2009年03月

2009年03月29日

【レース結果】 3月29日(日) 中山競馬

  • コメント( 0 )
©2008 JRDB

【レース結果】 3月29日(日) 阪神競馬

  • コメント( 0 )
©2008 JRDB

【明日の鉄板1番人気レース】 3月29日(日)

【4R 3歳未勝利】
9番マヤフィオーレ
ポイント 23 鉄板強度レベル S
単オッズ 1.9倍

 明日は超堅いところで1つ。
基準1番人気は9番マヤフィオーレ。スピードがあり脚質も有利。ここはまず落とさないでしょう。単勝1.5倍つきそうなら間違いなく買い。
相手は、7番フレッドバローズ、3番エリモフリーダムの2頭しか見あたりません。3連複1点もしくは3連単2点で確実に獲りにいきたいとおもいます。
離れた4着馬を探すだけしんどいので、このレースはここまで。。。



【11R 高松宮記念】
4番スリープレスナイト
ポイント -15 鉄板強度レベル F
単オッズ 5.1倍

 4番スリープレスナイトは、基準オッズでは5.1倍となっていますが、実オッズは21時30分現在で3.3倍。どちらにせよ信頼のおけない数字です。2,3着がいいところでしょう。

 今年はローレルゲレイロでいいような気もしています。昨年同様、逃げる競馬をするとおもいますが、状況は昨年とは違い、手薄なメンバーに加え馬場状態も良い(6日目)。とくれば、この馬には間違いなくプラス。同馬は基本的に1200mよりも1400mのほうがいい馬で、中京芝1200コースは多少距離に融通の利くタイプのほうが良い結果を出します。中山1200mはその逆ですが。
というわけで、◎はこの馬で。藤田騎手にも期待しています。

 その他2,3着候補として、上積み見込めるアーバニティを。
穴目で挙げておきたいのが、コスモベル、アポロドルチェのオーシャンS組2頭。

 ビービーガルダンは手替わりがどうでるか、です。

 トウショウカレッジはここでも十分やれるとおもっています。ただ、鞍上の同コースにおける経験値の低さが気になります。あくまでも3着候補として。

 取捨に迷うのがファリダット。個人的には展開もコースも適わないとみています。テンが極端に速くならない限り苦しいのではないでしょうか。

JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら



  • コメント( 0 )
©2008 JRDB

2009年03月28日

【重賞レース分析】高松宮記念

高松宮記念過去6年分データを見てみましょう。

高松宮記念過去6年データ
過去新聞はこちら

基準人気を見てみますと、勝ち馬は5番人気以内でした。1・2・5番人気は過去6年で4頭が好走していますが、4番人気の好走はありません。今年は好走する可能性があるかもしれません。9番人気以下での好走は1頭で、基準16番人気のペールギュントでした。
性別は過去6年で牡馬が多く好走しています。特に近5年では牡馬が連続して勝利しています。牝馬での好走はビリーヴ、ラインクラフト、シーイズトウショウでした。

馬齢は5歳馬が中心でしょう。複回収率も高く馬券の妙味も十分ですね。6歳馬も多く好走しており昨年のスズカフェニックスはスタートで躓きながらも3着に好走していました。7歳以上での好走は2007年のプリサイスマシーンの1頭でした。

勝ち馬のIDMは『65』以上でした。G1ということもあり『65』以下との成績に大きな差が出ているように思います。

厩舎指数は『-5』以下ので好走は無くすべて『-5』以上でした。勝ち馬は10〜25の指数で、単回収率も高くなっています。

調教指数は『0』以上あると好走する可能性が高くなっています。調教指数『-12』で好走していたのは先ほど挙げたペールギュントでした。

父の小系統はヘイロー系が過去6年で5勝。サニングデール以外の勝ち馬はすべてヘイロー系でした。ペールギュントの父はサンデーサイレンスでヘイロー系ですね。

母父は多くの系統が好走しています。注目したいのは母父ダンジグ系でしょう過去6年で2勝しています。

騎手は関西の騎手が5勝2着6回で高い連対率でした。注目したい騎手は福永騎手で過去6年で[1-2-1-2]の成績でした。また、オレハマッテルゼで勝利した柴田善騎手は過去にキングヘイローで同レースを勝利しています。四位騎手、池添騎手も過去6年で2回好走しており注目したいですね。2勝を挙げている武豊騎手は今年はドバイで騎乗するため、今年の騎乗はありません。

調教師は栗東の調教師が6勝を挙げており、今年も注目でしょう。橋田満調教師はアドマイヤマックスとスズカフェニックスで2勝しています。ともに武豊騎手が騎乗していました。


【注目馬】
1番:コスモベル
8番:ファリダット

JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら



  • コメント( 0 )
©2008 JRDB

【重賞レース分析】マーチS

マーチS過去6年分データを見てみましょう。

マーチS過去6年データ
過去新聞はこちら

同レースは12Rですので馬券を買う際は注意してくださいね。

基準人気を見てみますと、過去6年で1番人気の勝率は0%で気になる数値。過去新聞をみても2000年のタマモストロング以来基準1番人気の勝利はありませんでした。注目したいのは基準9番人気の馬の成績で過去6年で4連対しています。10番人気以下の好走がないので9番人気以内を1つの目安にしてみました。

性別は牡馬が優勢でしょう。過去新聞を見ても2001年のプリエミネンスの3着しかありませんでした。

馬齢は幅広い年齢で勝ち馬が出ていますが4歳馬の勝利はありませんでした。多く馬券内に好走していた5〜7歳馬が一応中心でしょうか。

IDMを見てみますと勝ち馬は『55』以上の数値でした。馬券の狙い目は65〜70の馬でしょう。好走回数も多いですし、回収率も高いですね。

厩舎指数は-10〜-5で勝利している馬がいますが、『5』以上あると良さそうです。15〜20ですと4勝している点には注目したいですね。

調教指数は幅広く好走しています。勝ち馬は過去6年で『-5』以上の数値でした。

父の小系統を見ますとミスタープロスペクター系の好走が多いことが分かりました。ロベルト系は2着が3回あり、注意したい系統です。

母父は多くの系統が好走しており、中でもネイティヴダンサー系は好走回数も多く、計2勝している点には注意ですね。

騎手は関西の騎手が4勝していました。関東の騎手は2・3着の件数で関西の騎手を上回っていました。注目は角田騎手、北村宏騎手、和田騎手でしょう。過去6年で2回好走しています。

調教師は栗東の調教師が過去6年で4勝しており、美浦の調教師より多く勝利しています。また多くの調教師の管理馬が好走している点も注目でしょう。

【注目馬】
1番:キクノサリーレ
6番:マコトスパルビエロ
JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら



  • コメント( 0 )
©2008 JRDB
JRDB本家はコチラ
JRDB競馬アラカルト|note
 
記事検索
JRDBについて
JRDB資料
↑クリックして拡大
⇒JRDBについてもっと詳しく
Archives