2008年05月31日

【レースデータ分析】で、この後は?



本日の最終レースは、
中京は芝1200m
東京はダ1300m
が、それぞれ組まれています。

同コースでのレースが行われていますので、傾向の参考になりそうです。

・中京

dv0531中京8R


「先行」順にソート(「順先」の列の数字が入っているセルをどれかクリック)
「後差」が-0.5以上の馬を選択(「後差」の列の数字が入っているセルをどれか数回クリックできりかわります)

・東京

dv0531東京7R


「上り」順にソート(「順上」の列の数字が入っているセルをどれかクリック)
「後差」が-0.9以上の、セルに色が付いている馬を選択(「後差」の列の数字が入っているセルをどれか数回クリックできりかわります)


このようにして選択された馬が、上位に来ているので、傾向としては以上のようなものだと思います。
それぞれの最終レースでは、同じような操作と選択方法で馬を選んでみるもいいかもしれません。




JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら



【枠確定】2回中京4日目


【枠確定】3回東京4日目


【午後からの武豊】


12時現在の単・複からみる武豊騎手の取捨


6R 11. スマートギア
    △ 単・複ともに売れ方甘い
   
7R 2.  ギーニョ
△ 単・複ともに売れ方甘い

9R 10. アクセルファイヤー
◎ 単・複ともにキッチリ売れる

10R 8.  メイショウベルーガ
× 単・複ともに全く売れず

11R 9.  マチカネオーラ 
× 単・複ともに全く売れず
 
12R 15. チアズウイナー  
× 単・複ともに全く売れず



JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら


【オッズ】 目黒記念


 目黒記念のオッズです(PC版)。
(発売前は基準オッズとなっています)
続きを読む

JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら


【レース結果】 5月31日(土) 中京競馬


【レース結果】 5月31日(土) 東京競馬


【オッズ】 金鯱賞


 金鯱賞のオッズです(PC版)。
(発売前は基準オッズとなっています)
続きを読む

JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら


【オッズ】 日本ダービー


 日本ダービーのオッズです(PC版)。
(発売前は基準オッズとなっています)
続きを読む

JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら


2008年05月30日

【重賞会談】 ダービー・金鯱賞・目黒記念


[キャ]
 オークスの僕の予想◎エフティマイアと赤木さんの◎トールポピーとでの馬連の払い戻しが24,080円の高配でした。それに3着入線の△レジネッタを加えての3連単なら440,360円と超マン馬券を見事的中でしたね。

[赤]
 ま、予想はなんとか的中ちゅうとこやナぁ。でもなぁー。

[キャ]
 まさか、馬券は持っていなかったか、とか?

[赤]
 いや、馬券は握るには握っていたけど、それが・・・なぁ・・・。

[キャ]
 なんか何時もの赤木さんらしくなく、歯切れが悪いですね。
さては、税務署が怖くて的中申告できないとか、それとも、僕やスタッフにご祝儀を出すのがイヤでグズ付いているとか?
そんな減るもんでもないし、税務署には内緒にしておきますし、また、厚かましく祝儀を下さいとも言いませんから、見せるモノは早く見せて下さいよ。

[赤]
 そんなもったいぶってるんとちゃうけど、実を云うと中京メインのパドックと返し馬情報の仕事をしていたら、そのオークスのパドックが観られず仕舞いで・・・。
その15番のトールポピーの複勝と3連単を少々購入しただけでなぁ。
それで的中したのが15番トールポピーの複勝馬券だけや。3連単も購入するにはしたけど、それが買い目を絞り過ぎてハズしてしまいましたわ。
それに買い目も間違ってたから、ま、それはそれでよかったんやけど。
それよりも、レース内容(審議)といい鞍上のひつこい程のガッツポーズを見ていたら、身体に寒気を覚えましたわ。
馬券も予想も的中したとはいえ、なんかスカッとせんオークスでしたな。

[キャ]
 僕はてっきり3連単&3連複をガッツリといわされて、ご祝儀を期待していたんですけどネー。

[赤]
 や、やっぱりホンネがでてきたな(笑)。それより、キャップの方はどないでしたんや。
この対談のときは確かシャワンダとかシャランジュとかのややこしい馬の名前を連呼していましたけど、なんでも前日の予想ではエフティマイアに◎を打たれていたそうですなぁ。

[キャ]
 この重賞対談でシラケ鳥がどうのこうのと散々嫌味をいわれたら、いくら意思の固い僕でも予想がグラつきますよ。それにシャランジュを本命にするとは一言もいってませんよ。あくまで「好きな注目馬」ってことで。
その前にちゃんとエフティマイアの名前もだしたでしょ。新潟2歳S組に注意って。

[赤]
 たしかに云うてましたなぁ。でもシャランジュ、シャランジュって云うから、そっちのほうが記憶にのこってましたわねー。

[キャ]
 シャランジュのことが好きなんですから、しょうがないじゃないですかー。
で、結局JRDB会員ページ内で印を公開するときに、◎をエフティマイアにするか、レジネッタにするかで悩んだ末、赤木さんには内緒でエフティマイアを本命にと決断したんですよ。えっへへ。
僕らデータ班は前日のデータが出ないことには結論はだせないんですよ。前日の指数をみて大きく予想がかわることがあるんですよねぇ。これはデータ依存者の宿命です(汗)。

[赤]
 それならそうと、ちょっと携帯に連絡をくれれば、わしの◎トールポピーとキャップの◎エフティマイアとの馬連かワイドくらいは・・・。
それにしても逃がした魚が大き過ぎるわ(涙)。
それよりもキャップの方は◎エフティマイア─○レジネッタなら、大的中でフトコロはウハウハ状態と違いまんの。

[キャ]
 えっ?ぼ、僕ですかー!?
そのなんだったんすかねー、確かに馬券は◎エフティマイアから組み立てたのですが、、、
そのなんですねー、、、そのー。。。実はですねー・・・
赤木さんの◎トールポピーを外してですねー、、、

[赤]
 えーっ、ソレ嘘でっしゃろ?◎トールポピーを外したやなんて、キャップそれでも男っすかぁー?
キャップこそご祝儀をキルのを嫌がって、なにか隠し事でも・・・。

[キャ]
 男ですかー?って、疑問符はなんですか、僕は列記とした男ですよ。
それに的中していたら、ご祝儀くらいは気持ちよく出しますよ。プンプン。
 そこで赤木さんと馬券を的中された多くの皆様に謝らないとならないことが・・・。

[赤]
 なんですの?急にあらたまって。

[キャ]
 実は、確定前の審議のときに、トールポピーの降着を願ってしまいました(汗)
しかも「5着ぐらいに降着しろー!」って複勝圏外にまで・・・。

[赤]
 キャップ、わしは悲しい・・・。そんなにまでして馬券とりたかったんでっか?

[キャ]
 はい!!そりゃ〜ウン十万円になってましたからね。

[赤]
 はっきり言うなぁ(汗)。
まっ確かに、ブラックエンブレムが3着に来てたら、3連複10万馬券が的中やんたのでしょうから、そうおもっても仕方ないですわね。

[キャ]
 (汗)。馬券ってホントにむずかしいですね。

[赤]
 ホンマにそうやわな。馬券ってホント難しいわー。なにはともあれご愁傷様でした。ナンマンダブツナンダブツ チ〜ン!シャランジュもシンガリでナンマンダァ、、、

[キャ]
 クーッ!!悔しーですっ!!(\益/)(ザブングル加藤風)。

[赤]
 それ、何ですの?流行ってますのか?まぁええか・・・。
えーっと、なんの話でしたかいなぁ?
あぁせやせや、そんな済んだ事よりも今週は、競馬ファン夢の祭典「日本ダービー」でしたな。
それに重賞も「目黒記念」に「金鯱賞」と、三つ巴の豪華絢爛といったところです。

[キャ]
 そうです!嫌な事は早く忘れて、競馬の祭典「第75回日本ダービー」の予想に集中しましょう。

[赤]
 でも、世間一般にはダービーが大事でしょうが、わしら現場の関西班はその「ダービー」ちゅうてもそもそも当日のパドックで馬も見られんし、その出走する馬も、生で観たことも無いのんがようけ出てきます。それに、前走「皐月賞」で走った馬なども生で観ていないだけに、その次走(ダービー)に繋ぐ各馬の体調の上・下の計算もできまへん。だから、馬券的にはダービーよりも金鯱賞の方に触手が向きますわ。

[キャ]
 そういわれてみれば、関西のパドック班は「ダービー」に関する限り、関東パドック班と比べハンデみたいのがありますね。

[赤]
 まぁね。関東のパドック班とのハンディ云々では無く、「馬見家」は生の馬を観てナンボの世界です。それも直近の馬を観て、の話しです。ココ1番のレースでソレが出来ないのが毎年の課題ですわ。
来年こそ皐月賞くらいは生でパドックだけでも見ときたいわなぁ。

[キャ]
 それならば、会員さんをもっと増やし、東京行きの経費が出せるように努力すればなんとかなる話では。

[赤]
 そんな、簡単に会員を増やせばと他人事のように・・・。それが出来ていれば、こんなにぼやくことはありません、よ。

[キャ]
 だったら、会員様を増やすためにも、この「ダービー」を本線でビシッと決め手下さい!

[赤]
 くーっ、予想が当たれば会員さんが増えるって、そんな簡単な事でも無いですよ。

[キャ]
 赤木さんが無理なら、この僕がビッシと決めますよ。特に、このダービーは自信がありますから。

[赤]
 近年稀にみる戦国ダービーやちゅうのに、そんな大風呂敷を・・・。

[キャ]
 戦国だからこそ、この僕の出番となります。何回も云いますが、今回のダービーは大船に乗った積りでこの僕の予想に乗って下さい。

[赤]
 ま、云うわ易し行なうは難しといいまっけど、云うだけなら誰でも・・・ところで何か根拠ある馬でもいてるんですか。

[キャ]
 えっ、根拠のある馬を探すのは赤木さんの仕事で、根拠は薄いが「穴馬」を発掘するのが僕の仕事です。

[赤]
 ???
なんかよう判らん説明で、ここで押し問答しても時間の無駄ちゅう感じや。
とにもかくにも頑張って予想するしかなさそうやね。
ところでその狙い馬は、皐月賞(2着)でイチ押ししたタケミカヅチって、柳の下の2匹めのドジョウ狙いと違いますやろねぇ?

[キャ]
 そ、そんな 柳の下のドジョウ狙いだなんて失礼にもほどがありますよ。それでは、第75代目のダービー馬の紹介をしましょう。

[赤]
 そんな大層な・・・

[キャ]
 その名もズバリ「モンテクリスエス」です。

[赤]
 モンテクリスエスですかぁ?
う〜ん、キャップにしたら、まともな馬を指名してきましたナぁ。

[キャ]
 いつもまともな馬を指名しているつもりなんですが・・・。

[赤]
 まぁ人気薄という意味では面白い存在かもしれへんなぁ、、、
この馬の良さは、切れる脚はさほど無いけど、スタミナちゅう面では抜けていると見ていますねや。よって、レースそのものがキッチリと2400mの競馬になればチャンスは回ってくるんやけども、直線でヨーイドンのマイルの競馬になるとチョット辛い感じになるでしょうね。ま、可能性があるのはありますが。

[キャ]
 現時点での天気予報からすると土曜日は天気が崩れそうで、当日は時計の掛かる馬場になりそうです。
そうなれば、スピード馬や、末が切れる馬は不利になり、逆に豊富なスタミナとしっかりとした末脚が魅力のこの馬にとって条件はベストとなるわけですね。。。
ただ重賞未勝利というのはいただけないのですが、重賞を勝ってない馬が桜花賞を制すような年ですから、そのへんはあまり気にしてません。

[赤]
 ふ〜ん、キャップも色々と努力してまんなぁー。データー以外にも馬の特徴をも捉えて推理しているとは・・・。(わしの出番が無くなる。汗)

[キャ]
 いえいえ、何をおっしゃいます。。。
あぁあと、モンテクリスエスはブラックシェルと同じ松田国厩舎なんですが、ご存知のとおり松田国調教師はダービー馬を2頭誕生させた名トレーナー。信頼度も抜群でしょ。
 鞍上は前走の青葉賞と同じく福永騎手。前走はテン乗りということと、とにかく権利を・・・ということもあり、あのような競馬になったとおもうのですが、本番では前走みたいな乗り方ははしないとおもいます。
モンテの特性も完全に把握できたでしょうし。。。

[赤]
 (汗)。まっ、云うのは易しが競馬やな。競馬はそんな簡単にはいきませんのやデェ。
しかし、モンテもキャップに◎を打たれてしもて、カワイソーですなぁ、、、

[キャ]
 ムッ!(怒)。それどういう意味ですか!!

[赤]
 いやいや、キャップの◎はみんな2着。人気薄を指名して2着にはきてますけど、勝った馬はホンマにいないんですわねぇ(笑)。。。

[キャ]
 くーっ!悔しいですが、間違ってないので、返す言葉はございません・・・。

[赤]
 たまには勝ち馬を挙げてくれなはれや〜♪
はい、他はいませんか?

[キャ]
 ん〜、サクセスブロッケンも少し気にはしているのですが。なんだか人気してますし。

[赤]
 パッと見の馬体は、シンボリクリスエス似で手脚がスラッと伸びて、筋肉もダート馬の特有のパワータイプ(筋肉モリモリ)では無く薄身の身体付きで芝向きの体形はしていますわ。
ただ、新馬からダートを使っているように、この馬は前捌きが硬いんですわ。

[キャ]
 前捌きが硬いって、なにかあるのですか。

[赤]
 捌きが硬いというのは、前脚だけでは無く、前・後脚の各関節にも関係しますが、ここで云う、前捌きが硬いとは、前肢の膝のことで、その遊び(クッション)が少ないんや。
要するに、膝関節が硬いがため可動域(伸縮)が小さいくなり、それによって距離が稼げない。
それによりスピード、スタミナにも影響してきます。
実際、この馬は上体のバランス、筋肉とか内面的(心肺機能)なものは他馬に負けない良いものを持っていますわ。分かり易く、車で例えるなら、車体・エンンジンはベンツ並の一流ながらも、サスペンション(ショックアブソーバー)に少し欠点があります。
要するに、前膝関節が少し硬いんですわ。ダート(砂)なら、少々このサスペンション(ショックアブソーバー)が硬くても、ダート(砂)自体にクッションがあり、衝撃を吸収してくれますが、芝コースは硬く、その負荷による衝撃を思うようには吸収してくれませんから、スピード&スタミナを奪われる。
ということですわ。
ただ、その前膝の硬さを克服できるくらいの身体能力があるとか、当日の馬場が重馬場でダートよりの馬場になったとかなら話しは別ですが・・・。
これだけは走ってみないことには。

[キャ]
 なるほど、サスペンション(ショックアブソーバー)ですか、判りやすい説明ありがとうございました。馬も車同様、速く走るためにはそれぞれのパーツに役目があり、それぞれに優劣があるということですね。お疲れのところなんですが、もう1頭、気になる馬がおるんですが。

[赤]
 なんや、ダービーやちゅうたら、アレコレでてきまんねんナぁー。

[キャ]
 エイシンサンディ産駒のベンチャーナインです。関東馬なんですがどうでしょうか?

[赤]
 ベンチャーナインって・・・。
ちょっと待ってや、記憶からちょっと外れていたけど今、おもい出しましたわ。
このエイシンサンディーの仔って、地味やけどよう働きょるなぁ。丈夫で長持ち、無事是名馬ちゅうところ、頑張っておくれやっしゃ!

[キャ]
 そ そんな、コメントはたったこれだけですか。

[赤]
 キャップなにを仰いますか、ダービーに出場したゆうだけで、是名馬ですわ。それ以上の名誉はありませんよ。

[キャ]
 もう、結構です!3着なら可能性はあると見ています。くれば百万馬券も夢ではなさそう。うっふふ。

[赤]
 陽も暮れて暗くなってきましたし、夜道は物騒なご時勢ですから、ここら辺りでサイナラしますわ。

[キャ]
 まだ、金鯱賞と目黒記念のコメントが出ていませんよ。プンプン



東京10R☆ダービー(G1)☆
◎アドマイヤコマンド
 デビューが遅く、まだ3戦と経験値は少なく、粗削りな面残るも馬体センス&素質ならこのメンバーでも最右翼。ただ、気性面で幼さが残っており、揉まれる競馬だと取りこぼしも。スンナリとレースを運べれば勝ち切れる。

○ブラックシュエル
 馬体構造的にも距離はギリギリ辛抱できそうだし、内面的(筋肉の質・心配機能)にもメンバー中最上位なのは確か。以前はレース中に他馬を気にし怖がりな面を見せていたが、前走(NHKマイル)のレース内容(道中はストレスの掛かるインコースを折り合いを付けて追走し、四角でも他馬に怯まずインを突いて抜け出す根性を見せる)を見た限りではここにきて競馬を覚えてきた感。また、コース替わりはレースの幅(戦法)が更に広がりこの馬の能力全てを引き出せそう。展開次第では逆転も。

▲ディープスカイ
 冬場は絞り切れず皮下脂肪が厚く冬毛も出て一息の感だったが、暖かくなるとともに東京遠征(長距離輸送)も加わり馬体が絞れ毛ヅヤも良くなる。馬体構造的には距離はギリギリ辛抱できそうだが、若干、頭の高い走法は一抹の不安も残る。マイルよりの流れになれば浮上。

△モンテクリスエス
 530k台の大型馬でまだ馬体を持て余している現状だが、汗を掻く季節になったのと2度に渡る長距離輸送とで脂肪が抜け切る可能性は大。大駆け注意。

△メイショウクオリア
 前走がビッシリ仕上げ、中2週での参戦と上積みは考え辛いが、デキ自体はピークを迎えた感。複勝圏内なら。
穴フローテーション:やや薄身の体形で見た目のインパクトには欠けるが、血統、馬体構造的には距離向く。穴で一考の余地あり。

△ショウナンアルバ
 ウォーエンブレム産駒に多くみられるように、上体のバランスは良いが、若干、手脚が長めで脚捌きが硬いがため、レースに行って不器用な産駒が多いが、この馬も例外では無さそう。スンナリ先行できれば前残りも可能。

*サクセスブロッケン
 血統的にも馬体構造的にも芝向きなのは明らかだが、如何せん、脚捌きの硬い馬でスピードを要す芝では脚元の負担が掛かり過ぎてのリスクを避け、陣営は新馬戦からダート戦を選んできた感。要するに上体に関しては超一流の器だが脚回りに、不安が残る状態。馬場が緩くなり、ダート馬場よりになれば大駆けの可能性も。

*アグネススターチ
 前走は渋った馬場と展開に恵まれた感。良馬場だと辛いが再度、道悪馬場になればといったところ。

*スマイルジャック
 見た目のインパクトには欠けるも薄身でバランスの整った身体つき。先行脚質で展開に左右されない点、大崩はないだろうが。

*マイネルチャールズ
 立ち写真からの馬体の印象は、仕上げに関しては問題無いが、体形はマイラーよりで距離延長がどうか。展開の助けあればといったところ。

*レインボーペガサス
 上体に関しては使われる毎に良くなっている感。も馬体構造的には距離延長とパンパンの良馬場は不安材料。ただ、馬場が荒れダートよりになれば大駆け可能。

*レッゴーキリシマ
 順調にはきているが、使い詰めできており上積みも薄いし、距離延長にも不安残る。マイルの流れになって何処までといった感。

*サブジェクト
 暖かくなり若干、脂肪が抜けてきたが、まだトモ(後肢)が甘く、切れ味に欠ける。先行して何処までといった感。

*ベンチャーナイン
 立ち写真を見る限り、全体的にコンパクトな造りで可も無く不可も無いといった感。ただ、小回り利き、器用そうな身体つきで馬場が渋れば見せ場作れそう。

*エーシンフォワード
 仕上げに関しては問題ないが、馬体構造的にやや箱型体形で距離延長は割引材料。マイルの流れで何処までといった感。

*クリスタルウイング
 薄身で馬体構造的にはバランスも良く距離もギリギリもちそう。ただ、筋肉の質はまだ成長途上といったところで絶対的(キツイ)な稽古量が足りていない感。素質で何処までカバーできるかといったところ。

勝ち負けは上位4頭までくらいにチャンスはありそうです。
魅力あるのが◎アドマイヤコマンドと○ブラックシェルですね。
ただ、馬券的には手広くが正解でしょうか。

東京12R☆目黒記念(G2)☆
○ホクトスルタン
 前走(天皇賞)は、長距離輸送もしくは距離を意識してか、やや重めの仕上げ。それでも返し馬、レースに行っての元気の良さは垣間見られた。絞れていれば勝ち負け。

△トーセンキャップテン
 初の長距離が気になるところだが、血統、馬体構造的にはこなせる。前走は敗因は渋った馬場と出遅れが堪えたもの。叩き3走目、注意は必要。

△アイポッパー
 歳が歳(8歳)だけに上積みこそ薄いだろうが、馬体はまだ若々しく、戦闘意欲も旺盛。また、当、コースは相性が良いだけにスンナリ先行できれば流れ込み可能。

△ブラックタイド
 使う毎に馬体は絞れてきているのは確かだが、まだ余分な脂肪も抜け切っていないのも確か。上積みに関しては半信半疑。

△アップドラフト
 脚脚元に不安ある馬だけに、使い込んで良くなるタイプでないだけに休み明け緒戦が狙いどころ。複勝圏内なら。

*キングトップガン
 仕上げ、デキに関してはなんら問題なく順調。軽ハンデで何処まで。

*トウカイエリート
 仕上げ、デキに関しては良い意味での平行線といったところ。左回りは向きそうだが。

*ファオルテベリーニ
 馬体を持て余しているのが現状。直距離輸送は歓迎も。

以上が前走関西で出走した馬のコメントです。面白そうなのが○ホクトスルタンと云ったところでしょうか。


中京11R☆金鯱賞(G2)☆
◎アドマイヤオーラ
 海外遠征の反動気になるも実力では頭1つ抜けた存在。パドック&返し馬情報必見。

○エイシンデピュティ
 馬体構造的からはマイルがベストだが、小回りを利かしデキの良さで克服可能。

▲サクラメガワンダー
 休み明けの前走がビッシリ仕上げていただけに大幅な上積みは無さそうだが、良い意味での平行線といったところ。

△タスカターソルテ
 前走の敗因は休み明け2走目のポカと云うより、直線の坂が堪えた感。平坦コースのここはベスト条件。注意必要。

△インティライミ
 休み明けの前走は、仕上げも気配も良く見せながら、の結果には物足りなさを感じるが、コース相性良く一変の可能性も。

他馬に関してはパドック&返し馬情報必見。



JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら


【Webレーシングペーパー】 金鯱賞


【枠確定】2回中京3日目


【枠確定】3回東京3日目


【乗り替わり推進委員会】 5/31


今週から北海道開催開幕まではローカル開催はなく、東西の主場での開催。
それでも三浦皇騎手は減量を武器に、土曜7鞍、日曜に8鞍に騎乗。
ダービーは騎乗資格はないが、最終の重賞、目黒記念には騎乗馬は確保。
夏の間に勝ち鞍を30勝まで伸ばして、秋のG1戦に騎乗している可能性は大。

■土曜の注目乗り替わり

東京7レース 4歳上500万条件
15.レフォルマ
大野→内田博

人気を背負いながら詰めの甘いレースを繰り返しているが、ここは内田博騎手乗り替わりでビシッと決め手もらいたい。


中京9レース 御嶽特別
10.アセルファイヤー
佐久間→武豊

小柄な牝馬で、小回りコースでの捲りが得意。
武豊乗り替わりで馬にかかる負担減は確実



JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら


2008年05月29日

【レースデータ分析】 飯村式で指数を直感的に。。。


こう書くと嫌味に聞こえてしまうかもしれませんが、毎年ダービーは非常に単純で、JRAが僕にくれるボーナスレースだと思っておりました。
世の中には、無条件にラッキーな事もあるもんだなぁと。
が、それも昨年までの話です。

さて、一体何が起こっているんでしょうかね。

サンプルデータ表(ダービー版)
*「FireFoxじゃないと、動作が遅いです。

2004年〜2007年のデータ表は以下の通りです。

2004年
dv04ダービー

2005年
dv05ダービー

2006年
dv06ダービー

2007年
dv07ダービー



手順は、
・IDM順に並び替え(「順I」の列の数字のセルをクリック)
・「詰脚」のセルが赤のみを表示(「詰脚」の列のセルを数回クリック)
ここまでが、データ表での操作です。
後は、上位から拾っていくのですが、条件があります。

対象となる馬の条件としては、
・年明けの重賞を勝っている
・皐月賞を連対している
どちらかの条件を満たす馬のみが対象になります。
ほんとうに、コレだけで当っていたので、そりゃ調子にも乗ってしまいます。

ただし、見て分かるように、昨年はなんだかイマイチ過ぎる結果。微妙すぎてパッとしてません。
一応条件的には、当ってはいるのですが・・・。

とりあえず、ちょっと仮説を立てて考えてみました。
いままでの方法は、どちらかというと、「詰脚」が赤のセルという条件がついているように、最後の差し脚を評価する方法でした。
まずは、ここを修正します。
一昨年からは、3歳のレースにはサンデーの直仔が出走していません。
クラシックサンデーというと、1番特徴的なのは「道中はぶらぶら走って、直線は外から飛んで来る」というのが典型的なパターンです。
それが一昨年を境に、サンデー抜きのレースになってしまいました。
競争馬のレベル自体が一気に下がり、以前は当たり前のように見ていた、奇跡の差し脚を持った馬が消えて、
しかる後に、前でレースを進めけ出す競馬が有利になったのかもしれません。
昔のように、差してこれる馬がいなくなってしまったと考えました。
で、その観点からもう1度別の並び替えをしたのが、以下の表。
2006年と2007年分です。

2006年
dv06ダービー2

2007年
dv07ダービー2


方法は、
・「先行」で並び替え(「順先」の列の数字のセルをクリック)
あとは、いままで同様に、
・年明けの重賞を勝っている
・皐月賞を連対している
という条件を満たす馬を選択します。

こちらの方法ですと、結構しっくりときています。

結論としては、
・昨年がたまたま、上記の方法で決まったと考えるのであれば、今年はやはり「IDM順の詰脚が赤」。
・一昨年から、もう流れは変わってしまったと考えるのであれば、「先行順」。
どちらでいくかはまだ決めていませんが、2通りの方法でいっても点数はそれほど増えないので、当てる事を優先するのであれば、両刀使いも辞さない方向で。

おまけ。

ダービーの後の最終レースには、目黒記念をやっています。
このレースも、実はダービー同様に美味しいレースだったりします。
方法も、ダービーと同じ手法です。
・IDM順に並び替え(「順I」の列の数字のセルをクリック)
・「詰脚」のセルが赤のみを表示(「詰脚」の列のセルを数回クリック)

2006年
dv06目黒記念

2007年
dv07目黒記念


ダービーが外れてしまった人は挽回のチャンスですし、
幸運にも当った人には、さらなるボーナスとなるかもしれません。


今週は、土曜か日曜には、実際のデータ表の公開をする予定です。
これが気になった方は、その時にでもまた見てみて下さい。



JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら


記事検索
JRDB本家はコチラ
JRDBについて
JRDB資料
↑クリックして拡大
⇒JRDBについてもっと詳しく
Archives