2014年08月

2014年08月31日

【本日の馬場情報】8/31

【新潟】
新潟新潟
朝の天候は「晴」。 芝:良 ダート:良

少しずつキレ型が優勢になってきた。馬場が硬くなっているところで、雨もなさそうなら、上がり性能上位が中心になってきそう。

ダート
あまり変化は感じないが、前有利を騎手が意識しだしてのオーバーペースには注意。




【札幌】

朝の天候は「晴」。 芝:良 ダート:良





【小倉】
小倉小倉
小倉
朝の天候は「晴」。 芝:良 ダート:良
朝から日差しが照りつけているが、この時期の小倉にしては過ごし易い。風はスタンド側から3コーナーに向いて吹いている。


最後の直線は内側から3分の2程度の範囲で荒れている。それでも内側を通った馬も伸びている。土曜日よりも走りやすい馬場。

ダート
土曜日よりも乾いている。まだ少し脚抜きが良く、引き続き先行できる馬に有利な馬場。



JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら



©2008 JRDB

2014年08月30日

【お知らせ】「Amazon」での予約受付開始

■京大式 馬券選択のルールブック■

261



⇒「Amazon」はコチラから

◎著者
久保和功

◎値段
980円(税込)

◎発売日
9月11日(木)

◎紹介文

大ヒットした『京大式 超オイシイ!
馬券の選び方』から2年――サンスポ連載「京大式・推定3ハロン」でおなじみ久保和功が、さらに進化した馬券選びの技術をコーチング。久保のメイン馬券で
ある3連複、そして馬連を中心に「手堅いレースでキッチリ儲ける買い方」や「波乱予想のレースでの対応」など、勝つための馬券購入法を徹底解説する。さら
に「京大式荒れるレース・荒れないレースの見極め方」もズバリ!  未勝利から重賞・GIまで、そのレースの特色をつかんだ買い方が満載です。


◎出版社からのコメント

無理な穴狙いは禁物!
1点にドカンと資金集中はアウト……など、馬券を買うときに必須のルールが詰まった一冊。特にオススメが3連複を中心とした馬券の組み合わせ方でしょう。
また、GIでは買い続けるとプラスになるという「推定3ハロン」応用の裏技も……。秋競馬開幕に向け必携の一冊です。


⇒「Amazon」はコチラから


JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら



©2008 JRDB

【乗り替わり推進委員会】 8/31

手の骨折で戦列を離れていた武豊騎手だが、当初の宣言通り8月中に復帰。
復帰初日の日曜は3クラと騎乗数は少ないが少数精鋭か。

【小倉8レース 500万下】

7.モズマッテタワ
田辺→義

前走3着と好走した割りに基準で7番人気を評価が低い。
今回は減量の義騎手の騎乗。
義騎手はデビュー直後こそ先行してこそだったが、最近は差し馬で穴をあけることも多い。
前が速くなれば出番は十分。


【小倉10レース 天草特別】

15.ビットスターダム
幸→川島

先週の北九州記念でブービー人気のカイシュウコロンボで3着して大穴を演出した川島騎手に乗り替わり。
全く人気がないだけに思い切った騎乗が出来る。

JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら



©2008 JRDB

【本日の馬場情報】8/30

【新潟】
新潟新潟
朝の天候は「曇」。 芝:良 ダート:良

そろそろ馬場が硬くなってきている印象。小脚が通用せず、パワーやストライドで押す方向にシフトしつつある。もちろん、上がり性能は必要。

ダート
ほぼ乾いているが、時計が速め。前有利が顕著。スピードと先行力は評価したい。




【札幌】
札幌札幌
朝の天候は「晴」。 芝:良 ダート:良
札幌

見た目は変わらず、綺麗なまま。
内が有利なのも変わっていなさそうだが、差しも十分届くようになってきている。

ダート
乾いた良馬場。
ペースが速くなりがちで上がりは掛かるが、差し追い込みが有利な訳ではない。4角までに取り付いていないと勝ち負けにならないか。




【小倉】
小倉小倉
小倉
朝の天候は「晴」。 芝:良 ダート:稍重
日差しはきついが暑さはまだマシ。風はスタンド側から3コーナーに向いて少し吹いている。


今週からBコース使用。内側の荒れは目立つが、伸びないわけではない。パワータイプの馬が少し有利。

ダート
脚抜きが良く走りやすい馬場。先行できる馬に有利な傾向は変わらず。



JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら



©2008 JRDB

【調教より】日曜新馬戦

日曜札幌新馬

オホーツク
併せ馬の外側。札幌ダート。馬場の7分所を半馬身遅れで回り、直線持ったまま先導する馬を交わして最後まで伸びている。
先導する馬の走りが不恰好で、直線相手も止まっていたが、こちらも惰性がキチンと効いてスピードは落ちてない。
若干背中が垂れているか?前傾姿勢過剰で後肢の引き戻し浅いが、四肢は省略気味に速く回る方。
決め手は足りないと思うが、行き切ればチャンスはある。△

カスクストレングス
3頭併せの最内。馬場の7分所を左手前で回り、直線3頭併走で追っ付けて1馬身弱ほどリードを守る。内外差はあった。
前肢を効率よく捌けず、頭は高い。前脚の開きがどうしても改善されない。トモも甘め。
後肢をキチッと回せてるが全体に溜めが足りず窮屈さが目に付く。−

タップザット
3頭併せの真ん中。札幌ダート。馬場の8分所を併走で回るが、直線追い出す前にやたらと頭が高くなる。
コーナーで全然首を使えてない。物見が激しい。前肢に力が篭らず掻きが弱すぎる。四肢を投げ出すばかりで溜めが効いてない。−

ヴェルトフリーデン
併せ馬の内側。札幌ダート。馬場の9分所を1馬身遅れで回り、直線入口で並んで引き続き促すが、前に出そうで出られず。
先導していた併走相手のほうが手応えは楽だった。
コーナーを出かかる時に滑っていたように見えたが、前肢を振り出す走りで伸びやかさがある。首使いの角度も良い。
後肢の折り畳みも滑らか。体がハマれば後肢ももっと伸びやかさが出るはずだが、身のこなしのよさで十分フォローは効く。
ダートならこの動きでOK。馬力もありそう。○

ジーアイウォーカー
併せ馬の外側。札幌ダート。外ラチ沿いを1馬身ほど先導で回り、直線入口で一度並ぶが、再度ジワジワ盛り返して優勢。
前脚を叩く走りだが連携が良くて、そこまで気にするほどのガサツさはない。トモは少々甘いが、腰つきが良く反復がしっかり。
決め手がいいとは思えないがそれなりに整っている。△

マジックボーイ
併せ馬の外側。札幌ダート。馬場の7分所を併走で回り、追っ付け通しの相手に対しこちらは持ったままで併入。
シャドーロール装着も頭は高くない。姿勢が低く前脚の掻き込み実直。トモが寂しく見える。
必要最低限の脚捌きは可能なので、スピードが求められる条件でなければ動ける。△

日曜小倉新馬

パイオニアステップ
3頭併せの真ん中。最初はコーナー近くを2頭で併走、直線で内の馬が接近してきて3頭になり、その中で追ってジワジワ抜け出す。
追っている間もずっと頭は高い。しかし前肢は遠くへ伸びていて、後肢の蹴り戻しも深く、歩幅が広い。
腰の効きが良く飛節のバネセンスが良く、手先に適度に力も篭る。まだしっかり緊張してはいないがセンスありそう。▲

メイショウテンロウ
併せ馬の内側。馬場の8分所を回って、直線ビッシリ鞭入れて追ってジワジワ前に出る。併走相手は追わずに遅れた。
前肢の出がかなり硬い。前傾姿勢過剰。後肢を蹴り抜く力が弱く、腰ブレも気になる。
手先の力が弱く、後肢を捌ききれてないと言う印象。−

レトロロック
3頭併せの真ん中。直線に向いてからの映像。直線後半は外の馬との2頭になって、後から促してジリジリ前に出る。
前脚掻き込む回転速いストライド。トモ腰しっかりしていて後肢の回転機敏。首使いの角度も良く、背中がしっかりしている。
横から全体像を見られたのは僅かな時間だが、それでも後肢の引き付けがしっかりしていて浮力があるのは十分確認できた。○

テイエムダイバード
併せ馬の外側。2頭ピッタリ併走で外ラチ沿いを回り、直線ビッシリ追ってるがあまり進んでいかない。
持ったままの内の併走馬に楽に往なされて劣勢。鞍上の追い方が悪いようにも見える。
映像が暗すぎるのと光度が良くなくて脚捌き不明瞭だが、四肢の反復と首使いとがあまり噛み合ってない。
前傾角度はいい方なので、後肢がもう少し地面を捉え切れていれば、というところ。−

ハッピーキャップ
3頭併せの真ん中。馬場の9分所を3頭併走で回り、直線は外の馬と抜け出して追っ付ける。
首が浮き上がり前捌きガサツ、鞍上の追い方も悪くて上下動が激しすぎ。追ってもバランスが悪くなるばかりで手先に力が入らない。
これではさすがに評価できない。−

日曜新潟新馬

サンマルティン
3頭併せの最内。前で2頭が先導してその1馬身後ろを進み、馬場の馬場の真ん中内目をショートカット気味に回って前に出る。
直線この馬だけビッシリ追うが、真ん中の馬が楽に併せてきてそれには劣勢。
コーナーからやたらと頭が高い。前脚がに股、上体が浮いてしまって掻きが浅い。後肢を強く蹴れる方だが引き戻しが浅くて溜めが半端。
身のこなしに乏しく、体をまだ上手く使いきれてない。−

フェスタジュニーナ
併せ馬の内側。馬場の7分所を若干劣勢で回り、持ったままの相手に対しこちらは追っ付け通しで抵抗して併入。
四肢がブラブラ外を回る雑なフットワークで、首の据わりも悪くかなり腰も甘い。全体のパーツ連動が悪く緊張感がない。
現状はまだ動きが重たい。伸びやかさはあるが…。−

クインズケリド
併せ馬の内側。馬場の6分所を併走で回り、直線しっかり追って徐々に引き離す。
前脚の開きが目立ち、明らかながに股。直線右手前が替わらない。
腰の支えがしっかりしていて反復は機敏だが、結構バランスの悪い走りをしてる。滞空時間も短い。
整っていることは評価できるが、ダート短距離などの方がいいのでは?△

ミュゼゴースト
併せ馬の右側。馬場の9分所を若干遅れで回り、直線追っ付けるがあまり反応しない。若干劣勢で流れ込むところまで。
直線なかなか手前を替えず、前肢の曲がりも目立つ。前掻きが弱いために、後肢を素早く引き上げられないように感じる。−

リープフロッグ
併せ馬の右側。半ばからこちらが先に追っ付けるが、併走相手がその後対応してアッサリパスされた。3馬身弱ほど遅れる。
ただ、走破タイムは悪くない。正対もキチンとできている。右前脚が若干重たい印象はあるが、四肢の窄みや内掻きもない。
相手が走りすぎたようにも感じる。後肢をちゃんと蹴り切れて首を下げるバランスになれば身のこなしも良くなるはず。
馬力はしっかりしているように思うのだが、現状は不十分と見たほうがいいか。使ってすぐ変われそう。△

レーヴラヴィッサン
併せ馬の右側。馬場の9分所を追っ付けて回り、直線もずっと追ってるが、持ったままの併走馬に楽に並ばれて手応えも一杯。
最後まで手前が替わらず、首が硬くて効きが悪い。ごまかしが効かない条件なので、この動きでは評価したくない。−
JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら



©2008 JRDB
記事検索
JRDB本家はコチラ
JRDBについて
JRDB資料
↑クリックして拡大
⇒JRDBについてもっと詳しく