2011年10月

2011年10月31日

【競馬稼業はつらいよ】やっぱり競馬は京都が最高!?

土曜日:久々に良馬場でのスタート、お天気も暑くも寒くも無く、絶好の競馬日和、これで勝てなくて何処で勝つ? しかしながら、出走馬に狙いのレースも狙い馬も極力少なくい。また、各騎手のペース判断がどうでるか? おまけに、多くの外人騎手の参加も加わり、馬券的には難儀極まりない条件が揃いすぎ。そう、競馬は明日も続きます。本日は開店休業が正解だろう、と。


京都5R新馬戦 芝2000m

◎7番アルキメデス:距離微妙も好仕上げ。返し馬は少し脚捌き硬い。
○2番レッドバビロン:馬体立派すぎる感あるも距離向く。返し馬は少し頭高い。
▲4番アンコールピース:少しお釣りあるも連なら。返し馬は少し脚捌き硬い。
注8番ショウナンハヤブサ:少しお釣りあるも連なら。返し馬は軽め。
△1番ククイナッツレイ:踏み込み少し緩いが仕上げ上々。返し馬は少し頭高い。
☆6番サナシオン:ぼ仕上がる。複勝圏内。返し馬は少し脚捌き硬い。

結果、◎7番は出遅れて中団馬群の外から追走。道中、掛かり気味になりながら徐々に位置取りを上げて行き、向こう正面で落ち着きを取り戻す。四角、外を回り、直線入り口で先頭に立ち、そのままゴールまで駆け抜ける。*11番がハナを切り、*3番が好位後方の内から追走し、内伸び馬場に助けられ、そのままゴールまで流込む。

*◎7番は、道中、掛かったり、頭の高い走法だけに、若干、距離が長い感。距離短縮なら、上のクラスでも通用する、が。

京都6R新馬戦 ダート1400m

◎2番シゲルスターキング:大型馬もすっきり仕上がる。相手に恵まれ。返し馬は抑えて軽め。
○3番ナムラアピア:少しお釣りあるもデキ良し。返し馬は軽めも少しできる。
▲12番オグリグランデ:ほぼ仕上がる。距離向く。返し馬は軽めなのは騎手の特徴。
注7番ダークアイリス:踏み込み少し緩いが仕上げ上々。返し馬は後肢の蹴りが弱い。
△4番シーノヴァリス:少しお釣りあるもデキ良し。複勝圏内。返し馬は少し頭高い。

結果、◎2番は仕掛けて好位後方の内から追走。向こう正面で置かれ気になったが、直線、外に出し、追い出すと良い脚を使い、先に抜け出した2着馬をゴール手前でキッチリ捉える。○3番は、仕掛けてハナに立ち、道中の手応えも良く、直線に入っても後続を引き離し、勝ちパターンに持ち込んだが、2着まで。*15番が直線、後方から追い込んで3着確保。
*2番はレース中に気を抜いたり、他馬を気にする場面があって、この強い勝ち方。上でも慣れれば通用。

京都11R 芝1400m スワンステークス(G2)

◎4番フラガラッハ:馬体締まりデキ上向く。返し馬は軽目に終始。
○14番グランプリボス:発汗きつく煩い面出すも仕上げ良し。返し馬は少し煩い。
▲15番サンカルロ:アテにし辛い面あるも距離向く。返し馬は先入れ、抑えて軽め。
注2番リディル:休み明けもすっきり仕上がる。連なら。返し馬は少し力む。
△13番ロードバリオス:馬体締まりデキ上向く。返し馬は抑えて軽め。
☆10番ジョーカプチーノ:少しお釣りあるもデキ良し。複勝圏内。返し馬は先入れ、少し力む。

結果、注2番は、抑えて好位後方馬群の内から、良い手応えで追走。直線、半ばまで追い出しを待つ余裕。仕掛けると一気に加速し、ゴール手前では手綱を緩めるほど余裕のある勝ち方。☆10番は馬ナリでハナに立ち、道中は楽な手応えでマイペースに持ち込み、ゴール手前まで渋太く粘るも、2着まで。*5番は後方の内から追走し、直線も最内を突き、内伸び馬場を最大限活かし、3着確保。

*注2番は、次走も1400m〜1600m戦なら、期待出来る。

13R ハイカラ屋

いしいさん&ヨネダくん(開門ダッシュありがとうございました)、ゴリラーマンさん、京都のKENさん、北海道からアズマくん、岐阜からヤマギシくんとでワイワイヤイヤイ。参加の皆様、お疲れ様でした。

*現場参戦のパパちゃんと美月さん(お土産ありがとうございました)、名古屋のカドヤさん、ノリコさん(お土産ありがとうございました)、アケダさん、次回はぜひ参加してくださいね。


日曜日:朝家を出る時は、雨こそ降ってはいなかったが、道路は濡れており、空を見上げれば雨模様。本日は、狙い馬もソコソコおり、馬券的には楽しみが多く、どうにかなると…。しかし、ながら雨になれば「取らぬ狸の皮算用」とかなんとかでトホホ状態になりかねない。

淀に着き、例の喫茶店で、天気予報を確かめれば、その嫌な雨は午後からのよう。ならば、商いは午前中に売り上げを確保し、その後は、難儀な天皇賞の馬券でも組み立てるか、と。ただ、Win5馬券だけは、難解過ぎて、今回は見(ケン)が正解だろう、と。

京都5R新馬戦 芝1600m

◎2番マナウス:馬体立派すぎる感あるもバランス良い。返し馬は軽めも少しできる。
○7番ファンタビュラス:少し煩いが馬体良し。返し馬は軽めもまずまず。
▲5番マデイラ:煩いところ見せるも仕上げ良し。返し馬は動きマズマズ。
注4番プレレフア:馬体良く見せるも両前骨瘤気になる。返し馬は脚捌き硬い。
△3番サトノオラクル:少し煩いがほぼ仕上がる。複勝圏内なら。返し馬は頭高く前肢脚捌きも硬い。

結果、◎2番は、仕掛けて中団の内から追走。○7番は、仕掛けて好位後方から追走し、直線半ばで抜け出したところを、外から、一気に伸びて来た▲5番にゴール前で差し切られ、2着。◎2番が内から流込んで3着確保。
*◎2番は、お釣りあり仕上げ、ひと叩きの効果見込める次走に期待。


東京11R 芝2000m 天皇賞(G1)

前日予想

上位馬 実力拮抗

◎11番ローズキングダム:中間の馬体重478k(前走時468k)と、理想的な仕上げ。以前なら、レースを使われると馬体減りしていたが、今秋は、体質強化され、中間の立ち写真でも馬体をフックラ見せ、ひと叩きの効果大。コース、距離とも向く。
○18番アーネストリー:中間の馬体重532k(前走時522k)なら、中間の立ち写真通り、好仕上げ。 問題は、この大外枠だけ。鞍上の捌き一つ。
▲5番ブエナビスタ:中間の馬体重476k(前走時472k)と、何時もよりも馬体重の変動が無く、順調な仕上がり。調教で遅れたのが、若干、不安覗くが、地力は最上位。距離、コースとも向き、展開次第では単まで。
注7番ダークシャドウ:中間の馬体重518k(前走時506k)なら、中間の立ち写真通りの好仕上げ。東京芝2000mは5戦5勝のパーフェクト。力を付けてきた今なら、この面子でも通用。
△4番エイシンフラッシュ:中間の馬体重502k(494k)は、ビッシリと仕上げた感。コース、距離、枠順とベスト条件揃い。

結果、難解な1戦だけに、馬券も上記の通り、3連単・3連複を組立て、小銭でパラパラ買い。当然、馬券はハズレて紙屑。外人騎手が4人も参加し、結果、1・2着を外人騎手に持って行かれると…分かっちゃいるけど、涙しか出て来ません。

13R ハイカラ屋→樟葉の中華料理店

天皇賞こそ馬券はハズレたが、他のレースでチョコチョコと良い目が出て、特に新馬戦では思いもよらぬ大勝ち。となると、日頃、皆様にお世話になっている身です。せめて今日くらいは、ご馳走をと、ハイカラ屋からスタートし樟葉の焼肉店を目指すも、生憎の満員で入店できず、仕方なしに、隣の中華料理に切り替える。いしいさん、はいからやのルリちゃん、ニューフェースのサヤちゃん、スタッフの橋浜、伊原とワイワイヤイヤイ。参加の皆様お疲れ様でした。

ゴリラーマンさん、ヨネダくん(連日の開門ダッシュありがとうございました)、コバヤシさん(新馬戦の馬券大的中おめでとうございました)、京都のKENさん、タンノさん、アズマくん、エリちゃん、タオちゃん、次回はぜひご参加ください。

ではでは パドックでお逢いしましょう。グッドラック!
JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら



©2008 JRDB

2011年10月30日

【展開予想】天皇賞秋

08115611
先週の菊花賞は◎のオルフェーヴル、ウインバリアシオンがワンツー。3着のトーセンラーも挙げていましたが、馬券は馬連でシンプルに。馬券は当たっていますが、天気や馬場状態、展開面で当たっていないのは予想としてまだまだ。

【天皇賞・秋】
天皇賞・秋は東京芝2000m戦で行われます。ではコース図から見ていきます。
▼東京芝2000m
05112000
東京芝2000mの特徴としては
・スタートから初めのコーナーまでの距離が短い。
・2コーナーが急な直角に近いカーブ。
・向正面でのアップダウン
・そこから3コーナーに入り、下りの緩いカーブ
・4コーナーから緩い上り坂
・直線が長く坂があり、残り300からは平坦。
などが挙げられます。

今週から「Bコース」を使用。金曜日の時点で芝は「良」。中間は芝刈り、肥料の散布、散水が行われています。野芝10〜12cm、洋芝14〜18cmです。土曜日も「良」馬場で行われました。直線の中から内の芝は、前開催から張り替えが行われており、その内70%はエクイターフだそう。更に、例年より洋芝の長さが長いことも影響してきそうです。

東京芝2000mはスローペースになりやすく約45.0%。ミドルペースは37.4%でミドルペースからスローペースになりやすい印象。脚質は「差し」が最も多く約33.0%。先行は28.4%でした。今週からコース替わりもあり、脚質に関しては、日曜の競馬も注意してみたい所です。

ラスト3F位置展開データも見て行きましょう。
▼東京芝2000mラスト3F位置展開データ
05112000ken
これは作成している展開シート(仮)の新しいデータとして馬券内に好走した馬が、ラスト3F地点で、どこに位置していたかのデータ。簡単な説明をすると、左から1列目、2列目…後方の順に。上から内、中、外、大外となっています。赤系統が好走が多い部分、青系統が好走の少ない部分になります。

東京芝2000mは内の1・2列目、中の2〜4列目、外の2〜4列目の好走が多いようです。

▼天皇賞・秋展開予想図
05114911tenkai
天皇賞・秋展開予想図を参考に見ると
内の1・2列目:1.シルポート 14.シャドウゲイト
中の2〜4列目:18.アーネストリー
外の2〜4列目:12.トーセンジョーダン
でしょうか。

残りは続きからどうぞ。


JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら

続きを読む

©2008 JRDB

【WIN5考】

▼基準オッズから見た騎手&厩舎勝率データ一覧
win5images



先週は菊花賞で圧倒的人気のオルフェーヴルが勝ったにも拘わらず、WIN5は3000万を越える配当。
人気薄が2頭絡むを配当は非常に大きくなる。
今週はこれまで最大の組み合わせ数で全通りを買うには1億4千万以上必要。


WIN1 西陣S

10/2の中山AP組が6頭。なかでも最先着のクリスタルボーイより斤量据え置きの5.デイトユアドリームが狙いか。
別路線では休み明けで昇級と課題はあるが7.トーホウプリンセス


WIN2 河口湖特別

こちらは、10/10のかけはし賞組が5頭。そこで最先着の16.カフェヒミコは3歳馬でまだ伸びシロがあるので上位とみたい。
13.メイショウツチヤマは昇級だが春にこのクラスで勝ち負けの実績。


WIN3 亀田特別

牝馬限定の多頭数で絞り込むのは難しい。
重賞で1番人気に支持された2.アドマイヤセプターが素質は上位だが気性に問題があり全幅の信頼は置けない。
コース実績のある16.アグネスサクラ、前走の決め手が見事だった9.ユースティティア、牝馬限定戦で堅実駈けの11.クラックシードあたりは押えておきたい。


WIN4 カシオペアS

天皇賞除外の馬も含めて18頭のフルゲート。
ただ、このコースに乗り慣れた関西の上位騎手騎乗の馬を中心に考えたい。
春にこのコースで勝ちのある15.ネオヴァンドーム、土曜のスワンS同様内を突ける枠を引いた小牧太騎乗の3.ショウリュウムーン、天皇賞除外でこちらに回った14.ゲシュタルト。


WIN5 天皇賞・秋

単勝人気ではブエナビスタがあたまひとつ出て、以下5頭が横並びということが示すように上位拮抗の混戦。
鞍上を加味して4.エイシンフラッシュは押えておきたい。
直線で突き抜けるイメージがあるのが、5.ブエナビスタと11.ローズキングダム。


京都10R 5・7
東京10R 13・16
新潟11R 2・9・11・16
京都11R 3・14・15
東京11R 4・5・11

     144点

JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら



©2008 JRDB

【調教より】天皇賞秋

天皇賞(秋)



アーネストリー   JRDV過去走
単走。掻き込む回転速いストライド。前脚微妙に内掻きもフォームが確かで膝も前に出て推進力もいいので全く気にならない。
最後まで進路はブレてない。首使いのリズムも上々で、後肢の蹴り出しゆったりなのに威力が高く滞空時間が長い。腰も強そう。
仕上がりは非常に素晴らしいものがある。前回と比べれば遥かにまとも。A↑、○


アクシオン   JRDV過去走
併せ馬の内側。コーナー外目で回り併走馬に併せに行って、直線で追い出すものの緩く流している併走馬に少し遅れた。
相変わらず追い出すと頭が高い。後肢の押し引きがしっかり出来ていて、蹴っぱりは強いが、可動域がどうしても小さい。
この馬として決して悪くはないが、伸びのいい動きが全く出ないのはツライ。B


エイシンフラッシュ   JRDV過去走
併せ馬の内側。直線で仕掛けるとアッサリ併走馬を置き去り、直線もグイグイ伸びる。これがいつものパターンの追い切り。
直線で再度右→左手前に切り替え、少し前脚の引っ掻きを躊躇しているようには見えた。少し前脚が揃う嫌いもある。
毎度後肢のバネは確かで、伸びのいいフットワークが作れる強みはある。微妙に後肢の膝の戻しが甘いが、何とか補える水準か。B


ジャガーメイル   JRDV過去走
単走。掻き込むストライド。前脚を上から叩く走りだが、手先がちゃんと遠くへ伸びている。掻き込みも力強い。
コーナー過ぎで手前替えもバシッと決まり、直線で追い出すと反発力良くスッと推進する。
出来は間違いなく良いはず。条件が微妙でも雨で渋るようなら。B+


シャドウゲイト   JRDV過去走
併せ馬の外側。コーナーで既に併走馬に持ったまま並びかけ、直線で微妙に抑えて構え直してジリジリ優勢になると言う所まで。
前回もフットワークは良かったが、今回もなかなかいい姿勢で走っている。
ただ手先のスナップがいい馬ではなく、跳ねる程のバネは作れない。背中が確りしていて実直に走っていると言う評価。
今回は流石にスタミナ条件ではないのでその分下げになる。B


シルポート   JRDV過去走
単走。前脚微妙に内掻きも、前脚が比較的伸びていて掻きもしっかりしている。膝下が少し硬いのはいつも。
後肢の戻しが素早く、全体に次の動作にキビキビ移るので、全体の動作完了が速い。
ピッチの速い走りなのに、余裕があるので滞空時間が長く見える。かなり良くなったように見える。評価高め。B+↑、○


シンゲン   JRDV過去走
単走。シャドーロール。前脚掻き込み上から叩きつける走り。直線で少し促すが、強くは追ってない。
前脚を上から叩き、後肢は押し引き広いと言うバランス。腰は確りしているが押し出しが小さく、前脚の掻きもやや浅い。
前回からあまり良化具合が見られない。軸が決まってない印象がある。B−


ダークシャドウ   JRDV過去走
併せ馬の内側。併走相手が先に仕掛け直線で先導も、それに遅れるように仕掛けて再度盛り返して併走。
全体通して、あまり強く追ってない。直線後半も少し加減してて、その分捌きが小さい。
腰の支えはしっかりしていて、反発力のいいキックなのは確かだが。
準備は出来ているように見えるが、伸びの動きを全く見せてくれなかった。B


ダノンヨーヨー   JRDV過去走
併せ馬の右側。正対出来ず常に斜めに走り、手前を替えると姿勢を大きく入れ替える。前脚振り出すピッチ走法。
後肢がブラブラしていて押し出しがかなり弱く、捌き自体が小さい。脚力が明らかに物足りない。距離もどうか?C


トゥザグローリー   JRDV過去走
3頭併せの最内。集団の中でコーナーの一番最内を通ってた馬。ほとんど手前の馬に隠れて全体が見えない。
体勢不利な所でも仕掛け遅らせ、直線の半ばから鞭を入れて確り追いはじめるが、それほどビビッドに反応出来ないまま。
首使いも淡泊で、あまりG1を獲れるような内容の調教だと感じなかったので、見えてなくても評価低い。B−


トーセンジョーダン   JRDV過去走
3頭併せの真ん中。先導している内目3頭の集団の真ん中で先に先頭に立つ馬。直線半ばからジリジリ抜け出し、並んでくる馬おらず。
比較的反応の渋い馬に見えるが、前脚を大きく振りかぶり手先も遠くへ着く。
かなり四肢が長めで、肩の出も広く、手先が重たくない。膝の戻しもキビキビ。いい仕上がりだろう。B+、○


ナリタクリスタル   JRDV過去走
単走。外ラチ沿い一杯を回り、直線後半で気合いを付け強く追い出す。
前脚は前に出るが、腰が相変わらず甘く、スナップ良くても後肢の可動域が小さい。単純に格負けしそう。B−


ビッグウィーク   JRDV過去走
単走。シャドーロール。常に頭が高く、走る度に外ラチ沿いへ寄ってしまう。前脚内掻き。引き返し付けたまま。
追い出しても頭が浮き上がるばかりで、前脚に体重が乗らず、精度の低い走りのまま。C


ブエナビスタ   JRDV過去走
併せ馬の内側。コーナーはかなり手綱抑えて回り、併走馬と同じ位置からこちらが先に追い出し鞭も入るものの、アッサリ遅れた。
前掻きが小さく、全体に痩せて見えて、相変わらず腰も角ばる。
後肢で押し出す強さがなく、その分いつも褒めてる飛節のバネも感じなかった。
強く追われてのものではないのに時計は速いが、やはり印象としては物足りない。B−


ペルーサ   JRDV過去走
併せ馬の外側。芝調教。手前替えず頭上げながらだが追い出して渋太く反応、相手をアッサリ交わしてから手前を替える。
コーナー時点で既に頭も高くて大トビ。後肢の引き戻し深く蹴りにバネがある。若干前脚躊躇してるが馬場が悪いからだろう。
微妙に首使い硬いが、四肢の折り畳み柔らかく蹴りも手先も遠くへ伸びる。柔軟なフットワークで滞空時間も長い。
結構高いレベルで出来ている。どうしても腰の甘さは直らないか?B+、○


ミッキードリーム   JRDV過去走
併せ馬の左側。併走馬が追っ付けだがこちらは最後まで持ったまま追わず、最後少し優勢。
前脚ブラつくが手先が前に伸びていて、軸がバッチリ決まり正対が確か。ストロークも柔らかい。
懐の大きなフットワークで軸がしっかりしていて、後肢の蹴り出しが非常に正確。バテない強みは大きそう。
重たそうに感じた前回よりも印象はかなり良い。B+↑、○


メイショウベルーガ   JRDV過去走
単走。首が最後まで下がり切らず前脚も遠くへ伸びてない。掻きが浅く重心が前に移らないまま上ずっている。
後肢の押し出しも小さく、もっと体を軟く動かせるようになってから強調したい。B−


ローズキングダム   JRDV過去走
併せ馬の右側。掻き込む回転速いストライド。併走馬が早くに劣勢になり、ほとんど並べずこちらは単独追いに近い形に。
後肢のスナップが良く、確かなバネがある。前掻きが相対的に小さいが、首はキッチリ使えている。
あまり坂路で迫力など見せないタイプのこの馬なりにまとも。この重たい馬場ではあまり持ち味出ないのかも。B


JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら



©2008 JRDB

【新馬戦予想】4回東京9日目4R

【仕上指数】
今日は仕上指数を。新馬戦以外の2歳戦(特に未勝利戦)で使えないか模索中。1日で新馬戦と未勝利戦が約12Rあるというのは大きいので何とかしたい所。使える条件はあるのですが、新馬戦程の使いやすさや該当件数までにはいたらず。注目馬がいれば挙げていきます。
▼未勝利戦における仕上指数トップの成績。
siagaritop
このデータだけでもうまく使いこなせれば、回収率100%を超えそうな気がしますね。
▼本年度デビュー産駒の未勝利戦における仕上指数トップの成績。
siagari09
ちなみに本年度デビュー産駒の未勝利戦における仕上指数トップの成績を挙げると複勝率40.5%、複回収率は102.9%。今日の萩Sを制したスノードンや函館2歳Sで好走したアイムユアーズなどが優勝しています。

今回のレースロゴ3
2011年10月30日(日) 東京4R 芝2000m 新馬戦

競馬新聞(PDF版です)【縦書きバージョン】 【横書きバージョン】 仕上指数と追切指数は、JRDV、携帯版JRDVで閲覧することが出来ます。
予想コメントロゴ3
注目は12.シャドウパーティ−。仕上指数&追切指数トップで調教印◎+調教変化/のデータです。

相手には仕上指数の高い7.カムフィー、11.フクノイナズマを。

他には社台ファーム生産馬の9.トーセンシーザー、追分ファーム生産馬の10.フェノーメノ、ノーザンファーム生産馬の1.ロジダンス、3.マイネルレーサー。辺りを。直前情報と併せて考えたい所です。

その他注目馬ロゴ
新潟5R
13.デルマホテイ 仕上指数&追切指数トップ

京都5R
13.オーヴァーボード 仕上指数&追切指数トップ

東京3R
5.シャンポールフィズ 仕上指数上位 社台ファーム生産馬 社台レースホース所有馬
17.ドウデス 仕上指数トップ 追切指数上位

くるみ賞
9.レオアクティブ 仕上指数&追切指数上位

(オオシマ)
JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら



©2008 JRDB
記事検索
JRDB本家はコチラ
JRDBについて
JRDB資料
↑クリックして拡大
⇒JRDBについてもっと詳しく