2008年04月26日

【レース結果】 4/26(土) 京都競馬


【レース結果】 4/26(土) 東京競馬


2008年04月25日

【Webレーシングペーパー】 福島牝馬S・フローラS(前日)・アンタレスS(前日)



2008年4月26日(土) 1回福島5日目
福島牝馬S


<全画面で表示>







を押せば印刷できます。
【横書きバージョンはこちら】


2008年4月27日(日) 2回東京2日目
フローラS


<全画面で表示>







を押せば印刷できます。
【横書きバージョンはこちら】


2008年4月27日(日) 3回京都2日目
アンタレスS


<全画面で表示>







を押せば印刷できます。
【横書きバージョンはこちら】


JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら


【Webレーシングペーパー】 福島牝馬S・フローラS(前日)・アンタレスS(前日)



2008年4月26日(土) 1回福島5日目
福島牝馬S


<全画面で表示>







を押せば印刷できます。
【横書きバージョンはこちら】


2008年4月27日(日) 2回東京2日目
フローラS


<全画面で表示>







を押せば印刷できます。
【横書きバージョンはこちら】


2008年4月27日(日) 3回京都2日目
アンタレスS


<全画面で表示>







を押せば印刷できます。
【横書きバージョンはこちら】


JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら


【枠確定】 1回福島5日目


 4月26日(土)1回福島5日目の枠確定(速報版)です。
ケータイの方は⇒コチラ

続きを読む

JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら


【枠確定】 3回京都1日目


 4月26日(土)3回京都1日目の枠確定(速報版)です。
ケータイの方は⇒コチラ

続きを読む

JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら


【枠確定】 2回東京1日目


 4月26日(土)2回東京1日目の枠確定(速報版)です。
ケータイの方は⇒コチラ

続きを読む

JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら


【乗り替わり推進委員会】 4/26


福島は早くも最終週。
土曜日には重賞の福島牝馬Sが行われる為に、後藤や柴田善も参戦。
中舘の独り舞台という訳にはいかない・・・はず。

■土曜の注目乗り替わり

福島 11レース 福島牝馬S
9.ザレマ
和田→柴田善

音無厩舎の関東圏での主戦は柴田善騎手。
この馬の関東遠征の際は柴田善騎手が手綱を取って好成績。
福島に遠征してまでの騎乗だけに、ただで帰るわけがない。


京都 10レース メルボルンT
2.キングアーサー
青木→藤田

青木騎手のお手馬だが、その青木騎手は福島で騎乗。
この乗り替わりの効果は大きい。
未勝利勝ちは芝なでの、久々の芝も問題はなし。




JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら


2008年04月24日

【競馬備忘録】 回顧と雑感 4/24


今年のG1は皐月賞まで終了して、社台系のクラブ馬主が勝ちを独占。
皐月賞馬のキャプテントゥーレは残念なことになったが、オークスは桜花賞馬のレジネッタに加えて、今週のトライアルで権利を取りそうなシングライクバードも社台RHの所有馬。
来週のい天皇賞には社台系のクラブ馬主所有馬の登録は2頭だけだが、吉田氏兄弟の所有馬も3頭が登録。この勢いは当分止まりそうにないか。

先日、JRAから夏期の番組の発表があった。
昨年同様、はくぼ競馬の実施はいいのだが、2回阪神から9月の4回阪神にかけて関西圏の競馬はメインが10レースに。
日が長くなることから、はくぼでなくても最終レースを16:40発走に設定したため、テレビ中継の関係もあってかメインを15時台に組み込む必要があったのだろう。
今年も昨年に続いてサマージョッキーシリーズを実施で、優勝者は暮れの阪神でのWSJSへの参戦権か。昨年は角田騎手がそれで参戦したが、今年は藤岡騎手や川田騎手の若手に頑張ってもらって暮れに世界を相手に戦ってもらいたい。

永野


JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら


2008年04月23日

【重賞レース分析】 フローラS


嘗ては桜花賞・オークスともにトライアルレースは4歳牝馬特別で、区別する為に桜花賞TRは報知杯、オークスTRはサンスポ杯とスポンサー?名で呼ばれていた。
オークスTRは、以前は桜花賞組が優勢だったが、00年から桜花賞から中1週での施行に替わり桜花賞組の出走が激減。今年は特別登録の段階で桜花賞組は0。
桜花賞の出走の叶わなかった馬たちでの争いになっている。

今年は白毛のユキチャンの出走が話題になっている。

■過去10年の傾向

 1番人気    【2-3-1-4】
 平均単勝配当    2727円 (10件)
 平均複勝配当   496.0円 (30件)  
 
 1番人気は2勝のみ。一応5連対はしているのだが、2ケタ着順も2度あり、この時期の牝馬の体調管理の難しさを示している。
 9番人気が2勝、2ケタ人気からも2頭の勝馬が出ており大荒れになることも。
 
 2000Mという距離だけに前走もある程度の距離を経験しているとが前提条件。
 マイルがギリギリ圏内でできれば、前走で1800もしくは2000Mを使っている馬が優位。
 桜花賞からは使いにくくなったので、フラワーCか中山で行われる牝馬限定の2000M戦のミモザ賞をステップとしている馬が目立つ。
 
 距離適性と共に注意したいのが脚質。
 先行脚質よりも差し・追い込みに分があり、東京の長い直線は後方の馬でも間に合うことが多い。
 
 関西馬にとってはこのあと本番のオークスが控えており、短期間で何度も関東まで輸送することになるが、ここで権利を取れないことにはオースクの舞台に上がれない訳で仕上げに抜かりはない。
 ただ、ここで走ってしまうと本番のオークスでの結果がイマイチで、オークスでも好走したのは昨年のベッラレイアくらいのもの。
 



JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら


【重賞レース分析】 アンタレスS


 当初はハンデ戦で行われていたが、03年から別定戦に。
 過去の重賞勝ちを基にした格別定で、G汽曄璽垢錬毅好ロを背負うが、基本は56キロなので、斤量による有利・不利は少ない。
 
■過去10年の傾向

 1番人気    【2-2-2-6】
 平均単勝配当    576円 (10件)
 平均複勝配当   434.3円 (30件)  
 
1番人気は4連対だが、その内3回は別定戦になってからのもの。
昨年の1番人気のメイショウトウコンは3着と大敗してはおらず、一応の信頼は置ける。

今年の重賞レースに共通していえることだが、このレースも高齢馬の活躍が目立ち、過去10年で6歳馬が5勝8連対と他を圧倒。
4歳勢はG1馬ゴールドアリュールの勝ち星があるが、それを含めて2勝止まり、2着の多さが目に付く。

ここへの路線は多岐にわたるが、フェブラリーSからの直行組が一応上位。
間隔、距離と条件が合うのでマーチSからの馬が多いが、ハンデ戦と格別定の違いが大きき、強力な関連性はない。

このレースで目立つのが関東馬の健闘。
延べの出走数は関西馬の三分の1程度だが、7連対で連対率は関西馬の倍近いポイントになっている。



JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら


2008年04月22日

【田中式馬券術】 バッチリ予想通りでしたわ!


[キャ]
 あっ!田中さん!どうもどうも。。。
っていうか、日曜は競馬が終わってからどうされてたんですか?
赤木さん達がものすごく気にしてましたよ〜。

[田]
 いやいや〜、すんませんなぁ(汗)
阪神開催が終わりましたんで、いろんな人に挨拶してたら遅なってしもて、それで結局赤木さんらの処に行けずじまいでしたんや。
すんませ〜ん・・・

[キャ]
 そうでしたか。。。
いえね、皐月賞を大負けして、ショックで先に帰ってしまったのかなぁと心配してたんですよ。

[田]
 はっはっは。いやいや、そうでしたか。そりゃご心配お掛けしましたなぁ。。。

[キャ]
 あれ?今日はまた、お綺麗な女性とご一緒で。

[田]
 行きつけのバーの女の子ですわ。近くに住んでるから声を掛けたんですわ、はっはっはー。。。
べっぴんさんやw。

[キャ]
 お元気そうで何よりです。。。
しかし、問題の皐月賞はどうだったんですか?
なんでも、日曜のお昼にわざわざ降りてこられて「キャプテントゥーレやキャプテントゥーレや」って連呼してたみたいですね(笑)
でも2着のタケミカヅチの話は一つもされてらっしゃらなかったようですので、馬券外したのかナァって勝手に想像してました(スイマセン)。

[田]
 よぉ言いますわ!コレみてくださいやコレ!
田中さん皐月賞馬券単複


[キャ]
 うわっ!やっぱりやってましたか!

[田]
 これもありますわ。。。
田中さん皐月賞馬券3連単


しかし、一番安めが来てしもて、ホンマにショックですわ・・・。
これアンカツのレインボーペガサスがきてたら、さらに100万はありましたんやけど・・・。
タラレバ節も吹きたくなりますーいうねん、ホンマに!

[キャ]
 いやでも、もう1頭にタケミカヅチを指名して、、、そんな話聞いてませんでしたよ!

[田]
 そうでしたか?
あーそうでしたなぁ。キャプテントゥーレの話は弥生賞の終了時点で言わせてもらいましたけど、
たしかに、タケミカヅチの話はしませんでしたな。
そういえば、タケミカヅチはキャップさんのオススメちゃいましたかな?

[キャ]
 それはそうですけど、馬券は撃沈ですよ、トホホ・・・
キャプテントゥーレは絶対にNHKマイルC向きやとおもってましたからね。でも結果は・・・です。
おまけに骨折が判明するし、また一つ先の楽しみが減りましたよ。

[田]
 タケミカヅチは私のバッリバリの対抗ですわ。。。
稽古もいいし、ちょっと内がどうかなぁおもいましたけど、大外よりはいいかなってなことでね。
ヨシトミに乗り替わるのも◎やったしね。

[キャ]
 それは僕も同感ですね。しっかりと我慢のきくタイプだから、展開次第ではいい勝負ができるんじゃないかなぁっておもってました。
いや〜、しかしヨシトミ騎手は上手く乗りましたよね〜。。。

[田]
 ホンマやなー。
まぁそこまではよかったんやけど、3着がやねぇ・・・ブツブツ。

[キャ]
 確かに、この3着と4着のハナの差は金額にすれば相当な額ですよね。
ただ、ちょっと安すぎますよね、この配当。3連複でも11,230円。3連単で82,750円って、、、
普通に考えたらその倍はついてもおかしくないですよねぇ。

[田]
 かなり割れてましたんやろねぇ。
まぁあまり贅沢言うてもアカンので、これはこれで良しとしときますわ。

[キャ]
 それはそうと、キャプテントゥーレはやっぱり調教から、ですか?

[田]
 それはもちろんそうやけど、
今年の3歳牡馬って力の差がほとんどないから、ちょっとしたことですぐに着順が変わってしまいますやん?
だからやっぱり前に行ける馬を有力視して、さらに調子のエエ馬が絶対に狙い目やとおもったんですわ。

[田]
 キャプテントゥーレはまさにそんな馬。
距離がどうこう巷では言われてましたけど、二千を走れる馬はどれ?っていうたら全部が?なんですよ。
だから、結局今の競馬は、距離適性云々よりも、馬の強調できるポイントを探すこととちゃいますやろか?
ほんで、それが私の場合は「調教」っていうことなんですわ。
赤木さんや橋浜さんみたいに馬を見れたら、もっと馬券の取りこぼしを少なくすることができるんでしょうけど、生憎私にはその能力はありません。
せやから、その部分は、赤木さんらが提供されている「IDM」とか「パドック・返し馬直前情報」を頼りにしてるっちゅうことですな。

[キャ]
 なるほど〜。おっしゃるとおりですね。
じゃあ、キャプテントゥーレは調教が良かったってことですか?

[田]
 調教は抜群でしたわ!
って、キャップさん、JRDBさんの調教上昇度もAA(ダブルエー)でしたやんか!
もう1頭、マイネルチャーズルも同じくAAでしたかな?

[キャ]
 たしかにそうですね。
キャプテントゥーレは坂路で破格の時計で駆けてましたよね?
<キャプテントゥーレの追い切り>
16栗東 坂路 51.0 36.7 12.0 一杯に追う

[田]
 全体時計も良かったしね、終いもしっかりでしたわ。。。なかなかこの時計は出せんよ。
タケミカヅチもそうですわ。こっちは美浦の坂路ですけどね。
<タケミカヅチの追い切り>
16美浦 坂路 50.1 36.6 12.2 馬なり

[キャ]
 確かに、絶好調さをアピールするようなすばらしい追い切りをしてましたね。
でも、僅差5着に破れたレッツゴーキリシマもイイ追い切りしてたとおもうんですが?

[田]
 おっしゃるとおりですわ。
<レッツゴーキリシマの追い切り>
16栗東 坂路 50.9 37.3 12.9 一杯に追う

 しかしね、ここみてください。ココ。
終いの1Fの差が重要なんですわ。
この差が最後の"持続力の差"ちゅうことですわ。
結果的に、レッツゴーキリシマは最後もうちょっとや云うところで失速。
ここに、持続力(筋持久力)の差がハッキリとでるんですわ。
血統的に云うたら、アグネスタキオンとメジロライアンの差ってことになるんかな?

[キャ]
 一概には言えないでしょうけど、まぁそれは言えるところはあるでしょうねぇ。
現状、やっぱりタキオン産駒がいろんな面で優秀ですものね。

[田]
 でも、レッツゴーキリシマもエエ馬やなぁ。
これから成長するかどうかは置いといて、現状ではG1を勝ち負けできる力があるってことかな。
最後の最後でこのレッツゴーキリシマを切りましてんけどね、正直ヒヤヒヤでしたわ(汗)いや〜参った!
チークピーシーズ装着ちゅうのも功を奏したんやろね。

[キャ]
 馬券は結果がすべてですものね。
この3連単が的中したのとしなかったのとでは、次からの馬券の組み立て方が全然ちがってくるでしょ。

[田]
 おっしゃるとおり!
ホンマねぇ、これ当たってなかったら、彼女(お連れの女性)のバーにも行かれへんし、JRDBの皆さんと宴会もできへんし、全部がた崩れになるとこですわ。はっはっは!
笑い事ちゃうけどね。

[キャ]
 いつもいつもありがとうございます。
実は愉しみにしてるんです。。。あつかましいですが(汗)

[田]
 ホンマですか。
今度はねぇ、「穴子すき」のおいしそうな店を見つけてますねや〜。。。
もう一丁エエの的中させて、是非招待させてもらいます。

 あと、そのほかにも調教で拾った馬の的中馬券もありますねけど、話聞きたい?
あーやっぱりやめとこ。

[キャ]
 なんで!?

[田]
 この前キャップさんにいろいろ的中馬券の自慢したさかい、ちょっとだけ調子悪くなってしもたんや〜。
そやから、ちょっと控え目にしときますわ。。。

[キャ]
 そうですかぁ。残念です。
また高配的中〜的中自慢を愉しみにまってますよ。。。
JRDBの使い方の参考書にもなるってことで、結構好評なんです。

[田]
 ホンマですか〜♪。それはよかった。

[キャ]
 さらに、「僕も田中さんみたいに的中自慢をさせてください」とか「JRDBのブログで予想を公開させてください」っていう要望までくるようになりました。。。

[田]
 会員さんが予想を公開したいって?それはまた面白そうちゃいますか?
私もさせてもらいたいねぇ♪。もうちょっと時間とれるようになったら参加させてくださいよ。。。
ちゅうても私の予想は有料ですけどね、はっはっは。。。冗談冗談。

[キャ]
 是非とも宜しくお願いします。
僕なら田中さんの予想にお金を出してもいいですけどね(笑)。
そのかわり、僕の予想も買ってくださいねw。


[田]
 わかりました。。。
そんなところで、今週から京都ですけどがんばりましょ。
開幕週はちょっと、馬券のほうはお休みしときますわ。。。



JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら


【過去重賞新聞】 福島牝馬S・フローラS・アンタレスS


過去重賞新聞_img

2008年4月26日(土) 1回福島5日目
福島牝馬S
2008年4月27日(日) 2回東京2日目
フローラS
2008年4月27日(日) 3回京都2日目
アンタレスS



JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら


2008年04月21日

【馬券稼業はつらいよ】〜勝利の女神に助けられ・・・。


 ダートが重馬場となれば午前中の馬券は困難を極めるのが、現在の競馬。そう、勝ち馬はともかく、3連複における3着馬の難しさといったら、天文学的数字に匹敵するぐらい。とにもかくも、本日のダート戦は逃げるが勝ちだろうと見(ケン)を続けていたら、例の和歌山のおばちゃんが、昼過ぎに現れる。先週の大荒れの桜花賞のせいか、現場の参戦者はイシイさんとおばちゃんだけと限りなく少ない。イシイさんは、大人の対応でほっといても結果は出せる。ならば、日頃お世話になっている和歌山のおばちゃんのエスコートでもするかと、あれこれとコーチ屋よろしく、戦うことに。

9R 千種川特別

◎10番ビンチェロ:ダンスインザダーク産駒ながらも胴が詰まり、コロンとした体形で馬体構造的にはこの距離もこなせる。また、腹袋も張りが出てデキも上向く。
○3番リッカバクシンオ:サクラバクシンオー産駒そのものの箱型の短距離体形で、仕上げも上々。
▲5番ゴッドスマイルユー:前走からの比較では、今回は少し重くなった感。ただ、デキ自体は良さそう。
△11番エーシンエフダンズ:お釣りある仕上げも、毛ヅヤ良くデキは良さそう。
△15番エーシンビーエル:休み明けもほぼ仕上げる。複勝圏内なら。

 決断、◎10番、○3番とも仕上がりは良く、鞍上を考えれば勝ち負けはミクロの差。わし自体はマルチ馬券を購入した記憶がないが、おばちゃんに、◎10番、○3番の2頭軸で3連単が面白そうや、なんなら、手堅くその2頭のマルチ馬券にしたらどう?と。で、相手3頭なら組み合わせは何点になるのかイシイさんに尋ねると、18点とのこと。おばちゃんは即決で、その3連単マルチに乗ったと。

 結果、その△11番がハナを切り、ゴール寸前まで逃げ切るところを○3番がキッチリ差し切る。その10番は出遅れながらも、直線よく伸びて3着をキープ。その3連単マルチが成立。その払い戻しが2万9,270円のマン馬券。で、おばちゃんにおめでとうと声を掛ければ、あのねー、3連複も獲ってるんよ、と。いやはや、さすがおばちゃん。ダブルでおめでとうさん。
 
11R マイラーズカップ(G2)

◎15番ドリームジャーニー:休み明けもキッチリ仕上げる。馬体構造的にもマイルは充分こなせる。
○6番エイシンドーバー:馬体フックラ見せ毛ヅヤも良好。距離もベスト。
▲3番カンパニー:馬体からの威圧感はないが、スッキリ仕上がる。それに反し、本場馬に入るや存在感を見せ、返し馬でも大きなフットワークで体を大きく見せ、堂々たるもの。それにしてもパドックと本場馬でここまでガラっと変身する馬は本当に少ない。(参りました)
△2番オースミグラスワン:前走同様、スッキリ仕上がり、良い意味での平行線。
△13番キングストレイル:馬体立派過ぎる感あるも、踏み込みはシッカリしてきた。複勝圏内なら。

 結果、その◎15番は大きく出遅れて後方からの競馬。直線に向いてもそのまま見せ場もなく敗退。敗因?

12R 最終レース

◎16番メガリス:まだお釣り仕上げも、前走よりも腹袋は締まって映る。
○12番ワンダープロ:この馬も同様、お釣りある仕上げもデキはマズマズ。
▲13番ポートジェネラル:これも余裕ある仕上げも、初ブリンカーが利いたか気配は良く見せる。スンナリなら。
△7番マイネルラファエロ:この馬も前走同様、重め残り。
△1番ソロソログランプリ:休み明けで重め残り。ただ、気配はマズマズ。

 決断、◎16番、○12番とヤネ込みで計算すれば、あまり差はない。と、おばちゃんに、話すと、それなら、その◎16番と○12番とのマルチ3連単で、と。それと3連複を選択。

 結果、その◎16番は後方からの競馬で、4角では大外を回りながらも3着をキープ。その○12番は中団からの競馬で早めに動いて2着キープ。勝ったのが△7番で、マルチ馬券的にはベストの形。メインの3連複もゲットしたとかで、おばちゃんおめでとうさんです。それにご祝儀ありがとうございました。また、イシイさんは、この正月から、新戦法で始めたソノ結果がこの日で10連勝と一区切りし、おめでとうございます。この新戦法は誰彼でもマネできるしろモノでないだけに、未だ未公開ですが…、何処かで公開したいモノです。

日曜日:本日のダートコース馬場状態は、見た目にも稍重状態。JRAの発表も稍重、当然、芝は良。さて、馬場は午後からは乾きそうだが、如何せん、狙いの馬が少なくて、本日もテンションが上がらず、臨戦態勢に入り辛い。そうこうして、パドックに立つと、2人の青年が「赤木さんですよね。いつもブログを読んでいます。今日は馬の勉強がしたいと思い、二人で京都からやってきました」と挨拶される。見れば、お二人とも行儀の良さそうな青年。本日はコレっといった目的もなく、時間はそれなりに作れそう。で、彼らと共に、馬券を離れ、パドック&返し馬の勉強をすることに。

 その彼らはパドックで馬を観察する眼、集中力、そして返し馬での馬の動きを逐一見逃さまいと、真剣そのもの。いやはや、こう、真面目に勉強されたら、わしの方も教えがいがあると云うもの。そうこうしている間に、早くも「皐月賞」を迎える。でここは事前の予想通り、10番ブラックシェルの単・複勝と10番固定の3連単のマメ券勝負。で、阪神メインの応援馬券(柴原騎手のパパが100勝メモリアル応援に来ていたため)その◎4番とユメノオーラのワイド馬券を。

 その阪神メインはその◎4番が2着で、そのユメノオーラーは圏外。で3着に1番が入線?アレレ待てよ。そのユメノオーラの馬番は確か1番だったような、なかったような?で、馬券を確かめれば、1番=4番のワイドとなっている。うっ、コレって、買い間違い的中!?いやはや、これもそれも、本日は自己馬券を買わず、二人の青年を指導していたのを、勝利の女神が気を利かしプレゼントしてくれたモノだろう。あり難く頂戴しておきます。

 それと「皐月賞」の方も女神さん、よろしくお願いします。も、その「皐月賞」は、◎10番スタートは絶好!おっ、さすがユタカや、そのまま、そのママ、そのまま番手確保や、番手やバンテ、何しとるんや、ソノ位置やないがな、えっ、まだ下げるかー。そんな後方からの競馬でどうすんねん、ソレ見てみいや、馬も怒っとるやないか。あっ、9番のマイネルチャールズが先手をとって動いたデ。ユタカもここで動かないと…も、外からも被されてしまい動くに動けないのか、それとも余程、末脚に自信があるのか、未だノンビリ構えている。で、直線半ばでやっとエンジンが掛かった頃には、逃げている6番キャプテントゥーレは早くも勝負を決めてゴール寸前。そう、直線では少しの見せ場は作ったものの、結果、惜しくもなんともないない尽くしの6着では…あちゃちゃ〜で涙も出ません。

 武豊とあろうものが、このレースにおいては全ての面で作戦ミスだったのでは?そう、馬場状態、コース、位置取りと仕掛けのタイミング。それに、この馬の末脚が切れるという、思い込み的な面での過信。要するに、3走前(福寿草特別)のレースのように、末脚が切れるという思い込み。コレは相手が弱かったのと、偶然前が開いてソコに突っ込めた結果、恵まれたモノ。馬体構造&気性的(怖がり)に見て、この馬の能力を全て出し切るには、逃げ&先行型のスピードで押し切る競馬をしてこそ真価を発揮できるモノ。ここんところの勘違いがすべてだろう。と独断的にだがそう見える。

 騎手は馬に乗ってこそ分かると云うが、馬見家は馬を観ただけで全てを分からなければおマンマが食えない。ま、この見解はどちらが正しくて間違っているのかは分からないが、叶うものなら、武豊以外の騎手(ルメールやペリエ)に、先行策の指示で乗ってもらえば結果は違ってくると思うが、果たして…。えっ、世界の武豊にそんなに偉そうなコトを云ってですか。そうですね、言い過ぎかもしれませんが、でも、ここんところ、思い切った騎乗が少なくなったと思いませんか?頑張って欲しいからこその苦言です。誤解なきようよろしくです。

 ではでは。パドックでお逢いしましょう。グッドラック!



JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら


2008年04月20日

【レース結果】 4/20(日) 福島競馬


記事検索
JRDB本家はコチラ
JRDBについて
JRDB資料
↑クリックして拡大
⇒JRDBについてもっと詳しく
Archives