2013年05月

2013年05月30日

【システム班Mの直前情報開発日誌】入厩データのバージョンアップ!?

M:機能追加のお知らせです。(またまた、ちょっとだけよ)




JRDBの推しデータの一つである入厩データ
いままでは中途半端だったんですね。というのも「出走してこないと入厩データがワカラナイ」。
つまり「大分前に入厩しているが、出走登録がないのでその内容が表示されない」という状況でした。というわけで改善。
馬名検索と、調教師管理馬から競走馬の入厩履歴を表示できるようにしています。


▼クリックで拡大▼ 例)ムスカテールの検索結果
muskafla


▼クリックで拡大▼ 例)友道調教師 管理馬からの表示
tomomitifla


▼クリックで拡大▼ 例)友道調教師 管理馬からの表示 表示後
tomomiti2fla

M:注)データは随時更新ですが、最大で数週間のタイムラグがありますのでご了承下さい。


安井:履歴を見ての実際の使い方は?


M:ん?それを俺に聞く?


安井:機能説明しないと!


M:これは各スタッフから「作れ」とお願いされて実装したんだな。


M:俺からはどう馬券に役立てるか?を説明できないのが本音。各スタッフリレーコラムで説明してくれるんじゃないかな?


安井:うわ、説明は人任せですか(汗


M:それ言うなら実装は完全に俺任せだろ。。。まあ、それよりアレだ。


M:今週はあれから一年ですなあ。赤木さんも期待してるってよ!


安井:がんばります(コレ、毎年言われるのかな?





おまけその1 安井のダービー馬券 馬連▲−◎ ¥5000×9.7 = ¥48,500
東京優駿

おまけその2 安井の目黒記念馬券 
馬連 ▲−◎   ¥1000×27.8 = ¥27,800
3連復▲−◎−△ ¥100×75.9 = ¥7,590
meguro


yasuiPR:
安井くんの前日予想
(ラップから導く男前馬券)は
「競馬チェック!新聞会員サイト」
にて好評連載中!
安田記念も見逃すな!

JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら



  • コメント( 1 )
©2008 JRDB

[競馬年金受給システム」〜赤木式投資法

[競馬年金受給システム」〜赤木式投資法


「競馬を知り己を知れば百戦して殆うからず。」

今回は、パドック評価印(◎○▲注△)をクラス別に分析しました。パック評価点(◎3.4以上〜◎3.3・◎3.2・◎3.1)との相関関係です。
↓↓↓ 表をクリックすると拡大されます。↓↓↓
akagikurasu1


さすがに、パドック評価印◎(3.4以上〜3.3)に対し、クラス別に分析してみると、一般的に難解とされている1600万クラスでパドック情報も苦戦しているのが分かります。レース数も少ないし、各馬の実力が拮抗し、「馬の実力」意外の騎手の巧拙や展開の綾で勝敗が変わってしまうのが要因でしょう。
JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら



  • コメント( 0 )
©2008 JRDB

2013年05月28日

【競馬稼業はつらいよ】〜はてさてダービーの結果は!?

日曜日:今日も、お天気は真夏日。いやはや、昨日同様、人も馬も暑さとの闘いです。こうなると、3連単系の馬券は、難解を通りこし、勝ち組になるには、宝くじに当選するのと同程度の「運」の強さが必要となりかねません。(涙)しかしながら、馬券を購入しなければ儲けも叩き出せないだけに、「競馬年金受給者」としては、なにがなんでも儲けを叩き出さなくては、オマンマの食いはぐれになってしまいます。特に、土曜日は、儲けも薄く、2連敗中だけに、今日は、フンドシを強めに締めて痛いほどに締め直しての闘いです。

02R3歳未勝利    

◎14番ゼンノコンゴウ(2着):良い意味での平行線。すんなりなら。少し高脚使う。
○15番ウォーターポルトス(6着):馬体絞れデキ上向く。逆転まで。少し脚捌き硬い。
▲16番サトノデプロマット(8着):デキ上向く。上位争い。軽めもまずまず。
注04番ドニカナルボーイ(1着):前走同様発汗気になるも仕上げ良し。ハミ変え。少し後肢の蹴りが弱い。
☆13番ラフジェントリー(3着):休み明けもほぼ仕上がる。ダート向き馬具変え効果も。返し馬は、軽めも少しできる。

決断、◎14番は、単勝1人気(単勝1.7倍)で、馬券妙味薄く、それよりも、初ブリンカー装着し、ハミも初ビッドガードを装着してきた☆13番(単勝30.8倍)が、馬装具効果でハナ切れば、複勝圏内に残りそう。馬券的にも美味しく映り、助平根性と、今年1番のイベント「日本ダービー(G1)」が、控えており、なにがなんでもここは、タネ銭を造らなければ、と。◎14番からの3連複と、ダービーのタネ銭造りで◎14番=☆13番のワイドを選択。

結果、☆13番が、思惑通りにハナに立ち、ゴール寸前まで渋太く粘り、3着を確保。また、◎14番も番手から追走し、ゴール前シッカリ伸びて2着確保。注4番は、ゴール寸前、シッカリ伸びて優勝。なんとか3連複(3.290円)・ワイド(940円)とも成立し、ダービー資金造りに成功。ホッ!


06R3歳500万下  

◎06番オースミナイン(1着):馬体、毛づやとも良くなる。相手に恵まれ。軽め。
○01番ケイティープライド(3着):休み明けもすっきり仕上がる。距離向く。少し煩い。
▲10番エーシンマイェスタ(8着):良い意味での平行線。距離こなす。少し後肢の蹴りが弱い。
注18番マイネエビータ(13着):この馬なりに順調。展開次第。少し頭高い。
☆16番ミッキータイガー(4着):馬体締まりデキ上向く。複勝圏内。少し後肢の蹴りが弱い
決断、◎6番の単勝は、1.6倍前後で推移しており、馬券妙味は薄いが、相手関係からみると、勝ち切れるかと、また、休み明けの○1番も、煩い面を見せているが、仕上げ良く、ワイドの配当が250円前後なら、例え◎6番がへぐったとしても、トリガミは無いか、と。
結果、◎6番は、好位から追走し、直線半ばで抜け出し、楽な手応えでゴールを駆け抜ける。○1番は、ハナを切り、マイペースも叶い直線に向き、ゴール寸前まで渋太く粘り、3着確保。◎6番・単勝(160円)・ワイド◎6番=○1番とも成立。ホッ!

09RナリタブライアンC

◎14番エーシンリボルバー(2着):好調キープ。ハミ変え。蹄良化。少し脚捌き硬い。
○15番メイショウコロンボ(13着):良い意味での平行線。行き切れば。少し後肢の蹴りが弱い。
▲12番ブルータンザナイト(6着):馬体立派過ぎる感あるもデキ良し。高脚使う。
注02番ヴァンヌーヴォー(1着):この馬なりに順調。展開次第。先入れ、少し力む。
△10番ジョーメテオ(8着):半蹄鉄気になるもデキ上向く。軽め。

決断、◎14番は、仕上げ良く、ハミ替えし、蹄も良くなり、このメンバーなら取りこぼしは無いか、と。単勝を選択。

結果、好位追走し、ゴール1F手前では確勝かも、もゴール寸前で勝ち馬に、頭の上げ下げで敗れ、2着まで。(涙)

東京10R 距離2400m 日本ダービー(G1)

前日予想

上位馬実力拮抗

◎8番ロゴタイプ:馬体構造的には、母父のサンデーサイレンスの血が色濃く出て、距離延長も問題無く、それ以上に、鞍上の指示通りに動く気性面も魅力。中間の立ち写真を見る通り、中間の馬体重488k(前走時486k)は、好調の証。
○1番キズナ:中間の立ち写真では、腹回りに余分な脂肪が付いて見えたが、中間の馬体重484k(前走時480k)なら、ビッシリ仕上げた感。最内枠、展開とも微妙な面あるが、距離こなし、展開嵌れば逆転まで。
▲9番エピファネイア:皐月賞当時も左脚後ろ側に骨留が出ていたが、この中間の立ち写真でも骨留が目立ち、陣営もソエ(骨留)を杞憂して、追切パターンをコースから坂路に切り替え不安も残るが、中間の馬体重482(前走時486k)は、ビッシリ調教を積んできた証。前走の反動は無さそうだが、当日の馬体重は必見。
注2番コディーノ:脚捌きが硬い面あり、揉まれ弱さ残るが、中間の立ち写真通り、上体面では文句無しのデキ。また、中間の馬体重474k(前走時478k)は、キッチリ仕上げてきた感。スンナリ流れに乗れれば。
△13番マイネルホウオウ:中間の馬体重487k(前走時482k)なら、前走の反動も無く、中間の立ち写真通り、好調をキープしている感。馬体構造的にも、この距離もこなせ、展開次第で浮上。
☆7番ヒラボクディープ:中間の馬体重490k(前走時486k)なら、前走時のデキを維持し更に良くなっている感。距離経験あり、先行流込み注意。

決断、上位3頭の競馬だろう。唯一、気掛かりなのは、ソエがどうのこうのの▲9番だが、馬体重減なら、キッチリと稽古が出来た証でソエの反動はあまり無かったよう。ならばと馬連ボックス(資金配分)を選択。それに、○1番=◎8番のワイドを選択。

結果、◎8番は、道中、好位置に付け、これなら複勝圏内は大丈夫だろう。もう一方の○1番は、予想通り、後方から追走。◎8番は、直線に入り、仕掛けるもジリジリとしか伸びず・・・アチャチャ。一方、▲9番は、馬群の中から抜け出し、一旦は、先頭に踊り出たその一瞬に、○1番が、ゴール手前で凄い脚を使い、全馬を一瞬にして差し切り、完勝。◎8番=○1番のワイドこそ外したが、馬連(970円)はキッチリ成立。ホッ!

12R4歳上1000万下

◎05番ウインラーニッド(1着):アテにし辛い面あるもデキ良し。軽め。
○02番タイキガラハッド(11着):この馬なりに順調。ハミ変え。要注意。少し頭高い。
▲08番スランジバール(5着):展開微妙もデキ上向く。少し後肢の蹴りが弱い。
注16番マウンテンファスト(7着):前走同様煩い面見せるも仕上げ良し。少し脚捌き硬い。
☆12番ジャパンプライド(9着):この馬なりに順調。複勝圏内。少し頭高い。

決断、◎5番のデキなら単勝まで狙えるが、ダービーで、儲け損ないの馬券もあったが、それなりに、本日の商いも出来ており、ここは手堅く、複勝を選択。

結果、◎5番は、ハナを切り、そのまま、危なげ無く、ゴールまで押し切り、完勝。
複勝160円なら御の字でしょう。


赤木日曜

13R ハイカラ屋

イシイさん、しょうじさん&カヨさん(一口愛馬イースターパレードの優勝おめでとうございました。内から差し替えした勝負根性に拍手です)、岐阜からヤマギシくん、サユカちゃん、スタッフの橋浜、イハラで、カヨさんの一口愛馬イースターパレードの祝勝会。しょうじさん&カヨさん、ご祝儀をありがとうございました。

ハイカラ屋の若社長、差し入れありがとうございました。看板娘のヨウコちゃん、差し入れありがとうございました。ルリちゃん、差し入れありがとうございました。

ではでは パドックでお逢いしましょう グッドラック!
JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら



  • コメント( 0 )
©2008 JRDB

【競馬稼業はつらいよ】〜競馬脱税に関して

土曜日:まだ、梅雨入りもしていないのに、お天気は早くも夏日和と云うより、本格的な夏を迎えたように、パドックに立っていても、全身から汗がしたたり落ちる。当然、人間同様、パドックで各出走馬も、全身から汗をほとばしながら周回している馬の多い事。いやはや、早くも夏競馬に突入か。となると、難解なレースが続き、フトコロは一気に寂しくなる。そう、馬券は、慎重にも慎重を喫し闘わなければ、と肝に銘じる。

あ、「馬券脱税の判決」に関して会員掲示板にも投稿しましたが・・・

 「検察側の基準では、男の所得額は払戻金から勝ち馬券分の約1億3千万円を引いた約28億8千万円。半額が課税対象となり、税額が利益を大きく上回ることになった。これに対し弁護側は外れ馬券も経費に含まれるなどと反論、無罪を訴えていた。」

 判決が出ました。「競馬の払戻金を一切申告せず、約5億7千万円を脱税したとして、所得税法違反罪に問われた元会社員の男(39)の判決公判で、大阪地裁(西田真基裁判長)は23日、男に懲役2月、執行猶予2年(求刑懲役1年)を言い渡した。」

弁護人によると、「男は市販ソフトを改良した独自の競馬予想システムで、百万円を元手にインターネットで馬券の購入を始め、土日に開催される全国の中央競馬のほぼ全レースに賭け続けた。2007年から09年までの3年間に、約30億1千万円の払い戻しを受ける一方、約28億7千万円を馬券代に投入し、利益は約1億4千万円だった。」との事。

この判決に、個人的には納得出来ない面もただありますが、被告(元会社員)は、判決を受け止めるとの事なので、私が出しゃばるのは控えます。

今回の件は、マスコミ各社の報道がマチマチで、JRDBのデータを使用していたと報道していたのは、確認できたところでは夕刊フジだけだったので、正確性を確かめる為に、少々、時間が掛りました。

 そんな折りに、某週刊誌から、今回の件に関して取材したいとの申し出があって引き受けたところ、元会社員がJRDBの会員かどうかは、断定出来ませんが、裁判の取材を担当した記者さんによると、JRDBのデータを使用されていたのは確かとのことでした。

記事
  ただ、この件は、個人情報でデリケートな面があり、これ以上の説明は出来ない事をご理解していただければ幸いです。

 その昔に同じような事件? がありました。そう、主犯の外国人率いるユープロ馬券軍団(脱税額180億円)も、JRDBのデーターをシステム化して、馬券で大儲けをし、それを国税局に摘発された件。その主犯格の外向人は、海外に逃亡しました、が。

私も、遅まきながらも「競馬年金受給システム」を構築している次第です。ただ、私の脳みそが少々ポンコツになっている為、遅々として開発が進んでいないのが・・・(涙)。ま、そのうちに完成すれば良いか、と気楽に構えております。(笑い)

で、その基礎固めとして、現時点では殆どデーターを使用せず、パドック主体だけで馬券券種を選択し、買い目数決め、投資金の配分をし、「年金生活者(低所得者)」になりきって闘っています。(笑い)


はて、さて、今週は、お天気が厳しく、どうなるやら・・・。とにもかくも、商いは、朝の涼しいうちに売り上げを達成しておかなければ、と。早速、1Rから、馬券参加。

京都1R

◎11番キンシジェネラル(10着):馬体しっかりしてくる。展開次第。軽め。
○09番ゴッドドリーム(3着):良い意味での平行線。ハミ変え。逆転まで。軽め。
▲06番カネトシエフォート(12着):脚捌き少し硬いがデキ良し。脚捌き硬い。
注01番パープルアイズ(5着):この馬なりに順調。距離向く。煩い。
☆04番グレイングロース(1着):ほぼ仕上がる。蹄良化。ハミ変え注意。少し頭高い。

決断、◎11番は、デキこそ良いが、展開次第の面があり、それでいて単勝1.9倍で複勝も妙味が無く、頭あってヒモ無しか、と。で詰めは甘いが○9番が、制御力の強いハミ替え(ノーマルハミ→Rハミ)で一変あるやもと、複勝を選択。

結果、道中は、マイペースに徹し、四角、外を回り、ジワジワと伸びて、一旦は、2番手まで押し上げたが、ハミを替えても詰めの甘さはあまり変わらず、3着。ま、馬券(複勝170円)になれば正解。ホッ!

05R3歳500万下  

◎02番ダノンレジェンド(13着):馬体、毛づやとも良くなる。ダート変わり好材料。軽めもまずまず。
○05番ミヤジエルビス(3着):馬体しっかりしてくる。シャドーロール装着。少し後肢の蹴りが弱い。
▲16番メイショウユキチ(2着):休み明けもすっきり仕上がる。チークピース装着。先入れ、高脚使う。
注10番ミラクルルーマー(7着):この馬なりに順調。連なら。抑えて軽め。
△13番キングズウェザー(10着):休み明けも好仕上げ。要注意。高脚使う。
☆07番サンライズトーク(12着):休み明けもほぼ仕上がる。複勝圏内。少し脚捌き硬い。

決断、◎2番は、デキ良く、ダート変わりなら一変するか、と。先ず、単勝を選択。で他に目に付いたのが、▲16番は、休み明けながら、仕上げ良く、チークピーシズとビッドガードを装着してくる。また、鞍上が、メイショウ軍団の1人武幸四郎なら、メイチで勝負に出るか、と。複勝を選択。

結果、その◎2番は、砂を被る厳しい展開になり、見せ場も造れ無かったが、その変わりに、▲16番が、馬装具替えで、注文通りハナを切り、ゴール前まで渋太く粘り、2着を確保。単勝1番人気の◎2番が馬券圏外に消えて、▲16番の複勝が、320円にハネて、結果、オーライ。ホッ!

11R朱雀ステークス  

◎06番アグネスウイッシュ(7着):距離微妙もデキ良し。少し後肢の蹴りが弱い。
○04番ミヤジエムジェイ(5着):この馬なりに順調。連なら。軽め。
▲11番ワイズリー(1着):アテにし辛い面あるもほぼ仕上がる。展開次第。少し煩い。
注05番ゴーハンティング(8着):休み明けも好仕上がり。要注意。少し後肢の蹴りが弱い。
決断、◎6番は、距離微妙も、デキの良さで克服するかと。そう、安易な思考回路で、複勝を選択。

結果、直線、伸びきれず、馬券圏外。(涙)

となると、黙っておれない性格だけに、最終レースに賭ける。

◎04番スマートラファエル(5着):馬体しっかりしてくる。距離向く。高脚使う。
○03番ラガートモヒーロ(6着):良い意味での平行線。上位争い。軽目に終始。
▲05番ワンダーコロアール(10着):馬体立派過ぎる感あるもデキ上向く。頭高い。
注06番キタサンシンガー(1着):良い意味での平行線。鞍上魅力。軽め。
☆09番トップオブカハラ(7着):馬体、毛づやとも良く見せる。注意必要。少し後肢の蹴りが弱い。

決断、◎4番のデキ良く、複勝も馬券妙味あり、鞍上も岩田Jなら、なんとかするだろうと。複勝を選択。

結果、道中は、後方から追走し、直線、外から伸びて来るも、展開向かず掲示板まで。(涙)

2連敗するとは・・・。ま、これも競馬です。明日はメイチで頑張るか、と。そう、ギャンブラーは絶えず前向きでないと生きては行けません。(笑い)

赤木土曜


13R ハイカラ屋

京都のKenさん、タンノさん、ヤノくん、スタッフの橋浜、班長さんとお仲間でワイワイヤイヤイ。

ハイカラ屋の若社長、差し入れありがとうございました、某売店のお姉さん、差し入れありがとうございました。

現場参戦

ゴリラーマンさん(開門ダッシュありがとうございました)、ユミさん&ルミさん(ゼロワンチャンプの横断幕張りおつかれさまでした。お土産ありがとうございました)、馬主の国田さん(愛馬ゼロワンチャンプ、放牧のリフレッシュ効果が体に出ていましたね。体が絞れてゲートを克服できたら、地力は上位ですから、焦らずにいきましょう)、次回ご参加ください。
JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら



  • コメント( 0 )
©2008 JRDB

【血統&馬体講座】キズナ-東京優駿

今回のレースロゴ
2013年05月26日(日)
 東京10R 芝2400 東京優駿・G1 1着


プロフィールロゴ
牡3 キズナ
父 ディープインパクト
母 キャットクイル
母父 ストームキャット
出産時の母の年齢 20歳
毛 色 青鹿
馬体重 478K
厩 舎 佐々晶(栗東)
馬 主 前田 晋二氏
生産者 ノースヒルズ
生産地 新冠


ヘイロー系

ディープインパクト

鹿毛  2002
サンデーサイレンス
青鹿  1986
Halo1969Hail to Reason1958
Cosmah1953
Wishing Well1975Understanding1963
Mountain Flower1964
ウインドインハーヘア
   1991
Alzao1980Lyphard1969
Lady Rebecca1971
Burghclere1977Busted1963
Highclere1971
ストームバード系

キャットクイル

鹿毛  1990
ストームキャット
黒鹿  1983
Storm Bird1978Northern Dancer1961
South Ocean1967
Terlingua1976Secretariat1970
Crimson Saint1969
パシフィックプリンセス
鹿毛  1973
Damascus1964Sword Dancer1956
Kerala1958
Fiji Ii1960Acropolis1952
Rififi1954

クロスNorthern Dancer 5 x 4
馬体コメントロゴ
多少腰の甘さはあるが柔軟性を以前よりも増し、腹回りもどっしりし後肢も充実。ただし今回は右前脚のソエが出てる方の蹄にエクイロックス補正をしており、蹄を気にして歩く馬特有の脚癖も出ていた。四肢が非常に長く繋も柔軟で、この2400mをこなす要件は十分に満たす馬体。若干後肢が窮屈になっていたり、少し気配が薄く感じたのは、この馬が仕上がった時の形ということか。蹄に不安が出がちなのは心配だが、もっと幅が出ても良い体つきをしていて、秋はさらに上向く可能性がある。
レースコメントロゴ
序盤はここ2走の通り急がさず、1コーナー通過時は後方3番手。前の方では道中に動きがあったがとにかく徹底して我慢。3コーナーで最内から2頭分外へ、そして追っ付けながら4角を進み隙間を狙って大外へ。坂下で若干狭くなるが、致命的なものではなくあまり問題なし。残り300mで鞭を揮い、一完歩ごとにジリジリ抜け出すと、ゴール前の3歩前で交わして半馬身先頭でゴール。ラスト3Fの上がりはメンバー中最速の33秒5。逃げた馬が3着に粘り込むスローペースの中、全体のペースとキズナ自身の末脚の伸びを読み切り、仕掛けるタイミングも絶妙で、ピッタリとハマった形の勝利だった。
キズナ
キズナ


※写真の無断転載を禁じます

JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら



  • コメント( 0 )
©2008 JRDB
JRDB本家はコチラ
JRDB競馬アラカルト|note
 
記事検索
JRDBについて
JRDB資料
↑クリックして拡大
⇒JRDBについてもっと詳しく
Archives