2018年05月

2018年05月23日

【血統&馬体講座】 ハーベストムーン(鳳雛ステークス)

今回のレースロゴ
2018年05月20日(日)
 京都10R ダ1800 鳳雛ステークス 1着


プロフィールロゴ
牡3 ハーベストムーン
父 マンハッタンカフェ
母 レツィーナ
母父 キャプテンスティーヴ
出産時の母の年齢 11歳
毛 色 黒鹿
馬体重 510K
厩 舎 浅見秀(栗東)
馬 主 三田 昌宏氏
生産者 ノーザンファーム
生産地 安平
ヘイロー系

マンハッタンカフェ

青鹿  1998
サンデーサイレンス
青鹿  1986
Halo1969Hail to Reason1958
Cosmah1953
Wishing Well1975Understanding1963
Mountain Flower1964
サトルチェンジ
黒鹿  1988
Law Society1982Alleged1974
Bold Bikini1969
Santa Luciana1973Luciano1964
Suleika1954
ダマスカス系

レツィーナ

   2004
キャプテンスティーヴ
   1997
Fly So Free1988Time for a Change1981
Free to Fly1974
Sparkling Delite1985Vice Regent1967
Sparkling Topaz1974
タニウインドタイム
鹿毛  1996
Brian's Time1985Roberto1969
Kelley's Day1977
Wind Shear1986Fappiano1977
Ellie Milove1977
クロスHail to Reason 4x5
馬体コメントロゴ
腹袋が大きく、肉量豊富。胴、手脚の長さは標準。繋は若干長めで、角度(遊び)は若干窮屈だ。蹄音の大きさは標準で、蹄底は若干厚め。馬場状態(ダート)は、晴れ雨不問。距離は1700m〜1800m。

レースコメントロゴ
最初の600m通過が38.8秒の超スロー。その分上がり3Fタイムは36.2と速め。ハーベストムーンは展開を利したコトは否めないが、しっかりと決めても披露。グレートタイムとコマビショウも差はない。過去に世代トップクラスの馬と対戦経験があった人気馬が順当に好走したレース。
180520-10ハーベストムーン

ハーベストムーン
マンハッタンカフェ
マンハッタンカフェ
画像なし
キャプテンスティーヴ



マンハッタンカフェ-脚
マンハッタンカフェ-脚
画像なし-脚
キャプテンスティーヴ-脚
180520-10ハーベストムーン脚
ハーベストムーン-脚
血統コメントロゴ
父マンハッタンカフェ×母レツィーナ(母父キャプテンスティーヴ)の血統構成。5代までにHail to Reasonクロスを持つ。

※写真の無断転載を禁じます


JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら



  • コメント( 0 )
©2008 JRDB

【血統&馬体講座】 ドレーク(メルボルンT)

今回のレースロゴ
2018年05月19日(土)
 京都09R 芝2200 メルボルンT 1着


プロフィールロゴ
牡3 ドレーク
父 ルーラーシップ
母 ディアアドマイヤ
母父 サンデーサイレンス
出産時の母の年齢 18歳
毛 色 鹿毛
馬体重 472K
厩 舎 藤岡健(栗東)
馬 主 襯轡襯レーシング
生産者 坂東牧場
生産地 平取
ミスタープロスペクター系

ルーラーシップ

   2007
キングカメハメハ
   2001
Kingmambo1990Mr. Prospector1970
Miesque1984
Manfath1991Last Tycoon1983
Pilot Bird1983
エアグルーヴ
   1993
Tony Bin1983Kampala1976
Severn Bridge1965
ダイナカール1980Northern Taste1971
シャダイフェザー1973
ヘイロー系

ディアアドマイヤ

鹿毛  1997
サンデーサイレンス
青鹿  1986
Halo1969Hail to Reason1958
Cosmah1953
Wishing Well1975Understanding1963
Mountain Flower1964
マリスター
   1991
Baldski1974Nijinsky1967
Too Bald1964
Pink Dove1984Argument1977
Perfect Pigeon1971
クロスNorthern Dancer 5x5
馬体コメントロゴ
腹袋が大きく、肉量が豊富。胴、手脚の長さは標準で、繋は若干長め。繋の角度(遊び)は程良くある。蹄の大きさ、蹄底の厚みとも標準。馬場状態(芝)は良馬場ベストだが、稍重程度ならこなす。距離は1800m〜2400m。

レースコメントロゴ
良馬場発表ではあるものの、直前までは稍重馬場。直線入口では、追い出しを待つ余裕があったアフリカンゴールドが抜け出す。それを目標にドレークが伸び、最後は一馬身抜け出した。中距離以上の距離で経験を積んできたことと、休養がうまく作用した。マイスターシャーレもよく懸命に差を詰めてはきたが3着まで。
180519-9ドレーク
ドレーク
ルーラーシップ
ルーラーシップ
サンデーサイレンス
サンデーサイレンス



ルーラーシップ_脚
ルーラーシップ-脚
サンデーサイレンス-脚
サンデーサイレンス-脚
180519-9ドレーク脚
ドレーク-脚
血統コメントロゴ
父ルーラーシップ×母ディアアドマイヤ(母父サンデーサイレンス)の血統構成。5代までにNorthern Dancerクロスを持つ。

※写真の無断転載を禁じます


JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら



  • コメント( 0 )
©2008 JRDB

2018年05月20日

【本日の馬場情報】5/20

【東京】
 芝:良 ダート:良
今日は朝から気持ちの良い快晴で、肌を刺すほどの強い日差し。しかしまだ冷たい風がやや強めで吹き込み、そちらは肌寒いかなと感じます。
気温はおそらくぐんぐん上がるはずで、結構乾燥しそうです。



引き続き馬場状態は良好です。
内も悪くありませんが直線の真ん中やや外の、一切掘れた跡がないルートの方が伸びているようで、坂上もう一伸びできるタイプが有利のよう。
芝が本当に良いので道中ペースが速いのに、それを追走して直線に向いてもう一押ししないと勝てない、走破力が必要な状況です。

ダート

土曜日と同じくパサパサのダートで、砂煙がもうもうと立ち上り、芝コースにまで砂煙が侵入しています。
水撒きが追いついていないと感じるほど。ちょっと待てばすぐ乾いてしまいます。
全体にやや時計が掛かって、どの距離でも上がりが一定になっていますが、流れに乗った先行馬が止まりにくい結果が続いています。





【新潟】
 芝:稍重 ダート:重
今日は朝から快晴です。空気は冷たいままですが、風もなく穏やかな一日になりそうです。

芝:

昨日と同様に時計は掛かっていて内が有利な馬場状態だと思われます。


ダート:

馬場が締まって走りやすく時計はかなり速い状況で先行できない馬はかなり厳しいようです。







【京都】
 芝:良馬場 ダート:良馬場

WIN_20180520_11_38_06_Pro
WIN_20180520_11_39_32_Pro
WIN_20180520_11_40_04_Pro


暑い。風はスタンド側から3コーナーに向いて少し吹いている。


土曜日よりも乾いている。トビが綺麗な馬に向く馬場。

ダート
乾燥している。馬格がある先行馬に有利な馬場。




JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら



  • コメント( 0 )
©2008 JRDB

2018年05月19日

オークス 村山より

多くの牝馬がこのレースで初めて2400mを経験する。距離適性はもちろん、長い直線で最後まで脚を伸ばせる末脚の持続力を重視したい。昨年のモズカッチャンこそ当てはまらなかったが、過去の好走馬はノーザンF・社台F系外厩でリフレッシュを行った馬ばかり。芝の中距離で脚を伸ばす馬を生産・育成するノウハウについては流石だ。

15

17

16

過去の外厩傾向は、飯村さんのブログを参考にどうぞ
http://blog.jrdvsp.com/archives/9113540.html

今回合致するのは▲薀奪ーライラック、レッドサクヤ、アーモンドアイ、吋蹈汽哀薀Εの4頭。実績からも調整過程からもラッキーライラック、アーモンドアイの優位は変わらない。16頭が残りの1枠を争うレースだ。

+-+-+-
+-+-+-

IMG_2883

桜花賞のIDMが歴代の名牝を上回ったアーモンドアイ。出遅れ癖、蹄の状態、手前を替える癖、距離適性...etcとケチをつける点は目立つ。それでもIDM、上がり指数はメンバー突出。村山激走指数も1番手なので逆らいようがない。このオークスに関してはハープスターのイメージ。後方から末脚を伸ばすことに徹すれば、最低でも圏内には。もちろん突き抜けてもおかしくなく。
この中間はノーザンファーム天栄で息抜き。5/3に帰厩した後のしなやかな調教の動きからは蹄のダメージ等は垣間見られなかった。

4/10〜4/21の短い期間をNFしがらきでのリフレッシュに充てた▲薀奪ーライラック。チューリップ賞→桜花賞でIDMが62と上昇しなかったことは不満だが、先行して上位の上がり3Fタイムでまとめられる能力は説明不要。調教は前走時ほどの迫力は感じなかったが、「折り合いを確かめて終いを伸ばす」という意図通りならばケチを付けることもない。赤木さんほか、現場の声を聴いていると、「ラッキーライラックは素晴らしい馬だ」とばかり聞こえてくる。

今年の牝馬路線は阪神JF→チューリップ賞→桜花賞がつながっていたように勢力図が昨年から変わっていない。フローラS組は┘汽肇離錺襯ューレだけケアして、残りは桜花賞上位の.螢蝓璽痢璽屮マウレアを。

レッドサクヤ吋蹈汽哀薀Εは能力的には数枚劣るが、外厩的にということで押さえておく。

Εールフォーラヴはアルメリア賞、忘れな草賞とも素質感じる好内容だが、村山激走指数は平凡で評価を下げた。少し怖い存在。
JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら



  • コメント( 0 )
©2008 JRDB

【本日の馬場情報】5/19

【東京】
 芝:良 ダート:良
今日は朝は雲が晴れていい日差しが出ていたのですが、昼前から雲が集まり始め、今では薄暗く遮られています。
雨が降るほどではないものの、ちょっと注意したい所です。風は出ておらず現時点では蒸し暑い一日です。

芝:
内ラチ沿いが徐々に気になるぐらい荒れては来ていますが、それでも内外ともに問題なく伸びていて、逃げ馬でも差し馬でも通用します。コース的な性質から若干外差し有利に見えますが、力が足りる馬同士で争っているので、少なくてもノーマークの力不足では伸びません。
上がり性能上位の馬は安定していそうです。

ダート:
今日はかなり乾いていて、レースが終わるともうもうと砂煙が立ち上がり、芝コースにも砂が落ちるほど。
ちょっと内枠の馬では揉まれて厳しそうで、後半惰性が効くのが外枠ばかり。IDMが足りて外枠なら、かなり安定しているはずです。
揉まれる馬がマイナス。



【京都】
 芝:稍重 ダート:稍重
WIN_20180519_10_52_59_Pro
WIN_20180519_09_59_28_Pro
WIN_20180519_09_58_38_Pro

寒い。風はスタンド側から3コーナーに向いて吹いている。

芝:
Dコース使用。若干、緩い馬場。フットワークが安定している馬に向いている。

ダート:
脚抜きが良い。基本的には先行馬に有利。



【新潟】
 芝:不良→重 ダート:不良→重
IMG_20180519_090154
IMG_20180519_090149

昨夜から今朝にかけて相当の雨量があったようで芝ダートともに重馬場発表となりました。曇っていて気温も低くなかなか乾きにくい状況になっています。

芝:
午後のレースを見てどの程度時計が掛かっているか?どこが伸びているか?観察が必要な状況です。

ダート:
時計は速い状況で先行馬が有利な状況になっています。差し馬は割引が必要でしょう。



JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら



  • コメント( 0 )
©2008 JRDB
記事検索
JRDB本家はコチラ
JRDBについて
JRDB資料
↑クリックして拡大
⇒JRDBについてもっと詳しく
Archives