2017年08月

2017年08月30日

【血統&馬体講座】 バブリーバローズ

今回のレースロゴ
2017年08月27日(日)
 小倉05R 芝2000 2歳新馬 1着


プロフィールロゴ
牡2 バブリーバローズ
父 ステイゴールド
母 バブリームード
母父 クロフネ
出産時の母の年齢 8歳
毛 色 栗毛
馬体重 442K
厩 舎 池江寿(栗東)
馬 主 猪熊 広次氏
生産者 社台コーポレーション白老ファーム
生産地 白老
ヘイロー系

ステイゴールド

黒鹿  1994
サンデーサイレンス
青鹿  1986
Halo1969Hail to Reason1958
Cosmah1953
Wishing Well1975Understanding1963
Mountain Flower1964
ゴールデンサッシュ
栗毛  1988
Dictus1967Sanctus1960
Doronic1960
ダイナサッシュ1979Northern Taste1971
Royal Sash1966
ヴァイスリージェント系

バブリームード

   2007
クロフネ
芦毛  1998
French Deputy1992Deputy Minister1979
Mitterand1981
Blue Avenue1990Classic Go Go1978
Eliza Blue1983
バブルドリーム
   1993
Akarad1978Labus1971
Licata1969
Bubble Prospector1984Miswaki1978
Bubble Company1977
クロスなし
馬体コメントロゴ
薄身体型だが、前後躯のバランスが良く、胴、手脚、繋の長さは標準で、繋の角度(遊び)は程良くある。蹄の大きさは標準、蹄底は若干厚め。馬場状態は良馬場がベストだが、稍重程度ならこなす。距離は1600m〜2000mがベストだが成長次第では2400mもこなす。

レースコメントロゴ
パドックでの歩様からはやや硬い面が見受けられたが、バブリーバローズが人気に応えての新馬勝ち。力む素振りを見せ、中団で折り合いを確かめながら乗られ、3角入口から一気に先頭に並びかけるとそのまま危なげなく押し切った。大差を付けたわけではないが、最後まで余裕ある勝ちっぷり。新馬戦に強い馬が多い、猪熊広次氏×池江泰寿厩舎のコンビはやはり安定している。
170827-バブリーバローズ
バブリーバローズ
ステイゴールド
ステイゴールド
クロフネ
クロフネ



ステイゴールド-脚
ステイゴールド-脚
クロフネ-脚
クロフネ-脚
170827-バブリーバローズ脚
バブリーバローズ-脚
血統コメントロゴ
父ステイゴールド×母バブリームード(母父クロフネ)の血統構成。5代までにクロスを持たない。

※写真の無断転載を禁じます


JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら



©2008 JRDB

【血統&馬体講座】 レグルドール(ひまわり賞)

今回のレースロゴ
2017年08月26日(土)
 小倉09R 芝1200 ひまわり賞 1着


プロフィールロゴ
牝2 レグルドール
父 アドマイヤマックス
母 コスモパルムドール
母父 ヨナグスカ
出産時の母の年齢 11歳
毛 色 鹿毛
馬体重 462K
厩 舎 杉山晴(栗東)
馬 主 螢哀薀鵐妊ーナーズ
生産者 田上 勝雄
生産地 宮崎
ヘイロー系

アドマイヤマックス

鹿毛  1999
サンデーサイレンス
青鹿  1986
Halo1969Hail to Reason1958
Cosmah1953
Wishing Well1975Understanding1963
Mountain Flower1964
ダイナシュート
栗毛  1982
Northern Taste1971Northern Dancer1961
Lady Victoria1962
シャダイマイン1973Hitting Away1958
Fancimine1967
ブラッシンググルーム系

コスモパルムドール

   2004
ヨナグスカ
   1998
Cherokee Run1990Runaway Groom1979
Cherokee Dame1980
Marital Spook1990Silver Ghost1982
Homewrecker1983
ゲイトスインガー
   1995
Wayne's Crane1984L'Enjoleur1972
True to Romeo1977
Sovereign Nation1985Sovereign Dancer1975
Hazy Nation1968
クロスNorthern Dancer 4x5
馬体コメントロゴ
腹袋が大きく、肉量豊富。胴は若干詰まり気味。手脚、繋の長さは標準で、繋の角度(遊び)は若干窮屈。蹄の大きさと蹄底の厚みは標準。馬場状態(芝)は良馬場がベストだが稍重程度ならこなす。距離は1200m〜1400m。
レースコメントロゴ
ただ一頭、1分9秒台の持ち時計があったレグルドールが順当勝ち。好位から4角で手応えよく先頭を捉えると、楽な感じで最後まで駆け抜けオープン勝ち。結局このレースにおいても9秒台で走れたのはレグルドールだけで、今年の九州産馬のなかでは頭一つ抜けていた。ただし、ここからは8秒台を記録してきた馬との戦いになる。例年のひまわり賞馬は苦戦傾向にあるが、この馬はどうか。
170826-9レグルドール
レグルドール
アドマイヤマックス
アドマイヤマックス
170730-6レグルドール
新馬戦時



アドマイヤマックス-脚
アドマイヤマックス-脚
170730-6レグルドール脚
新馬戦時-脚
170826-9レグルドール脚

レグルドール-脚
血統コメントロゴ
父アドマイヤマックス×母コスモパルムドール(母父ヨナグスカ)の血統構成。5代までにNorthern Dancerクロスを持つ。

※写真の無断転載を禁じます


JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら



©2008 JRDB

【血統&馬体講座】 ブラウハーツ

今回のレースロゴ
2017年08月26日(土)
 小倉05R 芝1200 2歳新馬 1着


プロフィールロゴ
牡2 ブラウハーツ
父 エイシンアポロン
母 エーシンブイムード
母父 マリブムーン
出産時の母の年齢 10歳
毛 色 鹿毛
馬体重 430K
厩 舎 鈴木孝(栗東)
馬 主 金山 敏也
生産者 栄進牧場
生産地 浦河
ストームバード系

エイシンアポロン

   2007
ジャイアンツコーズウェイ
   1997
Storm Cat1983Storm Bird1978
Terlingua1976
Mariah's Storm1991Rahy1985
Immense1979
Silk And Scarlet
   2002
Sadler's Wells1981Northern Dancer1961
Fairy Bridge1975
Danilova1990Lyphard1969
Ballinderry1981
シアトルスルー系

エーシンブイムード

   2005
マリブムーン
   1997
A.P. Indy1989Seattle Slew1974
Weekend Surprise1980
Macoumba1992Mr. Prospector1970
Maximova1980
Val U Me
   1999
You and I1991Kris S.1977
La Chaposa1980
Valenza1990Chief's Crown1982
Soli1982
クロスNorthern Dancer 5x4x5 Roberto 5x5 Secretariat 5x5
馬体コメントロゴ
肉、骨量豊富。胴、手脚、繋はともに長めで、繋の角度(遊び)は程良くある。蹄の大きさは標準で、蹄底は若干厚め。馬場状態(芝)は晴れ雨不問。距離は1200m〜1800m。

レースコメントロゴ
好位外からの競馬でブラウハーツが押し切る。父エイシンアポロン母父Malibu Moonという持ち前のスピードを新馬戦から発揮した。また、エイシンアポロン産駒はこれが新馬戦初勝利。2着には小柄なディープ牝馬ラぺールノアールが浮上。体は小さいがしっかりとしたフットワークを見せており、いかにも父産駒らしい脚が使えるタイプに映った。馬体重ゆえに反動が心配だが、次走でも有力だろう。
170826-5ブラウハーツ
ブラウハーツ
エイシンアポロン
エイシンアポロン
画像なし
マリブムーン



エイシンアポロン_脚
エイシンアポロン-脚
画像なし-脚
マリブムーン-脚
170826-5ブラウハーツ脚
ブラウハーツ-脚
血統コメントロゴ
父エイシンアポロン×母エーシンブイムード(母父マリブムーン)の血統構成。5代までにNorthern Dancer, Roberto, Secretariatクロスを持つ。

※写真の無断転載を禁じます


JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら



©2008 JRDB

2017年08月28日

【競馬稼業はつらいよ】〜夏競馬は毎度のコトながら難儀!

土曜日:未明の雨の影響で、気温は幾分低いが、問題の馬場状態が、芝コース、稍重。ダートコース重馬場と、世の中思うようには行かないのが世の常。と云って、仕事を投げ出す訳にも行かず「馬見家」は、頑張るのみ! それにしても今開催は苦難の連続。いやはや、出会い頭でもいいから結果が得られれば・・・。←(世の中、そんなに甘くない!)

小倉5R2歳新馬      

◎12番ラペールノアール(2着):仕上げ良し。距離向く。少し煩い。
○03番アプローズ(4着):ほぼ仕上がる。距離向く。少しできる。
▲08番メイショウトラマツ(3着):脚捌き少し硬いがデキ良し。元気良し。
注10番ブラウハーツ(1着):ほぼ仕上がる。距離向く。少し力む。
△01番オルニス(5着):踏み込み少し緩いがデキ良し。頭高いが全体的な動きはマズマズ。
総評 各馬仕上げ途上馬多く

結果、*6番がハナに立ち、▲8番は、2番手、○3番は好位の内、注10番は好位の外から、◎12番は中団馬群の中、△1番は出遅れ後方からになったが、内から早めに仕掛けて中団から追走。▲8番が四角手前から早めに仕掛けて先頭に踊り出て終いまで踏ん張っていたが、注10番が勝負処で先頭にたち、そのまま、後続を振り切り、快勝。◎12番は外から、伸びて来たが、後一歩届かず、2着まで。

日曜日:天気も良く、暑さも程ほどだけに、パドックはなんとかしたいが、芝コースこそ良馬場だが、ダートコースは稍重状態。となると、これまたダート戦は難儀な状態。はてさて、結果は如何に?っても・・・。結果はともかく頑張るしか無い!

小倉5R2歳新馬     

◎06番バブリーバローズ(1着):仕上げ良し。距離向く。元気良し。
○03番タイセイトレイル(6着):ほぼ仕上がる。距離向く。少し脚捌き硬い。
▲01番ゼットアレース(8着):お釣りある仕上げもデキ良し。周回途中から馬ッケ。少し後肢の蹴りが弱い。
注04番ナリタブルー(2着):お釣りある仕上げもデキ良し。少し頭高い。

総評 ◎6番以外は仕上げ途上馬多く

結果、▲1番が掛かり気味にハナに立ち、注4番は2番手追走、*2番は好位の内、*9番は中団の内、○3番は後方の内、◎6番は最後方から追走。注4番が直線、勝負処で先頭に立ち、◎6番とマッチレースの形になるも、最後、◎6番に押し切られ、2着惜敗。*9番は最内から渋太く伸びて、3着確保。

土曜日 13R ハイカラ屋→あぶくり夜カフェ

森祐太朗騎手のお祖父さん、お祖母さん、大阪からタクシーの運転手さん、ハイカラ屋の若社長、スタッフの橋浜とワイワイヤイヤイ。参加された皆さん、おつかれさまでした。
現場参戦

カワバタさん(開門ダッシュありがとうございました)、ミホさん(お土産ありがとうございました)、次回ご参加ください。

日曜日

現場参戦

カワバタさん(連日の開門ダッシュありがとうございました)、コモリさん、アキちゃん、おつかれさまでした。

ではでは パドックでお逢いしましょう グッドラック!

JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら



©2008 JRDB

2017年08月27日

【本日馬場情報】 8/27

【新潟】
 芝:良 ダート:良
今日は朝から雲一つない青空が広がっていて、日差しは強いながらも心地よい風が吹き込み、若干暑さ和らぐ乾燥する気候となっています。
今日はこのままでしょう。ダートもおいおい乾くはずです。




土曜日よりは乾いていて、まず真っ当な良馬場と考えて良いはずです。
どこが伸びるというわけではなくフラットで、脚質にこだわらず新潟適性のある馬を選びましょう。
土曜日よりはグリップも効くので、隊列をあまり気にしなくてもいいはずです。

ダート

稍重スタート。
やけに速い時計が出る状況のようで、まだ前が有利なままです。
内枠からロスなく運ぶ形が有利で、4角2列目までには位置取りしておきたいところ。
スタミナに寄らないので、休み明けでリフレッシュしてきた馬や、芝からダート替わりの馬に注意。





【小倉】

 芝:良馬場 ダート:稍重

暑さは辛抱できる程度。風はスタンド側から3コーナーに向いて吹いている。



土曜日よりも乾いて走りやすい馬場。中団よりも前で競馬を進められる馬が有利。

ダート
土曜日よりも乾燥しているが、まだ若干脚抜きが良い馬場。引き続き、先行馬向きのコンディション。

WIN_20170827_09_44_23_Pro
WIN_20170827_09_45_16_Pro
WIN_20170827_09_45_21_Pro









JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら



©2008 JRDB
記事検索
JRDB本家はコチラ
JRDBについて
JRDB資料
↑クリックして拡大
⇒JRDBについてもっと詳しく
Archives