2011年03月

2011年03月29日

JRDVを使ってみる



JRDB開催別データ



FireFox4記念という事で開発をしてみましたが、1段階目の実装を終えました。
僕は普段GoogleのChromeがメインだけれども、FireFox4は大分それに近い感じになっています。
デフォルトで、タブを順次閉じていった時の動作が、Chromeよりも自分には合っていると思います。

で、肝心の新規データは→コチラから。

掲載データ

・勝ち馬レベル
・レースコメント
・レースの前半3F(1600m以上は1000m通過)タイム、後半3Fタイム
・同クラス内距離別、タイムランク

・父名
・走破タイム
・勝ち馬名
・2着馬との着差(秒)
・枠番・馬番
・芝コース記号(A〜D)

競馬場と開催選択
データが作成されている箇所は、太字で表示されています。
競馬場をクリックすると、1年分を一括で表示。
回の部分をクリックすると、該当の回時のみの表示。


BOXにマウスを乗せる
同クラス(新馬・未勝利は同じ扱い)・コースのBOXが強調表示されます。

距離のセルをクリック
選択したコースのみを表示します。

父名をクリック
選択した父馬の産駒のみを表示します。

開催日をクリック
1日分のレースコメントを表示します。
(日付の右のアルファベットは芝コース記号)

元の画面に戻るには
選択した画面内の何も無い所をクリックで、初期画面に戻ります。。
または、コースのセル・父名・レースコメントの表示枠内、それぞれをクリックで、1つ前の画面に戻ります。

例えば先週の阪神の芝コースは、真ん中のみが異常に伸びる馬場で、枠の傾向としても内枠が有利でした。
トライアルが3レース行われた1800m(外)は、勝ち馬全てが3枠の馬。
2回阪神1800m

3日間開催(最終日は稍重)を行なった次週で、しかも事前発表では転圧もしていなかった訳ですが、馬場はかなり偏っていましたね。
来週からはBコースに変わりますが、先週1番伸びていた箇所が最内近くになります。
現在は勝ち馬のレベルが表示されていませんが、毎週木曜日の夕方にデータは更新されます。
このレベル「A」の馬だけを狙う方法でも、有効な活用方法になるかと思われます。



JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら



©2008 JRDB

2011年03月28日

【血統&馬体講座】レッドデイヴィス-毎日杯

今回のレースロゴ
2011年03月27日(日)
 阪神12R 芝1800 毎日杯・G3 1着


プロフィールロゴ
セ3 レッドデイヴィス
父 アグネスタキオン
母 ディクシージャズ
母父 トニービン
出産時の母の年齢 9歳
毛 色 鹿毛
馬体重 478K
厩 舎 音 無(栗東)
馬 主 蠹豕ホースレーシング
生産者 ノーザンファーム
生産地 安平

ヘイロー系

アグネスタキオン

栗毛  1998
サンデーサイレンス
青鹿  1986
Halo1969Hail to Reason1958
Cosmah1953
Wishing Well1975Understanding1963
Mountain Flower1964
アグネスフローラ
鹿毛  1987
Royal Ski1974Raja Baba1968
Coz o'Nijinsky1969
アグネスレディー1976Remand1965
イコマエイカン1967
ゼダーン系

ディクシージャズ

   1999
トニービン
鹿毛  1983
Kampala1976Kalamoun1970
State Pension1967
Severn Bridge1965Hornbeam1953
Priddy Fair1956
ディキシースプラッシュ
鹿毛  1988
Dixieland Band1980Northern Dancer1961
Mississippi Mud1973
Ocean Jewel1983Alleged1974
Lady Offshore1977
クロス ありません
馬体コメントロゴ
 トモ(後肢)にまだ未完成の部分はあるが、前躯には幅と奥行きがある。また、背中が短く、腹袋もシッカリしている。今回は一息入り、腹回りは若干、余裕があったが、タフなコースだけに、パワーで対応できた。セン馬だけにクラシックに登録できないのが…もったいない。
レースコメントロゴ
 好スタートから馬なりで好位の3番手の内へ。道中は外からトーセンレーヴがマークしてくるが、折り合いを欠くことも無くレースを進める。4コーナー手前から後続が差を詰めてくるが、自身は動かず。直線へ向くと内回りとの合流時点で内からサンビームを交わし先頭。マークされていたトーセンレーヴ、後方から迫ってくるコティリオンを抑え優勝。無駄が無いレースぶり。
レッドデイヴィス-毎日杯パドック
レッドデイヴィス-毎日杯パドック
アグネスタキオン
アグネスタキオン
トニービン-シルエット
トニービン-シルエット



アグネスタキオン-脚
アグネスタキオン-脚
トニービン-脚
トニービン-脚
レッドデイヴィス-脚
レッドデイヴィス-脚
血統コメントロゴ
 父アグネスタキオン×母ディクシージャズ(母父トニービン)の血統構成。5代までにクロスは無くアウトブリードとなる。レッドデイヴィスは母の4番仔にあたる。08年度の父アグネスタキオン産駒はレーヴディソールの他、ノーザンリバーがが重賞を制している。毎年POGの期間で重賞を制している点も見逃せない。

※写真の無断転載を禁じます


JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら



©2008 JRDB

【血統&馬体講座】トレンドハンター-フラワーC

今回のレースロゴ
2011年03月26日(土)
 阪神12R 芝1800 フラワーC・G3 1着


プロフィールロゴ
牝3 トレンドハンター
父 マンハッタンカフェ
母 ロイヤルペルラ
母父 ブライアンズタイム
出産時の母の年齢 8歳
毛 色 青鹿
馬体重 472K
厩 舎 松田博(栗東)
馬 主 飯田 正剛氏
生産者 千代田牧場
生産地 新ひだか

ヘイロー系

マンハッタンカフェ

青鹿  1998
サンデーサイレンス
青鹿  1986
Halo1969Hail to Reason1958
Cosmah1953
Wishing Well1975Understanding1963
Mountain Flower1964
サトルチェンジ
黒鹿  1988
Law Society1982Alleged1974
Bold Bikini1969
Santa Luciana1973Luciano1964
Suleika1954
ロベルト系

ロイヤルペルラ

   2000
ブライアンズタイム
黒鹿  1985
Roberto1969Hail to Reason1958
Bramalea1959
Kelley's Day1977Graustark1963
Golden Trail1958
スターマイライフ
   1994
Storm Cat1983Storm Bird1978
Terlingua1976
Great Lady M.1975Icecapade1969
Sovereign Lady1969
クロス Hail to Reason 4x4
馬体コメントロゴ
 マンハッタンカフェ産駒らしく、胴長で手脚の長さも程よくあり、背中も短く、スピード&瞬発力を兼ね添えている。四肢の球関節が柔らかく本質的には芝向き。ただ、蹄は若干、厚めで左右のバランスが悪く、これから先どう出るか。馬体的には使う毎に良くなってきている。
レースコメントロゴ
 ゲートの出がひと息。行き脚がついていたが、前半は先に行きたい馬に譲り、後方を追走。道中は若干口を割るシーンも見られた。追い出しを開始すると、頭や上体が高い走りになり、ゴール前では何度も尻尾を振っていた。それでも、他馬とは勢いが違い、2着ハブルバブルに1馬身4分の1の差をつけて優勝。
トレンドハンター-フラワーCパドック
トレンドハンター-フラワーCパドック
マンハッタンカフェ
マンハッタンカフェ
ブライアンズタイム
ブライアンズタイム



マンハッタンカフェ-脚
マンハッタンカフェ-脚
ブライアンズタイム-脚
ブライアンズタイム-脚
トレンドハンター-脚
トレンドハンター-脚
血統コメントロゴ
 父マンハッタンカフェ×母ロイヤルカベラ(母父ブライアンズタイム)の血統構成。5代までにHail to Reasonのクロスを持つ。トレンドハンターは母の4番仔にあたる。近親にはビリーヴやストーンステッパーといった活躍馬も多い。09年度産駒は父がアグネスデジタルの牝馬。

※写真の無断転載を禁じます


JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら



©2008 JRDB

【血統&馬体講座】オルフェーヴル-スプリングS

今回のレースロゴ
2011年03月26日(土)
 阪神11R 芝1800 スプリングS・G2 1着


プロフィールロゴ
牡3 オルフェーヴル
父 ステイゴールド
母 オリエンタルアート
母父 メジロマックイーン
出産時の母の年齢 11歳
毛 色 栗毛
馬体重 444K
厩 舎 池江寿(栗東)
馬 主 襯汽鵐如璽譟璽轡鵐
生産者 社台コーポレーション白老ファーム
生産地 白老

ヘイロー系

ステイゴールド

黒鹿  1994
サンデーサイレンス
青鹿  1986
Halo1969Hail to Reason1958
Cosmah1953
Wishing Well1975Understanding1963
Mountain Flower1964
ゴールデンサッシュ
栗毛  1988
Dictus1967Sanctus1960
Doronic1960
ダイナサッシュ1979Northern Taste1971
Royal Sash1966
パーソロン系

オリエンタルアート

栗毛  1997
メジロマックイーン
芦毛  1987
メジロティターン1978メジロアサマ1966
Cheryl1971
メジロオーロラ1978Remand1965
メジロアイリス1964
エレクトロアート
栗毛  1986
Northern Taste1971Northern Dancer1961
Lady Victoria1962
Grandma Stevens1977Lt.Stevens1961
Dhow1968
クロス ノーザンテースト 4x3
馬体コメントロゴ
 ステイゴールド産駒らしく、450kg台の小柄で薄身の体型だが、仕上がり、毛艶とも良く見せる。本質的には京都コース向きなのだが、今開催の阪神コースはこの産駒の活躍が目立っている。特徴として、蹄の形が良く、四肢の球関節がシッカリしている点が挙げられる。また、この距離もベスト。
レースコメントロゴ
 スタートはあまり速くなく、後方からレースを進める。道中はしっかり折り合っていた。向正面から徐々に加速を開始し、馬群の外から一完歩ごとに脚を伸ばす。直線の半ばでは大きく内に切れ込んだが、ベルシャザールの追撃を4分の3馬身退け重賞を制した。
オルフェーヴル-スプリングSパドック
オルフェーヴル-スプリングSパドック
ステイゴールド
ステイゴールド
メジロマックイーン
メジロマックイーン



ステイゴールド-脚
ステイゴールド-脚
メジロマックイーン-脚
メジロマックイーン-脚
オルフェーヴル-脚
オルフェーヴル-脚
血統コメントロゴ
 父ステイゴールド×母オリエンタルアート(母父メジロマックイーン)の血統構成。5代までにノーザンテーストのクロスを持つ。オルフェーヴルは母の5番仔にあたる。08年度産駒のステイゴールド産駒は今回で重賞3勝目。09年度産駒は父がディープインパクトの牝馬。

※写真の無断転載を禁じます


JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら



©2008 JRDB

【競馬稼業はつらいよ】継続は力なり…。

TVで被災地のニュースを見る度に、私に何か出来ることは無いか、と自問自答し、コレならとアイデアは浮かんではくるのだが、直ぐに、それって1人では出来無いのではと断念。ならば、コレはどうか、と。色々とアイデアは浮かんでは消え消えては浮かんでくるのだが、イザそれらを実行しようとしても、またもや私自身だけの力ではと…自身の非力さを嘆き、最後は何もしていないことに気づく。

そう、現段階で何か出来ることと云ったら、募金くらいしか…。で競馬の帰りには僅かながらでも募金箱に…。その競馬場での募金活動だが、先週こそ、出走した騎手全員が、帰り道に整列し募金活動に協力していた。さすが、競馬ファンは馬券で負けて、フトコロは寂しいはずなのに、被災地の皆さんを少しでも支援しようと募金箱に手を差し延べるているのを見ると、競馬をやっていて良かったな、と感動すら覚える。また、それを手助けする騎手も立派だな、競馬に携わって良かったな、と胸を張れたもの。

ところが、今週末は何故か、JRAの女性職員だけで募金活動を行っている。う〜ん、先週末の騎手の活動って、何だったの?その場限りだけで終わってしまうのは、慈善では無く、偽善では…。そう、継続してこそ被災地の皆様に真心が届くのでは…それが真の慈善活動では…?ま、他の場所で支援をしている騎手も沢山いるだろうが、やはり、競馬ファンは、騎手とともに支援をしたいもの。

そう、これから先も、例え、2・3人の騎手であれ、そのJRAの女性職員の側に立ち、募金活動を続けて欲しいもの…。何事も継続は力なり!(涙)


阪神11R 芝1800m スプリングステークス(G2)

◎7番ベルシャザール:馬体しっかりしてくる。コース向く。返し馬はせず。
○14番リフトザウイングス:休み明けもほぼ仕上がる。距離向く。返し馬は少し後肢の蹴りが弱い。
▲17番リベルタス:良い意味での平行線。上位争い。返し馬は少し脚捌き硬い。
注11番グランプリボス:少しお釣りあるも地力あり。返し馬は少し後肢の蹴りが弱い。
△6番オルフェーヴル:この馬なりに順調。返し馬は少し脚捌き硬い。

*△6番は、事前予想で本命に抜擢できても、いざパドックで他馬と比較すると、スティゴールド産駒特有の薄身体型で、インパクトに欠け、信頼し辛くなってしまう。それも、周回の直後に超大型馬(540k)の◎7番が並んでいるだけに、尚更、非力に見えて…評価を落としてしまう。

結果、◎7番は、五分にスタートを切り、好位後方、馬群の中から追走し、直線、馬群の中から抜け出しを計るも、その外から勝ち馬△6番アッサリ交され2着。*15番が直線、渋太く伸びて3着。*次走メモ。◎7番は気性面に進境出て、馬体も使う毎に良くなっている。距離延びれば更にと云った感。

阪神12R 芝1800m フラワーカップ(G3)

◎5番トレンドハンター:ほぼ仕上がる。芝向く。相手に恵まれ。返し馬は軽めなのは騎手の特徴。
○11番ハブルバブル:連闘。踏み込み少し硬いが仕上げ上々。返し馬は少し脚捌き硬い。
▲17番マイネイサベル:すっきり仕上がる。連なら。返し馬は少し煩い。
注7番サトノフォワード:少しお釣りあるも距離向き連なら。返し馬は軽めも少しできる。
△1番アフロディーテ:少し上向く。連なら。返し馬は少し掛かる。

結果、◎5番は中団後方から追走し、四角大外を回り、直線、1完歩ずつ伸びて、ゴール手前で力強く抜け出し完勝。○11番は直線、◎勝ち馬と同じように内から伸びてきたが、ゴール手前でカットされる不利。ただ、勝ち馬の脚が勝っていただけに…。*3番は四角、大外を回るロスがありながら直線、良い脚を使い3着キープ。

いしいさん(開門ダッシュありがとうございました)、しょうじさん&かよさん(一口愛馬ハートビートソングの優勝おめでとうございました。また、ご祝儀ありがとうございました。美味しいお酒でしたね)


日曜日

阪神11R 芝1200m 高松宮記念(G1)

◎5番ジョーカプチーノ:馬体に張りありデキ良し。勝ち負け。返し馬は先入れ、少し煩い。
○13番ダッシャーゴーゴー:馬体ふっくら見せ上位争い。コース向く。返し馬は軽めもまずまず。
▲4番キンシャサノキセキ:良い意味での平行線。上位争い。返し馬は先入れ、軽目に終始。
注8番サンカルロ:アテにし辛い面あるもデキ良し。返し馬は先入れ、軽目に終始。
△14番エーシンフォワード:デキ上向く。要注意。返し馬は軽めも少しできる。
☆6番アーバニティ:デキ上向く。複数圏内。返し馬は元気良し。
☆7番スプリングソング:アテにし辛い面残るも仕上げ良し。返し馬は軽目に終始。

結果、◎5番は五分にスタートを切るも、向こう正面で挟まれ、手綱を引っ張る不利あり、直線入り口では内にヨレ、その外から被せられる不利もあり、最後までリズムに乗り切れず敗退。▲4番は好スタートを切り、好位の後方から、何時でも、何処からでも仕掛けられる位置取り。直線1F手前から抜け出し完勝。注8番は☆6番と直線、内外で叩き合いの末、頭差抜け出し2着キープ。3着に☆6番が入線。

次走へのメモ。◎5番の敗因は道中の不利がすべて。勝った▲4番は後先無いくらいメイチの仕上げで、次走の反動気になる。が結果オーライ。


いしいさん(連日の開門ダッシュありがとうございました)、しょうじさん&かよさん(一口愛馬アーバニティ、高松宮記念3着おめでとうございました)、ヨネダくん、キタガキくん、栗東小町のまひろさん、ユキさん、岐阜からヤマギシくん、横浜からアマノさん&マユミさん(お土産ありがとうございます。一口愛馬、ゴールデンプライズのラストランおつかれさまでした。毎日杯のカグニザント、今回は残念でしたが、これからの成長が楽しみですね)、東京からモリさん、ローズ鳩さんの後輩さんお疲れ様でした。

13R 新開地劇場
例の南森町の女帝から呼び出しを受け、関東スタッフのNさん、平間さんに、会員のヨネダくん、キタガキくん、ローズ鳩さんの後輩さんとで、神戸の新開地劇場で大衆演劇の観賞会。終演後は鉄板焼き屋へ移動して、橘菊太郎劇団の総座長(橘菊太郎)、副座長(橘良二)、花形(橘裕太郎)ら劇団員との打ち上げで、ワイワイヤイヤイ。当然、場の主役は南森の女帝で、鉄板焼き屋のマスターへの調理の指導から飲み物のオーダーまで店内を仕切り、気がつけばお店は貸し切り状態になっていました。参加された皆さん、おつかれさまでした。

なんでも橘劇団の舞台は、4月1日から大阪の朝日劇場(通天閣の近く)で興行が行われるとのこと。お時間がありましたら、ぜひお立ち寄り下さい。

ではでは パドックでお逢いしましょう。グッドラック!
JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら



©2008 JRDB
記事検索
JRDB本家はコチラ
JRDBについて
JRDB資料
↑クリックして拡大
⇒JRDBについてもっと詳しく
Archives