2010年08月

2010年08月31日

【血統&馬体講座】ブラウンマシーン-新馬戦

今回のレースロゴ
2010年08月29日(日)
 新潟05R 芝1200 2歳新馬 1着


プロフィールロゴ
牡2 ブラウンマシーン
父 タイキファイヤー
母 ブラウンキセキ
母父 フジキセキ
出産時の母の年齢 5歳
毛 色 鹿毛
馬体重 446K
厩 舎 秋 山(美浦)
馬 主 キャピタルクラブ
生産者 田鎖牧場
生産地 新冠

ミスタープロスペクター系

タイキファイヤー

栗毛  1997
ミスワキ
栗毛  1978
Mr.Prospector1970Raise a Native1961
Gold Digger1962
Hopespringseternal1971Buckpasser1963
Rose Bower1958
ウェルシュマフィン
鹿毛  1987
Caerleon1980Nijinsky1967
Foreseer1969
Muffitys1982Thatch1970
Contrail1968
ヘイロー系

ブラウンキセキ

   2003
フジキセキ
青鹿  1992
Sunday Silence1986Halo1969
Wishing Well1975
Millracer1983Le Fabuleux1961
Marston's Mill1975
マルカート
   1991
Gay Mecene1975Vaguely Noble1965
Gay Missile1967
サンシャインドール1983サンシャインボーイ1974
デーメテール1974
クロス ありません
馬体コメントロゴ
 胴が詰った腰高体型。腹袋もあってずんぐりとした形に見える。トモ(後肢)が大きく、胸前もよく発達していて、馬体重以上に重量感がある。蹄は立ち気味で、繋は寝ているので、時計が掛る平坦コースが理想。距離はマイルくらいまではこなせそう。現状トモ(後肢)が流れる面もあるので、歩様に踏ん張りが出てくれば、もう一段上のスピードも出せそう。
レースコメントロゴ
 ポコッとしたスタートだったが、直ぐに行き脚は付いた。それでも深追いはせず道中は中団の後ろ。直線では大外から一気に追い込んで差し切った。どちらかというとピッチ走法。後肢の引き戻しが早く、キビキビとした反復運動が出来ている。体型的には仕方がないが、もう少し体全体を使えるようになれば、距離が延びても対応可能。
ブラウンマシーン-新馬戦パドック
ブラウンマシーン-新馬戦パドック
画像なし
画像はありません
フジキセキ
フジキセキ

血統コメントロゴ
 父のタイキファイヤーは1197年生まれのミスワキ産駒。現役時は美浦の藤沢和雄厩舎に所属し2勝を挙げた。種牡馬として産駒は地方競馬での優勝はあったものの、中央競馬では今回が初めて。その父ミスワキは新馬戦での好走が多い種牡馬の1つ。

 母のブラウンキセキは2003年生まれのフジキセキ産駒。半兄には地方交流重賞で活躍したブラウンシャトレー(父ナグルスキー)がいる血統。新馬戦をレコードで優勝したブラウンワイルドもいる。繁殖牝馬としてブラウンマシーンが初年度産駒。09年度産駒は父がタイムパラドックスの牝馬。


※写真の無断転載を禁じます


JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら



©2008 JRDB

【血統&馬体講座】フレンドミー-新馬戦

今回のレースロゴ
2010年08月28日(土)
 新潟05R 芝1600 2歳新馬 1着


プロフィールロゴ
牝2 フレンドミー
父 タニノギムレット
母 パンピータ
母父 アファームド
出産時の母の年齢 12歳
毛 色 鹿毛
馬体重 438K
厩 舎 武 市(美浦)
馬 主 横尾 晴人氏
生産者 飛野牧場
生産地 新ひだか

ロベルト系

タニノギムレット

鹿毛  1999
ブライアンズタイム
黒鹿  1985
Roberto1969Hail to Reason1958
Bramalea1959
Kelley's Day1977Graustark1963
Golden Trail1958
タニノクリスタル
栗毛  1988
Crystal Palace1974Caro1967
Hermieres1958
タニノシーバード1972Sea-Bird1962
Flaxen1968
ネイティヴダンサー系

パンピータ

   1996
アファームド
栗毛  1975
Exclusive Native1965Raise a Native1961
Exclusive1953
Won't Tell You1962Crafty Admiral1948
Scarlet Ribbon1957
Style n'Elegance
   1990
Alysheba1984Alydar1975
Bel Sheba1970
Talking Picture1971Speak John1958
Poster Girl1960
クロス Raise a Native 3x4 War Admiral 5x5
馬体コメントロゴ
 背丈が低く小柄な部類。骨量はある方だが全体的に仕上げに余裕があり、まだまだ途上の印象だった。ただ、タニノギムレット産駒らしく繋の弾力性は一つの見所。繋の長さもあって広いコースで最大限持ち味が活きる構造にはなっている。蹄は立ち気味なので、時計の掛かる馬場やパワーを要求されるような状況は向くだろう。もっとトモ(後肢)に筋肉が付いていいし、飛節のブレも目立つ現状だが、この辺がもっとしっかりしてくれば。
レースコメントロゴ
 好スタートから前3頭の外。控えて3番手を追走。4コーナーで早くも先頭に並んで行き直線の追い比べへ。楽な手応えのまま逃げ馬に並び、そこからもしっかり伸びて抜け出した。かなりの大跳びで前脚も良く伸びている。直線では内のスノードラゴンが外に寄れて来たが、余力十分だったので怯むこともなかった。
フレンドミー-新馬戦パドック
フレンドミー-新馬戦パドック
タニノギムレット
タニノギムレット
画像なし
画像はありません

血統コメントロゴ
 父のタニノギムレットは1999年生まれのブライアンズタイム産駒。近親も重賞戦で活躍しておりタニノスイセイは朝日CC、北九州記念を優勝している。09年度産駒はこれまで3勝を挙げており、ジョーアカリン、マイネルギブソンが新馬戦を優勝している。

 母のパンピータは1996年生まれのAffirmedの産駒。米国産の繁殖牝馬でこれまで7頭の産駒が本国でデビューしている。今回が産駒初勝利。母父Affirmed産駒にはナリタトップロードやメイショウドトウ、アーバニティなど重賞を優勝している。


※写真の無断転載を禁じます


JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら



©2008 JRDB

【血統&馬体講座】オウケンウッド-新馬戦

今回のレースロゴ
2010年08月29日(日)
 小倉04R 芝1200 2歳新馬 1着


プロフィールロゴ
牡2 オウケンウッド
父 アドマイヤコジーン
母 リーフィーウッド
母父 ホワイトマズル
出産時の母の年齢 6歳
毛 色 芦毛
馬体重 438K
厩 舎 小 崎(栗東)
馬 主 福井 明氏
生産者 社台ファーム
生産地 千歳

カロ系

アドマイヤコジーン

芦毛  1996
コジーン
芦毛  1980
Caro1967Fortino1959
Chambord1955
Ride the Trails1971Prince John1953
Wildwook1965
アドマイヤマカディ
栗毛  1991
Northern Taste1971Northern Dancer1961
Lady Victoria1962
Mrs.Mcardy1974Tribal Chief1967
Hanina1965
リファール系

リーフィーウッド

黒鹿  2002
ホワイトマズル
鹿毛  1990
Dancing Brave1983Lyphard1969
Navajo Princess1974
Fair of the Furze1982Ela-Mana-Mou1976
Autocratic1974
ラスリングカプス
   1993
Woodman1983Mr.Prospector1970
Playmate1975
Fieldy1983Northfields1968
Gramy1971
クロス Northern Dancer 4x5x5
馬体コメントロゴ
 トモ(後肢)より、前躯が勝った身体つき。腹袋が大きく、胴が詰まり加減に映るが、手脚、繋の長さもほどよくあるだけに、成長と共に伸びてきそう。蹄の大きさは標準的だが、蹄底が厚く、高速馬場に課題が残る。荒れ馬場や、時計の掛かる馬場が向いている。距離適性は1200〜1400m。
レースコメントロゴ
 まずまずのスタートを切り、楽に2番手を追走。前半は少しフワフワする面も見せていたが、すぐに集中した走りに変わり、4角で前に取り付く。エンジンの掛かりが少し遅かったが、じわじわと脚を使い、直線で2着シンボリストームの追い込みを封じた。
オウケンウッド-新馬戦パドック
オウケンウッド-新馬戦パドック
アドマイヤコジーン
アドマイヤコジーン
ホワイトマズル
ホワイトマズル



アドマイヤコジーン-脚
アドマイヤコジーン-脚
ホワイトマズル-脚
ホワイトマズル-脚
オウケンウッド-脚
オウケンウッド-脚
血統コメントロゴ
 父のアドマイヤコジーンは1996年生まれのCozzene産駒。08年度産駒はドリームバロンが函館の新馬戦を優勝している。中央重賞勝ち馬はアストンマーチャン1頭だが、メトロノースは地方交流重賞を制している。産駒は芝の短距離戦を中心に活躍。

 母のリーフィーウッドは2002年生まれのホワイトマズル産駒。半妹にスプリンターズSを制したアストンマーチャンがいる血統。現役時は栗東の西園正都厩舎に所属し1勝を挙げた。繁殖牝馬としてオウケンウッドが初年度の産駒。09年度産駒は父がフサイチコンコルドの牡馬。


※写真の無断転載を禁じます

JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら



©2008 JRDB

2010年08月30日

【競馬稼業はつらいよ】〜競馬はお金の成る木!?

週末のお天気は「晴れ」予報。となると競馬はお金の成る木?いやはや、人間の欲&思い込みとは恐ろしいもので、直ぐさま、競馬はその気にさせます。果たして、今週の馬券成果は…。

小倉競馬場に着けば、早くもヤハギさんと広島のお父さん、フルカワ君が、開門ダッシュに備えて最前列に陣取っておられます。当然、定番の席をゲット。お3人様に、感謝!

ブログの読者様に置かれては、何故に、早朝から、いい親父が開門に並び席取りをしているのか、不思議がっておられる方もおられるでしょう。私なりに、説明すれば、競馬が好きだってこともあるでしょうが、彼等、開門に並んで下さる皆様(関西圏を含め)の共通点は、馬券がとびっきり巧いということです。そう、「馬券で勝つ=競馬が好き」だから、早起きも苦にならない、と云うことでしょう。特に、広島のお父さんなど、70歳を過ぎても木曜日辺りからソワソワしだし、金曜日になると、ワクワクドキドキし、夜も眠れないほど、楽しくなると。いやはや、「勝つ競馬」さえ覚えれば、年齢に関係無く、競馬は楽しめます。

そんなこんなで、小倉の会員様は「馬券祭り」が続き、ウハウハ状態。ハイ、私めも少々のお恵みを頂き、くっくっ状態。そう、笑いが止まりません。

そんな中、一人蚊帳の外状態になっているフルカワ君が、「僕は今日のレースで的中したのは、1レースだけです。」とションボリつぶやく。えっ、そんな馬鹿な、今日のレースで的中が1レースだけとは…。と云うことは、難易度の高い、3連単ばかりを購入しているのだろう、と。ま、それはそれで仕方が無いかもしれないな、と…。それにしても、1レースしか的中させられないとは酷い話だと念の為に、フルカワ君に購入馬券の券種を尋ねると、あっと驚く為五郎!(臭)なんと、「馬連やワイド馬券です」とのこと。で、その結果が?それ以上に、的中したいが為にワイドの5点流しをしてもハズレると。そ、そんなアホな、ワイド5点なんて外す方が難しいのに…。

もともと彼は会員でもなく、会員様に連れられて来られた方で、競馬歴も浅く、情報源も競馬専門紙&スポーツ新聞を頼りに、「赤信号、皆で渡れば怖くない」方式の思考回路で馬券を購入しており、我々とはデーター&情報が異なり、結果は…。ま、これだけは手助けの仕様がありません。

で、彼に、少なくとも明日は1日だけでも、馬券参加はせず。パドック&返し馬、レースをジックリ見ていなさい、とアドバイス。ともかくギャンブルは1度、負のスパイラル陥ると軌道修正した積もりでも、なかなか立ち直れないのが世間の相場。で久々に「馬券禁止令」を発動。そう、なんといっても会員様のお友達だけに、お節介焼きと云われようと負けてばかりの好青年を見過ごすことは相成りません、から。


13R 居酒屋→ラウンジ

 今年の定番、安くて美味しい居酒屋で、はいからやの若社長、元刑事さん、サウナの社長に可愛い子ちゃんのメンバーで腹一杯飲み食い。そして、2次会もこのメンバーの定番となったラウンジで、遅くまでワイワイヤイヤイと盛り上がる。やはり馬券は勝たなければ美味しいお酒は飲めません。


日曜日

そのフルカワ君、ヤハギさん、広島のお父さんが、毎度の開門ダッシュで定番の席をゲット。毎度のことながら感謝の気持ちで一杯です。


小倉4R新馬戦 芝1200m

◎9番ガルネリ:すっきり仕上がる。初戦向き。相手に恵まれ。少し煩い。
○10番オウケンウッド:少し重め残るも先行できそう。返し馬は少し頭高い。
▲4番シンボリストーム:ほぼ仕上がる。上位争い。返し馬は    少し脚捌き硬い。
注1番デンコウヨットイデ:少し重め残るも距離向く。返し馬は軽め。
△2番シゲルリジ:踏み込み少し緩いがすっきり仕上がる。返し馬は少し煩い。
☆12番シゲルヒラトリ:少し重め残るも複勝圏内なら。返し馬は少し頭高い。

結果、☆12番がハナを切り、○9番は楽な手応えで2番手追走し、直線入り口で先頭に踊り出て完勝。◎9番は中団から追走し、四角で先行集団に取り付くも、外にヨレるロスも直線は▲4番と併せ状態となり、良い脚を使うも競り負けて3着まで。その◎9番の単勝が35倍前後だっただけに、責めて2着はキープして欲しかったが…。(涙)


ヤハギさん、広島のお父さんは、今日も朝イチから絶好のスタートを切り、フトコロはウハウハ状態。その広島のお父さんなどは、完璧(3連複・複勝)に当たり過ぎて、なんのスリルも無いケン、ここら辺りで勝ち逃げするケンと早々に店仕舞い。また、午後から参戦のタカビッチさんは、荒れると見れば、ピンポイントの複勝コロがし馬券、ここは手堅いとなれば3連単勝負と変化自在の馬券戦術で見事連チャンしフトコロにガッポガッポと諭吉様が…。それを隣で見、肌で感じたフルカワ君が、ちょっぴり悔し顔で「当分の間、馬券を見(ケン)し、パドックと返し馬の勉強をします」と。ま、ここまで皆様の的中馬券をまざまざと目の前で見せ付けられると、素直にならなければと、思って当然でしょう。ま、悔しい思いをするのは2・3月ほどです。とにもかくもチャレンンジし頑張って下さい。←(ただ、生でパドック&返し馬を見られるのは残り1週間しかありませんが、次開催まではTVモニターだけでもいいですから、パドックをシッカリ観ていて下さい)

最後になりましたが、九州幹事長のタカビッチさんが、この10月から、新潟に転勤されることになり、当分の間、小倉の皆様とお別れとなりました。大分勤務時代からから、小倉に転勤となり、長い間、会員様間の橋渡し、呑み会の会場、競馬談義にと色々お世話になり、尚、勉強もさせて頂き、感謝しております。お別れは寂しいですが、新潟にも競馬場あり、これからは関東スタッフとこれまで以上のお付き合いのほどをよろしくお願い致します。

尚、日曜日はタカビッチ幹事長のお別れ会を催したいと思います。参加希望の皆様は、当日でよろしいですから、参加の是非よろしくお願いいたします。参加費は実費とさせていただきます。

ではでは パドックでお逢いしましょう。グッドラック!
JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら



©2008 JRDB

【新馬戦予想】日曜日分の回顧

前回の回顧ロゴ
小倉4R
10102604jrdv1
前日推奨レース。本命の10.オウケンウッド。データも問題なく直前情報だけ。オッズ◎パドック○の評価で問題なさそう。気になったのはパドック◎の9.ガルネリ。データ的には追切指数2番手で仕上指数もやや高め。直前人気も8番人気ならと追加することに。
10102604-110102604-2
レースは10.オウケンウッドが危なげない勝利。2着には4.シンボリストーム、3着には9.ガルネリが入り的中。直前情報をうまく活かせた例でしょう。

新潟5R
04103605jrdv1
前日段階で難しいと感じたレース。9.セイシュンノヒビがとりあえず良さそうという程度。直前も1番人気ですし、無理せず見送ることに。

レースは直線鋭く追い込んできた13.ブラウンマシーンが優勝。2着は10.ハワイアンシュガー、3着は仕上指数2番手の5.シルバートップ。結果的には見送って正解でしたが、パドック◎の10.ハワイアンシュガーが2着に来ており、勝ったブラウンマシーンもパドック印があり、当たった方もいるかと思います。

札幌4R
01101604jrdv
4.プランスデトワールはPOGでも人気のあった1頭。父ディープインパクト×母スキーパラダイスの良血。パドック◎で3.8と高評価。ただ、2.コマンドパワーが放馬したり、3連単でもオッズが辛かったりと見送ることに。

レースはプランスデトワールが先頭集団から押し切り優勝。2着には仕上指数上位のマイネクイーン、3着には放馬したコマンドパワー

今週は小倉と新潟の2歳Sがあります。新馬戦をチェックするのも良さそうです。2010年度新馬成績

JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら

JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら



©2008 JRDB
記事検索
JRDB本家はコチラ
JRDBについて
JRDB資料
↑クリックして拡大
⇒JRDBについてもっと詳しく