2010年07月

2010年07月31日

【新馬戦予想】1回小倉6日目4R

前回の回顧ロゴ
土曜日は2鞍。週中に分析しているデータ該当馬もいましたが結果ははたして…。

小倉4R
10101504jrdv210101504jrdv1

本命は7.ドレッドノート。仕上指数上位で調教◎+調教変化/のデータ該当馬。
相手には仕上指数&追切指数上位で激走馬の3.ツルマルワンピース、仕上指数&追切指数トップの6.シゲルカンサヤク、仕上指数が高めで調教○+調教変化/の2.アマノレインジャー。他は難解。

直前情報を見ると7.ドレッドノートがオッズ、パドックとも◎で問題なさそうだが、他は難しい感じで手広く買うことに。

10101504
結果7.ドレッドノートは抜群の手応えで突き放し快勝。2着にはシブトク粘った2.アマノレインジャー。3着には激走馬の5.テイエムメガヒットが入り的中。

新潟5R
04102505jrdv204102505jrdv1

ブログでの推奨レース。注目馬は6.オリファンは仕上指数上位で社台ファーム生産馬。調教◎+調教変化↑のデータ。12.アタッキングゾーンは仕上指数と追切指数トップ。調教▲+調教変化/のデータ。

直前情報を見ても6.オリファンと12.アタッキングゾーンはオッズ、パドックで上位で問題なさそう。また、6.オリファン以前紹介したデータ該当馬
なので、オッズを見つつデータのワイド2点買いをすることに。

04102505-104102505
結果10.ピュアオパールが優勝。2着にアタッキングゾーン、6.オリファンは何とか3着に粘り的中。

日曜日もうまくいけばいいのですが…。
JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら


今回のレースロゴ3
2010年08月01日(日) 小倉4R 芝1800 新馬戦

競馬新聞(PDF版です)【縦書きバージョン】 【横書きバージョン】
予想コメントロゴ3
注目は2頭。13.ビームは仕上指数トップで調教◎+調教変化/のデータです。
15.ミエノスペシャルは仕上指数上位で追切指数トップ。激走馬ですし、調教変化/です。

相手には仕上指数と追切指数の高いコスモロッキー、仕上指数と追切指数上位の12.ピルケンハンマー辺り。

社台ファーム生産馬やノーザンファーム生産馬も多く直前情報と合わせて考えたいレースです。
その他注目馬ロゴ
函館4R
10.スズカマジェスタ仕上指数トップ 調教▲+調教変化/

新潟5R
1.コスモテロメア 仕上指数上位 追切指数トップ 激走馬

新潟6R
13.ナムラグーデン 仕上指数&追切指数トップ
9.ヒシカルロス 調教○+調教変化↑

JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら

JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら



©2008 JRDB

【調教より】日曜新馬戦

日曜函館4R

2アグネススコール 基準: 13.9倍 7番人気  追切指数:48 [ 9 ] 仕上指数:49 [ 8 ] 
併せ馬の内側。こちらは直線で鞭を叩くが、相手は持ったまま。それで最後まで併入同体。
少し顎の位置が高く、前脚を大きく振り出し、可動域を広く使った走り。
力が余っているのに蹴りの精度が甘くて前脚を空振る。収縮力もあまり速くはなく、伸びに頼っている。
エンジンが掛かるまでも少し遅そうで、多少の不満はあるが、スピードの出る走りではある。△

13エルダ 基準: 18.4倍 9番人気   追切指数:50 [ 8 ] 仕上指数:52 [ 4 ] 
併せ馬の内側。体勢有利を維持して直線に向き、手応え劣勢ながら最後まで顔だけ先着を守る。ただ最後は一杯。
後駆の威力がほとんどなく、前脚の捌きが硬すぎる。上体の柔らか味を感じない。
スナップを使うどころの話ではないので、スピードが出ないはず。−

1キンショーオーロラ 基準: 30.3倍 10番人気   追切指数:62 [ 2 ] 仕上指数:57 [ 2 ] 
単走。掻き込むストライド。首の位置が非常に低く、相当屈んで走り、飛節も折り畳んだままなのでスピードが出ない。
その代わりにバテ辛い特徴がある走り。重馬場の影響などがあるようなら。
ただし最初のダッシュなども鈍く、手先を全く伸ばさないので瞬発力にも乏しい。−

11クリノナイトタツ 基準: 44.6倍 13番人気   追切指数:48 [ 10 ] 仕上指数:36 [ 13 ] 
併せ馬の内側。前脚を振り出しコンパクトなフットワーク。手綱は抑えて併走状態を維持し、相手が追った分遅れた。
やや首使いが硬くて体をあまり伸ばせなさそう。上体のバランスは良いが懐がやや小さい。
いい脚一瞬で展開を選びそう。体がコンパクトな方なのに、器用さをあまり感じなかった。−

5ゲットハッピー 基準: 6.7倍 4番人気   追切指数:63 [ 1 ] 仕上指数:50 [ 6 ] 
併せ馬の外側。コーナーで既に頭高い。直線はかなり追って、モロに高脚の格好だが相手が全く走らず。
かなり手先は強いほうだが、顎の位置が高すぎてハミの効きが甘いはずなので、何か首を下げる工夫が欲しい。
競馬行くなら絶対に外枠必須。初戦はどうか。−

9ゴールドルースター 基準: 35倍 12番人気   追切指数:61 [ 3 ] 仕上指数:53 [ 3 ] 
併せ馬の外側。前脚振り出すストライドで大トビ。コーナーで大外を回った分劣勢も、そこから併走馬に盛り返しきれず。
短い首が深く下がるが、ちょっと前脚を躊躇してるのか直線でペースが上がらず手前を戻してしまう。
ワンペースなダート馬にありがちな走り方。収縮が速くならず、馬体の見た目よりも淡白。−

4ジェットストリーム 基準: 7.1倍 5番人気  追切指数:34 [ 12 ] 仕上指数:48 [ 10 ] 
3頭併せの最内。コーナーで内を回った分前に抜け出すが、直線追っ付けていながら真ん中の持ったままの馬と同体。
体の締まりが良さそうで戻しは素早く効くのだが、それに対して蹴りが弱くて全体の動きが窮屈に見える。
前脚の掻き込みもあまり強くなさそう。手先の力が物足りない。馬場悪化時には注意も。−

8ディーエスコンドル 基準: 14.3倍 8番人気  追切指数:30 [ 13 ] 仕上指数:47 [ 11 ] 
併せ馬の内側。ハミ受けが悪いのかコーナーで頭を上げて顔を捻っていた。
直線もストロークはそれなりにキレイに見せていたが、併走馬に対して抵抗する所なく遅れる。
手先を長く伸ばし、四肢の振りかぶりはキレイな方。姿勢もキチッと固定していて、踏ん張りは効きそうな体勢。
しかし腰つきが角ばって見えて、前脚も少し浮いてしまう分引っ掻きが浅い。
センスはあるはずの馬だが、何かが噛み合わなくて今回はエンジンの掛かりが甘く、それでいい走りができなかったのかも。
今回走れても良いし、一度叩けば変わってきそうなタイプ。△

7メジロマリシテン 基準: 13.2倍 6番人気   追切指数:57 [ 5 ] 仕上指数:50 [ 7 ] 
3頭併せの真ん中。直線で先頭に出て目一杯追って、一旦口を割るシーンもあったが、何とか立て直した。
筋力があって四肢の反復は効くようだが、前脚を振り出しても引っ掻きに力があまり篭らない。懐の浅い走り。
動かしたほどにはスピードに乗ってるように感じない。先に仕上がった分だけの優位はありそうだが、強調しづらい。−

日曜新潟5R

2サックノヤクソク 基準: 39.8倍 9番人気   追切指数:35 [ 10 ] 仕上指数:32 [ 14 ] 
単走。前脚がに股。首使いの幅が小さすぎて、前脚に体重が乗ってない。膝は前に出ているが、着地するだけ。
衝撃を全身で散らす柔軟性が物足りず、後肢の負担がかなり大きそうなので、バテも早そう。−

3フラワーロック 基準: 9.2倍 4番人気   追切指数:23 [ 15 ] 仕上指数:37 [ 12 ] 
併せ馬の左側。ピッチ走法。前脚の膝の出がかなり小さい。
後駆が結構安定しているので姿勢や初動はブレないが、ある一定の大きさ以上に体を伸ばせない。
スタートダッシュ重要なダート短距離ならこれで問題ない場合もあるが、評価は低め。△

6ミヤビヘレネ 基準: 12.8倍 6番人気   追切指数:31 [ 13 ] 仕上指数:28 [ 15 ] 
併せ馬の右側。前脚がに股。後肢は外に開いてしまう。首も真下ではなく斜めに下がる。
抑えている分もあってバランスを大きく崩しはしないが、破綻を来たす臨界点が低そう。−

12リュウシンヒーロー 基準: 3倍 2番人気   追切指数:49 [ 6 ] 仕上指数:48 [ 5 ] 
併せ馬の外側。コーナーでは馬の後ろに隠れていて、出口で外に持ち出してキチンと追って相手を突き離す。
掻き込み深いフットワーク。まだ手先の力が甘いようだが、腰つきまとまっていて一つ一つの動きが丁寧。
筋力は十分あるようだが、それを生かしきれてないようだ。まだ太いか?
フットワークのバランスの良さで評価したいが、中距離ダート向きかも。△

日曜新潟6R

3タイセイマテンロウ 基準: 16.4倍 9番人気   追切指数:58 [ 3 ] 仕上指数:47 [ 9 ] 
併せ馬の右側。四肢大振り。前脚の着地が不安定で微妙に蛇行気味。
前脚の接地が甘いためにあまり力を込められず、少し前肢の連動がおざなりになってしまう。
体のバネがあってスピードは出る方だが、緩急が付く走りにはならなさそうだ。−

9ヒシカルロス 基準: 3.3倍 1番人気   追切指数:44 [ 10 ] 仕上指数:44 [ 12 ] 
3頭併せの真ん中。コーナー出口では遅れていた馬。直線で促し、真っ直ぐ駆け抜けて外の馬に対して併走優勢。
まだ四肢に緊張感が通ってない印象だが、ストローク大きく威力ある。頭は高いが首も使える方。
バネが効くようなストロークなので、一般の馬よりもトモの力があるのだろう。
忙しい競馬が出来ないタイプかもだが、それなりの評価を。▲

8ブルーアンブロシア 基準: 5.3倍 3番人気   追切指数:33 [ 13 ] 仕上指数:50 [ 6 ] 
併せ馬の右側。掻き込む回転速いストライド。
結構しっかり走れている方だが、併せてもあまり緊張感が変わらず、小さい動きのまま。
首も一応使えてて前傾姿勢も作れる。後駆の反復もあまり悪くはない。
ただ、この映像だけだと高いスピードの出るタイプかどうかは分からなかった。その分評価低めなだけ。▲

4プルーフオブライフ 基準: 4.9倍 2番人気   追切指数:30 [ 16 ] 仕上指数:42 [ 14 ] 
併せ馬の内側。前脚の捌きが硬い。直線手前を替えると頭が浮き上がる。
四肢の折り畳みが小さく、前脚はほぼ棒立ち。とにかく脚捌きが硬く、懐が小さすぎる。
抑えて走らせた内容だが、それでもフットワークを見ると強調できない。−

7マスターサイプレス 基準: 68.8倍 14番人気   追切指数:44 [ 9 ] 仕上指数:50 [ 5 ] 
併せ馬の内側。芝調教。シャドーロール。コーナーから頭が高い。
腰が弱いためか、追い出しても後肢が軸になってないので体が前方へ倒れない。
これではスピードに乗れないだろう。−

日曜小倉4R

5アスールアラテラ 基準: 5.7倍 3番人気   追切指数:42 [ 12 ] 仕上指数:49 [ 10 ] 
3頭併せの大外。この厩舎のパターンで3頭同入を目指す形だが、反応が渋くてやや追っ付け気味。
後肢の膝の戻りが甘く、深くタメを作れないので蹴りの威力が弱い。その分浮力が少し不十分。
それでも前肢の捌きが良く、ある程度のスピードは維持できる。
本来ならもっと体が動くはずだが、それでも一定の基準は超えていると判断。それなりに。▲

9ウインバリアシオン 基準: 4.1倍 1番人気   追切指数:52 [ 6 ] 仕上指数:49 [ 11 ] 
併せ馬の左側。こちらは鞭まで連打してかなり追っていて、持ったまま引っ張る併走馬に対して併入。
前脚の膝が全く持ち上がらず、掻き込みがかなり小さいために、追い出してもスピードに乗れないのだろう。ジリ脚走法。
後肢の蹴り抜きがあまり効いておらず浮力が足りないのもあり、首を下げると言うより下に落としてしまう感。−

8タガノエベンヌ 基準: 5.8倍 4番人気   追切指数:66 [ 2 ] 仕上指数:57 [ 6 ] 
併せ馬の外側。持ったままの併走馬に対して、こちらは強く追った分の先着。
首の振り幅が小さいが、スナップが強いタイプだろう。後肢の反復がキチッと出来ていて可動域大きい。
背中から腰にかけてまだ弱い所があるのか上下動しているが、それでも前肢を目一杯遠くへ伸ばせている。
体はまだ出来てなくてもストロークの質が良くてスピード出せるタイプ。素質で評価。▲

2ネオザイオン 基準: 8.3倍 6番人気   追切指数:45 [ 9 ] 仕上指数:48 [ 12 ] 
併せ馬の内側。直線半ばで早くも劣勢になり、遅れが明らかになると追うのをやめた。
首がすぐ浮き上がってしまうようで、体を伸ばして使えてない。
長い手足を中途半端な畳み方で回しているのでキレのある動きが出ないまま。まだ途上。−

13ビーム 基準: 5倍 2番人気   追切指数:50 [ 8 ] 仕上指数:63 [ 1 ] 
併せ馬の左側。前脚内掻き。直線半ばで追い出すと同時に併走相手がしぼみ、アッサリと突き放した。
四肢の着地が一定ではなくてまだフラつくところはあるが、後駆の反復が確り出来ていてバランスを取り戻すのが早い。
映像最後の3完歩ぐらいを見ると、前肢の掻き込みの強さと後駆の威力とが上手く連動している様子がある。
使い込まれて馬場が少しでも荒れてきたなら、こういう後半に伸びてくるパワータイプにとってはプラスだろう。○

16レールスプリッター 基準: 24.8倍 10番人気  追切指数:41 [ 14 ] 仕上指数:51 [ 9 ] 
併せ馬の右側。掻き込むストライドで大トビ。追っ付け追っ付けでフラフラするが、持ったままの相手に対しては先着。
まだトモが弱いためか、軸がしっかりせず上体の上下動が激しい。体の柔軟性で何とか持ったというぐらい。
芯の強さがあってスピードに乗ればある程度我慢しそうだが、決め手や加速という点では評価は劣る。−
JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら



©2008 JRDB

【調教より】小倉記念

アドマイヤオーラ   JRDV過去走
単走。左手前と右手前で明らかにフォームが違う。右手前のときは何かしら足元を気にする様子がある。
掻き込みのキツイフォームで、首をかなり深く下げ、後肢も外に回ってロスが多い。四肢の折り畳みが深すぎる。
上体の柔軟性で難点をカバーして走っているが、手先にまだ力が篭りきってない。強調しづらい。C


アルコセニョーラ   JRDV過去走
単走。前脚小さく振り出すピッチ走法。引き続き軽めの所から直線少し気合つける程度。
首の振り幅が小さく、全体的に腰が引けていて、蹴り抜きが甘い。前肢の滞空時間もほとんどない。
好走後の反動と言うよりは、基本的にトップスピードが足りず、ツボの狭いタイプとしか。体調も良くはない。C


オースミスパーク   JRDV過去走
単走。小柄。前脚振り出して回転の速い走り。鞍上はずっと前半から引っ張っていて、後半も追うフリぐらい。
鞍上と呼吸が合わない感じでフニャフニャしていたが、それでもかなり時計は出た。
後肢の戻しがキビキビしてて、腰の位置も高い。バランスがいい馬ではないが、スナップ強く滞空時間も長い。
キチンと追った所もないままなのに背中に緊張感がある。かなり仕上がり良さそう。これは期待。A、○



サンライズベガ   JRDV過去走
併せ馬の右側。併走馬が思ったより走らず、後半になって徐々に体勢有利になってくる。
坂の後半になって追っ付け始め、膝の使い方も硬いようだが、正対が出来てて後駆が安定しているのでバテても減速少ない。
地面を掴み損ねていて滑るシーンがちょこちょこ目に付く辺り気になるものの、上体の安定味は明らかに上がっている。
叩いて順当に上向きと見るべきだろう。B+↑、○



サンレイジャスパー   JRDV過去走
単走。コーナーを素直に回れずドタドタした走り。四肢の捌き窮屈で、後肢の折り畳みが深すぎる。
それでも、しばらく腹筋に力が全く入らなかった馬だったのに、後肢の戻しが鋭くなり、腰の位置を高く見せる。
前脚は弱いままだが、後肢の捌きは多少戻ってきた。夏馬だけに少し気にしておきたい。C+



シルクネクサス   JRDV過去走
単走。前脚を大きく振り出す大トビ。正対が甘く手前を替えると軸がズレるが、前脚をキチンと伸ばせて蹴りに威力はある。
まだ本来のストロークの大きさには遠いが、一度叩いて順当に上向いてきた分はある。それなりに。B↑


ステップシチー   JRDV過去走
単走。前脚を突っ張りかなり腰の引ける格好。後肢をほとんど後ろへ蹴り抜いたりしない。
追ってなかったにせよ、全体に後傾姿勢でエンジンの掛かりがかなり遅そう。
フットワークも小ぢんまりしてしまう。強調点を感じない。C



スマートギア   JRDV過去走
単走。シャドーロール。前脚の掻き込み、後肢の引き戻しともに安定していて、フットワークがリズミカル。
元々蹴りの威力がある馬ではないが、反復の効率の高さはやはり目に付く。
そして、力を込めすぎて無理する所がないので、激走反動による調子落ちが少ない。
このメンバーならスピード上位と見るべきだろう。
そろそろシャドーロールは外してもいいのでは…と思うところだが。B+、○



ゼンノグッドウッド   JRDV過去走
併せ馬の右側。前脚の掻きがまだ雑で、後肢の戻しも甘く、前方に潰れる姿勢だが、それでも併走馬が走らず何とか先着。
首使いとの連動がもう一つで、長い手脚ながら可動域十分に動かせてない。まだ四肢が重たそうに見える。
最初の推進力が弱く、まだ初動でスンナリ動けないはず。C



トーホウレーサー   JRDV過去走



ドモナラズ   JRDV過去走
併せ馬の左側。前半は体勢有利だったが、坂上になってあまりペースが上がらず、バテ気味になってた大トビの併走馬に劣勢。
前脚の捌き小さく、前脚振り出すピッチ走法。正面から見ると後肢の着地が開いてて、前脚やや内掻き。
反復でバネは利くものの、蹴りの威力が出るタイプではなく、スナップもそれほどでもない。どうしても地脚で劣る。
この馬なりに動いているが、調教では評価を上げづらい。B−



ナリタクリスタル   JRDV過去走



ニホンピロレガーロ   JRDV過去走
単走。シャドーロール。前脚の掻きが多少小さい。後肢の蹴りも外にズレる。
後駆からの威力が本来のものに足りない分、浮力不足になって、首使いや前脚の捌きに余裕がなくなるといった形。
センスは元々ある馬なので、不十分な状態でもフットワークをまとめているのは流石だが、本領発揮には遠そう。
次回の新潟辺りで上向いてくれば。C



バトルバニヤン   JRDV過去走
併せ馬の左側。正対しきれず体勢斜めで走っている。
路盤の凹凸にでも脚を取られたのか、前脚の振り出し小さいままで、ストロークのペースが変わらず併走馬に遅れた。
四肢も短め、首も短い。首を深く下げようとする動作は見て取れるが、脚捌きとリズムが合わず首使いが安定しない。
反復は出来ているものの、あまり良い最終追いではなかったように思う。
ピッチの小さい走りだけに、2000mもやはり長いのでは。B−



ホワイトピルグリム   JRDV過去走
単走。少し力を抑えたフットワークで、腰が引けるのか後駆の動きが小さいが、馬体の柔軟性はかなり。
後肢を強く蹴っていなくても、そこまで強く追わない状態で、首使いの柔らか味を維持しつつ深く下げられる。
前脚の捌きもそれほど苦労していない。
腰に緊張感が足りず、全体に甘い走りに見えてしまうが、潜在的な柔軟性があって余力を残しているのかも?
評価は与えてもいいかも。B+



マキハタサイボーグ   JRDV過去走
単走。前脚の歪みそのままで、前肢の掻きが弱い。手前もチョコチョコ替える。
後肢の折り畳みが深く、スピードを出す要素がない。2000mは短すぎる。デキも上がってこないまま。C−



メイショウレガーロ   JRDV過去走
単走。コーナーの入口からかなり頭高い。前脚を比較的大きく振りかぶる走り。
後肢の蹴り抜きが素直で、後駆のブレが全く見られない分、姿勢保持は安定している。
ただし、ストロークが大きすぎる嫌いがあって、同時に上体も上ずってしまう。
緩急を作れず一本調子の走りで、手先にも余り力が篭ってなさそう。前残りならともかく…。B


ラインプレアー   JRDV過去走
単走。蹴り戻しは的確に行えているように見えるのだが、どうも後肢がバラけていて、浮力がもう一つ。
前脚の捌きにあまり余裕がなく、首が低すぎて上に上がらない。そもそものスピードがどうか?
後肢の動きが深く腰も甘め、さらに背中も長いため小回りはかなり難しそう。調子は悪くないが。B−




JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら



©2008 JRDB

【新馬戦予想】2回新潟5日目5R

今回のレースロゴ3
2010年07月31日(日) 新潟5R 芝1200 新馬戦

競馬新聞(PDF版です)【縦書きバージョン】 【横書きバージョン】
予想コメントロゴ3
 明日の新馬戦は2鞍。注目レースは新潟にしました。
6.オリファンは仕上指数上位で社台ファーム生産馬。調教◎+調教変化↑のデータです。
12.アタッキングゾーンは仕上指数と追切指数トップ。調教▲+調教変化/のデータです。

 相手には仕上指数上位の1.エクスペクト。調教○+調教変化/の10.ピュアオパールあたり。

他には激走馬で各種印のある5.アレルヤトウブ、社台ファーム生産の4.ファンキートットなど。

直前情報と合わせて決めたいと思います。
その他注目馬ロゴ
小倉4R
6.シゲルカンサヤク 仕上指数&追切指数トップ
3.ツルマルワンピース 仕上指数&追切指数上位 激走馬

JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら

JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら



©2008 JRDB

【オッズ】 小倉記念

 小倉記念のオッズです(PC版)。
(発売前は基準オッズとなっています)
JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら

続きを読む

©2008 JRDB
記事検索
JRDB本家はコチラ
JRDBについて
JRDB資料
↑クリックして拡大
⇒JRDBについてもっと詳しく
Archives