2011年02月

2011年02月28日

【血統&馬体講座】サトノティアラ-新馬戦

今回のレースロゴ
2011年02月26日(土)
 阪神05R ダ1200 3歳新馬 1着


プロフィールロゴ
牝3 サトノティアラ
父 アグネスタキオン
母 スーア
母父 フェアリーキング
出産時の母の年齢 11歳
毛 色 鹿毛
馬体重 474K
厩 舎 長 浜(栗東)
馬 主 里見 治氏
生産者 社台ファーム
生産地 千歳

ヘイロー系

アグネスタキオン

栗毛  1998
サンデーサイレンス
青鹿  1986
Halo1969Hail to Reason1958
Cosmah1953
Wishing Well1975Understanding1963
Mountain Flower1964
アグネスフローラ
鹿毛  1987
Royal Ski1974Raja Baba1968
Coz o'Nijinsky1969
アグネスレディー1976Remand1965
イコマエイカン1967
ノーザンダンサー系

スーア

   1997
フェアリーキング
鹿毛  1982
Northern Dancer1961Nearctic1954
Natalma1957
Fairy Bridge1975Bold Reason1968
Special1969
ボールドスターレット
鹿毛  1987
Precocious1981Mummy's Pet1968
Mrs.Moss1969
Cadasi1980Persian Bold1975
Beau Darling1966
クロス Hail to Reason 4x5 Almahmoud 5x5
馬体コメントロゴ
 前後躯のバランスが良く、背中が短めで腹袋もシッカリ。手脚、繋の長さは標準的。トモ(後肢)の踏み込みも良い。ただ、角度(遊び)が若干、窮屈なだけに、距離延びてどうか。蹄の大きさは標準的だが、蹄底は少し厚め。距離はダート1200m〜1600m。馬場状態は良馬場がベスト。
レースコメントロゴ
 好発を決め、馬群の外から押して先団につける。道中はしっかり折り合い、集中して走れていた。直線を向いてからのスパートすると、若干、前捌きがぎこちなくなったが、他馬とは勢いが違った。
サトノティアラ-新馬戦パドック
サトノティアラ-新馬戦パドック
アグネスタキオン
アグネスタキオン
フェアリーキング-シルエット
フェアリーキング-シルエット



アグネスタキオン-脚
アグネスタキオン-脚
フェアリーキング-脚
フェアリーキング-脚
サトノティアラ-脚
サトノティアラ-脚
血統コメントロゴ
 父アグネスタキオン×母スーア(母父Fairy King)の血統構成。5代までにHail to Reason Almahmoudのクロスを持つ。母の産駒には桜花賞で3着のソーマジック(父シンボリクリスエス)や中央で4勝、地方で7勝を挙げたゴールドマイン(父ダンスインザダーク)がいる。また、産駒の勝ち上がり率も高い。昨年度産駒のサトノジューオーも勝ち挙がっている。

※写真の無断転載を禁じます


JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら



  • コメント( 0 )
©2008 JRDB

【血統&馬体講座】エチゴイチエ-新馬戦

今回のレースロゴ
2011年02月26日(土)
 中山06R 芝2000 3歳新馬 1着


プロフィールロゴ
牡3 エチゴイチエ
父 ネオユニヴァース
母 ダンスフォーママ
母父 エリシオ
出産時の母の年齢 8歳
毛 色 鹿毛
馬体重 468K
厩 舎 手 塚(美浦)
馬 主 齊藤 四方司氏
生産者 社台ファーム
生産地 千歳

ヘイロー系

ネオユニヴァース

鹿毛  2000
サンデーサイレンス
青鹿  1986
Halo1969Hail to Reason1958
Cosmah1953
Wishing Well1975Understanding1963
Mountain Flower1964
ポインテッドパス
栗毛  1984
Kris1976Sharpen Up1969
Doubly Sure1971
Silken Way1973Shantung1956
Boulevard1968
ノーザンダンサー系

ダンスフォーママ

鹿毛  2000
エリシオ
鹿毛  1993
Fairy King1982Northern Dancer1961
Fairy Bridge1975
Helice1988Slewpy1980
Hirondelle1981
ビューパーダンス
黒鹿  1983
Lyphard1969Northern Dancer1961
Goofed1960
My Bupers1967Bupers1961
Princess Revoked1959
クロス Northern Dancer 4x4
馬体コメントロゴ
 馬体重自体は中型だが、骨量、筋肉量が豊富で、数字よりも大きく見せる。一見するとダート馬かと見紛うような馬体。トモ(後肢)が大きく、胸前の肉付きも良い。柔軟性があって、飛節の伸びも良いので、芝もこなせる形ではある。血統的なものか、腹袋が大きめで、若干余裕はあったが、デビュー戦としては十分な仕上がりか。馬体の造りがゆったりしていて、繋も長め。あまり腰の位置が高くないので、距離は2000m以上が良さそう。芝ダート兼用で、荒れ馬場も大丈夫なタイプ。
レースコメントロゴ
 スタート直後に内へヨレたが許容範囲。スタンド前では好位に付けるが、2コーナー〜向正面の辺りでは、顎を上げて難しい面を出している。鞍上も左手綱を強めに引いた状態。そこで徐々に馬群の外へ出していく。後半は折合が付いてスムーズな追走。4コーナーで外から一気に進出し、直線でも弾けてあっさり抜け出し、坂上ではセーフティリード。あとは流すだけだった。直線でもまだモタれたり、難しい面を出している様子はあり、気性面に課題は残るが、大跳びで蹴りがかなり強い。制御さえ効けば、今後も期待できる。
エチゴイチエ-新馬戦パドック
エチゴイチエ-新馬戦パドック
ネオユニヴァース
ネオユニヴァース
エリシオ-シルエット
エリシオ-シルエット

血統コメントロゴ
 父ネオユニヴァース×母ダンスフォーママ(母父エリシオ)の血統構成。5代までに牝系内でNorthern Dancerのクロスをもつ。近親にはハーツクライを輩出したアイリッシュダンスや、昨年の阪神JFで3着に好走したライステラスがいる。母は現役時に6勝。地方競馬ではダート戦で4勝を挙げていたが、中央競馬では芝のレースを2勝している。10年度産駒は父がデュランダルの牝馬。

※写真の無断転載を禁じます


JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら



  • コメント( 0 )
©2008 JRDB

【血統&馬体講座】ロイヤルパープル-新馬戦

今回のレースロゴ
2011年02月26日(土)
 中山03R ダ1800 3歳新馬 1着


プロフィールロゴ
牡3 ロイヤルパープル
父 マーベラスサンデー
母 ラベンダーベール
母父 マルゼンスキー
出産時の母の年齢 15歳
毛 色 鹿毛
馬体重 530K
厩 舎 国 枝(美浦)
馬 主 広尾レース
生産者 藤沢牧場
生産地 新ひだか

ヘイロー系

マーベラスサンデー

栃栗  1992
サンデーサイレンス
青鹿  1986
Halo1969Hail to Reason1958
Cosmah1953
Wishing Well1975Understanding1963
Mountain Flower1964
モミジダンサー
栗毛  1980
Viceregal1966Northern Dancer1961
Victoria Regina1958
Momigi1972Laugh Aloud1961
Hold Me Close1963
ニジンスキー系

ラベンダーベール

   1993
マルゼンスキー
鹿毛  1974
Nijinsky1967Northern Dancer1961
Flaming Page1959
Shill1970Buckpasser1963
Quill1956
カイムラサキ
黒鹿  1980
Sun Prince1969Princely Gift1951
Costa Sola1963
ミスオーハヤブサ1973Partholon1960
ワールドハヤブサ1967
クロス Northern Dancer 4x4 Tom Fool 5x5
馬体コメントロゴ
 かなり大型馬が揃ったメンバーだったが、その中でも530kgの最大馬体重だった一頭。マーベラスサンデーの産駒なので、骨量は標準的だが、上体の筋肉量は十分。腹袋が大きく、トモ(後肢)も大きく幅がある。かなり重厚感のある造り。それでいて、動きにゴツゴツとした硬い所がなく、肩の出や飛節の折りも柔らかい。これだけの大型馬でもしっかり仕上げてこれていた。脚が長めで、背中の長さも普通程度。1800m以上でパワーの要る条件が向いている。
レースコメントロゴ
 スタートは良かったが、押して出しては行かず、道中は中団の内を追走する。3コーナーでも動かずに、4コーナー出口付近で前の馬群がバラけてから外へ持ち出す。直線でも渋太く伸びて差し切った。かなり首を深く下げた体勢で走る。大跳びで柔軟な走り。道中動かなかったが、かなり手応えには余裕があってのもので、追走スピードで劣っていたわけではない。砂を被っても問題なく、この内容なら上のクラスでもそれなりに戦えるはず。距離はもっと延びても良い。
ロイヤルパープル-新馬戦パドック
ロイヤルパープル-新馬戦パドック
マーベラスサンデー-シルエット
マーベラスサンデー-シルエット
マルゼンスキー-シルエット
マルゼンスキー-シルエット

血統コメントロゴ
 父マーベラスサンデー×母ラベンダーガール(母父マルゼンスキー)の血統構成。5代までにNorthern Dancer、Tom Foolのクロスをもつ。近親には重賞5賞のダイワテキサスがいる。母の産駒は主に地方競馬で活躍している産駒が多く、07年度産駒のバランスシートは地方で3勝を挙げている。また、産駒も繁殖入りしており、父フサイチリシャールの産駒や、ジャングルポケット産駒を輩出している。

※写真の無断転載を禁じます


JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら



  • コメント( 0 )
©2008 JRDB

【競馬稼業はつらいよ】待望の季節がソコまで…。

土曜日:阪神パドックは見づらいのが売り物?だが、この開催は、年末の暗いパドックと比較すると天と地ほど明るさが違います。ただ、眩し過ぎて逆に、眼が慣れるまで時間を要します。また、寒かった京都パドックと違い、ドーム状のお陰で、温室で作業しているかのような暖かさで、居心地は最高です。だからと云って、パドック情報の成果が上がるとは決まっていません。そう、未だ、「馬見稼業」は成長途上と云った感で、日々精進あるのみです。

阪神

5R新馬戦 ダート1200m

◎13番タツフラッシュ:ほぼ仕上がる。踏み込みしっかり。相手に恵まれ。返し馬は少し後肢の蹴りが弱い。
○7番アルモドヴァール:すっきり仕上がる。距離向く。返し馬は少し脚捌き硬い。
▲15番サトノティアラ:踏み込み少し緩いが仕上げ上々。返し馬は少し煩い。
注8番リアリーサムシング:少し重め残るも距離向く。返し馬は少し煩い。
☆12番トーアシシイ:重め残るも複勝圏内なら。返し馬は少し頭高い。

結果、▲15番は五分にスタートを切り、好位3番手の外から追走。直線に入り、先頭に立ち、そのままゴールまで突き抜ける。*1番は好スタートを切るも抑えて、好位後方の内から追走し、直線最内から抜け出し2着キープ。◎13番は好位の外から追走し、向こう正面では2番手まで進出し、直線入り口ではゴール前で、息切れし3着まで。

阪神6R 新馬戦 芝2000m

◎10番ウインラグセイル:ほぼ仕上がる。相手に恵まれ。返し馬は軽めなのは騎手の特徴。
○6番パッションダンス:飛節ブレるも仕上げまずまず。返し馬は少し煩い。
▲16番ストリートマジック:脚捌き少し硬いが連なら。返し馬は少し煩い。
注5番ラシアンウッズ:すっきり仕上がる。連なら。返し馬は少し煩い。
△14番オペラヒメ:少し重め残るもデキ良し。返し馬は軽目に終始。
☆7番アドマイヤカヤージ:脚捌き少し硬いが複勝圏内なら。返し馬は後肢の蹴りが弱い。
結果、スタートは普通に出で行く気を見せるも抑えて3番手の外から追走。向こう正面で外から被されるも、動ぜず、四角を外から捲り、直線半ばでムチを入れられると、即、反応し、切れの良い脚を使い完勝。*2番は出遅れ中団から追走し、直線、馬群を捌いて2着まで押し上げる。*3番は好位を追走していたが、道中、置かれ気味になるも、直線は馬群を割って抜け出しに掛かるも3着まで。    

13R 土曜日は、ゼロワン九州のレスラー、アイアイさんこと山上康弘さんと、ゼロワンのプロレスラー、崔(さい)領二さんが競馬参戦。

ゼロワンきっての競馬好きという崔さんが、アーリントンC、阪神最終レースの単勝馬券を連チャンで見事にゲット。

打ち上げを崔さんが経営する、阪急淡路駅前商店街の居酒屋「那智の滝」にて、競馬&プロレス談義で盛り上がりました。
山上選手・崔選手と火祭り刀


 なお、3月6日(日)に両国国技館にて、ゼロワン10周年記念大会プロレスが行われます。崔さんは、セミファイナルマッチで、世界ヘビー級タイトルに挑戦します。ご声援のほど、よろしくお願いします。
プロレスリング ゼロワン: PRO-WRESTLING ZERO1official site


日曜日

阪神パドックは初夏をも思わせるほど、暖かさを通りこし、体中から汗が滲み出るような暑さ。ま、冬仕度の服装のせいもあるが、日陰を選んで作業をする始末。2月の末で、この暑さなら、この春はどれくらい気温が上がることやら…。ま、馬見的には、早く暖かくなるに越したことは無く、それ以上に、待ち望んでいるのは確か。

ただ、今年の花粉情報では例年の何倍も多いとか、その花粉情報通り、この私めもご多分に漏れず他のスタッフ同様、その花粉症の被害に…。いやいや、喘息持ちに、花粉症を背負い込むと、その、鼻水は当然とし、ソレ以上に、熱の入った会話になると、馬のノド鳴りではありませんが、息継ぎする度に、ヒーヒー状態。近頃になって、始めて花粉症で悩んでいる方のお気持ちが分かってきました。そう、病気の症状の痛みなどは、自身が患って、始めて大変さを感じるものなんですね。いやはや、今更ながら…。(涙)

阪神5R新馬戦 芝1800m

◎9番ペルレンケッテ:ほぼ仕上がる。腹袋しっかり。相手に恵まれ。返し馬は本場馬場入場嫌がり煩い。ただ、走りだすとフットワークはマズマズ。
○12番ハブルバブル:飛節ブレるも仕上げまずまず。返し馬は抑えて軽め。
▲10番シシリアンブリーズ:踏み込み少し緩いが仕上げまずまず。返し馬は折り合いつき、なおかつ元気良く走る。
注3番タマモシャーベット:少し重め残るも連なら。返し馬は    煩い。
△5番エアガガ:飛越ブレるも仕上げまずまず。返し馬は少し後肢の蹴りが弱い。

結果、▲10番は向こう正面からハナに立ち、直線半ばまで踏ん張るも、勝ち馬○12番にアッサリ交され、2着まで。◎9番は好位の3番手から追走し、直線の手応えも良かったが、直線の坂に掛かると伸び脚が鈍り、3着まで。

阪神11R 芝1400m 阪急杯(G3)

◎2番ガルボ:アテにし辛い面あるもきっちり仕上がる。返し馬、軽めなのは騎手の特徴。
○12番スプリングソング:アテにし辛い面あるもびっしり仕上がる。返し馬は煩い面見せるもフットワーク良くスムーズにできる。
▲15番サンカルロ:良い意味での平行線。連なら。返し馬は先入れ、軽目に終始。
注4番フラガラッハ:デキ上向く。連なら。返し馬は少し後肢の蹴りが弱い。
△10番サワノパンサー:この馬なりに順調。注意必要。返し馬は少し煩い。
☆6番ビービーガルダン:距離微妙も仕上げ良し。ハミ強化。返し馬は少し煩い。
☆7番ワンカラット:少しお釣りある仕上げ。複勝圏内なら。返し馬は少し頭高い。

結果、◎2番は五分にスタートを切り、好位後方の打ち方追走。直線、前が壁になり、仕掛けが若干、遅れたが中を割って抜け出してくる。も2着まで。その外から▲15番が力強く抜け出し完勝。注4番は出遅れたが、直線、凄い脚を使い3着入線。

13R例の喫茶店→梅田の居酒屋

いしいさん(開門ダッシュありがとうございました)、タナカさん、スポーツNの黄金ルーキーOさん、会社の同僚Tさん、某相撲部屋の行司さん、ニイムラさんとでワイワイヤイヤイ。太っ腹の黄金ルーキーさん、ご馳走さまでした。

2次会は梅田に戻り、ニイムラさんの着物美人の奥様も合流して、居酒屋でまたもやワイワイヤイヤイ。そこでも太っ腹の黄金ルーキーのOさんの奢り。いやはや、持つべきものはお金持ちのお友達ですね。(笑い)

ではでは パドックでお逢いしましょう。グッドラック!
JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら



  • コメント( 0 )
©2008 JRDB

2011年02月27日

【調教より】阪急杯


阪急杯



ガルボ   JRDV過去走

単走。直線最後まで持ったまま、最後も軽く鞍上の手が動く程度。しかしスピードに乗って結構ビッシリやった。

前脚の掻き込みが良く、後肢のバネもなかなか。コーナー時点でかなり前脚が伸びている。直線も四肢にしなりがある。

手先のブラブラする所がかなり減って、スナップがスピードにキチンと転換されてる。悪くない。

首使いとも連動してリズミカルで良い動き。B+、○




ケイアイデイジー   JRDV過去走

併せ馬の左側。シャドーロール。特に後半追う所なく、相手がダレて仕方なくジリジリ先着したと言った格好。

前脚内掻きしてて膝下があまり伸びない。地面の掴み方が悪くて掻きが小さく見える。

後ろ脚が速く処理できる分姿勢保持はいいが、動きに迫力がない。首もほとんど動かない。B−




コスモセンサー   JRDV過去走

単走。坂の半ば辺りからもう追っ付けていて、最後はやや脚が上がって垂れ気味。

まず前脚の着地が揃ってしまう。首でフォローしているがバテているのが見え見え。

ある程度運動神経でカバーは出来ているが、最後もう一押しするような全体の動きの余白は感じられない。

基礎スピードがどこまで通用するかだけの馬に思える。B




コパノオーシャンズ   JRDV過去走

単走。前脚内掻き気味。前脚にほとんど力が篭らず、接地時間が短い。

前肢に体重が乗らないまま次の動作が始まっていて、前脚はほぼ着地させるだけになっている。

動きの連続性がなく、完歩もぶつ切り。C




サワノパンサー   JRDV過去走

3頭併せの最内。直線入った時点でもうかなり優勢で、ちょっと最後は中途半端に追う格好だけ見せて実質流していた。

前半に結構強めから入って後半ダレたラップのようだが、後肢が深く戻せていて今から蹴る準備が十分できている。

力を出し切り勢いの落ちている場面のはずなのに、前脚がピシッと遠くへ伸びて2頭辺3角形のバランスを正確に維持できている。

バテても走りのブレが全くないためにほとんどスピードが落ちない。非常にいい材料を持っている。基礎自体も高そう。B+、○




サワヤカラスカル   JRDV過去走

単走。前脚内掻き。膝の出がとにかく硬い。馬は確り脚を回しているつもりだろうが、省略が多くて力を込める隙がない。

脚が速くてもスナップに力がなく懐が浅い。そのため完歩の分しかワンストロークで距離を稼げず、推進力不足で渋い走りになる。

自力加速がないので展開恩恵がないと厳しそう。B−




サンカルロ   JRDV過去走

併せ馬の外側。前脚がに股。持ったまま相手より外を回って、最後まで追う所なく先着。

まず前膝があまり出ない。以前からの走りの癖ではあるが、コーナー脱出時に体を立てるまでが遅いし、追うと若干顎が上がる体でもある。

そこまで前脚に力が篭っているというようでもない。後肢がパンとしてれば何とか後半には足りるかと言う程度。B




ショウナンカザン   JRDV過去走

単走。コーナーをやや深めに回ったのに、直線追い出すと一瞬馬場の真ん中にヨレていた。

ただ、肩の出が随分広くなって掻き込みに力強さが確かに出てきている。

単に足を上に振り上げるだけではなく、首を使って重心フォローが出来ているので前脚の引っ掻きも空振りせずしっかり地面を掴む。

後肢の戻しも正確。背中が緊張してて連携もいい。久々にこの馬らしい豪快なフォームが戻ってきたようだ。B+↑、○




スプリングソング   JRDV過去走

単走。周りが結構渋滞しているためか満足に追う気がなく、鞭を抜いても全く使わなかった。

相変わらず前脚の掻きが硬く、レベルの高い短距離馬らしい迫力を感じない。硬さと効率の連続性だけ。

取り立ててここに来て何か変わった風でもなく。B−




ゼットフラッシュ   JRDV過去走

単走。前脚若干がに股。前脚で掻く力がなくて脚捌きがペタペタしている。

脚は回っててもここまでスナップがないとスピードの乗りが弱そう。C




テイエムカゲムシャ   JRDV過去走






トシギャングスター   JRDV過去走

併せ馬の左側。ブリンカー装着。お互い大した勢いもないまま、体勢ピッタリの併入。

首使いに幅がなく前脚も突っ張り加減。前脚が開いているので前肢で溜めを作れないのが困る。C




ビービーガルダン   JRDV過去走

単走。前脚振り出すストライドで腰高体型。胸の位置が随分低く見えて極端な腰高の角度。

あまり後ろ脚が戻し切れてないか、腰がかなり甘い。腰周辺がグラついて後肢の働きを打ち消している。

前に重心を投げ出す動きだけは出来るが、あまり溜めを作るフォームになっておらず、走りが単調そうだ。B−




フラガラッハ   JRDV過去走

併せ馬の左側。併走馬と途中までビッタリ併せていて、後半確り追われて突き離す形。

角度の問題なのか全体姿勢が斜めに見えるが…。地面を掴む力はしっかりしている。首使いの幅がないが、首を倒す角度は良い。

馬力を十分生かせる体格であり、かつ四肢のロスがそれほど見られない。良く集中している。今回も褒めたい。B+、○




マイネルレーニア   JRDV過去走

単走。前脚内掻き。地面が悪いとは言え、前脚にバラけがあってフォームに緊張感はまだ篭らない。

ある程度バランスは見れるレベルになって来たので、もう少し楽に手先を捌けるようになるといいのだが…。C




ワンカラット   JRDV過去走

併せ馬の内側。追い出す手前から頭が高いが、これは前から。前脚振り出すピッチ走法。背中より首が長く見える。

緊張しすぎなのか脚捌きが非常に堅い。昨年にもあった傾向。これでそこそこ走れている時期もあったが、個人的には好みでない。

上体が上ずり、腰にも落ち着きがなく、歩幅も狭いので、完歩分の押し引きだけしか進んでない。

正直そこまで良くもないだろう。B−




JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら



  • コメント( 0 )
©2008 JRDB
JRDB本家はコチラ
JRDB競馬アラカルト|note
 
記事検索
JRDBについて
JRDB資料
↑クリックして拡大
⇒JRDBについてもっと詳しく
Archives