2012年10月

2012年10月31日

【対談】天皇賞(秋)〜回顧〜


天皇賞(秋)〜回顧〜


05124911_sf34.8 - 45.9 - 36.6=1:57.3
12.5 - 11.2 - 11.1 - 11.2 - 11.3 - 11.6 - 11.8 - 12.0 - 12.8 - 11.8

大嶋:では天皇賞(秋)の回顧です。まずは馬場からみていくか。


安井:7Rに行われた500万下の芝2000mは、走破タイムが"2:01.3"で基準の"2:01.4"とほぼ同じ。ただ、7Rはテンが非常に緩かったので実際はこれよりもう少し速いと思います。そしてそれを示すのが10Rに行われた1600万下の芝1600m紅葉ステークスでしょう。このレースの走破タイムが"1:32.7"で、基準となる"1:33.5"を0.8秒上回っています。ただ、こちらの場合は逆にテンが速くやや急流だったので、まあ通常の馬場よりちょっと速いと言ったところでしょうか。天皇賞で言うと全体から0.5〜0.6秒程度速い馬場差かなと思います。


大嶋:春先のようなG1仕様?の超高速馬場っていう程でもなかったってのは間違いないな。雨の影響もあったし、多少速い馬場という認識か。


安井:09年以降で同条件のレースが組まれているのが2歳限定戦のくるみ賞しかなく、このレースで見るには世代レベルなどを考慮する必要がありやや指標としてはいまいちですが、一応参考程度として今年の走破タイム"1:23.2"は09年より09秒・11年より1.8秒遅く、稍重の10年より0.3秒速いタイムとなります。昨年は後に重賞で好走する馬が上位を占めていましたが、それでも速い馬場ですね。


大嶋:レースは大方の予想通りシルポートが逃げる展開だったな。展開予想にも書いたけど、昨年の天皇賞からシルポートが逃げたレースの1000m通過平均タイムが約57.6秒。今回のレースが1000m通過が57.3秒でシルポートにとっては、馬場差考えるとハイペースの逃げか。


安井:やはりシルポートがいると流れが速くなりますね。ということで、今年のレースを精査するなら昨年と比較するのがまあ合理的でしょう。その昨年ですが、テン34.3秒-中盤46.0秒という超ハイペースで上がりが35.8秒と掛かる展開。そして今年はテン34.8秒-中盤45.9秒と馬場差を考えれば昨年よりもさらに速い水準で逃げ上がり36.6秒となりました。


大嶋:ただ今回は後続を離した逃げだから、レース全体としてのイメージは昨年と違う印象はあるんだけど、ラップからはどうなの?


安井:そうですね。各馬の上がりの質に出てますね。昨年は上がり1位33.9秒、2位34.2秒、3位34.7秒に対して、今年は1位33.1秒、2位33.5秒、3位33.6秒となっています。つまり、急流とはいえ後方にいた馬には意外と余力が残っていた状態であったということです。まあ簡単に言うとキレが問われたということですね。


大嶋:これを踏まえて各馬みていこう。



エイシンフラッシュ


安井:まあ昨年も急流の天皇賞(秋)を先行して0.7秒差と強い競馬をしてますからね。調教もよく、ニフティコラムで推奨もしていましたしここでの好走は納得ですが…。ちなみに昨年の本命でもあります。泣


大嶋:調教は毎回良いし、馬体もいいから買い時が難しい1頭ではあるね。


安井:まあエイシンフラッシュは一般的にスロー専門と言われていますが、急流の11年大阪杯や11年宝塚記念などで好走がありますからね。個人的にはむしろ中距離馬としてスピードの性能が素晴らしい馬という解釈です。つまり、ペースがスローなら溜めて瞬発力にシフトしているという感じです。有馬記念は近年スローなので中距離のスピードが活きるレースになっていますしね。


大嶋:今回はスタートから初めのコーナー過ぎてまでが完璧だった。ロス最小限で内から2列目のポジション。向正面半ばぐらいで最内に入れて、外目の枠だったけどロスはほぼなし。直線では最内が綺麗に開くんだもの。逃げるシルポートの内から差してくるなんて予想段階で想像もしてない。明らかに内しか狙ってない騎乗だった。痺れるレースだったね。


安井:レース後のデムーロ騎手のパフォーマンスもかっこ良かったですね。


大嶋:あれは良いパフォーマンスだったな。昨年の天皇賞(春)と馬場状態が似てたから、こういう馬場状態が得意なのかもしれない。キングズベスト産駒が他のレースで勝ってたのもある。無印にしてしまったのは大反省です。



フェノーメノ


安井:展開予想では◎でしたね。


大嶋:今回は枠順と馬場が活かせそうな状況だったからな。カレンブラックヒルをみながらレースもできるし、前日で先行勢が有利な展開が多かったからね。


安井:内から勝ち馬に掬われましたが、先行して真っ当に勝ちに行く競馬は素直に強かったの一言でいいんじゃないでしょうか。


大嶋:内枠で1番人気。内で包まれて何も出来ないよりは断然いいレース内容だった。先行してた組の中で唯一上がり33秒台を使ってたのは印象的だし強いでしょう。最後はヨレてたから苦しいレースしたと思う。ダービー上位陣の怪我もあるし、反動だけかな。JCでも通用するはず。


安井:これで唯一の懸念であった中距離急流での補完も果たせましたし、距離伸びてさらに前進は間違いないですからね。実際ダービーでは急流でレベル高いレースを2着していますし、同じ舞台のレースで期待ですね。



ルーラーシップ


大嶋:予想は本命だったね。


安井:出遅れが致命傷ですね。それに尽きるかと。僕はスタートで終わりを悟りましたよ。泣


大嶋:宝塚記念の場合は出遅れても、その後のリカバリーが上手かったから良かったけど、今回はすぐ前に壁を作られ外に出すしかなくて、後方の位置取りになってしまった。道中は外枠の馬と同じ位置走ってるから、枠順の恩恵もほとんど無かった。それでも相変わらずこういう馬場は強いし、最後は伸びてダークシャドウを差すのは新たな一面が見えたなと思った。


安井:ラスト3F33.1秒と自身のキャリアで最速の上がりを記録したように、キレという新たな一面が補完されたのは今後に向けてよかった点ではあります。ただ、あくまでこれは中距離急流でのキレという部分なので、緩い流れでの一瞬の加速というギアの部分はまだ疑問ですけどね。次はジャパンカップのようですが、シルポートもいないメンバーならスローが濃厚ですから。これを溜めての加速にシフト出来れば問題ないですが。



ダークシャドウ


安井:まあこれも外枠分の不利が若干あったことを考えるとよく詰めていますが…。まあ昨年ほど差し届かなかったのは33秒台前半の上がりが要求されるキレ味勝負となったからでしょう。昨年2着のように典型的な急流差す底力タイプですからね。


大嶋:あとは馬場と道中の位置取りかなと。スタートで外に寄れて、後はエイシンフラッシュの真横を走ってたけど、最初のコーナーで若干外走ったことと、フェデラリストが抑えたから内にいけなくなってしまった印象。内から3列目で何とか内に入れようとしてるけど、抑えたフェデラリストが内いて、外はトランスワープら外枠勢、後ろにジャガーメイルで前には行きたがってるジャスタウェイで動くに動けない位置になってしまったのが影響してるかな。最後も追い出しが遅れてる感じだった。それでも差の無い4着で脚は見せてるから、東京競馬場なら大崩は無さそうだね。


安井:そうですか?次どこ使うかわかりませんが、仮にジャパンカップならやっぱり一瞬の加速で遅れをとる可能性が否めませんね。スローでの勝ち鞍はありますが、レベル低いレースでのものですし。やはり中距離でこそだと僕は思います。



カレンブラックヒル


安井:これは枠順でしょうね。先行馬で8枠は不利が大きすぎます。さらに前走で1800mはこなしたとはいえ、G1のメンバーで初の2000m。むしろこれで5着なら立派といえる内容です。


大嶋:0.4秒差の5着に残すのは強いでしょう。次はマイルCSかな?みたことが無いので速く見てみたい1頭です。


安井:マイルに戻るなら緩急問わず好走しているので距離適性含め問題なし。次走マイルチャンピオンシップなら普通に勝ち負けのレベルだと思います。あと、今回は外枠が響いただけで中距離戦線でも十分やっていけるレベルではあると思います。今回も外枠から先行して粘っていますからね。まあ中距離だと急流のほうがいいでしょうけど。内回りで距離の誤魔化し効く宝塚記念ぐらいなら十分やれると思います。



その他気になる馬


大嶋:ジャスタウェイはカレンブラックヒルに0.1秒差。この世代のレベルの高さが見えたレースではあるな。


安井:ジャガーメイルは休み明けで7着は立派ですねぇ。得意ではない中距離で上がりも3位ならジャパンカップで昨年の再現ぐらいなら十分ありそうです。


大嶋:コースロスの大きかったナカヤマナイトは得意条件なら好走はありそう。休み明けだったトゥザグローリーも大きく負けたけど、昨年のように有馬記念で好走する可能性もあるから注意したい。


安井:今週はG1がありませんが、みやこSがG1並みのメンバーなので面白いレースになりそうですね。気合入れて予想しましょう。



JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら



©2008 JRDB

JRDB会員トップ&直前情報(リニューアル版) 検索システム追加のお知らせ

M:システム班Mより、バージョンアップのお知らせです。
この2ヶ月、一心不乱に何を作っていたかと言いますと。


01_blog

M:検索BOXを作ってました。


M:JRDBには指数(情報、IDM、調教、展開)、パドックから配信する直前情報、成績独自指数データやコメントなど。


M:「他にはない」コンテンツが多数ございますが。
「あるのが当たり前なのに、無い」コンテンツがあります。


M:そのうちの一つ、検索システム。
なんとか形になりましたので、ベータ版ですが公開します。



02_blog_wadarei

02_wadakonsyu

M:騎手の場合、近走成績集計を表示。
騎手名調教師名を押すとJRDV開催別成績が開きます。
「近走騎乗馬一覧を表示する」を押すと。。。



03_wadakonsyu

M:直近の騎乗馬一覧を表示します。(成績が出れば着順も表示)
次は馬名検索の説明。


04_blog_jyasu

04_jyasu

M:「ジャス」にHITする馬名が出ました。直近で出走レースがある場合、右側に直前情報へのリンクが出現。
検索HIT頭数が多い場合は現役馬のみを表示しています。(切り替え可能)


M:会員TOPの画像で説明しましたが、「リニューアル版直前情報」も同じ機能で動きます。


05_blog_live05_blog_live_3

M:まだ完成型ではなく、今後も機能追加していく予定です。


M:ココまでお読みいただきありがとうございました!
以上バージョンアップのお知らせでした。



JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら



©2008 JRDB

2012年10月28日

【血統&馬体講座】アイズオンリー

今回のレースロゴ
2012年10月28日(日)
 東京04R 芝2000 2歳新馬 1着


プロフィールロゴ
牝2 アイズオンリー
父 ネオユニヴァース
母 アイランドファッション
母父 ペションヴィル
出産時の母の年齢 10歳
毛 色 芦毛
馬体重 486K
厩 舎 古賀慎(美浦)
馬 主 襯汽鵐如璽譟璽轡鵐
生産者 ノーザンファーム
生産地 安平
ヘイロー系

ネオユニヴァース

鹿毛  2000
サンデーサイレンス
青鹿  1986
Halo1969Hail to Reason1958
Cosmah1953
Wishing Well1975Understanding1963
Mountain Flower1964
ポインテッドパス
栗毛  1984
Kris1976Sharpen Up1969
Doubly Sure1971
Silken Way1973Shantung1956
Boulevard1968
ミスタープロスペクター系

アイランドファッション

芦毛  2000
ペティオンヴィル
黒鹿  1992
Seeking the Gold1985Mr.Prospector1970
Con Game1974
Vana Turns1985Wavering Monarch1979
The Wheel Turns1977
ダンジグズファッション
   1988
A Native Danzig1984Danzig1977
High View Fashion1983Bold Tropic1975
Fleet Fashion1970
クロスありません
馬体コメントロゴ
(1着ソロルは降着による繰り上がり優勝)胴短で脚長。背丈と比べると非常に小顔。細身で斜尻、脾腹も寂しい造り。少し短めの繋だが、この日の重馬場には向いていた。後肢の捌きがぎこちなくて、妙な緊張もある。腰が甘く脚捌きも窮屈になっている。現状は広いコースのコーナー2回、1800m辺りが理想。もっとボリュームアップしてくれば、距離が延びても対応できる。
レースコメントロゴ
ゲートは正常な方だが、周りが早く隊列的には後ろになったので、序盤の内に急がせて3列目に押し上げる。若干頭の高い走りだが折合は付いている。捲りが外からやってきた時にはまだ動かず、4角通過時に追っ付け始める。直線で外から交わす馬がいたが、諦めず最後まで追い続けて2番手に浮上。勝ち馬が降着したため、1着となった。脚捌きもまだ不安定で、現状は課題が多い。
アイズオンリー
アイズオンリー
ネオユニヴァース
ネオユニヴァース
画像なし
ペションヴィル

血統コメントロゴ
父ネオユニヴァース×母アイランドファッション(母父ペションヴィル)の血統構成。5代までにクロスはなし。

※写真の無断転載を禁じます

JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら



©2008 JRDB

【血統&馬体講座】メイショウオオカゼ

今回のレースロゴ
2012年10月28日(日)
 東京03R ダ1400 2歳新馬 1着


プロフィールロゴ
牡2 メイショウオオカゼ
父 スタテューオブリバティ
母 オーソードレッシイ
母父 ダンスインザダーク
出産時の母の年齢 8歳
毛 色 黒鹿
馬体重 522K
厩 舎 南 井(栗東)
馬 主 松本 好雄氏
生産者 社台コーポレーション白老ファーム
生産地 浦河
ストームバード系

スタテューオブリバティ

   2000
ストームキャット
黒鹿  1983
Storm Bird1978Northern Dancer1961
South Ocean1967
Terlingua1976Secretariat1970
Crimson Saint1969
チャーミングラッシー
   1987
Seattle Slew1974Bold Reasoning1968
My Charmer1969
Lassie Dear1974Buckpasser1963
Gay Missile1967
ヘイロー系

オーソードレッシイ

   2002
ダンスインザダーク
鹿毛  1993
Sunday Silence1986Halo1969
Wishing Well1975
Dancing Key1983Nijinsky1967
Key Partner1976
カクテルドレス
鹿毛  1988
Dictus1967Sanctus1960
Doronic1960
シャダイイブニング1978Bold and Able1968
Edge of Evening1963
クロスNorthern Dancer 4x5
馬体コメントロゴ
四肢が長く背丈がある大型馬。トモ幅も十分。蹄や繋ぎは標準。あまり四肢の反発力なく踏み込みの浅いタイプで気配を表に出さない。背中や腰のラインはしっかりしていて、窮屈だが脚捌きに安定感はある。いい意味の緩さがないため、四肢が長くても距離は持たないタイプに思える。芝も難しそう。
レースコメントロゴ
若干体勢悪いが、押して先手を主張。内から抵抗してきた2番の馬と併走で進み、3角まで争っていた。コーナーは2番手で追っ付けていて手応えは少し悪く感じたが、直線で惰性に乗って先頭に立つと、外からの追撃に最後まで抵抗。2着馬が併せて来たのを振り切った所がゴール。脚抜きの良い湿った馬場で、前が有利な状況も大いに助かった。
メイショウオオカゼ
メイショウオオカゼ
画像なし
スタテューオブリバティ
ダンスインザダーク
ダンスインザダーク

血統コメントロゴ
父スタテューオブリバティ×母オーソードレッシイ(母父ダンスインザダーク)の血統構成。5代までにNorthern Dancerのクロスを持つ。

※写真の無断転載を禁じます

JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら



©2008 JRDB

【血統&馬体講座】プリンセスカママル

今回のレースロゴ
2012年10月27日(土)
 東京06R 芝1400 2歳新馬 1着


プロフィールロゴ
牝2 プリンセスカママル
父 キングカメハメハ
母 エイプリルバード
母父 サンデーサイレンス
出産時の母の年齢 11歳
毛 色 鹿毛
馬体重 448K
厩 舎 国 枝(美浦)
馬 主 P.G.ファッジ氏
生産者 社台ファーム
生産地 千歳
ミスタープロスペクター系

キングカメハメハ

   2001
キングマンボ
鹿毛  1990
Mr.Prospector1970Raise a Native1961
Gold Digger1962
Miesque1984Nureyev1977
Pasadoble1979
マンファス
青鹿  1991
Last Tycoon1983Try My Best1975
Mill Princess1977
Pilot Bird1983Blakeney1966
The Dancer1977
ヘイロー系

エイプリルバード

   1999
サンデーサイレンス
青鹿  1986
Halo1969Hail to Reason1958
Cosmah1953
Wishing Well1975Understanding1963
Mountain Flower1964
エイプリルソネット
黒鹿  1981
Dike1966Herbager1956
Delta1952
Pass Me1977Pass1970
Schooner1962
クロスNorthern Dancer 5x5
馬体コメントロゴ
細身で腰高。手先が柔軟で肩の出が大きく、身のこなし良し。腰は甘いがトモ(後肢)の容量があり、踏み込みも力強い。このメンバーで見比べれば、脚力は抜けていた。ベストはマイルだが、折り合いに苦労はなさそうなので、工夫次第でもう少し延びても対応可能。
レースコメントロゴ
ゲートは正常。促しているがそれほど急がさず、上手くコーナーまで3番手の内に取り付いた。ゆったりしたスローペースをロスなく回る。直線で手応え十分の逃げ馬と2番手の間になかなか突っ込めず苦労するが、ラスト200mで進路が開いて最後に逃げ馬に間に合った。若干完歩が小さいものの、器用さがありまだ余力もありそう。
プリンセスカヤマル
プリンセスカママル
キングカメハメハ
キングカメハメハ
サンデーサイレンス
サンデーサイレンス

血統コメントロゴ
父キングカメハメハ×母エイプリルバード(母父サンデーサイレンス)の血統構成。5代までにNorthern Dancerのクロスを持つ。

※写真の無断転載を禁じます

JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら



©2008 JRDB
記事検索
JRDB本家はコチラ
JRDBについて
JRDB資料
↑クリックして拡大
⇒JRDBについてもっと詳しく