2008年03月22日

【Webレーシングペーパー】 スプリングS・阪神大賞典


【枠確定】 1回中京8日目


 3月23日(日)1回中京8日目の枠確定(速報版)です。
ケータイの方は⇒コチラ

続きを読む

JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら


【枠確定】 1回阪神8日目


 3月23日(日)1回阪神8日目の枠確定(速報版)です。
ケータイの方は⇒コチラ

続きを読む

JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら


【枠確定】 2回中山8日目


 3月23日(日)2回中山8日目の枠確定(速報版)です。
ケータイの方は⇒コチラ

続きを読む

JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら


【乗り替わり推進委員会】 3/23


先週までで19勝を挙げてリーディング8位に付けている藤岡佑騎手。
桜花賞はチューリップ賞勝ちのエアパスカルとのコンビ、皐月賞もサブジェクトとのコンビが決まっている。
そのサブジェクトだが、当初スプリングSに出走予定で藤岡佑騎手もそのつもりで日曜は中山での騎乗を予定していたのだろが、直前になって毎日杯に向かうことに。
しかし、藤岡佑騎手は予定通りの中山で騎乗するとこになり騎乗馬は2頭のみ。少し予定が狂ったか。

■日曜の注目乗り替わり

中山10レース 東風S
7.タマモサポート
津村→松岡

重賞勝ちもある実績馬。松岡騎乗で思い切って脚を溜める競馬でもしてくれれば直線では切れる脚を見せてくれるはず。


阪神8レース 1000万条件
11.マンノレーシング
四位→金折

3歳時には菊花賞にも出走した馬。3走前の5着した時は金折騎手がその日に負傷したために福永騎手に乗り替わった。金折騎手にとってはリベンジになる。



JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら


【レース結果】 3/22(土) 中京競馬


【レース結果】 3/22(土) 阪神競馬


【レース結果】 3/22(土) 中山競馬


2008年03月21日

【オッズ】 フラワーC


 フラワーCのオッズです(PC版)。
(発売前は基準オッズとなっています)

続きを読む

JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら


【重賞会談】 フラワーC・スプリングS・阪神大賞典


[赤]
 先週の重賞「フィリーズレビュー(G2)」のパドックをひと通り見終わってから、このレースは何時から1200mになったんかいな、と一瞬、錯覚するほどスプリンター体形の馬が多くて、ホンマ難儀しましたわ。
ま、事前から覚悟をしていたとはいえ、結果もボロボロでナント皆様にお詫びしていいのやら…。

[キャ]
 強気の赤木さんにしては弱気発言ですね。もう、済んだことは仕方がないでしょう。
ソレが競馬だといつものように、前向きにがんばりましょう。

[赤]
 えっ、なんか弱気なコトをほざいていましたか?
いやいや、今年のクラッシク戦線を占う上で京都競馬(芝)での結果は頭から綺麗サッパリ捨て去り、これから先々の結果を優先していかなければ、えらい目に遭いそうです。
やはり、1月〜2月の京都の馬場馬状態は相当荒れていたようです。

[キャ]
 先週の「フィリーズレビュー」の結果をみて、相当ショックを受けたようですね。

[赤]
 ショックもなにも、事前に予想してい以上に、各馬の能力を見極め直す必要がありますわ。
特に、京都で人気でズッコけた実力馬の見直し、または陰の実力馬などコレから忙しくなりそうです。

[キャ]
 赤木さんが忙しくなるということは、ナニか面白い馬を見つけたということですね。

[赤]
 キャップは見かけによらず本当にせっかちですねー。そんな簡単に有望株を探せたら、未だこんな仕事をしていませんよ。
大器を探すと言うコトは四六時中アレやコレやと頭と身体を使い、また、アンテナを張り巡らし四方八方を走り回って探すちゅうことですわ。
それでも結果が付いて来ないのが競馬の世界なんですよ。

[キャ]
 しかし、普段の赤木さんをみていたら、そんな大層には見えませんが…。

[赤]
 キャップもまだまだ若こうおまんなぁー。昔から、能ある鷹は爪を隠すと云いますやろ。ソレでんがな。
その点、堅気の世界はやればやるだけ答えが返ってきますもん、羨ましい限りですわ。

[キャ]
 別に競馬の世界だけでは無く、堅気の世界でもいくら努力しても僕のように報われない方も沢山おられると思いますが…。ところで今週の「阪神大賞典」どうなんですか?

[赤]
 牝馬(ロリコン)には弱まっけど、古馬のレースは自信おまっせ!なんちゅうてもお互い修羅場を潜ってきた経験が違いまっさかいなぁ。

[キャ]
 その経験ってのは赤木さんの場合は裏社会でのものでしょう。ルールが厳しい表の社会では通用しないのでは?

[赤]
 キ、キャップ 裏社会などと、な、なにを仰いますやら;
私はこう見えてもバリバリの堅気人間ですよ。誰が見ているかも知れないのに、ええ加減なことは云わないで下さいよ。

[キャ]
 えっ、赤木さんって、生まれた時から現在までずーっと堅気だったんですか、ソレは初耳ですが?

[赤]
 いくらキャップでもあまりしつこい怒りますよ。そう、未だかつて組織に入ったことはありませんよ。ま、組織を作ったことは何度もありますが…。

[キャ]
 その組織って、○○組とか○○興行とかの裏組織なのでは?

[赤]
 もう、エエ加減にして下さいよ!組織ってのは会社組織ですよ。当然、公の株式会社なんとやらですよ。

[キャ]
 そうでしたか僕の勘違いだったようです。失礼しました。

<日曜日>

阪神11R ☆阪神大賞典(G2)☆
◎アソマイヤフジ
 前走(京都記念(G2))では+20kの馬体増も見た目には少し増えた程度でその殆どが実になったもの、ここに来ての良化振りは著しいし斤量も57kと有利。デキの良さで距離克服可能。

○ポップロック
 昨秋はビッシリ仕上げられても詰の甘さが解消されなかったように、体質的には休み明け緒戦がベストかも。地力上位明らか。

▲トウカイトリック
 距離実績ではコレが1。ただ、転厩後だけに仕上げが?

△ダークメッセージ
 前走は荒れ馬場と展開も向かず。良馬場なら複勝圏内。

△トウカイエリート
 叩き3走目も前走時からの上積みは薄い。が転厩が功を奏して…もあるやも。パドック情報必見。

△アイポッパー
 休み明けの前走がキッチリ仕上げていたし、高齢とで上積みこそ薄いが複勝圏内なら。

*アドマイヤジュピタ
 馬体構造的には距離はもちそうだが、血統的には微妙。展開向いての3着争い。

*エーシンダードマン
 馬体構造的には距離は向きそうだが、如何せん、このクラスでは格負けしそう。

*メトロシュタイン
 血統、馬体構造的にはこの距離は長い。静観が賢明。


[赤]
 上昇度では抜けた存在の◎アドマイヤフジから勝負したいですわ。相手も○ポップロックで仕方無いのではないか、と。

[キャ]
 そんな1・2番人気を推奨されても誰も喜びませんよ!

[赤]
 キャップまで安もののスポーツ新聞の予想同様、こんな堅いレースでも穴馬を推奨せいと云いまんのんか?
まぁ、アッチは沢山の予想家や記者を抱えてるさかい、何処からでも予想はできます、それで運の良かったTMなり記者&評論家など誰かが的中すればワイワイヤイヤイちゅうてたら飯が食える気楽な世界ですわ。
わしにはそんなペテンみたいな予想はできまへん。わしらは見出しでメシ喰っとるんと違いまんねん。
「強い馬」がおったら、素直に「強い」と云えんようではプロとはいえまへんで。
といっても、競馬ですから、いつ何時レース中にアクシデントが起きてソノ実力馬も災難に巻き込まれ結果は判りまへんけど…。
ソレ(アクシデント)を前提での予想だけは止めときましょう。

[キャ]
 判りました。
今回は「強い馬が勝つ」レースのようですね。
しかし、競馬は「強い馬勝つ」だけでは無く「競馬はアクシデントが付きモノ」です。
ただ、そのアクシデントを期待しての予想は絶対出来ないということですね。

[赤]
 その通りです。
大きなアクシデントさえ無ければ体調の良い「強い馬勝つ」。それが本来の競馬ですわ。
ただね、競馬ファンがそれらを踏まえて穴買いするのは、自己責任(身銭)において馬券を購入しています。
馬券を買いもしないチャランポラン予想家とはレベルが違いまんのんや。
結果オーライ的な予想は勘弁してくださいよ。


<土曜日>

中山11R ☆フラワーカップ(G3)☆

前走関西出走馬のコメントです。

△アロマキャンドル
 前走(阪神ジュ牝G1)の仕上げは馬体増通り重め残りで、脚捌きも硬い。
レース内容は3画で窮屈な格好になり不利を受けてのもので結果は参考外。
休み明け緒戦だけに仕上げ次第だろうが、強調点は少ない。

○シングライクバード
 父シンボリクリスエス×母父ノーザンテースト産駒だけに見た目は腹ポテであまり見映えはしないが、使う毎に良くなるタイプ。
初の長距離輸送さえクリアできれば単まで見込める。

*スペルバインド
 長い(芝2200m)で勝ってはいるが、馬体構造的にはマイルがベスト。また、ビッシリ芝が生え揃ったコースは?

*プティマカロン
 本質的にはダート馬で使う毎に馬体が寂しくなり、歩様も硬くなる。ヤネのテクニック次第も…。

*ムードインディゴ
 薄身体形で距離は向くが、馬体は成長途上の感。


<日曜日>

中山11R ☆スプリングステークス(G2)☆
*アポロドルチェ
 前走(アーリC・G2)は休み明けながらも好仕上げ。ただ、馬体構造的には1400mがベスト体形だけに…。

△アルカザン
 まだ馬体を絞り切れず持て余しているのが現状だが、この長距離輸送で無駄な脂肪が抜ける可能性も。当日、絞れていれば大駆けも。

注スマイルジャック
 上体に関してはキッチリ仕上がっているが、前、後とも脚捌きが硬いがために詰が甘くなる。勝ち切れるイメージまでは無いが、連下、複勝圏内なら。

▲ドリームシグナル
 真冬の京都(シンザン記念・G3)ながらも馬体に張りあり、毛ヅヤとも良く見せる。馬体構造的からは現状では距離?も母父サンデーサイレンスの血が出てくればこなせる可能性も。

*フローテーション
 馬体構造的には距離向き、仕上げも見た目は悪く無い。手替りで新味を引き出されるかも。

▲レンインボーペガサス
 前走(きさらぎ賞・G2)は、腹回りがダブ付き、全体的にも仕上げは緩かった。いくら荒れ馬場(ダートより)が向き、鞍上がペリエだったとしてもレース内容は完璧。
当日、パドックで腹回りが締まって見えるようなら、鞍上込みで一発狙いも。

*レッゴーキリシマ
 見た目(薄身で使い詰め)以上に良く戦っている。ただ、馬体構造的には距離が若干、長い。

 面白いのは▲レインボーペガサスです。現時点ではダートがベストなのですが、血統的には芝向きです。
前走は確かに、芝コースながらも現実はダート化していたため評価は低くなりがちですが、仕上げ的には8分程度で、いくら鞍上がペリエだとしてもあの勝ち方をされたら、フロック視はできません。


 あとは、関東担当の京介に任せますわ。
スプリングS出走組で見てない馬がぎょうさん在りますさかいな。京介に聞いてほうがよろしいワ。


[京]
 はいはい。ではまずスプリングステークスからいきますよ。
あくまで、前走でチェックした馬の見解だから。予想じゃないっすよ・・・

■日曜中山 スプリングステークス

▲アイティトップ
 パワーはあるし全体の量もどんどん増えてきた。
 前走の京成杯も道中4角とずっと馬群の大外を回って最後まで脚が続くなかなかの内容だった。
 どうせ大味な競馬に徹するだろうし、あまり騎手がどうこうとかは関係ない。
 どちらかというと1000万を勝つのがやっとで重賞まで上がると全く話にならず、
 この馬に関してもブクブクしたデキでしか出すことが出来ない厩舎の仕上げの方が問題だろう。

○アサクサダンディ
 高レベルレースの中山寒竹賞でショウナンアルバの2着。
 ジュニアCでも馬体を高評価していた馬で、馬体は重賞に入れても決して見劣りしない。
 誰かさんが乗るとまるで手に負えない気性をどうコントロールするかが課題。
 今の鞍上ならとりあえず大丈夫そう。

×アポロドルチェ
 前走のデキも案外だったようだが、それより1800m自体も長い。

×ウォーボネット
 馬体は前走でも良く見せていたし、500万クラスならそこそこやれても。
 重賞で戦うほどにはまだ馬体の完成度が低い感。

△オーロマイスター
 スピードと言うよりは反復の正確さがある馬で、どんな展開でも確実に末脚を使うことに関しては信用できる。
 ただ体を伸ばして走れない部分があって、どうしても道中器用に立ち回れない。
 位置取りを取りに行くと末脚が鈍るタイプに思える。
 スプリングステークス自体は結構展開競馬になり易いレースでもあるので、
 中山をこなせる加速力さえあれば圏内ではある。

△サダムイダテン
 前走同様の馬体であればもう一度消す。
 荒れた馬場も時計が掛かってくれる状況もそこそこ向くはずで、前走の走りでも指数上は間に合う。
 共同通信杯で枯れきった馬体を大きく戻してくれば最有力。

◎ショウナンアルバ
 前日に押していたほど当日のパドックで強い評価が出来なかったが、
 確かにその途上でイマイチという馬体で共同通信杯を完勝したのは事実。
 あそこからさらに(完成度が)伸びてくるようなら確実性も増す。
 懸念材料としてはやはり掛かり癖で、暴走して逸ってしまう気性をどう往なすかが鍵。
 馬体の上積みが当日見込めて、さらに若竹賞のように逃げて勝負してもいいと言うのなら何も問題はない。

×シンワラヴ
 薄手の馬体ではあるが、関節が緩くてフニャフニャしたタイプのダート馬。
 レベルの高い瞬発力は発揮できないと見る。

×スマイルジャック
 今年未勝利厩舎。
 成長はないと思うし、きさらぎ賞は展開が微妙なので、
 前日時点ではこの馬を軽視してもっと成長伸びしろがある馬に印を回している。
 どの馬も当日大したことがないなら相対的に完成度で浮上できて良い。

×ダイワワイルドボア
 未勝利勝ちが突如の逃げの手、続く府中の500万は追い込み競馬。
 骨量がありすぎて道中も大跳び一辺倒の巨漢馬で、素早さが一切なくて基本扱いづらい。
 1800mは距離が短すぎる。

×ベンチャーナイン
 後方一手の脚質だし、1800mは多分短い。3歳になってから指数も伸びてない。
 よっぽどの展開になれば。

△レッツゴーキリシマ
 そこそこ強い馬だと認めて良いはずだが、1800mは基本長いし、展開を仕切って三の脚を繰り出せる先行馬ではないので
 中距離部門だと番手も馬と競って負けるタイプ。
 手先が短く動きに伸びがないのがキツイ。


[京]
 こんなところかな。
で、明日のフラワーCはこれ。
ひつこいけど、前走でチェックした馬の見解だから。予想じゃないっすよ・・・


■土曜中山 フラワーC

◎1.ブラックエンブレム
 関東馬1番手。
 背中や腰の形が良く決まり、筋力もあって中山の坂を自前の脚力で攻めに動ける強みは大きい。
 前走は通ったルートや1枠・差し馬有利展開が確かに少々有利だったこともあるが、
 余力タップリの競馬が出来て全くダメージにならなさそうな勝ちっぷりのままに良い数字が出たのは好材料。
 
×2.マロンティアラ
 2歳10月府中の少頭数新馬を▲51kg減量、スローの展開2番手から楽な押し切りで勝った馬。
 その後の成長が見られず、上のクラスでは明らかに見劣っている。

×3.ラヴドシャンクシー
 ホープフルS・クイーンCとあまりにもリズムの悪い競馬が続いているが、
 線の細さがやたら目立つ馬体だしスピードもないだけにさもありなんといった印象。

×4.マイネフルーレ
 中山自体は多少得意とする様子だが、後肢の連動が悪く蹴りが弱い馬で、基本的にテンのスピードのない展開待ち。
 ペースが緩む展開で自力で動いて行ける脚もないし、相手が強くなって強調点がない。

△5.ビービーモデナ
 新馬出走の頃は裂蹄の影響で難儀していたが、それが治ってから徐々に自分の走りを取り戻した。
 府中の2戦はなかなか味のある内容だったし、馬体が上向いているのはプラスに捉えても良い。
 ただ中山未経験だし、スピードで圧倒できるほどの破壊力もない馬なので、ある程度展開に恵まれないと。

△7.アロマキャンドル
 どちらかというとパワータイプ。中山押し切りの経験もあり、牝馬同士ならある種アドバンテージはある。
 いちょうSではスローペースの縦長の2番手とかなり上手く行きすぎた内容だけに、
 その後の評価が微妙ではあるがスマイルジャックに先着している。
 運動神経が高いわけでもなく、スタミナ面でもそれほど威張れる馬でもないので
 阪神ジュベナイルFで全然自分の競馬が出来なかったのはひとまず納得。
 できれば当時からの成長が欲しい所。当日の気配で上げ下げ。
 どこまでも一本調子な先行馬で、それが強みでも弱みでもある。

×8.レッドアゲート
 420kg台とも思えないぐらい細いマンハッタンカフェ産駒の牝馬。
 線がフラフラしているのも骨と皮が歩いているような貧相な形なのも血統から。
 ただ、未勝利・500万と自分の競馬をして勝てる形を持っている。
 2000mをクリアしているのはスタミナ面での強み。
 当日見てもどうせ見栄えはしないだろうし、スピード面では強調できないので、
 前日のうちに展開がどう転ぶか・関西馬との比較でどうかを考えたい。

△9.カレイジャスミン
 仕上がった状態で形がアンバランスに見えたクイーンCだったので、上積みは疑問。
 どちらかというとスンナリしたペースを先行できる強みがここで生きるかどうかといった方だろう。
 多分当日評価することはなさそうだが…。

×11.デルマベガ
 アンバランスなダート短距離馬。
 距離のこと考えれば寸が詰まりすぎ。

▲12.マイネウインク
 中山1800mを勝った経験があるのはそこそこ強みになる。
 小柄で細身の馬だが、全身運動が出来る強みもあるし、前走はなかなか良い末脚を見せていた。
 前走の内容である程度勝負できる力関係になる。関西馬との比較でどうか。

×15.スペルバインド
 500万条件に上がってから指数も大して伸びてないし、
 上積みそのものが大したことなさそう。
 チューリップ賞4着は全く評価する必要がない。
 フットワークからも、小回りがあまり向いてない。

×16.スペシャルディナー
 胴回りが細すぎてスタミナが大したことなさそう。非力すぎ。
 同じ420kg〜440kgの関東馬と比べても下の方。


[京]
 頭数多いから疲れるんだよなー。
エエェ!!阪神もやるんすっか?参るナァ・・・
分かりましたよ。
ひつこいけど、前走でチェックした馬の見解だから。予想じゃないっすよ・・・


■日曜阪神 阪神大賞典

×エーシンダードマン
 馬体からは長距離適性がある方だが、現時点で古馬G3クラス、しかもハンデ戦ですらも通用することを証明していない。
 現時点で強調点は何もない。

×ペガサスファイト
 前走のアメジストSはデキとしてあまりメリハリも感じず、大したことない状態だった。
 あれはペースにも恵まれたし鞍上の好騎乗。
 手先が太くて一回の蹴りが強い馬なので、レベルの高い長距離で上手く走るのは難しいと見ている。

◎ポップロック
 ちゃんと仕上げてさえいれば、G2では基本的に負けない。
 関節が柔らかくて馬体に無駄がなく、使い込んで痛みが出るようなタイプではないので、
 有馬から形が崩れているとかはないと思うし多分今回も上位のデキだと思う。
 ステイヤーではないが体力がG1級と言う馬なので、モノサシ馬として見るべき。


[京]
 3頭だけ。ここはポップでいいんじゃないの。
基本、強い馬が勝つのが競馬なんだから。
あぁでもこれ、予想じゃないよ。

[キャ]
 はい(大汗)。





JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら


【Webレーシングペーパー】 フラワーC


【乗り替わり推進委員会】 3/22


皐月賞トライアルの若葉Sは8頭立てと少頭数。
すみれS勝ちのキングスエンブレムは賞金面で皐月賞出走が微妙な為ここで権利確定にきた。
本番ではすでに権利を取っているブラックシェルとどちらに騎乗するかも注目。


■土曜の注目乗り替わり

中山1レース 3歳未勝利
16.オンザサニーサイド
田中博→後藤

この馬の母、サニーサイドアップは後藤騎手とのコンビでオークスにも出走している。
母はダートの出走は大井でのTCKだけだったが、ティンバーカントリーの血統からダートも問題はないはず。
大外からスンナリで押し切り可能。


中山7レース 500万条件
15.セイヴィングス
池崎→横山典

人気薄だったとはいえ新馬勝ちした馬。一息入れて立直して横山典乗り替わりは勝負気配。



JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら


【枠確定】 1回中京7日目


 3月22日(土)1回中京7日目の枠確定(速報版)です。
ケータイの方は⇒コチラ

続きを読む

JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら


【枠確定】 1回阪神7日目


 3月22日(土)1回阪神7日目の枠確定(速報版)です。
ケータイの方は⇒コチラ

続きを読む

JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら


【枠確定】 2回中山7日目


 3月22日(土)2回中山7日目の枠確定(速報版)です。
ケータイの方は⇒コチラ

続きを読む

JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら


記事検索
JRDB本家はコチラ
JRDBについて
JRDB資料
↑クリックして拡大
⇒JRDBについてもっと詳しく
Archives