2008年02月09日

【レース結果】 2/9(土) 東京競馬1〜12R


【レース結果】 2/9(土) 京都競馬1〜12R


2月9日(土) 京都競馬のレース結果です。

 降雪のため、3レース以降は中止となりました。
続きを読む

JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら


【レース結果】 2/9(土) 小倉競馬1〜12R


【乗り替わり推進委員会】 2/10


土曜の京都は降雪のため、2レースで打ち切って3レース以降は月曜に続行競馬として開催。
最近のパターンだと、出馬投票のやり直しはしないのだが、今回は出馬投票をやり直しての施行。
正式なアナウンスはないが、月曜の佐賀記念にアンカツが騎乗予定していることが、影響しているのだろう。

日曜の注目乗り替わり

東京8レース 500万下
13.アップグレーデッド
加藤士→ペリエ

管理する加藤和師は辛抱して息子を使っていたが、もう何とかしたいとうい現われ。
人気はするだろうが、逆らえない。



JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら


【お知らせ】京都競馬の3レース以降は中止となりました


2月9日(土)の京都競馬の第3レース以降は、降雪の影響により中止となりました。

中止となりました第3レース以降については、出馬投票をやり直して、2月11日(祝・月)に続行競馬として行います。
※ 発走時刻、番組については本日のものと同一です。
(第3レース11:10発走〜第12レース16:20発走)

JRAニュース


JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら


2008年02月08日

【Webレーシングペーパー】 小倉大賞典


【重賞会談】 赤木・京介の小倉大賞典見解


小倉大賞典・G

【赤木の見解】

◎ディアデラノビア
 前走は牡馬相手の56.5kで道中も窮屈なレース運びで展開も向かず見せ場も無く終わった。
がデキに関しては何等問題なく、平坦のこの距離はベスト。巻き返す。

▲ニルヴァーナ
 前走は重馬場で57.5kを背負いながらの快勝とデキの良さではコレがNO1。ハンデ55kを活かせば単まで見込める。

*オースミダイドウ
 休み明けの前走は、重め残りで少し時間の掛かりそうな身体つき。ここは静観が妥当。

*フィールドベアー
 フジキセキ産駒にしては腹ポテ体形で絞りきれないのがネック。一変の可能性は?

*ミュージックホーク
 ハンデの52kは魅力だが、休み明けでいきなりの狙いは?ただ、コース、距離は向く。

*ワンダースティヴー
 腹袋の大きい身体つきで荒れ馬場は向くが、先手取れないと揉まれ弱さ残る。もハンデ53kを活かせる展開に持ち込めば侮れない。

*ワーキングボーイ
 芝で昇級戦となると見(ケン)が正解。

◎ディアデラノビアから入るか、▲ニルバーナーから馬券を組み立てるか、それとも別路線からのマルカシェンクから入るかの競馬?
後は小倉パドック情報で決断するのがベストでしょう。


【京介の見解】

 OP馬ともなれば、足腰が確りしている度合いやスピード持続力が500万条件馬とは全然違います。
ボコボコに荒れたラチ沿いも気にしません。
前のレースで外伸び状況があったとしても、むしろ馬込みゼロの所を選んでスイスイ進める馬の方がいいでしょう。
後方待機の脚質で、4角横に伸びるだろう馬群のそのさらに大外を回らされる馬よりはね。

×2.ロジック
 骨太体型の上に関節も緩く、世間で思ってる通りOP標準よりもかなり脚が遅い馬。
荒れた馬場は良い方にせよ、筋肉がちゃんと付かないと動かないので使い込んで良くなるタイプ、休養明けは難しい。

◎4.マルカシェンク
 久々となったニューイヤーSで、右前の新エクイロックス装蹄を止めていて、蹄に全く問題がなくなった様子。
そのために線の崩れてた体型がビシッとしてきて、馬が見るからに変わってきていた。
まだ筋肉がモリモリ付いてくる余地があってまだ線の細さを感じたのでベストというほどではないが、
弱い所を気にせずに鍛えることができるようになればG3クラスでは余裕のA級馬。
ただ、過去の実績からして57kgというのは見込みすぎ。
2〜3走前56kg凡走の時点から根拠レスで1kg増やすのはどうかと…。
一応、前走のレース内容も斤量や展開において恵まれすぎた部分がある。

▲12.マイネルフォーグ
 3歳時はガリガリの牝馬みたいな体型だったが、付くべき所に筋肉が付いて良い意味で姿勢が高くなった。
まだOPでも力足りずという実力だし重賞クラスの馬に入れると見劣り感があるが、
重心が低くて地を這うような進みで走る(手先の使い方の関係)馬なので、
荒れ馬場+外伸び状況、ハンデ戦で実力差を補える条件ならそこそこ面白い。
体型からは別に後方で頑張る馬でもないし、もっと強気の位置でも良いように思う。
今までの成績は軽いスピードがないがための後方待機策なので。

△13.シルクネクサス
 夏場からずっと使い込みの嫌いがある。
馬体もオールカマー登場時のメリハリのある形の方がよかったし、輸送を苦にしないとは言え現状維持がやっとだろう。
スピードがあるのにトモのユルさが良くならず、むしろそれを持ち味にしている部分があるので、
ペースにメリハリのあるラップだと付いて行けない。
馬場がどんどん荒れて一本調子な体力勝負になるレースに替わるのは馬の適性から言って良い条件だが、
パドックからはあまり推したくない。
ハンデの56kgは妥当。

▲15.アサカディフィート
 さすがに10歳馬なので、馬体に無駄な所など一切がないし、
ピークの出来の良さを要求するのも限界があるが、この馬なりに馬体は出来きっている。
要所がブレる所がないしトモもこの馬なりにパンとしてる。
前走もほぼ前残りの展開にやられてしまって、4角大外に振られて鋭いフットワークで遅れて伸びてくる。
この馬は総合スピードや能力ピーク的に展開の助けをもらってG3がやっとぐらい、と考えれば。
ただ外伸び馬場を見込まれてるのか、多少人気しすぎのような。手を出すかどうかは期待値で考えたい。



JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら


【乗り替わり推進委員会】 2/9


2月もそろそろ中旬。
3月になれば、新規の騎手がデビューする。
今年の競馬学校卒業予定は3名のみ。
地方から移籍を狙う騎手にとっては、チャンスかも。
今年、騎手試験の2次を受けたのは、5年に内で20勝を2回クリアした、
吉田稔騎手と内田博幸騎手。1次試験を突破した高知の鷹野騎手。
結果の発表は2月14日らしいが、さて。

土曜の注目乗り替わり

東京3レース 3歳未勝利
14.ホウリイキッド
田中剛→内田博幸

ダートに使われ出してから、掲示板を外したのは一度だけ。
東京のダート1600Mにも実績あり。


京都1レース 3歳未勝利
3.ディアアゲイン
田村太雅→武豊

アンチャンの田村騎手で4走連続して2着。
陣営もシビレを切らしたか。



JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら


【重賞会談】 キャンペーン実施中!!


[赤]
 先週の日曜日は降雪で東京は順延になるは京都は1時間延ばしての開催と現場班、システム班ともてんやわんやでしたナぁ。

[キャ]
 現場も大変だったでしょうが、システム班も朝から猫の手も借りたいくらいの忙しいさでした。でも、そんな時に限り、アレコレと見落としが出てくるんですよ。会員様には何かとご不便をお掛けし申し訳ありませんでした。今後はこのような事が無いようシステムのチェック態勢を強化します。

[赤]
 そうですね。現場も雪や雨とその寒さで身体も頭も固まり、ポカが多くなります。がそれら自然にに打ち勝ってこそいい情報が提供できるものだと初心に還り頑張る次第です。

[キャ]
 赤木さんにしては珍しく素直に反省しておられますね。

[赤]
 いやはや、雨や雪など自然の力とはいえ、コレらに負けるようでは現場班としては失格です。特に、馬券で…(汗)。

[キャ]
 なるほど、馬券で負けた。そんな経緯があったのですか、そうでしょうね。馬券絡みでないと反省などする男ではありませんものね。謎が解けました(笑)。

[赤]
 な、なにをキャップ誤解しないで下さいよ、こう見えても個人の馬券ごときでどうのこうのは申しません。ハイ、今回は反省多き週でした。

[キャ]
 ところでシルクロードSの見解はどうなっていますか?仕事はタイムイズマネーです、遅いのは子供でもできますよ。

[赤]
 ハイハイ、キャップの仰る通りです。頑張って今からやりますわ。

[キャ]
 え、今から?本当に困った方です。

[赤]
 それはそうとチャップ、ちょっと気になってることがありまんねけど。
JRDBのトップページやブログのトップページに青色のバナーありまっけど、あれなんですの?

[キャ]
 あれ?赤木さんに言いませんでしたっけ?

[赤]
 聞いとりません。

[キャ]
 いえいえ、いいましたよー!
あれは「JRDB会員サービス無料お試しキャンペーン」と題して、抽選で100名の方にJRDBの有料情報を3、4月の2ヶ月間を無料でお使いいただく権利をプレゼントするっていう企画なんです。
いいましたよね?

[赤]
 だから聞いてない。

[キャ]
 あれ〜、おかしいなぁ。ちゃんと報告したつもりだったんだけどなぁ。

[赤]
 ということはキャップ、わしらが競馬場から配信してるレース直前のパドック情報や返し馬情報が、その2ヶ月間無料で見れるようになるってことでっか?

[キャ]
 そういうことですね。。。

[赤]
 それと、わしが考案した「パドック新聞」やら「レーシングペーパー」を全場全レース分みれるっちゅーことかいな?

[キャ]
 そういうことですね。。。

[赤]
 それと、わしが考案した新情報サービスの「パドック・返し馬コメント直前情報」も全場全レース分みれるっちゅーことかいな?

[キャ]
 そういうことですね。。。

[赤]
 橋浜の重賞と新馬戦の「トレセンリポート」も?

[キャ]
 そういうことですね。。。

[赤]
 それと、わしや橋浜や京介や他のメンバー全員の前日予想コラムが全部読めるっちゅーことかいな?

[キャ]
 そういうことですね。。。

[赤]
 そういうことですね、そういうことですねって、垂れ流しするてどういうつもりやー!

[キャ]
 どういうつもりって言われましても(汗)。多くの方にJRDBを知ってもらいたいということから、このタイアップ企画に至ったわけなんですが…。

[赤]
 そりゃエエ考えや〜ん。。。

[キャ]
 (ガクッ!)
 怒ってたんじゃないんですか?

[赤]
 怒りまっかいな。期間は2ヶ月と短いけど、じっくりとJRDBの中身をみてもらって、JRDBの競馬観を肌で感じてもらえれば、それはそれでうれしいことでっさかいな。
2開催分もあれば十分わかって貰えるおもいますワ。

[キャ]
 ですよね(ホッ)。。。特に、近年パドック(馬見)党が急激に増加してきてますので、そいった方には是非ともJRDBの中身を見てもらいたいですよね。

[赤]
 もちろん、パドック党だけちゃいませ〜。うちには競馬データがいっぱいありますさかい、その競馬データをフル活用すればオリジナルのデータ分析やらなんやらもできるようになりますねやデェ。

[キャ]
 そうですね。ゴールドジェネレーター(データ閲覧・分析ソフト)もありましたね。パドック党のみならず、在宅競馬のデータ党にも満足していただけるんじゃないですかね。。。

[赤]
 競馬予想は1つのファクターだけでは、しっかりとした予想はできません。
あれやこれやと混乱することもあるかもしれまへんけど、多くの情報をしっかりとチェックして、必要な情報同士を結びつけて、ちゃんと馬をみて状態の良し悪しを確認できてこそ、より的中に近づくことができますのや。
そういったことから、JRDBではいろんな情報をいろんな角度から収集したり分析したりして、みなさんが使いやすい形に加工して提供するように心がけてます。
そうでっしゃろ?キャップ?

[キャ]
 はい。おっしゃるとおりで。。。
さまざまなJRDBの情報をフル活用して競馬予想を掘り下げていくことで、競馬そのものの見方もかわって、予想そのものが楽しくなるとおもいます。より慎重にもなりますし。
また、100%予想を的中させるのは不可能ですが、10レース中1レースしか的中しなかったところが2レース的中するようになればベター、さらに勝つためにもっとも重要な「無駄な馬券をつくらない」これができるようになれば言うことなしですよね。
これぞまさに「競馬を楽しむ方法」ですね。。。

[赤]
 そうですな。でもキャップのそれでは、まだ10倍ほどしか楽しめませんな。
これからわしが100倍楽しめる企画を考案して実行しまっさかい、楽しみにしといてください。

[キャ]
 さすが赤木さん。楽しみに待ってますね。。。

[赤]
 1つ確認なんですけど、これってわしも応募できますの?

[キャ]
 応募してなんの得があるんですか?

[赤]
 あのソノ、、、2ヶ月分ちゅうことは約5000円ってことで…。
その5000円を馬券にまわせるかなぁっとせこいこと考えたもんで。ハハッ(汗)。

[キャ]
 あの〜申し訳ないんですけど、約5000円を現金で貰えるわけじゃないんで。

[赤]
 あっ!やっぱりぃ?ハハッ(汗)。

[キャ]
 当たり前じゃないですか!2ヶ月間会員エリア内にログインできるようになるってことですからね。
現金な方ですねぇ、、、

[赤]
 はいはい、すんまへんな。
それはそうと、今どれくらいの応募がありますの?

[キャ]
 まだ始まったばかりなので、それほど多くはないですよ。
それでも来週月曜までの応募分を対象に第1回の抽選を行いますので、当選の確率は高いと思います。抽選は3回、来週から毎週行いますので、とりあえず毎週応募してもらってもOKです。もちろん当選は1回のみになりますけど。

[赤]
 なるほどな。ほなちょっと、わしの知り合いにも声掛けときますわ。最近競馬にはまっとる友がいますねけど、お金もってないから入会でけへんいうさかい。
月会費払うんやったら、その分で馬券買うっちゅわけや。ほんまアホやでぇ。逆やーっちゅうて教えたりたいわ。

[キャ]
 それはちょっと考え方を改めていただいたほうがいいかも、、、

[赤]
 で、どこから応募できますの?

[キャ]
 ここから進んでいただいて、必須項目に情報を入力してもらえればご応募は完了となります。
上の大きなバナーをクリックしてもらっても進んでもらうことができます。

[赤]
 ちょっと待ってくださいよ、チャップ。っていうことは、今の会員さんは応募できへんってことでっか?

[キャ]
 いえ、できますよ…キャップです。現行の会員様で当選された方には、2ヶ月分を無料もしくは延長させてもらうようになってます。

[赤]
 いつもお世話になってますから、それぐらい当然ですわな。

[キャ]
 そういうことですね。。。ただしPCをご利用の方に限りますので、その点ご注意くださいね。
というわけで、皆様の奮ってのご応募をお待ちしております。

 ハイハイ、またそやって話そらしてごまかそうとするんですからー、早く全重賞の見解やってくださいよー!

⇒赤木の見解は後ほど...



JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら


【馬見研究】2月3日 京都6R(新馬戦) 


2月3日 京都6R新馬戦 ダート1400m

 1番セントラルコースト(父War Chant、母Taine、母父 Sir Ivor)。馬体重こそ498kgと大型馬に属するが、見た目は中肉中背のバランスの取れたセンスある馬体。血統的にはダートよりだが、皮膚が薄く筋肉の質も柔らか味のある弾力に富んだ肌で、蹄の形状も標準型。古馬になれば芝でも活躍できそう。
 

 
 だが、本質的にはダートがベスト。レースタイムこそ重馬場のため1.27.4秒と時計が掛かったが、レース内容はストレスの掛かる好位の内から追走し、直線では一瞬狭くなりかかるも、ソコを割って抜け出してきたように闘争心も並以上。
 
 馬体構造的には現時点ではマイルがベストだが、この厩舎の調教は坂路だけでなく、コースも併用するため、古馬になるにつれ手脚、胴とも伸びて距離に融通が利くようになるだろう。ダート戦を一直線なら楽しみ。








JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら


2008年02月07日

【競馬備忘録】 回顧と雑感 2/7


2月に入ったが、今年のクラシック戦線はまだ、明確な地図が見えてこない。
3歳の勝ち頭は3勝馬で、この時期で4勝を挙げている馬はいない。
昨年のこの時期も4勝馬はいなかったが、3勝馬の中には、フサイチホウオーやドリームジャニー、ウオッカなどのクラシック候補の名前があったが、今年の3勝馬は小粒の感は否めない。
G1の朝日杯勝ちのゴスホークケンをはじめ、重賞勝ち馬の多くは2勝馬。牝馬も傾向は同じ。
ただ、まだデビューしていない馬の中にどれだけの素質馬がいるかは未知数。
昨年夏のインフルエンザの影響はこれほど深刻とは・・・。
そんな中、先週の新馬戦で将来性のありそうな馬も勝星を挙げている。

1頭は土曜の東京でデビューしたレッドシューター。
藤沢和厩舎の所属で鞍上は武豊騎手だっが、スンナリとゲートを出て、折り合っての先行。他馬が来ると控える競馬も出来るというセンスの良さを見せて、1000Mの通過が61.0秒と決してスローではないなかで、ラスト1Fを11.2秒とレース中最速のラップで上がっての快勝。
レッドランサム産駒ながら、母系にサドラーズウェールズが入っており、距離の融通は利きそう。
それに、レース振りをみていると母系の血統からくる重苦しさもなく、武豊のコメントも大物感ありと出世が期待できる。

もう1頭は小倉で1200Mの新馬戦を勝ったスプリングソング。
サクラバクシンオー産駒だが、母が2000M前後の距離で活躍したスプリングチケット。
トニービン、マルゼンスキーと母系の血統からはある程度は距離も持ちそう。
ローカルでデビューで中舘騎手が手綱を取ったが、鶴留厩舎なので、中央開催なら池添騎手が手綱をとる可能性大。
新馬戦はスピードを18番枠ということから好位から抜け出す競馬になったが、追われてからの脚もシッカリしており、差す競馬にも対応は出来そう。
順調に賞金を加算してNHKマイルCに間に合って欲しい1頭。

永野


JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら


2008年02月06日

【お知らせ】 競馬大予言 春G汽肇薀ぅ▲觜罅。卸遑憩発売


【競馬大予言】08年春G汽肇薀ぅ▲觜
 2月7日に「競馬大予言 春G汽肇薀ぅ▲觜罅が発売されます。

今号の特力G菊箪犬蓮屮侫Д屮薀蝓治咫廚任后
その他、期間中の全重賞データを徹底解読!

 特集では厳選で有力3歳馬をプレビュー。
今年春のクラシック候補を馬体&血統面から検証しています。

 毎号「G鞠塾録巴如廖◆孱猫汽譽咼紂次廚覆病燭の原稿依頼をいただいてます。
競馬大予言編集部のみなさま、いつもありがとうございます。

 小特集「07年新種牡馬中間報告」では、シンボリクリスエス・ゴールドアリュール・ファルブラヴ・アグネスデジタルの、07年の新種牡馬トップ4をピックアップし、各産駒の能力や傾向について検証。奥野が担当してます。 

 今号から、「早わかり!コースののツボ」というコーナーがスタート。
こちらは永野昌治が担当。

 毎号掲載中の「働きマンを探せ!」では、JRDBデータ班飯村がデータ&原稿を担当。穴馬推奨実施中!

 その他、「騎手買いのススメ(永野昌治)」、「馬鞍草子(橋浜保子)」

 2月7日(木)、全国の書店および、一部のコンビニにて発売。
Amazonでのご購入はコチラ
楽天ブックスでのご購入はコチラ



JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら


【お知らせ】 競馬王3月号 2月8日発売


【競馬王】08年3月号表紙
 競馬王3月号が2月8日に発売されます。
今号の特集は「1番人気、鉄板の条件・消しの条件」です。
1番人気に照準をあて、あらゆるファクターから鉄板・消しの条件を突き詰める。

 競馬王さんから、
「JRDB永野昌治の1番人気鉄板の条件」(p.49)
「1番人気馬コース別絞り込みデータ」(p.67)
の原稿依頼をいただきました。
競馬王編集部のみなさま、ありがとうございました。



【競馬王】08年3月号グラサントップ
 また、大人気競馬マンガ「グラサン師匠の鉄板競馬(p.83)」では
当ブログお馴染みのJRDB総帥・赤木一騎が登場。
"ぶっこみ道"を伝授しています。

 乞うご期待!

2月8日全国の書店にて発売!

Amazonでのご購入はコチラ


JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら


【過去重賞新聞】 小倉大賞典・共同通信杯・京都牝馬S


過去重賞新聞_img

2008年2月9日(土) 1回小倉7日目
小倉大賞典
2008年2月10日(日) 1回東京4日目
共同通信杯
2008年2月10日(日) 2回京都4日目
シルクロードS



JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら


【重賞レース分析】 小倉大賞典


冬の小倉の締めくくりとして行われる重賞競走。
最近は武豊騎手の参戦が多く盛り上がるが、今年は同じ日の京都でエルフィンSのポルトフィーノの騎乗予定で小倉には参戦の予定なし。その分、小倉開幕日にメイショウカイドウの引退式もあって小倉に参戦はしているのだが・・。
ただ、騎乗予定の騎手の顔ぶれは、ペリエにルメール、福永、藤岡佑と中央開催並に揃った。
98・99年と連続して中京で開催されているので、傾向は00年以降の8年で。

過去8年の傾向

 1番人気 【1-1-2-4】
 平均単勝配当  2141.3円 (8件)
 平均複勝配当  309.6円 (24件) 
 
1番人気で勝ったのは05年のメイショウカイドウのみ。多頭数のハンデ戦で行われローカル重賞ということで、人気はあってないようなものと考えた方がよさそう。
過去8年で2ケタ人気が4勝を挙げているのもこのことを象徴している。

ローカルの小倉といえば中舘騎手だが、こと小倉大賞典に限れば【0-0-0-6】と不振。
人気馬に騎乗していないこともあるが、割り引きは必至。
騎手に関しては顕著な傾向は少ないが、外国人騎手の活躍が目立つ。

近年顕著なのが、高齢馬の活躍。
07年は9歳のアサカディフィートが穴を開けているし、06年も7歳のメジロマイヤーが激走。
活きの良い筈の4歳馬の好走は少ない。
特にレベルが疑問視される今年の牡馬4歳は狙いつらい。 


2007年02月03日 1回小倉5日目
第41回小倉大賞典・G3   芝1800M 16頭立  芝:良   天候:晴 



馬名性齢斤量騎 手タイム
馬体重
1204アサカディフィートセ957.5小牧太1:46.810524Kパラダイスクリーク
2305エイシンドーバー牡556.0蛯名正1:47.02458Kヴィクトリーギャロップ
3408マヤノライジン牡656.0池 添1:47.13482Kマヤノトップガン
単勝042,280円
枠連2 - 31,360円
馬連04 - 052,890円
馬単04 - 058,560円
3連複04 - 05 - 088,280円
3連単04 - 05 - 0868,950円


続きを読む

JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら


記事検索
JRDB本家はコチラ
JRDBについて
JRDB資料
↑クリックして拡大
⇒JRDBについてもっと詳しく
Archives