2009年09月

2009年09月29日

【血統&馬体講座】トーセンファントム-新馬戦

今回のレースロゴ
2009年09月27日(日)
 阪神04R 芝1600 2歳新馬 1着


プロフィールロゴ
牡2 トーセンファントム
父 ネオユニヴァース
母 バースデイローズ
母父 トニービン
出産時の母の年齢 12歳
毛 色 黒鹿
馬体重 488K
厩 舎 松田国(栗東)
馬 主 島川 隆哉氏
生産者 社台ファーム
生産地 千歳

ヘイロー系

ネオユニヴァース

鹿毛  2000
サンデーサイレンス
青鹿  1986
Halo1969Hail to Reason1958
Cosmah1953
Wishing Well1975Understanding1963
Mountain Flower1964
ポインテッドパス
栗毛  1984
Kris1976Sharpen Up1969
Doubly Sure1971
Silken Way1973Shantung1956
Boulevard1968
ゼダーン系

バースデイローズ

栗毛  1995
トニービン
鹿毛  1983
Kampala1976Kalamoun1970
State Pension1967
Severn Bridge1965Hornbeam1953
Priddy Fair1956
エリザベスローズ
栗毛  1989
Northern Taste1971Northern Dancer1961
Lady Victoria1962
November Rose1982Caro1967
Jedina1976
クロス ありません
馬体コメントロゴ
パドックでもそうだったが、レースでも頭の位置が高く、現時点では首の使い方がイマイチだが、前後躯のバランスが良く、背中も短く、手脚の長さ、四肢の繋の長さとも程よくある。ただ、角度(遊び)が少し窮屈な面があり、ここら辺りが、頭の高さ、首の使い方に関係しているのかも。蹄の大きさは標準的も蹄底は少し厚め。高速馬場よりも少し荒れ気味の馬場向き。距離は1400m〜2000mと幅広い。
レースコメントロゴ
 まずまずのスタートを切り、4番手の外を追走。前半は少し集中力を欠いていたが、直線の入口でスパートをかけると、残り150mの地点で逃げたブイコナンをで交わす。上体が高いフォームながらも、そこからは体をしっかり使って走れていた。平坦コースなら、もうひとつ上のパフォーマンスを発揮できる。
トーセンファントム-新馬戦パドック
トーセンファントム-新馬戦パドック
ネオユニヴァース
ネオユニヴァース 提供/スポーツ報知
トニービン-シルエット
トニービン-シルエット



ネオユニヴァース-脚
ネオユニヴァース-脚
トニービン-脚
トニービン-脚
トーセンファントム-脚
トーセンファントム-脚
血統コメントロゴ
父のネオユニヴァースは2000年生まれのサンデーサイレンス産駒。09/9/21までのネオユニヴァース産駒の成績を人気順で見ると、2桁人気の産駒は優勝していません。また、1番人気の勝率は24.2%だったのに対し、2番人気は28.9%と高くなっていました。当然、単回収率も高く120.9%、複回収率は104.5%でいずれも1番人気より高くなっています。
母のバースデイローズは1995年生まれのトニービン産駒。半弟には弥生賞優勝のフサイチゼノン、スプリングSときさらぎ賞を優勝したアグネスゴールド、ダート戦で活躍中のリミットレスビッドがいる。また母のエリザベスローズはセントウルSを優勝している。現役時は中京の芝1200m戦で2回好走している。


※写真の無断転載を禁じます

JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら



  • コメント( 0 )
©2008 JRDB

【血統&馬体講座】グレナディーン-新馬戦

今回のレースロゴ
2009年09月26日(土)
 阪神04R 芝1200 2歳新馬 1着


プロフィールロゴ
牝2 グレナディーン
父 スペシャルウィーク
母 タックスヘイブン
母父 アリダー
出産時の母の年齢 16歳
毛 色 黒鹿
馬体重 468K
厩 舎 橋 口(栗東)
馬 主 觴丗罐譟璽好曄璽
生産者 社台ファーム
生産地 千歳

ヘイロー系

スペシャルウィーク

黒鹿  1995
サンデーサイレンス
青鹿  1986
Halo1969Hail to Reason1958
Cosmah1953
Wishing Well1975Understanding1963
Mountain Flower1964
キャンペンガール
鹿毛  1987
マルゼンスキー1974Nijinsky1967
Shill1970
レディーシラオキ1978Saint Crespin1956
ミスアシヤガワ1964
ネイティヴダンサー系

タックスヘイブン

鹿毛  1991
アリダー
栗毛  1975
Raise a Native1961Native Dancer1950
Raise You1946
Sweet Tooth1965On-and-On1956
Plum Cake1958
タックスペイヤーズフォリィ
鹿毛  1984
Lt.Stevens1961Nantallah1953
Rough Shod1947
Party's On Me1977Stevedore1966
Pardon My Speed1959
クロス Nasrullah 5x5
馬体コメントロゴ
父スペシャルウィーク産駒にしては、薄身でやや胴が詰まり気味で短距離のスピードタイプ。手脚、繋の長さは程よくあり、繋の角度(遊び)は少し起き気味も、四肢の球節がシッカリし柔軟性もある。蹄の大きさは標準的、蹄底は少し厚めだが、全体的にバランスはとれており、芝・ダートともこなせる形の良い蹄。距離は1200m〜1400mがベスト。
レースコメントロゴ
 スタートを上手く切り、センス良く先頭に立つ。外からナムラタイフーンとショウナンナックルが交わし、3番手を追走。直線で前と外が壁になる場面があったが、外のヤマカツセイレーンに馬体を併せ、勝負根性を発揮。馬群から抜け出すとじわじわ加速し、ゴール前は楽な手応えで押し切った。
グレナディーン-新馬戦パドック
グレナディーン-新馬戦パドック
スペシャルウィーク
スペシャルウィーク© Mikiko UEDA.
画像なし
画像はありません



スペシャルウィーク-脚
スペシャルウィーク-脚
画像なし-脚
画像はありません
グレナディーン-脚
グレナディーン-脚
血統コメントロゴ
父のスペシャルウィークは1995年生まれのサンデーサイレンス産駒。現在のリーディングサイアーは5位。勝利数は72回とリーディング上位の種牡馬と比べて少ないがブエナビスタやリーチザクラウン、ステラリードが重賞を優勝しているからだろう。72回の勝利数の内11回は2歳馬。2歳リーディングサイアーは現在トップである。
母のタックスヘイブンは1991年生まれのアリダー産駒。現役時は12戦4勝。クイーンCでは3着に好走。チューリップ賞では1番人気に支持された。繁殖牝馬としても活躍。ダート重賞3勝のヒシアトラスや阪神JFで3着になったルミナスハーバーがおり、産駒はすべて勝ち上がっている点も良い。08年の父ディープインパクト産駒はPOGでも人気が出そうな1頭だろう。


※写真の無断転載を禁じます

JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら



  • コメント( 0 )
©2008 JRDB

2009年09月28日

【プレゼント企画】応援馬券

トーセンファントム-応援馬券
 今回のプレゼント企画は、

トーセンファントムの応援馬券&レープロ

です

それぞれ2名様に抽選でプレゼント!!

 ご応募は、右サイドのフォームから。ケータイからはコチラ

締め切りは10月4日(日)です。

どしどしご応募ください。
JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら



  • コメント( 0 )
©2008 JRDB

【競馬稼業はつらいよ】頼りになるのは新馬戦だけ?

土曜日:本日の競馬は、馬券的に魅力のあるレース&馬も見あたらず、仕事に精を出し、頑張るかと。ただ、新馬戦はオリンピック精神で参加だけでもと・・・。

阪神新馬戦4R 芝1200m

◎3番グレナディーン:スッキリ仕上がる。(飛節少しブレるも踏み込みはマズマズ。)返し馬は、煩いが動きマズマズ。
○1番トーホウシンバル:少しお釣りある仕上げも連なら。返し馬は、少し煩いが動きマズマズ。
▲4番ナムラタイフーン:ほぼ仕上がる。距離向きそう。返し馬は、少し煩い。
注2番ビップピュアレディ:細いくらいの仕上げも連なら。返し馬は少し煩い面見せるもフットワークはマズマズ。
△8番ショウナンナックル:細いくらいの仕上げも距離向く。返し馬は煩い面見せる。

決断、◎3番はスペシャルウィーク産駒にして、薄身ながらも胴が少し詰まり気味で、飛節のブレも気になるが、スピードタイプの初戦向きの身体付き。他馬はコレっと云った馬もおらず、ここは単で大丈夫か、と。3連単の頭固定に、それに2番手候補の○1番は距離は微妙だが、身体に張りがあり、毛艶も良いだけに逆転はなくても2着ならなんとかしてくれるかと。3着候補、▲4番は上体の身体付きからなら最右翼なのだが、如何せん、両前の蹄底の深さが少し違う点が気になるし、注2番も少し細いが3着なら、△8番も距離向くも、コレも少し細く、返し馬では煩くて鞍上(福永J)を考慮すれば?でよくて3着まで。と1着固定◎3番→2着固定○1番。3着候補に4番・2番・8番を選択。おまけに◎3番=○1番の2頭軸流しの3連複を小銭で参戦。

結果、その◎3番は好スタートを切るも他馬にハナを譲り、3番手からの競馬。道中は手応え良く折り合いを付け、四角をインで回り、直線勝負どころで外に出そうとした時に、6番が内にヨレて被せられるも、その6番を内から弾き飛ばし、抜け出し快勝。見た目以上の勝負根性を発揮。○1番はその◎3番を完璧マークし、直線でも馬群を割って抜け出す勝負強さを見せるも2着が精一杯。3着に中段から差して来た2番が入線し、3連単・3連複とも成立。も、賭け金が小銭では嬉しさも半減。←(的中したら的中したで、賭け金の多寡で不平不満とホント懲りない親父です。笑い)

新馬戦が終われば本日は店仕舞いと・・・。(ホンマかいな?笑い)

阪神10R ダート1400m 大阪スポーツ杯(ハンデ)

◎6番オリジナルフェイト:降級。踏み込み少し浅いが仕上げ上々。返し馬は軽目も少し動く。
○12番スーサンライダー:馬体締まる。ダートで巻き返す。返し馬は先入れ軽目。
▲16番ファイナルスコアー:降級。ほぼ仕上がる。連なら。返し馬は確認できず。
注8番シルクビックタイム:降級。ほぼ仕上がる。連なら。返し馬は軽目は騎手の特徴。
△7番セレスハント:降級。ほぼ仕上がる。デキ良し。返し馬は蹴り少し弱い。
☆4番スマートブレード:少し重め残るも複勝圏内なら。返し馬は蹴り少し弱い。

決断、ハンデ戦に実力接近と馬券は難解。ハイ、金持ち喧嘩せず?←(新馬戦の儲けが・・・失礼。)

結果、勝ったのが△7番で2着に○12番、3着にノーマークの9番では馬券に繋がっておらず、完敗していたか、も。それにしても、ハンデ戦に、おまけに休み明け馬が多いレースとなるとアレコレと目移りして、こんなレースでは馬券に繋がらない場合が多いです。私の場合は「逃げるが勝ち」か、と。

13R PADDOCK(北新地)

今回は、現場ドロドロ競馬親父連中との付き合いで、梅田で一杯やり、その足で、色々とお世話になっている競馬バーPADDOCK(北新地)に立ち寄る。当然、競馬が全てのお店だけに、ドロドロの競馬親父も録画の競馬中継をみながら、ああだこうだと変に納得し、さすがのイチャモン好きの親父も大人しく呑んでおりました。いやはや、競馬ファンは、酔っぱらっていようが、素面だろうが、ベテラン、初心者に関わらず競馬となると真剣そのものです。えっ、1度、そのドロドロ親父達と一杯やりたい、と。いやいや、ソレだけは止めていた方が幸せでございます。とにもかくも云っているコトは無茶苦茶でござります。よって、彼等と呑めば血が降らない方が不思議な世界でもあります。ま、詳しい話は後日と云うことで。(笑い)

【場所】
大阪市北区曽根崎新地1丁目11−20タカガワ梅田ビル3F

【PADDOCK】店外【PADDOCK】店内








【電話】
06-6346-2270

【営業】
平日 19:00〜5:00
土曜 18:00〜24:00
(日・祝休み)

【紹介文】
騎手、調教師、競馬関連マスコミ、個人馬主、クラブ会員等競馬に関わられる方やファンが集うBAR。競馬、スポーツ、お酒、映画、北新地が好きな人と、コミュニケーションをさせていただければ。リーズナブルな料金で、大人の会話を愉しんでいただける店を目指しています。お一人でもお気軽にお越しくださいませ。


日曜日:本日は重賞(神戸新聞杯)があり、開門の第1次規制は早めに締め切るだろうと、朝のモーニングもパンは採らずコーヒーだけにし、毎度の親父さんと早めの電車に乗り込む。も、その第1次規制はむなしくも締め切られており、なんのために、パンも食わずに急いで来たのか・・・トホホ。で誰か会員さんは居ないかと周りを見渡していたら、例のイシイさんが新聞紙を床に敷いて座り込んでいる。オッ!第2次規制でも、足の速いイシイさんなら、この位置取りからでも定番の席は確保して貰える。ホッ!で開門ダッシュはイシイさんに任せ、チンタラチンタラと歩いた方が速そうだが、一応、走って居る振りをしながら席に辿り着けば、イシイさんは当然としても、ゴリさんも席を確保していてくれる。なんでもゴリさんは、今日の開門は早そうだからと何時もよりも早めに来ていたとか。いやはや、皆様には感謝感激。お陰様で鳥取から飛び込み参戦の出目軍団ご一行様(5名)の席が確保出来ました。本当に有り難うございました。

本日は新馬戦が2鞍と重賞が一鞍あり、馬券はそのどれかで勝負を・・・。

阪神新馬戦3R ダート1800m

◎1番イカイカブラウン:少し立派過ぎる感あるも相手に恵まれ。返し馬、軽目は騎手の特徴。
○4番サヴァラン:踏み込み少し緩いが仕上げ上々。返し馬は少し脚捌き硬い。
▲12番ダンツキャッスル:仕上がる。要注意。返し馬は少し煩い。
注3番ナリタシーズン:少し重め残るもデキは良さそう。返し馬、軽目は騎手の特徴。
△7番マイネルガンバ:ほぼ仕上がる。上位争い。返し馬少し動く。
*10番テーオーケンジャ:ほぼ仕上がるも距離微妙。返し馬は抑えて軽目。

決断、ほぼ横一線の競馬で、馬券はナニからでも入れる状態。でここはオリンピック精神プラス、馬券の売り上げ協力レース、と。上記5頭ボックスの3連複を選択。当然、賭け金は最小限での参加。

結果、その仕上げはともかくの10番が、意に反しての楽勝。2着も重め残りの9番が入り、3着も重め残りの6番が入線と、結果は裏目街道をまっしぐらという無残な結果。皆様にはご迷惑をお掛けしました。反省!と云っても反省のしようの無いようなレース結果でもありました、が・・・。(涙)

阪神新馬戦4R 芝1600m

◎10番トーセンファントム:少しお釣りある仕上げも馬体のバランスは良い。返し馬は、煩い面見せるも動きマズマズ。
○15番ステージプレゼンス:少しお釣りある仕上げも距離向き上位争い。返し馬は、軽目も動きマズマズ。
▲1番サトノサクラ:少し立派過ぎる感あるも馬体のバランス良し。返し馬は軽目。
注5番エーシンウェズン:馬格ありバランスも良い。芝適性あれば。返し馬は、ストライド大きく動きもマズマズ。
△6番オーシャンキャスト:少し余裕あるが連なら。返し馬、軽目は騎手の特徴。

決断、◎10番は少しお釣りある造りも馬体のセンス良く、返し馬も動き、鞍上もシッカリしているだけに3連単の頭固定で大丈夫か、と。ただ、2着候補は多く、○15番も鞍上がシッカリしており、▲1番も骨瘤は少し気になるも馬体は良い。また、注5番は骨格&筋肉の質からはダート向きも、蹄は薄く、返し馬のフットワークからは芝もこなせそう。となると△6番は3着候補までとしなければ、儲けが出ないだけに、2着候補は見切り、保険を3連複を選択。

結果、その◎10番はスタート良く飛び出し、直ぐに好位に取り付き馬なりに追走するも、向こう正面で少し掛かり気味になるや、鞍上が抑えると、直ぐに落ち着きを取り戻し、四角入り口付近では手応え良く先団に取り付き、直線に入ると内にヨレながらもキッチリと抜け出し完勝。注5番はスタート一息も二の脚が速く、2番手に押し上げるも、抑えてインの好位からの競馬。直線に入り、外に出す際に他馬を外に弾きながらも勢い良く抜け出し2着キープ。▲1番は道中掛かり気味の追走も、直線抜け出し3着をキープ。結果、3連複は◎10番=○15番の2頭軸固定流しだったため、取り損なうも、3連単はキッチリとゲットし、それもマン馬券の高配当。いやはや、新馬戦だからこその高配当、ごちそう様でした。
 *トーセンファントムのがんばれ馬券を2名の方に抽選でプレゼントします。詳しくは「競馬(JRDB)を100倍楽しむ方法」ブログで。

阪神10R 芝2400m 神戸新聞杯(G2)

◎5番アンライバルド:ほぼ仕上がる。堅軸。返し馬先入れ軽目は騎手の特徴。
○8番アントニオバローズ:距離微妙もキッチリ仕上がる。返し馬は少し煩い。
▲13番リーチザクラウン:細いくらいの仕上げ。反動(稽古)なければ逆転まで。返し馬は少し煩い面見せるも動きはマズマズ。
注2番アブレザンレーヴ:少し重め残るも走れる状態。返し馬は少し力む。
△14番シェーンヴァルト:馬体フックラ見せ順調。返し馬は引っ掛かる。
☆4番イコピコ:馬体、気配とも良く見せる。大駆け注意。返し馬少し動く。

決断、◎5番は春先からの成長はあまり見られないが、好調時の馬体はキープしており、地力から判断すれば軸は外さないか、と。また、▲13番の馬体重-18kは、腹回りを見ても少し絞り過ぎの感。も新エクイロックスを外してきて蹄も良くなった感じ、だし、展開面も有利なだけに3着は外さないか、と。で3連単は、◎5番の1頭軸固定流し。3連複は◎5番=▲13番の2頭軸固定流しを選択。

結果、その◎5番は絶好のスタートを切るも、直ぐに口を割り煩い仕草、道中も掛かり気味になるも四角入り口付近では落ち着きを取り戻し、コレなら、も直線に入っても伸びそうで伸びず、4着が精一杯。勝ったのが、パドックで仕上げ、気配の良さのが目立っていた☆4番。馬体構造的には距離?も直線の伸び良く完勝。2着に逃げた*13番が残り、3着も好位付けの11番(重め)が残り、馬券はハズレ。◎5番は、せめて3着に・・・。(涙)

13R 例の喫茶店

イシイさん(席取りありがとうございました)、ゴリさん(朝早くからの席取りありがとうございました)、変な外人(エイドリアンさん、TV出演おめでとうございます)、カナヤ夫妻とスタッフ(橋浜・イハラ・オオシマ)とでやいやいワイワイ。

鳥取から出目軍団(5名)の皆様、お土産ありがとうございました。広島から某君、無事帰還されたでしょうか。イノウエ君(彼女同伴、可愛い子ですね。よろしく伝えて下さい)、ソノダ君(彼女同伴、可愛い子ですね。久保先生が羨ましがっていました。笑い)、次回、チャンスがあれば呑み会に付きあって下さい。

ではでは。パドックでお逢いしましょう。グッドラック!

JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら



  • コメント( 0 )
©2008 JRDB

2009年09月27日

【本日の馬場情報】 9/27中山競馬場

9/27中山直線9/27中山ゴール前9/27中山4角

9/27中山直線アップ

左)直線 中)ゴール前 右)4コーナー 下)直線アップ

9月27日(日)、競馬場の朝の天候は「晴れ」。

馬場状態は
 芝  :良
 ダート:良
の発表。

(本日)
曇りがかってはいますが、時折日差しもあり、暑さも感じるほど。風は穏やかに吹いています。競馬にはほとんど影響は無いでしょう。

芝:
Cコースに変わったことで時計だけではなく、上がりも必要になってきた印象。隊列としては相変わらず前・内有利。ただ、内枠の先行馬が直線包まれて動けず、というシーンが開幕週から結構みられるの覚悟しておいたほうがいいでしょう。馬場は硬いようで、パワータイプが有利。

ダート:
乾いた良馬場。時計も掛かっています。3Rはハナ条件の馬が大逃げをしたことで差し展開になりましたが、先行力があって筋肉量のあるタイプがよさそう。ただ、1200mは脚長である必要性は感じません。

(昨日)
芝:
今週からCコース。内側の2頭分くらいはやや痛みが見える程度でほぼ全面良馬場の認識で良いでしょう。エクイターフは見た目が荒れていても、それほど不利にはなりません。時計も速めなので基本は勝負所で前の方にいないといけません。

ダート:
乾いて白っぽく見える状態です。時計も掛かり気味のようなので、1200mは多少パワー優勢で。1800mはスタミナ要素が強く入ってきそう。


JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら



  • コメント( 0 )
©2008 JRDB
JRDB本家はコチラ
JRDB競馬アラカルト|note
 
記事検索
JRDBについて
JRDB資料
↑クリックして拡大
⇒JRDBについてもっと詳しく
Archives