2008年05月

2008年05月31日

【レースデータ分析】 飯村式で指数を直感的に。。。

ダービーについて考える前に、ちょっと取り扱いに困るサクセスブロッケンについて考えておきましょう。
ダートで底を見せぬままの4連勝中なのですが、どんなもんなんでしょ。

個人的には、ダートではこの世代では抜けている馬で、多分、日本で走るのであれば断然カジノドライヴよりも上だと思います。
このまま順調にユニコーンS・JDD・ダービーGP・武蔵野S・JCダート・フェブラリー・帝王賞と進んで欲しかったのですが・・・ダービーの魅力は相当なものなんでしょうね。

少し似たような馬としては、カネヒキリという馬がいます。
父がフジキセキ、母父はDeputy Minister。
未勝利・500万とダートを圧勝して臨んだのが、毎日杯でした。
結果は先行して、直線は伸びずの7着。

・500万時のコメント
「番手で溜め、楽に4角先頭立つと突き放す。 叩いて馬体は充実。この馬なりに順調。 蹴りが強いし後肢の戻し速い。モノが違う。 四肢バンテージ。」

・次走の毎日杯でのコメント
「スンナリ番手も芝の決め手一息。  馬体、毛ヅヤとも良く見せたが。ダートベスト。 四肢バンテージ。」

馬体自体は良く見せていたとしても、芝だと通用しませんでした、という結果。
昨年もフェラーリピサが同じように、馬体は凄かった、でも、芝だとダメだったという結果でした。

カネヒキリとサクセスブロッケンと違うのは、新馬、未勝利と芝を2戦使っており、どちらも大敗していたという事です。
(その当時の1着・3着馬は、ローゼンクロイツ、コンゴウリキシオーで、まだまだ現役、本日も張り切って走ってました。
もちろんカネヒキリも、まだ引退していません。じっくりと調整中です。昨年も一旦は栗東に帰ってきました。またすぐに、休養に出ましたけれど。)
まだ芝での未知数の部分で期待できる分、サクセスブロッケンが走る余地はありそうですね。
ただそれでも、芝路線からダート路線で成功した馬は、クロフネを始めゴールドアリュール、ヴァーミリアンと多くいるのですが、逆パターンはやはり厳しいと言った印象です。


次は、数字として見たらどうか?という部分

クリスエス産駒で、
・ダートから芝変わりの成績
4-0-4-30
モンテクリスエス、ダンツキッスイ、ソーマジック、ロードアリエスと、OPで走っているような馬達は、ダ芝替わりも問題ないのかもしれません。

・ダートを1戦以上した後の、初芝成績
1-0-1-10
ソーマジック、ロードアリエスと、このパターンでも、OPで走れる位の能力があれば、芝はこなしてしまうみたいです。

数字から見ればそれほど悪くはなさそうですが、ほとんどが500万条件のものです。
500万時点で、芝を体験し、それでも好走するようであれば、OPでも走れる。という流れですね。
いきなりOPで初芝というのは、まだ未体験ゾーン。まあ、普通はそんな使い方もしないのでしょうが。

おまけで、藤原英昭厩舎のダ→芝替わりの時はというと(2005年からの成績を元にしています)
3-5-3-38
これが結構悪く無い成績だったりします。

最後に、サクセスブロッケンのJRDB的コメントはというと、

・端午S
スンナリ番手から直線は追う所なく快勝。キッチリ仕上がる。返しスムーズ。次走も。 両前ソエ小、裏筋剃る。左後繋弾く。

・ヒヤシンスS
好位馬群で溜め、後続突き放し最後も余裕。 胴短脚長。バランス良く弾力上々。動き良し 超強風。広いストライドでバネあり強い内容 両前ソエ小。左後繋弾く。

脚元についてのコメントが、芝でどうか?のポイントになります。
ソエについては、この時期の馬であれば大抵は出ていますし、相当酷くない限りは気にしなくても大丈夫そうです。(JRDBには、1段階上の「ソエ大」の表記もあります。)

「左後繋弾く」は、少し分かり辛いので、補足しておきます。
左後脚の「繋ぎの分部」が、硬い、クッションが効かないといった意味になっていまして、
人間でいうと、踵に相当する部分の動きが硬いといった感じです。
かなり極端に例えるならば、野球のボールで、軟球と硬球のような違いです。
柔らかくてクッションが効くのであれば、地面に当った時にボール自身が収縮と反発で、弾みますよね。
硬球の場合は、ボール自身の収縮はほとんど無く、反動で弾みます。
エネルギーの溜めがなく、蹴った分しか推進力に変えられないので、クッションによる溜めのプラスアルファがありません。
イメージとしては、以上のような感じで捉えていただければ大体OKです。
ここら辺りから、サクセスブロッケンは芝をこなせるかどうかを、考えるのも王道路線。

他にも例えば、今まで楽勝過ぎて、馬体を併せて叩き合いになったらどうか?とか、あるのですが、
能力の違いで圧倒して、前で誰にも並ばせずに押し切ってしまう競馬が出来る可能性も無きにしも非ず。
悩みますね。

それでも、出した結論を馬券というものに集約するのであれば、サクセスブロッケンが走ろうが走るまいがどっちでも構わないというスタンスを取る方法もあります。
ワイドであったり、複勝であったり。
これも1つの手です。

結局1番の問題は、このオッズ(現時点で3番人気で7.0倍)で買う価値があるかどうかですので、
走る走らないという事よりも、
走れるであろうという根拠が、オッズに見合うかどうかの判断です。

個人的には、これだけ不利な条件で3番人気であるならば、買う価値は無いという結論になりました。
当然、逆にこんなに付くのであれば、買わないなんて有り得ない!と思う人もいると思います。
それはそれで、大いに結構な事ですし、当れば非常に爽快な気分になるでしょう。

とにかく、今から明日の15:42過ぎまでワクワクできるのですから、競馬が好きな人は皆平等にハッピーですね。

少し遅くなってしまいますが、明日にはダービー分のデータビュワーをアップしたいと思います。


JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら



©2008 JRDB

【Webレーシングペーパー】 日本ダービー・目黒記念

©2008 JRDB

【乗り替わり推進委員会】 6/1

■日曜の注目乗り替わり

東京3レース 3歳未勝利
14.サマーレプタンサ
小野→川田

好位からの競馬でも追い出してからの伸びが変わるはず。


東京4レース 3歳未勝利
5.トップオブオアフ
西田→藤田

ダービーに騎乗馬のない藤田騎手。
ここは星勘定
JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら



©2008 JRDB

【レースデータ分析】で、この後は?


本日の最終レースは、
中京は芝1200m
東京はダ1300m
が、それぞれ組まれています。

同コースでのレースが行われていますので、傾向の参考になりそうです。

・中京

dv0531中京8R


「先行」順にソート(「順先」の列の数字が入っているセルをどれかクリック)
「後差」が-0.5以上の馬を選択(「後差」の列の数字が入っているセルをどれか数回クリックできりかわります)

・東京

dv0531東京7R


「上り」順にソート(「順上」の列の数字が入っているセルをどれかクリック)
「後差」が-0.9以上の、セルに色が付いている馬を選択(「後差」の列の数字が入っているセルをどれか数回クリックできりかわります)


このようにして選択された馬が、上位に来ているので、傾向としては以上のようなものだと思います。
それぞれの最終レースでは、同じような操作と選択方法で馬を選んでみるもいいかもしれません。


JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら



©2008 JRDB

【枠確定】2回中京4日目

©2008 JRDB
記事検索
JRDB本家はコチラ
JRDBについて
JRDB資料
↑クリックして拡大
⇒JRDBについてもっと詳しく
Archives