2016年05月

2016年05月27日

【外厩名人】村山弘樹の明日使える?データ

この時期だから仕方のないことではあるが、土曜日は有力外厩帰りながらも少し足りない馬が多く、推奨はしづらい。外厩データでこそ抽出されなかったが、Cルメール騎手が土曜日から東京で乗るのでそこを軸に馬券を組み立てていくのがベターか。
◆2016年Cルメール騎手の場別成績:
Crume
関東に遠征したときに良い馬で確実に勝ち星を積み重ねていますね。先週もすごかった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
外厩的に複勝率・期待値が高いレースをピックアップ!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆京都11R 15番スナッチマインド・・・ノーザンFしがらきの基準1番人気×川田騎手
snach
戦績を見ると毎回頑張って走ってくれる孝行ものですね。なかなか勝ちに遠いタイプなので連軸が正解かも。前から何度もお伝えしていますが、4月以降ノーザンFしがらきから帰ってきた馬が振るわない。特に条件戦ではかなり期待値が下がってきています。じゃあなんで推奨するのかと言われたら"他にいないから"としか言いようがありません。申し訳ないです。

村山弘樹
JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら



  • コメント( 0 )
©2008 JRDB

2016年05月26日

東京優駿(日本ダービー) 外厩メモ

☆ダービーの近5年の成績:

◆2015年
2015

◆2014年
2014

◆2013年
2013

◆2012年
2012

◆2011年
2011


距離や体重が不安な牝馬たちのオークスでは外厩を使用することがベターであったが、どうやら牡馬は皐月賞後、在厩でビシビシやるのがパターンか。今年も外厩からの帰厩初戦の馬は僅かで、人気が予測される馬は皆在厩調整ですね。

昨年こそノーザンが上位を独占したが、意外とノーザン一強ではないレース。
というのも、周知の事実ですが、Cコースで行われるために1枠が圧倒的に有利だからでしょう。枠を見てからゴロっと予想が変わるという方も多そう。

今年はレインボーラインとプロフェットがノーザンFしがらき帰り初戦で、あとは外厩を使っていないというのが現時点でのデータ。

.............
.............
.............

☆人気になるであろう各馬の過去外厩成績:

◆ディーマジェスティ
dhi-ma


◆マカヒキ
makahiki

◆サトノダイヤモンド
satonoda

◆エアスピネル
eas

◆リオンディーズ
rion

◆ヴァンキッシュラン
vanq

◆レッドエルディスト
red

◆スマートオーディン
smart

.............
.............
.............

普段外厩のデータを見ている身としては、外厩から帰厩して以降に多く走っている馬はマイナス補正したいのですが、ことダービーに関しては、ワンアンドオンリーが新馬戦以来外厩を使わずに帰厩9走目で勝利したという例もあり、帰厩4,5走目でも、帰厩初戦でも関係なく来るのでちょっと傾向としては表せない。。。結局は強い馬を探せということになるのか。。。

村山弘樹

JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら



  • コメント( 0 )
©2008 JRDB

2016年05月25日

【競馬稼業はつらいよ】〜2週続いての裏開催と夏日に・・・。

土曜日:前日の天気予報では、京都の気温が30度とか、ま、パドックなら、30度以上になるのは間違い無し。いやはや、早くも馬券の闘いを通り越して夏日との闘いになりそう。ま、これも「馬見家」の宿命、そう、頑張るのみ! それにしても・・・(涙)。

京都11R ダート1900m 平安ステークス(G3)

◎14番アスカノロマン(1着):良い意味での平行線。軽めもまずまず。
○02番ドコフクカゼ(11着):馬体ふっくら見せ順調。少し脚捌き硬い。
▲11番クリノスターオー(2着):馬体、毛ヅヤとも良くなる。軽目に終始。
注04番ロワジャルダン(10着):良い意味での平行線。シャドーロール外す。少し脚捌き硬い。
△06番クリソライト(3着):すっきり仕上がる。距離こなす。少し煩いが動きはマズマズ。
☆03番ショウナンアポロン(12着):お釣りある仕上げもデキ良し。少し頭高い。

総評 上位馬実力拮抗

結果、◎14番が外から馬なりでハナに立ち、▲11番が2番手、*7番は好位から追走。中団の外から▲6番が追走し、○2番は後方から。◎14番は。道中、マイペース叶い楽な手応えで直線に入っても脚色衰えず、後続を更に引き離し、完勝。▲11番は、離れた2番手も渋太く粘り通し、2着確保。△6番は、ゴール前、外から伸びてくるも、詰め切れず、3着まで。

*◎14番は、ここでは力が違った感。次走も楽しみ。

日曜日:昨日以上に、暑さが厳しくなりそう。ま、ソレ以上に、肝心の「馬」、「騎手」ともども手薄になり、パドック情報は厳しい結果になりそう。個人馬券なら見(ケン)をすれば、何の問題も無いが、事、パドック情報となると・・・。特に、たちが悪いのが、各レースにおいて、中心になる軸馬はそれなりに存在しているのだが、とにもかくも相手馬が横一線で、どうもこうも評価のしようが無いだけに、パドック情報は、逃げ道が無い。そう、暑さと見応えの無いパドック&レースが続けば、後は、体力、集中力との闘いだが・・・。こんなの「競馬」じゃねぇ! それにしても参りました。

東京11R 芝2400m 優駿牝馬(G1)

伏兵注意

◎シンハライト:前走(桜花賞・G1)の敗因は、相手も強かったが、四角、外を回り早めの仕掛けが裏目に出た感。距離延長、コース替わり問題無く、短期放牧(ノーザンFしがらき)効果、ハミ替え(Eハミ→ノーマルハミ)2走目の慣れ見込め。中間の馬体重430k(前走時426k)は、中間の立ち写真通り、好調キープ。

○アットザシーサイド:馬体構造的には、距離に若干、不安抱えるが、短期放牧(グリーンウッド)効果見込め、直線だけの競馬に徹すれば克服可能。中間の馬体重444k(前走時430k)は、前走時(桜花賞)の馬体重減が戻り、中間の立ち写真通り、好仕上げ。

▲チェッキーノ:この厩舎らしく、お釣りある仕上げで見た目はスピード感に欠けるが、余程、心配能力が高いのか、レースに行けば、過去の対戦馬とは段違いの末脚を使う。馬体構造的に、距離微妙な面あるが、直線の勝負に持ち込めば勝ち負けまで。中間の馬体重466k(前走時464k)なら、お釣りある仕上げに映った中間の立ち写真よりも絞れた感。
注エンジェルフェイス:距離微妙な面あるが、中間の馬体重504k(前走時496k)は、 中間の立ち写真通り、好仕上げ。マイペース叶い揉まれなければ流れ込み可能。

△ロッテンマイヤー:馬体構造的に、距離微妙な面あるが、立ち回り巧くなり、中間の馬体重484k(前走時470k)は、中間の立ち写真通り、お釣りある仕上げ。長距離輸送と、直前のひと追いで何処まで絞れるかが鍵。絞れておれば要注意。
 
☆フロムマイハート:前走(スイーS)は、長距離輸送の為か、−12kの馬体重減も、問題無く、中間の馬体重442k(前走時420k)は、数字上は重目残りだが、中間の立ち写真を見る限り、重め感無く、好仕上げ。

☆ビッシュ:前走の敗因は、抑える競馬が裏目に出た感。小柄だけに、馬体面からの上積みは薄いが、中間の馬体重412k(前走時404k)なら、問題無く。距離、コース向く。短期放牧(ノーザンF天栄)効果見込め。

結果、*10番がハナに立ち、11番が2番手、*7番が好位から。○4番は中団馬群の中、その後ろに、◎3番が付け、▲13番は後方の外から追走。直線、早めに注11番が早めに抜け出しを計ったが、直線半ばに☆14番(3着)が先頭に立つも、◎3番が、直線半ばで他馬と接触しながらも、1F手前でスイッチが入り、勢い良く伸び、快勝! ▲13番は外から伸びて来たが、後一歩届かず、2着まで。

▲13番は、まだ、お釣りある身体付きだけに、上積み見込め次走も楽しみ。


土曜日 13R ハイカラ屋

岐阜からヤマギシくん(開門ダッシュありがとうございました)、ダンさん、ショウジさん、横浜から馬主のナカムラさん(一口愛馬&名づけ親のシルヴァーバレット&テラノヴァの応援おつかれさまでした)、モジャさん、フルサワくん、スタッフの橋浜、イハラとワイワイヤイヤイ。参加された皆さん、おつかれさまでした。

現場参戦

ユミさん(お土産ありがとうございました)、次回ご参加ください。

ハイカラ屋の皆さん、ありがとうございました。


日曜日 13R ハイカラ屋

ヤマギシくん、サユカちゃん(差し入れありがとうございました)、モジャさん、マキさん、スタッフの橋浜、イハラとワイワイヤイヤイ。参加された皆さん、おつかれさまでした。

Jumboさん、馬券的中おめでとうございました。差し入れありがとうございました。

ハイカラ屋の皆さん、連日ありがとうございました。

ではでは パドックでお逢いしましょう グッドラック!

JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら



  • コメント( 0 )
©2008 JRDB

2016年05月23日

ダービー過去17年×JRDBデータ

  • コメント( 0 )
©2008 JRDB

2016年05月22日

【血統&馬体講座】キョウエイギア(鳳雛S)

今回のレースロゴ
2016年05月22日(日)
 京都10R ダ1800 鳳雛ステークス 1着


プロフィールロゴ
牡3 キョウエイギア
父 ディープスカイ
母 ローレルアンジュ
母父 パラダイスクリーク
出産時の母の年齢 14歳
毛 色 鹿毛
馬体重 480K
厩 舎 矢 作(栗東)
馬 主 田中 晴夫氏
生産者 村上 幹夫
生産地 青森
ヘイロー系

ディープスカイ

   2005
アグネスタキオン
栗毛  1998
Sunday Silence1986Halo1969
Wishing Well1975
アグネスフローラ1987Royal Ski1974
アグネスレディー1976
アビ
   1995
Chief's Crown1982Danzig1977
Six Crowns1976
Carmelized1990Key to the Mint1969
Carmelize1972
リヴァーマン系

ローレルアンジュ

   1999
パラダイスクリーク
鹿毛  1989
Irish River1976Riverman1969
Irish Star1960
North of Eden1983Northfields1968
Tree of Knowledge1977
スマートダーリン
黒鹿  1982
Alydar1975Raise a Native1961
Sweet Tooth1965
Smartaire1962Quibu1942
Art Teacher1958
クロスNorthern Dancer 5x5
馬体コメントロゴ
手脚が若干、伸びた感。無駄肉が削がれダート馬としてはスマートな身体付きだが全体的にシッカリしてきた。今走は、連闘ながらも掛かること無く、精神面でも成長を感じる。
レースコメントロゴ
暑い中連闘。スッと好位を取るが、2コーナーでかなりウルサイ面を見せる。誰しもが「強い」と思えるようなレース内容ではないかもしれないが、なかなか骨のあるメンバーが揃った中で確りと勝ち切ったことは能力の証明。
160522-10キョウエイギア
キョウエイギア
ディープスカイ
ディープスカイ
パラダイスクリーク
パラダイスクリーク



ディープスカイ-脚
ディープスカイ-脚
パラダイスクリーク-脚
パラダイスクリーク-脚
160522-10キョウエイギア脚
キョウエイギア-脚
血統コメントロゴ
父ディープスカイ×母ローレルアンジュ(母父パラダイスクリーク)の血統構成。5代までにNorthern Dancerクロスを持つ。

※写真の無断転載を禁じます


JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら



  • コメント( 0 )
©2008 JRDB
JRDB本家はコチラ
JRDB競馬アラカルト|note
 
記事検索
JRDBについて
JRDB資料
↑クリックして拡大
⇒JRDBについてもっと詳しく
Archives