2012年05月

2012年05月31日

【若駒の対談】安田記念〜展望〜


CW安井計測タイム


安田記念
マルセリーナ 84.1 - 68.1 - 53.2 - 39.7 - 12.8

鳴尾記念
トゥザグローリー 83.7 - 67.7 - 53.0 - 39.1 - 12.2
トーセンラー 84.1 - 67.2 - 51.7 - 38.0 - 11.9
ダンツホウテイ 86.0 - 68.5 - 52.4 - 38.6 - 12.5

安井:今週の調教はこんな感じです。


大嶋:思ったより頭数が少ないんやな。


安井:安田記念に出走する関西馬の多くは坂路で追っていますからね。今回出走する厩舎も坂路で調教する厩舎が多いのでしかたないですね。


大嶋:馬場はどうやったん?


安井:前日の雨の影響でやや時計が掛かってましたね。開門やハロー明けは大丈夫でしたが、時間が経つほど時計も掛かっていきましたね。毎朝双眼鏡でウッドチップを確認するのですが、今週は湿って見えましたし…。


大嶋:なるほどねー。



前哨戦を振り返る


大嶋:安田記念の前哨戦として京王杯SCとマイラーズカップがあるから、それぞれ振り返っていこうかー。


安井:前哨戦じゃないですが、ヴィクトリアマイルからの出走馬は対談で挙げているので見て欲しいですね。


大嶋:マイラーズカップは対談でも書いてるけど、雨の影響もあるけど前回開催からコース替わりがあって、トラックバイアス大きかったように思うね。直線、内から来た馬で独占していたからな。


安井:ラップも中盤が23.2秒で緩まずに進んでてバテてもいいラップですが、粘っていますからね。


大嶋:京王杯スプリングカップの週からコース替わりで時計が速くなっていたな。


安井:そうですね。日曜日のヴィクトリアマイルも同じ週で時計が速くなりましたね。


大嶋:土曜日の京王杯スプリングカップは外差し、日曜日のヴィクトリアマイルは内先行が有利なトラックバイアスだったな。


安井:個人的に前半のラップがここまで速いと思っていませんでした。当時サクラゴスペルを狙っていたのですが、アッサリ撃沈しました。(泣)


大嶋:この3レースともコース替わりの影響が大きかったな。予想する上でポイントになりそうやな。



安田記念〜展望〜


09年:33.4 - 24.0 - 36.1 = 1:33.5
12.0 - 10.6 - 10.8 - 11.9 - 12.1 - 12.1 - 11.6 - 12.4

10年:33.6 - 22.7 - 35.4 = 1:31.7
12.0 - 10.7 - 10.9 - 11.3 - 11.4 - 11.3 - 11.7 - 12.4

11年:33.9 - 23.1 - 35.0 = 1:32.0
12.3 - 10.7 - 10.9 - 11.5 - 11.6 - 11.2 - 11.6 - 12.2

平均:33.6 - 23.3 - 35.5
12.1 - 10.7 - 10.9 - 11.6 - 11.7 - 11.5 - 11.6 - 12.3

安井:では安田記念の展望です。


大嶋:今の予報だと週末は曇りの感じだけど、雨の可能性がありそうだな。東京マイルG13つ目だけどそれぞれの変化はどうなの?


安井:東京芝1600m戦はクラスが上がると前半が速くなり底力勝負になりやすいというのが特徴ですね。例年のNHKマイルCは前半が速く、ヴィクトリアマイルは牝馬限定戦ということもあって前半が緩くなっています。安田記念は前半が速くなる特徴が出ています。


大嶋:なるほどねー。


安井:後はテンが速くなる東京芝1600m戦と道中が緩くなる京都芝外1600m戦は関連性が薄いから両方優勝したダイワメジャーは強いといえますね。


大嶋:ウオッカが連覇したぐらいで2年連続優勝する馬が少ないから、近年のマイル戦は混戦だな。


安井:あと急流マイルで直線が長いという条件は他に見られないレースだからリピーターが多くなるというのも特徴の1つですね。


大嶋:スマイルジャックやアサクサデンエンが分かりやすいかな。あと香港馬だな。


安井:単純な指標としてチャンピオンズマイルで1分33秒台だと好走しているイメージですね。10年のビューティーフラッシュは1:33.9ですけど安田記念のタイムが速すぎたということも重なって好走できませんでしたが…。


大嶋:とりあえずこんなもんか。


安井:後は各予想でやりましょう!



JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら



©2008 JRDB

JRDB直前情報リニューアル 新馬戦用 表示開発 序 その2

M:安井君、進捗報告して。


安井:もうちょっと。。。


M:今できてるところまでで良いぞ


安井:はい。。。




kettonyukyu2【↑画像クリックして拡大できます】



大嶋:おー、やるやん。


M:うむ。荒削りだが表示出来てるな。


安井:(無茶くちゃですよ。トレセンいって帰ってきてから作れだなんて。。。)


大嶋:ディープブリランテ、ノーザンファームしがらき帰りだったんですね。そうかー。


M:赤木さんが競馬王で説明していた「入厩データ」だ。


M:いままでもJRDVにて閲覧可能ではあったが、
新直前情報で閲覧できるようにしなさい
との赤木さんの緊急指令だったわけだ。
時間が無い中、安井君よくやった。


大嶋:あれ?会員サイト版ではまだ見れないようですが。。


M:明日システム班Kさんの試験を受けないと、会員向け公開は出来ないんだよ。最終確認してもらわないとね。バグ出し試験。
Kさんの試験は厳しいぞ。。


安井:試験通りますかね。。。


M:通らなくても会員向けには出すよ。


安井:え?試験の意味無くないですか?


M:「暫定版ですよ」との但し書き付で公開するんだ。「随時修正します」がベータ版公開のいいところじゃないかー。


大嶋:たしかに、要望とかどんどん来ますしね。


M:課金処理はこうはいかないんだぞ。。。間違いはあってはならんからな。。。今日明日俺は課金処理で家に帰れないぞ。。。


M:というわけで。




jikai

M:みんなで見てね!


安井:ああ。。。


大嶋:Mさん、何やってるんですか・・・。


M:一度やってみたかったんだ!満足満足!



JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら



©2008 JRDB

【血統&馬体講座】ディープブリランテ-東京優駿

今回のレースロゴ
2012年05月27日(日)
 東京10R 芝2400 東京優駿・G1 1着


プロフィールロゴ
牡3 ディープブリランテ
父 ディープインパクト
母 ラヴアンドバブルズ
母父 ルーソヴァージュ
出産時の母の年齢 8歳
毛 色 鹿毛
馬体重 496K
厩 舎 矢 作(栗東)
馬 主 襯汽鵐如璽譟璽轡鵐
生産者 パカパカファーム
生産地 新冠
取引市場 2009年セレクトセール(当歳)
購買価格 3,100万円(税別)


ヘイロー系

ディープインパクト

鹿毛  2002
サンデーサイレンス
青鹿  1986
Halo1969Hail to Reason1958
Cosmah1953
Wishing Well1975Understanding1963
Mountain Flower1964
ウインドインハーヘア
   1991
Alzao1980Lyphard1969
Lady Rebecca1971
Burghclere1977Busted1963
Highclere1971
リヴァーマン系

ラヴアンドバブルズ

鹿毛  2001
ルーソヴァージュ
   1994
Riverman1969Never Bend1960
River Lady1963
Louveterie1986Nureyev1977
Lupe1967
バブルドリーム
   1993
Akarad1978Labus1971
Licata1969
Bubble Prospector1984Miswaki1978
Bubble Company1977
クロス Busted 4x5 Lyphard 4x5 Northern Dancer 5x5
馬体コメントロゴ
 休み明けの共同通信杯から徐々に馬体重は減っているが、これはその共同通信杯時がかなり太めに作ってあったため。皐月賞の頃でもまだ肌寒さが残る気候だったこともあり、絞りきれないままで戦っていたが、暖かくなり、そしてここ大一番でキッチリ仕上がってきた。馬体重が減っていても、腹袋やトモが小さくなることはなく、馬体そのものを大きく見せていた。今回はハミ替えもバッチリ効いたということだろう。素質馬がようやく能力を発揮できた結果、世代頂点の座を射止めた。
レースコメントロゴ
 揃ったスタートからジワっと前に出て行くが、これまでと同様、早くも鞍上は手綱を引っ張り抑える構え。しかし、ここからが違った。1コーナーに入る前にゼロスの後ろに入れると、これまでよりもずっと折り合った追走。2コーナーを回り終えるころには、前とは差が開いたが、頭を上げて行きたがるようなこともなかった。縦長の隊列になり、前が飛ばして行く。4コーナー、残り600m標識付近から追い出しを開始。内から伸びて、粘るトーセンホマレボシを交わすが、脚色も苦しくなる。最後は外からフェノーメノが伸びてきたが、ハナ差凌ぎ切った。
ディープブリランテ
ディープブリランテ
ディープインパクト
ディープインパクト
画像なし
画像はありません


※写真の無断転載を禁じます


JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら



©2008 JRDB

【若駒の対談】東京優駿〜回顧〜


東京優駿回顧


35.6 - 35.2 - 36.9 - 36.1 = 2:23.8
12.8 - 10.8 - 12.0 - 11.7 - 11.8 - 11.7 - 12.2 - 12.4 - 12.3 - 11.7 - 12.0 - 12.4

安井:まずは遠征お疲れ様でした。


大嶋:日曜日はいい天気だったな。コース替わりがあったけど、馬場への影響も少なくて速いままだったね。


安井:8Rの4歳以上1000万下の芝2400mで行われた青嵐賞が"2:25.6"でクラス平均より2.1秒、そして9Rの4歳以上1600万下の芝1800mむらさき賞が"1:46.0"で0.8秒と速い決着となっています。ここ5年で最も速かったのは07年ですが、青嵐賞で"2:26.1"、むらさき賞で"1:46.5"ということからも今年の馬馬場状態が窺えますね。距離伸びるほど馬場状態は左右されますから、同距離の青嵐賞を採用して今年のダービーは2秒ほど速い馬場状態かと思いますね。


大嶋:ダービーレコードの04年も晴れで、青嵐賞は"2:24.1"、むらさき賞は"1:45.4"とさらに速い時計だったな。う〜ん各馬の故障は気になるね。(対談後コスモオオゾラの故障が判明)


安井:時計が速い馬場状態でしたが、それを踏まえても今年はテン〜第3ブロックまで速く、相対的に上がりが掛かっていることからも底力問われたレースでレベルが高い一戦でしたね。特に今年はテンより第2ブロックの方が速いという非常に稀な展開で、これを先行して粘った2頭は馬場状態を踏まえても優秀といえる内容だと言えますね。


大嶋:では各馬みていこうか。



ディープブリランテ


大嶋:1週前で挙げたCWオススメ馬だったね。


安井:そうですね。2週連続で見ることが出来なかった点が大きかったです。(泣)あとはあのハミですよね。


大嶋:あのハミの馬ちょくちょく見かけるけど、好走も多くてもしかしてとは思った。能力が拮抗しているレースだったから、ああいう小さな変化は掴んでおかないとね…。


安井:ちなみにラップ的な話をしますと、2000年以降ダービーを上がり上位(3位以内)以外で勝利したのはディープブリランテの他はキングカメハメハしかいません。この年は馬場が非常に速かったという点は補足していますが、今年もそれに近い水準でした。


大嶋:そうだね。


安井:これはつまりスピードが問われる状態であったということですね。そして、キングカメハメハはNHKマイルで勝利しています。皐月賞の回顧で距離短縮で狙いたいと書いていましたが、今回の結果でディープブリランテの資質も推測できますね。


大嶋:そうだな。元々気性面のこともあるし、その資質はあるかもしれないね。



フェノーメノ


安井:初めて見る馬でしたが…。


大嶋:関東でずっと走ってたから「変化」という部分が感じ取れなかったのが残念。関東の方曰く、新馬戦で緩かったのにも関わらず優勝。それがだんだん絞れてきてキッチリ仕上がってきたというのが大きいみたい。


安井:JRDBの直前情報は◎でしたから、納得ですね。


大嶋:東京競馬場で3勝、中山競馬場で惨敗というのも分かりやすい部分だったね。


安井:順当といえば順当ですね。



トーセンホマレボシ


大嶋:もうウィリアムズ騎手ですよね。人気薄の逃げ馬でもラクさせずについていって、キッチリ3着に残すというのは素晴らしいね。


安井:パドックは前走外していた新エクイロックスでしたね。


大嶋:前走外してたのもあるし、確かに気になったね。外してレース中に落鉄してたから念のため…と考えられるかもしれないけど。


安井:レース全体でも書きましたけど、テンより第2ブロックの方が速いという非常に稀な展開を、先行して粘った点は優秀ですね。



ワールドエース


大嶋:う〜ん。クビ差か…(泣)


安井:対談で何回も挙げてるように順調じゃなかったということが、大きかったかもしれませんね。


大嶋:ダービーだからね。ラップ的に何かある?


安井:個人的にワールドエースに関しては、エンジンのかかりが遅いという懸念材料がありました…。皐月賞はエンジンがかかったと同時に前にいる馬が失速するという展開で間に合っていますが、きさらぎ賞でパファーマンスを向上させたのも京都競馬場の下りという外的要因があったことが関係しているかと思います。


大嶋:位置取りも上位とは後ろだったからな。


安井:ダービーはラスト3Fからラップが動くコースで、今年のラップで言うとラスト3F目の11.7秒で一度置いていかれることになります。ラスト4Fからラップが動けばそれだけエンジンがかかってからも距離がありますが、動き出しがラスト3Fなら単純にスピードに乗っている区間が1F短くなることになります。個人的にはきさらぎ賞の内容からそれでも差し届くと考えて本命にしましたが、それを許さなかったのは勝ったディープブリランテの能力もさることながら現在の馬場状態もあったと思います。


大嶋:上がりもメンバー中最速タイだから狙いは悪くなかったけど細かい要因が重なるとこういう結果になるんだろうな。



ゴールドシップ


安井:スタートでダッシュがついていませんでしたね。


大嶋:押し押しだったね。先週のヴィルシーナみたいな印象だった。これまで時計の速いレースを経験していなかったからそういう部分もあるだろう。


安井:ラスト3ハロンはワールドエースと同じですから、こういう馬場状態が合わなかったということでしょう。



気になる馬


大嶋:ヒストリカルは馬体重が大きく減っていましたからね。これが全てでしょう。


安井:それはありえますね。中間で10キロ増えていたのに当日減っていましたから。後は距離の壁と左回りということも考えられますね。


大嶋:個人的にはトリップがどこかで巻き返してくれないかなと思ってる。ラジオNIKKEI杯2歳S以来だったけど違う馬になってた。気になる1頭だね。


安井:そうですね。


大嶋:個人的に見たことがない馬で1〜3着独占されたということが心残りなので、来年は皐月賞見に行こうかなと思う今年のダービーでした。


安井:今週は安田記念なので急いで展望しないと!




JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら



©2008 JRDB

2012年05月30日

JRDB直前情報リニューアル 新馬戦用 表示開発 序章

赤木:新直前情報、けっこう評判やなあ。


赤木:ダービーに向けて早めに公開して良かったやん。
Mさんは「秋まで待ってほしい」って言ってたけどなー。


M:はっ! (`・ω・´)ゞビシッ!!


赤木:ダービーも終わって、新馬戦が始まるな。


M:はっ! (`・ω・´)ゞビシッ!!


赤木:新馬戦は当然ながら過去競争履歴がないわな。
それで、急ぎの開発命令や。


赤木:新馬戦に備えて血統関連は当然として、
入厩データ
新直前情報の馬柱で見せるようにでけへんか?


M:はっ! (`・ω・´)ゞビシッ!!


赤木:今週末までになんとかしてやー。頼むでー。


M:はっ!仰せのままに! (`・ω・´)ゞビシッ!!






大嶋:Mさんって、なんで赤木さんには「はっ」しか言わないんですか???


安井:赤木さんの前だと、Mさんって全然性格違いますよねー。


M:あたりまえだ。JRDB総統だぞ!
回答は「仰せのままに」だけでいいんだ!


大嶋:戦国時代の話ですか??


M:いや。どちらかといえば、西暦2199年のほうかな。


大嶋:(また分からない話が始まった。。。)


M:(月末の繁忙期に、新馬用のデータ表示命令。。なんとしてでも間に合わせるしかないな。。。どうする。。。)


安井:がんばってくださいね。


M:いやいやいやいや。
「安井君に作ってもらえ」って赤木さん言ってたぞ。


安井:えー。聞いてませんよ。
上の赤木さんのセリフのどこに「安井」の文字が???


M:見えないのか?赤木さんの言葉の「行間」だ。
「安井に作ってもらえ」
って心の声が。俺はよく見えるぞ。


M:若手が力を付けないと、会社は育たないんだ!ここは心を鬼にして作ってもらう!期限:金曜朝までな。試験もしないとアカンし。


安井:明日は朝早くからトレセン行かないと。。。


M:帰ってきてからやればいいじゃないか。何の問題もない。


大嶋:Mさん上と下で態度が違いすぎません???


M:人間だもの!しかも中間管理職だもの!


安井:(悪いお手本のような。。。)


M:俺は月末は決済処理しないとイケナイからな。
コンテンツ開発は無理だわ。たのんだぞー。






JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら



©2008 JRDB
記事検索
JRDB本家はコチラ
JRDBについて
JRDB資料
↑クリックして拡大
⇒JRDBについてもっと詳しく
Archives