2011年07月

2011年07月31日

【本日の馬場情報】7/31

新潟
新潟4角新潟直線新潟ゴール前
朝の天候は「晴」。 芝:良 ダート:重

少しずつ蹄跡が見えてくるようになりました。内側で芝の切れた部分を取り除いている作業も行われていました。差しも効くようになってきた印象で、そろそろ少しずつ外伸びを意識し始めても。

ダート
やってる競馬は朝から良馬場の競馬。速い脚があまり通用せず、大跳びや走りに柔らかさのある方が向いていそう。内有利はあまり変わってません。




小倉
朝の天候は「晴」。 芝:良 ダート:良

芝 Aコース使用。野芝。逃げ馬、内を通れる先行馬が有利。外側の伸びはひと息。

ダート 乾燥している。力が抜けている馬がまくってくるケースもあるが、基本的には先行馬、4角までに好位につけられる馬が有利。




函館
函館4角函館1角函館ゴール前
朝の天候は「曇」。 芝:良 ダート:良





JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら



©2008 JRDB

【レース結果】 7月31日(日) 小倉競馬

©2008 JRDB

【レース結果】 7月31日(日) 新潟競馬

©2008 JRDB

【レース結果】 7月31日(日) 函館競馬

©2008 JRDB

【調教より】小倉記念

小倉記念

アドマイヤメジャー   JRDV過去走
単走。痩せ型で首が少し短め。コンパクトな体型に見えて、回転の速いストライド。
遠目から見ても腰高がハッキリ確認出来て、随分後駆の力が篭っているように見える。後肢の引き戻しも良く、回転が鋭い。
前掻きも確りしてて、短い首でも上手くしなる。全体のバランスの改善が顕著に思える。夏場がいいのかも?B+↑、○


アンノルーチェ   JRDV過去走
単走。コーナー時点から結構強めで、直線はさらに鞭数発入れ確り追ってのもの。
とにかく前脚を大振り出来て、四肢の可動域が相当広い馬。腰の甘さ・背中の緩さは相変わらずだが、全体の連動がブレるほどではない。
パンとしているというほどではないが、かなり芯が強くないとこのフォームは高いレベルで維持できないので、評価は上の方。B


イタリアンレッド   JRDV過去走
併せ馬の左側。比較的前脚叩く方の掻き込みで、前肢がそれほど前に伸びない。
併走馬の手応えが随分良くて、それに一度も並べないまま遅れた。相手が走りすぎた面もあるが、自身の時計も一息かも。
引き続き、バタバタした走りで、今回はあまり腰の効きがそれほどでもないように見えるが。戻しが少し弱そう。B−


エーシンジーライン   JRDV過去走



キタサンアミーゴ   JRDV過去走



コスモファントム   JRDV過去走
併せ馬の右側。後半追っ付け追っ付けで何とか1馬身前には出られた。手応えは一杯に見える。
首で何とか低くなりすぎる姿勢をフォローしているが、膝下が全く前に伸びず、つんのめりそうな脚捌き。
これでもう少し体が起きればいいのだが、後駆にあまり威力がないか腰の弱さの関係で、前駆が浮かず潰れてしまってる。
併走馬よりも体の使い方の上手さでバテなかっただけ、と言う風に見える。強調はしづらい。B−


サンライズベガ   JRDV過去走
単走。後肢の蹴りに引き続き威力はあるが、前脚の着地が揃ってきはじめて全体の捌きが硬そう。
前脚にあまり頼れない全体のバランスの影響で、後肢の引き戻し自体も、少し甘くなってきたか。
フットワーク・反復自体はキレイに見えるのだが、物足りなさはある。B


サンライズマックス   JRDV過去走
単走。左手前をすぐに戻してしまい、直線の大半が左手前。
腰がグラグラしてて後肢の蹴りも弱く、ずっと縮こまったフットワークばかりで前肢にまで威力が伝わって来ない。
長いスランプから脱出出来てないが、これでは仕方ないだろう。C


トーホウアラン   JRDV過去走
併せ馬の内側。持ったまま楽々の外の馬とピッタリ馬体を併せ、こちらは直線半ばからずっと追っ付け通し。
しかし手応えは完全に劣勢ながらも、何とか食い下がって最後まで抵抗、併入。
手前にバラける複数の馬も邪魔で、真横の併走馬で馬体が隠れてしまい、全体像が全く分からないが、後肢の動きが多少小さいかも。
この映像だけで評価はしないが、この様子だと評価は低い方かも。−−


ドモナラズ   JRDV過去走
単走。相変わらず後肢が開いて蹴りが外へ向いている。前肢の着地の交差はなくなってきたが。
何とかまとめて我慢はしているが、追い出すと頭が浮き上がる上に蹴りの威力も前掻きも弱い。
それほど走りとして強調する材料がない。B−


ナリタクリスタル   JRDV過去走
単走。半ばを過ぎて多少気合いを付けて強く追ったと言う程度。
元々首使いの良い方ではないが、変なタイミングで手前を替えて、後肢の捌きが縮こまって小さめで、滞空時間が短い。
腰の甘さもあって蹴りの力が逃げるのか、上体が突っ立ってるような走りに感じる。
四肢の着地間隔が短く、連続運動として見るとあまり感心しない。あるいはもう少しバランスが整う余地があるんだろう。B−


ホクトスルタン   JRDV過去走
単走。前脚内掻き。坂下辺りから一生懸命掻き込みに力を込めてるが、前脚がチョコチョコと浮くのみで力が伝わってない。
首は浮き上がりリズム良いタイミングで下がらず、前駆を全く使えてない。まだ時間掛かりそう。C


ホッコーソレソレー   JRDV過去走
単走。シャドーロール。最初からかなり頭が高くずっと舌越し。相当気性悪そう。
前脚のがに股が目立ち、手先を上手く使えていない。脚は回っているが、スピードに乗れてるとも言いづらい。C


ホワイトピルグリム   JRDV過去走
併せ馬の右側。前半はブラブラした手応えだったが、半ばから追っ付けて確り追われて併走馬を突き離す。
併走馬もかなり雑な走りをしてるが、この馬も前脚の歪みを抱えたままで、振りかぶる度に膝が横にグラグラとブレる。
まともなフォームになってるだけ偉いと言えるかも。
後肢のスナップと柔軟性で何とかフォローできている所があり、競り合いでもう一つ加速付けるのは難しそう。状態は良いはず。B


ヤマニンウイスカー   JRDV過去走
単走。シャドーロール。首を全く使わず、ずっと角度固定したまま。
スナップの反発力も感じず、手先がブラブラしている。シルエットも全体に細い。
四肢の伸びが全く感じられず、鍛錬不足なのでは。C−


ヤマニンキングリー   JRDV過去走
併せ馬の外側。お互い軽く気合は付けたが後半は追っておらず、仕掛けたと言った場面はない。最後はこちらが若干の体勢有利。
あまり前脚の良い馬ではないはずだが、今回は肩の出が良い。腰の位置が随分高くなり、フットワークに余裕が出てきているように見える。
最後に減速している時の捌きの小ささを見るに、まだ筋肉の硬さはあるようだが、ここ使って良くなりそうな気配はある。B


リクエストソング   JRDV過去走
併せ馬の右側。併走馬に全く並ばせず、持ったままの状態でジワジワと突き離す一方。余力も十分。
あまり前脚を大きく振りかぶるタイプではなく、体を伸ばしはしないが、腰が決まってて反復がキレイに決まる。手前替えも一発。
以前の無駄な大きさが減り、ロスが全く出ない走りで高いまとまりがあり、基礎もいい。今回は推進力も十分。
低い姿勢になることもなく滞空時間もある。これはいい仕上がり。B+↑、○


ワルキューレ   JRDV過去走
単走。関西に転厩し、今回初めて栗東坂路でフォームを正面から見るが、首と四肢の軸がズレていて明らかに歪んでいる。
鞍上も矯正に苦心しているようで、ハッキリ追えてない。しばらく時間は掛かりそう。C−


JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら



©2008 JRDB
記事検索
JRDB本家はコチラ
JRDBについて
JRDB資料
↑クリックして拡大
⇒JRDBについてもっと詳しく
Archives