2008年03月02日

【レース結果】 3/2(日) 阪神競馬


【レース結果】 3/2(日) 中山競馬


【重賞会談】 中山記念・阪急杯 京介の見解


【中山記念】
△アサカディフィート
 馬体はもうとっくに枯れきっていてムダがないタイプ。
見栄えはしないが、調子の上下動もほとんどない馬。
追い込み競馬に徹して流れが向けばOP〜G3で勝ち負け、というレベルだけに、
能力の上昇を見込めない以上、他馬との力関係の兼ね合いを測りたい。
もちろん当日の馬場の状況や、展開も含めて。

○エアシェイディ
 昨年の2着馬、AJCC勝ち馬。中山適性は◎。
これも年を重ねてムダを削ぎ、大幅な馬体の変動が少なくなってきたスタミナ型。
体質の弱みを克服し、休養明けの頃の硬さもレースを使うごとにほぐれてきているし、
当日も反動なくデキは良いと思う。休み明けの富士Sで馬体を小さく見せた頃よりも良いはず。
器用に立ち回れる強みもあるし、もし流れに乗れなくとも中山向きの追い込みを決められる。
突然、G1級の地力で優る馬が出てきさえしなければ主役を張っても良い。

×カンパニー
 正直、前走のあのデキからの大幅な上昇をあまり予想しづらく、
また近況を見直しても、末脚に磨きをかけはしたが、
スタートで急いで良いポジションに取り付く自在性も失われている様子。
G2を勝ったのは、酷い雨でかなり時計が掛かり、追い込み有利の状況になった産経大阪杯のみ。
小回り1800mの絶好馬場で、どこまで…と言った感。
人気するようなら狙いを下げたい。

×グラスボンバー
 鈍さばかり増していて、正直な所動けてない。
G2で相手関係も厳しくなってしまっては…。

◎コンゴウリキシオー
 抑えが効かないタイプでかなりスピードコントロールが難しく、
そのため厳しいペースを作って自滅することも過去には多かった。
ただ今回は、毎日王冠の前フリがあるために、
それでも行くと主張できるようなら自滅覚悟で絡んでいく馬は少なそう。
同格の先行馬が実際どの程度デキていて、どこまでこの馬に競り込むかが鍵。
日本馬にばかり酷い扱いを強いるアウェイ不利の香港で競馬をしなかったのはプラスだろう。
前日に予想するなら、立場が結構有利に思える。
ここに来て坂路50.9の自己ベスト。

×ジュレップ
 足りてない。

×チョウサン
 2006年7月福島の松島特別から、ずっと右前に鉄橋鉄を履いたまま競馬している馬。
比較的馬場のクッション性が高く、ポテンシャルを引き出せる絶好の馬場なら好走できるが、
馬場が多少でも荒れてスピードを生かせない状況だとすぐ苦しくなる。
そこまで今回の中山開幕週が馬場絶好とも思えないし、
毎日王冠よりも小回りになる中山記念で上手くペースアップできるとも思えない。
何より毎日王冠以降はデキが落ちる一方。なかなか本調子を取り戻すのは難しいのでは…。

×トラストジュゲム
 鞍上はともかく、馬も特別何か芝が良さげなタイプとも思えない。
手先が硬いしメリハリの緩いずん胴タイプで不器用。

▲プリサイスマシーン
 1800mの距離に戻るのは久々。
しかし中日新聞杯のレコード勝ち且つ2連覇&中山記念レコード決着時の5着などもあり、
ノーチャンスと言うわけでもない。
デキも結構悪くない。
前走は外枠断然有利の決着で、59kgのトップハンデ。
大崩れしなかっただけでも偉いと見るべき。
直前追いに注目。

▲マルカシェンク
 ニューイヤーSでは明らかに馬体が蘇っていた。
蹄が弱かった馬が接着装蹄をやめていたので、前脚を確り踏ん張れるようになって馬が変わったのだろう。
前走は先行勢が軒並み苦しい馬場でずっと併走の展開。
上手く立ち回れる強みもある。
しかし3戦目で変に疲労が溜まってくるようなパドックであれば、そこまでの馬だったと言うこと。
立ち写真の筋肉のメリハリも良いし、個人的にはまだ上を望めると思っているが。

×ヨイチサウス
 惨敗続きではあったが、デキはずっと良かった逃げ馬。
前走はなめられ逃げが大成功。
ただ直線後続を二の脚で突き離して強さを見せたわけでもないし、
さすがに重賞で通用する強さは感じ取れない。

▲リキッドノーツ
 前走は好内容。時計も優秀。
中山でも器用に立ち回れるし、厳しいペースにも万能に対応できるタイプ。
ただピッチ走法一辺倒で追い出してから頭が高くなる面が少々見られるし、
トップスピードのピーク持続力が弱くて常に競って弱い。
重賞通用の力量は見せたが、詰めの甘さは未だに解消できてないままだ。
馬体からしても、どこか尖った特徴がなく全体像を掴みづらい「丸い」タイプは扱いが難しい。
常識的には、府中のDコースの大外追い込みを決めた次走の中山小回りは苦しいものだが。

×リザーブカード
準OPは余裕の楽勝なのでポテンシャルは高い。
ただまだ重賞の一線級相手では脚力不足かと思う。
血統的にも1800mはズレる。

×レオエンペラー
芝のG2のパドックに入れると、さすがに未完成ぶりが際立つ。
瞬発力をまともに発揮するには、腰つきの悪さが致命的。


【阪急杯】
×シンボリグラン
 昨年のオーロC2着した辺りでも、あまり全体の形がクッキリして来ない状態だったし、
それの反動が長引いているのか、近走は道中掛かるほどの気合いが萎えている。

×ダンスフォーウィン
 前走は多少太いとわかってても「動くかな?」と思ったが、全然だった。
あそこから一気に絞ることも出来るには出来るが、
府中以外の競馬場はどこに行っても得意舞台とは言えず、
しかもOPで通用する力量を何も証明していない。
道中の追走スピードがかなり見劣る馬なのが開幕週でどうか。

×ナスノストローク
 手脚も長いし腹袋も大きく走りが大味で、どちらかというとマイラーかそれ以上という馬。
前走は府中の芝が外伸び馬場へとちょうど切り替わった頃に大外枠を引いての好結果。
1200mで俊敏に走る姿は想像できない。

×ハイソサイエティー
 これもナスノストロークと同じく、手脚が長く腹袋の大きいパワータイプ。
前脚を大きく振りかぶって外に開いて走る癖があり、基本的に馬込み嫌い。
道中スムーズなスローからの上がり勝負で結果を残している馬でもあるし、1200mは短そうだが。

◎ローレルゲレイロ
 背丈がそれほどでもなく、少し曲飛気味で低く構える姿勢をする。
寸も詰まっていて全身の筋肉が硬いタイプのスピード馬。
マイルでは正直評価しづらかったが、前走の競馬は立派。
前走よりはよっぽどこちらの「軽い芝の短距離」と言う条件の方がよさげ。



JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら


2008年03月01日

【オッズ】 中山記念


 中山記念のオッズです。
(発売前は基準オッズとなっています)

続きを読む

JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら


【オッズ】 阪急杯


 阪急杯のオッズです(PC版)。
(発売前は基準オッズとなっています)

続きを読む

JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら


【Webレーシングペーパー】 中山記念・阪急杯


【乗り替わり推進委員会】3/2


3/1付けで中央に移籍した内田博幸騎手は土曜の3勝と早くも期待を裏切らない結果。
日曜も10レースに騎乗の多忙ふり。
すでに、春のG1に向けて騎乗依頼もあり、目の離せない存在。

日曜の注目乗り替わり
中京2レース 3歳未勝利
7.メイショウロデム
渡辺→田中健

2走前に中京で3着の実績あり、減量騎手起用で積極的に動ければチャンス。


JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら


【オッズ】 アーリントンC


【枠確定】 1回中京2日目


 3月2日(日)1回中京2日目の枠確定(速報版)です。
ケータイの方は⇒コチラ

続きを読む

JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら


【枠確定】 1回阪神2日目


 3月2日(日)1回阪神2日目の枠確定(速報版)です。
ケータイの方は⇒コチラ

続きを読む

JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら


【枠確定】 2回中山2日目


 3月2日(日)2回中山2日目の枠確定(速報版)です。
ケータイの方は⇒コチラ

続きを読む

JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら


【レース結果】 3/1(土) 中京競馬


【レース結果】 3/1(土) 阪神競馬


【レース結果】 3/1(土) 中山競馬


2008年02月29日

【重賞会談】 アーリントンC 京介の見解


◎2.スマートファルコン
 馬体は文句なし。形も決まっている。
 前走順延で競馬を使った反動があるかどうか、
 元ダート馬の弱みが馬場の良い開幕週で出るかどうか、
 (ただしマイルの持ち時計はこの中では断然1位)
 多少乗り難しくツボが狭いタイプなのがどうか、
 と言った辺り。
 しかし、関西で評価が落ちるのであれば、もちろん期待値では上の方。
 展開に頼らなくとも差し込めて良いタイプだと思うので。

×3.ディープスカイ
 手脚が長く骨量があり、腰がまだ緩い。全体にまだどん臭さが残る差し馬。
 ポテンシャルも高いしトップスピードに乗ると破壊力があるタイプだが、
 ここではまだ完成度で見劣ると思う。

×4.フェイムロバリー
 馬体はやや貧相で節々も弱い。
 手脚の長さが持ち味で、持続スピードを繋げばそれなりに我慢できる馬を、藤岡騎手が上手く乗りこなした。
 出負け癖も目立つし、自力で道中動けない弱みは大きいと見る。

△5.エーシンフォワード
 朝日杯のパドックの中でも馬体はそれなりに良く見せた。
 要所にしっかりした筋肉が付いててなかなか安定感の高いタイプに思えたが、
 揉まれて怯んだり馬込みで騎手の指示にも反応しなかったりと、まだ若さが残っている様子。
 クラス慣れすれば、と言う馬。
 ポテンシャルは高いと思うので、スピードが必要な軽い芝で上手く流れに乗れればそれなりにやれて良い。

▲6.アポロドルチェ
 レース消化数がまだ少なく、その中で未だマイルで連に絡んでないが、ポテンシャルは高い。
 スピードに富む馬体で、比較的小柄。
 朝日杯の絶好の馬体も、あそこまで裏目の展開になってしまってはどうしようもない。見直しは十分可能。
 京王杯が鮮やかだっただけで、そもそもそこまで追い込み脚質にすぎる馬でもないと思っているし、上手く立ち回れれば。

×7.ノットアローン
 スタミナはありそうだが細身でやや非力。
 潜在スピードがありそうな弾力感も足りず、ここではやや苦戦。


JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら


記事検索
JRDB本家はコチラ
JRDBについて
JRDB資料
↑クリックして拡大
⇒JRDBについてもっと詳しく
Archives