2008年06月

2008年06月30日

【馬券稼業はつらいよ】〜赤木一騎の「遺書」、ご購入ありがとうございます

土曜日:いつ雨が降ってきても良さそうな雲行きで、相も変わらずのジトジトに湿った空気。で、持病の喘息がピークを迎える。特に、階段の上り下りをちょっとしただけで、ヒーヒィー、ゼーゼーと喉鳴り状態。お馬さんの喉鳴りは湿気が多いと楽になるそうだが、人様の喉鳴り(喘息)は、湿気が高くなったり、温度が低くなると発作が出る厄介なモノ。と云っても競馬は待ったなし。そう、仕事です、がんばるしか手はありません。

 そんなこんなで、本日は土曜日だし、お天気も芳しくないだけに、人の出は少ないだろう。それなら一時入場規制の開門には充分間に合うだろう、とノンビリと歩いて入場門の手前まで行くと、その時、すでに遅し、早くも一時入場規制が敷かれ、ガードマンが通せんぼをしている。アチャチャ、まさか土曜日でその上、お天気も悪いのに、こんなに早く規制が・・・。ボヤいていたら、その規制された枠内から、東京のkishiさんが、「赤木さん、席は確保しておきますから、ゆっくり歩いて来てください」との暖かいお言葉。ホッ!

阪神4R 新馬戦 芝1400m

◎10番バンガロール:稍箱型に近いが、中肉中背で若干、背っ垂れ気味のスピード優先体形。も、脚回りはシッカリしており、脚質的には先行・差しと融通の利きそうなタイプ。返し馬はバネの利いたフッワークでスムーズな走り。

〇6番エーシンビッグシー:サクラバクシンオー産駒らしく、やや胴の詰まった体形で距離は向きそう。ただ、腹回りに余分な脂肪が残り、少し重め残り。返し馬は抑えて軽め。

▲8番ウインスカイ:マンハッタンカフェ産駒だが、山内厩舎だけに仕上がり早。少しソエが出掛かっている点が気になるも、仕上げの良さで。返し馬は鞍上岩田康だけに抑えて軽め。

△4番タガノパッチグー:トワイニング&ファピアノ産駒らしく、やや箱型体形で蹄も底が厚く、起ち気味で本質的にはダート向き。ただ、仕上げは上々。

*9番セキサンダンスイン:少しお釣りある仕上げで、距離ももう少し欲しい身体つき。複勝圏内なら。

 決断、◎10番の単は堅そうだが、単勝オッズが1.3倍で勝負はできない。と云っても相手は一長一短あり、馬連・ワイドの1点勝負もままならない。で、参加料込みのお付き合い馬券で上記印馬への馬連を選択。

 結果、その◎10番はスタートこそ一息だったが、鞍上の指示に直ぐ反応し、好位付け。向正面3角付近では、前を行く△4番の番手に付け、直線に入るや何時でも交わせる体勢で、追われるや、すぐさま反応しキッチリ差し切る。完勝。
 
 2着には、逃げた4番をゴール前で交わした複勝圏内だろうの9番が入り、馬券は紙屑。(涙)
 
 今ひとつリズムに乗れないでいる新馬戦馬券。ま、そのうちチャンスは来るでしょう。ここは辛抱強く待つことにします。←(そんな余裕はないだろう、って。失礼)

 新馬戦がハズレれば本日の楽しみはありません。そう、本日の馬券は手仕舞い。あとは仕事に精を出すだけです。

13R 例の喫茶店

 イシイさん(「遺書」お買い上げありがとうございました)、ゴリラーマンさん、広島のお父さん(「遺書」お買い上げありがとうございました)、北海道からアズマくん(お土産ありがとうございました。また「遺書」まで購入していただきありがとうございます)、鳥取から一本どっこさん(山盛りの新鮮なイカありがとうございました。また、「遺書」の購入ありがとうございました)、東京からスズキさん、kishiさん(席取りありがとうございました)。
 
 明日は1本どっこの宮さんの会社の馬友軍団(6人)が来られるということで、それなら、『赤木一騎の「遺書」』を売り付けなくてはと、帰りに梅田の紀伊国屋書店に立ち寄り、その新書を探すも、他の新書本は山積みされているのに、アリャリャのリャでなかなか見あたりません。
 
 でそうこう探していると、なんと、隅っこに2冊残っているではありませんか。でも、その2冊を買えば、お店にはないことになってしまう。で、一旦は購入を諦めて帰ろうとしたが、そこに1人の青年が、他の競馬本を立ち読みしているのを見て、昔取った杵柄ではないが、そのお兄さんに、「競馬をするなら、この本を読みなさい」と営業をかけ、その新書を購入するように直に手渡すと。その青年は嫌な顔も見せず、すぐさま、レジに向かってくれる。いやはや、好青年!一度はパドックに足を運んで下さい。このお返しはきっとしますから、ね。



日曜日:昨夜に相当雨が降ったのかダート馬場は水が浮かぶほどの不良馬場。当然、芝も不良馬場だろうが、如何せんJRA発表は重馬場。ま、今更ながら馬場状態がどうたらこうたらも無いが、それ以上に、本日はお金になりそうなレースもお馬さんも見あたらない上に、昨日同様、持病の喘息が出て、階段の昇り降りするだけでヒーヒー状態。当然、馬券どころではありません。と云っても、新馬戦となれば・・・。

阪神4R 新馬戦 ダート1200m

◎2番メイショウコウセイ:父ワイルドラッシュ産駒にしてはスッキリ仕上がり、上体は芝向きも、蹄がやや大きめでダート仕様。

〇6番ドリームクェーサー:ゴールドアリュール産駒らしく、垢抜けした馬体で稽古もキッチリ積まれたか、馬体の完成度は上々。ただ、蹄は稍大きめのダート仕様。ただ、蹄底はそう厚くないだけに、芝も走れそう。

▲9番レッドオマージュ:やや脚が長めで仕上げも上々。ただ、蹄の大きさ、形が左右非対称で蹄底も厚め。現状では良馬場のダート向き。

△1番サダムイダテン:サウスヴィグラス産駒らしく、胴の詰まった腹ポテの短距離体形。この手だけは走ってみなければ分からないタイプ。

△12番ホッコータキオン:距離はもう少し欲しい体形も、仕上げ自体は悪くない。複勝圏内なら。

 決断、◎2番の仕上げが良く、緒戦向きタイプ。〇6番は単勝(6番人気)こそ売れていないが、キッチリ稽古を積んできた身体つきで、馬券的にはコレが美味しそう。で2番−6番の馬連、ワイドを選択。

 結果、その◎2番はスタート良く、2番手に付け道中は余裕の手応えで、コレなら。その6番は出遅れて後方からの競馬。ハナを切ったのが、まだ太いと見立てていあった、その1番が手応え良く、グングンとスピードに乗り、直線に入ってもそのスピードが落ちることなく、完全に独走態勢。で、その2番は直線に入るや、逆噴射して馬券圏外へ。逆に、その6番は手応え良く、ゴール前ではキッチリ2着を死守するも・・・。馬券は圏外。(涙)
  
 新馬戦を外せば、メインの宝塚記念まで馬券参加はお預け。そう、雨は降るし馬場は最悪のコンディションの不良馬場。それでいて、場内は人込みの山。また、会員さんも山盛りの現場参加で、仕事が生甲斐の私です、ハイ、自己馬券どころではありません。←(ホンマかいな・笑い)

阪神10R ☆宝塚記念(G1)☆

◎2番メイショウサムソン:馬体は迫力こそないものの、仕上げは上々。勝ち切れなくても、連なら大丈夫。返し馬は軽めも動きは上々。

〇4番アルナスライン:馬体フックラし、トモ(後肢)の踏み込みもシッカリ。返し馬は軽めも落ち着きある。

▲7番アドマイヤフジ:馬体、気配とも良く見せる。返し馬は抑えて軽め。

△6番アドマイヤオーラ:馬体減は気になるものの細くなった感は無く、力は発揮できそう。

△11番アサクサキングス:上体の仕上げはなんら文句ないが、如何せん、前肢の繋ぎが緩く、距離短縮、重馬場は割引材料。複勝圏か。

△9番エイシンデピュティ:汗もほどよく掻き、身体もキッチリ仕上がる。ただ、馬体構造的には距離1F微妙なのは確かだが、重馬場で逃げれば展開の利は大きそう。返し馬は少し頭高い走法だが元気良し。

☆1番インティライミ:馬体重が前走よりも-10kgだが、馬体そのものは張りがあり、毛ヅヤも良く見せている。また、気配も相変わらず良い。穴ならコレ。

 決断、◎2番はピーク時の迫力には欠けるも、能力、仕上げ的に見て、連軸なら大丈夫。でも、相手が一長一短で重馬場でもあり、絞り切れず。ココは勝ちよりも、アテに行く方を優先し、馬連を選択。

 結果、その◎2番は少し出負け気味のスタートで少しゴチャついた面もあり、やや後方からの競馬。も、一角で外に出すやスムーズな流れに乗り、コレなら。ハナを切ったのが△9番で4角では△11番に並びかけられヒャっとする場面も、直線に入るや、前走同様、ひと伸びしてゴールまでキッチリ凌ぎ切る。その◎2番は直線に入り、手応え良く、一瞬、伸びかけたところで他馬と接触したか、スピードが落ち、ゴールでは頭差届かずの2着。☆1番もレース内容的には勝ち負けも、直線で他馬に少し寄られ不利を受けるシーンあり、アレが無ければ。も、1番の馬券を持っていなかったわしはホッ!結果、オーライ的な馬券でも的中は的中。と云ってもアテにいっての馬券では自慢になりません。(反省)

エイシンデピュティ 
2008年 宝塚記念
エイシンデピュティ 返し馬


13R 例の喫茶店

 昨日に続き広島のお父さん、アズマくん、ヨネダさん、1本どっこの宮さん、kishiさん、に、久しぶりにソノダさん、falcoさん、それに、広島からタダさんとお友達。また、1本どっこさんの会社のお仲間の出目の親分、コンドウさん、ムラグチさん、コダニさん、ニシモトさん、ウエタさん(お土産&赤木一騎の「遺書」お買い上げありがとうございました)。それにフリーライターのオクオカさんに、競馬王(白夜書房)編集のアカサさんと橋浜、久保、オオシマとの大所帯での呑み会。今回の呑み会の主役は、ミヤさんの会社の馬友軍団。お蔭様で手持ちの「赤木一騎の遺書」は完売しました。感謝!

 ではでは。パドックでお逢いしましょう。グッドラック!


isho

JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら



©2008 JRDB

2008年06月29日

で、この後は?


サンプルデータ表
*「できればFireFoxで見て下さい。」
過去のサンプルデータ表は見れません。毎週上書きされます。

まずは福島から見てみましょう。

土曜福島12R 芝1700m
・差し順
dv福島6/2812R

1着 マイネルグラシュー
2着 ユウターヴェール

これは先週と同様の操作で、
・「差し」順に並び替え。(「順差」の列の数字が入っているセルをどれかクリック)
・「詰脚」が0以上のセルのみ表示(「詰脚」の列の数字が入っているセルをどれか数回クリック)
・「後差」が1秒未満のセルのみ表示(「後差」の列の数字が入っているセルをどれか数回クリック)

転圧の影響で、どうなるかなと思っていたのですが、この距離はさほど影響はなさそうです。
結果も上々でしたね。
9Rの芝1200m戦と合わせて、福島は傾向どおりに決まっています。

「条件」の列の文字は、そのレースが行われた条件を表しています。
OPならオープン
5は500万
10は1000万
16は1600万
新は新馬
未は未勝利

多少指数が低くても、上のクラスで出した指数はやはり強いです。
セオリーとしては、降級馬は優先して考えるべきでしょう。

日曜福島12R 芝1800m
・差し順
dv福島6/2912R


上位から
・カレンナサクラ
・アブソリュート
・モエレカトリーナ
・ロードキャニオン
(指数順と降級を考えたので、順番は表とは前後しています)

ただし本日は雨が降り続いていますので、多少変わるかもしれません。
「後差」が1秒未満のセルのみ表示、という条件はいらなくなるかも、という感じですが、9Rの結果を見てから決めた方がよさそうです。


天候が安定していて、馬場の変化がない函館。
今日はこちらの方が安全かもしれません。
しかもダート戦です。これは単に僕個人の好みなんですけれども。

土曜9R ダ1700m
・IDM順
dv函館6/289R

1着 プラテアード
2着 ブリリアントタイム

土曜11R ダ1700m
・IDM順
dv函館6/2811R

1着 アグネスマキシマム
2着 ストームタイガー
(ロリンザーユーザーは、1着入線で12着に降着)

どちらも操作方法は、
・「IDM」順に並び替え。(「IDM」の列の数字が入っているセルをどれかクリック)
・「後差」が-1以内のセルのみ表示(「後差」の列の数字が入っているセルをどれか数回クリック、色がついているセルのみ)

日曜7R ダ1700m
・IDM順
dv函館6/297R


日曜9R ダ1700m
・IDM順
dv函館6/299R


このレースは異様にレベル低いですね・・・・。
もしかしたら滅茶苦茶な結果になるかもしれません。

G1が行われる日なのにもかかわらず、地味なレースばかり挙げました。
せっかくなので、どうぞ今日も競馬を楽しんでくださいますように!
JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら



©2008 JRDB

【午後からの武豊】

12時現在の単・複からみる武豊騎手の取捨

5R 8. パカパカグランプリ
     × 単・複ともに全く売れず
     
6R 13. メイショウラッシー
     △ 単・複ともに売れ方甘い
     
7R 8. メイショウボンハオ
     ◎ 単勝に集中投票あり
     
9R 6. コウユーキズナ  
     △ 単・複ともに売れ方甘い
     
10R 2. メイショウサムソン
     ◎ 単・複ともにキッチリ売れる
     
11R 6. クリーン     
     △ 単・複ともに売れ方甘い
JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら



©2008 JRDB

【レース結果】 6月29日(日) 函館競馬

©2008 JRDB

【レース結果】 6月29日(日) 阪神競馬

©2008 JRDB
記事検索
JRDB本家はコチラ
JRDBについて
JRDB資料
↑クリックして拡大
⇒JRDBについてもっと詳しく