替わることになりそうで、土曜の京王杯SCは義理だてからも武豊にとっては必勝の体制で臨んでくるはず。

■土曜の注目乗り替わり

東京10レース 川越特別
8.テイエムアタック
渡辺→後藤
関東圏での後藤騎手の関西馬騎乗は常に馬券圏内として考える必要がある。
昇級の前走を出遅れながら2着にまとめており、クラスに目処。
後藤騎手に柴田光厩舎は最近は騎乗例は少ないが、
過去にはクリスタルCを人気薄のカチドキリュウで勝った実績もある。


京都4レース 3歳未勝利
3.オートホーク
渡辺→川田
長い距離で後方から流れ込むけ競馬が続いているが、
川田騎手が積極的に動くようなら長い距離を中心に使ってきた経験が活きる


JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら


2008年05月15日

【競馬備忘録】 回顧と雑感 5/15


仕事柄、騎手や調教師のリーディング表をみることが多いのだが、何とメイショウサムソンの高橋成厩舎は今年まだ、中央で未勝利。
連対もサムソンの天皇賞での一度だけ。
同じメイショウのバトラーが地方で荒稼ぎをしている思いきや、こちらも今年は1勝のみ。大きな所を狙えるオープン馬がいると、その厩舎自体も好調と思いかちだが、必ずしもそうではないので注意しておきたい。

今週は古馬牝馬によるG1戦。
春はこのヴィクトリアM,秋はエ女王杯が古馬牝馬の目標となるのだが、
ヴィクトリアMは桜花賞の、エ女王杯は秋華賞のOG会という傾向が強いと思う。

それだけ、牝馬は古馬になって大きく成長という馬は少ないのか。
最近で思い当たるのは秋の天皇賞を勝ったヘヴンリーロマンスが準オープンを卒業したのが4歳の春。
それ以外で古馬G1で活躍した牝馬は3歳の春である程度、完成の域に達しているといえる。

今週のヴィクトリアMでは人気しそうなブルーメンブラットは準オープンを卒業したのが4歳の秋。データ的には消しなのだが、個人的に好きな馬なので、4歳の夏に転厩して馬自体がリセットされたとこじつけたりして・・・。

永野


JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら


2008年05月14日

【重賞レース分析】 京王杯SC


マイルG1の安田記念のステップとして定着。
一昨年に、この時期の牝馬のG1が創設された為、牝馬はそちらに向う傾向になっているが、最近4年で3度レコードタイムを更新とレベルの高い一戦になることは間違いない。

■過去10年の傾向

 1番人気    【2-0-1-7】
 平均単勝配当   928.0円 (10件)
 平均複勝配当   323.3円 (30件) 

1番人気は2勝で2連対のみ。
それも、99年のグラスワンダーを最後に1番人気は勝っていない。
2番人気は3連対。
人気別で成績が目に付くのは5番人気で【3-3-0-4】と6連対と気を吐いている。

次走にマイルのG1を狙うメンバーが集まるだけに、スプリンターよりもマイラーが中心になる。
高松宮記念が3月下旬に移って以降、そこからの参戦も多いが、好走はこの距離を得意にしていたオレハマッテルゼが目立つ程度。人気でも信頼は出来ない。
ただ、今年のスズカフェニックスはマイル戦ので実績もあるだけに、宮記念組というだけで、軽視はするのは危険。
連対馬20頭中15頭が前走マイル戦というのは特筆もの。
近年はダービー卿CTかマイラーズC組が上位。



JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら


記事検索
JRDB本家はコチラ
JRDBについて
JRDB資料
↑クリックして拡大
⇒JRDBについてもっと詳しく
Archives