2018年12月

2018年12月25日

【血統&馬体講座】グラディーヴァ

今回のレースロゴ
2018年12月22日(土)
 阪神05R 芝1800 2歳新馬 1着


プロフィールロゴ
牝2 グラディーヴァ
父 ハービンジャー
母 カノーロ
母父 ディープインパクト
出産時の母の年齢 5歳
毛 色 鹿毛
馬体重 458K
厩 舎 中竹和(栗東)
馬 主 近藤 英子氏
生産者 ノーザンファーム
生産地 安平
ダンジグ系

ハービンジャー

   2006
ダンジリ
芦毛  1996
Danehill1986Danzig1977
Razyana1981
Hasili1991Kahyasi1985
Kerali1984
ペンナパール
   1996
Bering1983Arctic Tern1973
Beaune1974
Guapa1988Shareef Dancer1980
Sauceboat1972
ヘイロー系

カノーロ

   2011
ディープインパクト
鹿毛  2002
Sunday Silence1986Halo1969
Wishing Well1975
Wind In Her Hair1991Alzao1980
Burghclere1977
ソニックグルーヴ
鹿毛  2003
French Deputy1992Deputy Minister1979
Mitterand1981
エアグルーヴ1993Tony Bin1983
ダイナカール1980
クロスNorthern Dancer 5x5 Lyphard 5x5
馬体コメントロゴ
胴、手脚、繋の長さは標準。繋の角度(遊び)は柔軟。蹄の大きさは標準。蹄底は若干厚め。馬場状態(芝)は、晴れ雨不問。距離は1600m〜2000m。
レースコメントロゴ
グラディーヴァが完勝。稍重馬場のなか、牡馬顔負けの力強い伸び脚だった。血統馬が多く揃った中でのパフォーマンスだったので、なおさら強調することができる。
181222-5グラディーヴァ
グラディーヴァ
ハービンジャー_シルエット
ハービンジャー
ディープインパクト
ディープインパクト



ハービンジャー-脚
ハービンジャー-脚
ディープインパクト-脚
ディープインパクト-脚
181222-5グラディーヴァ脚
グラディーヴァ-脚
血統コメントロゴ
父ハービンジャー×母カノーロ(母父ディープインパクト)の血統構成。5代までにNorthern Dancer, Lyphardクロスを持つ。

※写真の無断転載を禁じます


JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら



  • コメント( 0 )
©2008 JRDB

【血統&馬体講座】メイショウウズマサ

今回のレースロゴ
2018年12月22日(土)
 阪神06R ダ1400 2歳新馬 1着


プロフィールロゴ
牡2 メイショウウズマサ
父 ロードカナロア
母 ホーマンフリップ
母父 フジキセキ
出産時の母の年齢 8歳
毛 色 黒鹿
馬体重 504K
厩 舎 安田隆(栗東)
馬 主 松本 好雄氏
生産者 三嶋牧場
生産地 浦河
ミスタープロスペクター系

ロードカナロア

   2008
キングカメハメハ
   2001
Kingmambo1990Mr. Prospector1970
Miesque1984
Manfath1991Last Tycoon1983
Pilot Bird1983
レディブラッサム
鹿毛  1996
Storm Cat1983Storm Bird1978
Terlingua1976
Saratoga Dew1989Cormorant1974
Super Luna1982
ヘイロー系

ホーマンフリップ

   2008
フジキセキ
青鹿  1992
Sunday Silence1986Halo1969
Wishing Well1975
Millracer1983Le Fabuleux1961
Marston's Mill1975
レーゲンボーゲン
栗毛  2002
French Deputy1992Deputy Minister1979
Mitterand1981
レインボーファスト1992レインボーアンバー1986
レインボーローズ1979
クロスIn Reality 5x5
馬体コメントロゴ
腹袋が大きく肉量豊富。手脚、繋の長さは標準。繋の角度(遊び)は柔軟。蹄の大きさは標準。蹄底は若干厚め。馬場状態(ダート)は、晴れ雨不問。距離は、1200m〜1700m。
レースコメントロゴ
水分を含んで速い時計が出やすい馬場。ゲートを出てすぐの反応が抜群だったメイショウウズマサが、そのまま最後まで先頭を譲らずに勝利。
181222-6メイショウウズマサ
メイショウウズマサ
ロードカナロア
ロードカナロア
フジキセキ
フジキセキ



ロードカナロア_脚
ロードカナロア-脚
フジキセキ-脚
フジキセキ-脚
181222-6メイショウウズマサ脚
メイショウウズマサ-脚
血統コメントロゴ
父ロードカナロア×母ホーマンフリップ(母父フジキセキ)の血統構成。5代までにIn Realityクロスを持つ。

※写真の無断転載を禁じます


JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら



  • コメント( 0 )
©2008 JRDB

2018年12月24日

【競馬稼業はつらいよ】〜例年ながら師走競馬は難儀。(涙)

土曜日:朝方ぱらついた雨も上がり、風も無く、寒さに備えて着ぶくれ状態だけに体感温度は「春」以上の暖かさ。ただ、馬場状態は。芝コース&ダートコースとも渋っており、パドック情報は難儀しそう。(涙)

阪神5R2歳新馬 芝1800m    

◎06番ウラノメトリア(2着):ほぼ仕上がる。距離向く。少し頭高い。
○18番アルテラローザ(3着):ほぼ仕上がる。距離向く。少し頭高い。
▲17番リスト(8着):お釣りある仕上げもデキ良し。引っ掛かり気味。
注04番グレイトアプローズ(16着):ほぼ仕上がる。距離向く。少し後肢の蹴りが弱い。
△15番レッドガニアン(7着):ほぼ仕上がる。距離向く。少しできる。
▽13番グラディーヴァ(1着):お釣りある仕上げもデキ良し。少し後肢の蹴りが弱い。

総評 各馬横一線

結果、*11番がハナに立ち、◎6番は2番手、○18番が早めに仕掛けて好位か、注4番、▽13番は中団、▲17番は中団の中、注4番は中団後方の中、△15番は中団後方から追走。直線、*11番が粘る処を▽13番が馬群の中から抜け出し、快勝。◎6番(2着)は外から抜け出してきたが、○18番(3着)を交わしたところがゴール。

阪神6R2歳新馬 ダート1400m    

◎13番スマートアルケミー(6着):ほぼ仕上がる。距離向く。少し頭高い。
○14番メイショウウグイス(3着):仕上げ良し。距離向く。頭高いが全体的な動きはマズマズ。
▲12番オメガレインボー(2着):お釣りある仕上げもデキ良し。少し頭高いが脚捌きは問題なし。
注06番レゴリス(4着):お釣りある仕上げもデキ良し。少し後肢の蹴りが弱い。
△15番ハニーエンパイア(9着):仕上げ良し。距離こなす。後肢の蹴りが弱い。
▽09番メイショウウズマサ(1着):ほぼ仕上がる。距離向く。軽め。

総評 各馬横一線

結果、▽9番がハナに立ち、▲12番は2番手、◎13番が好位、注6番は好位後方、○14番が中団、注6番は好位後方、△15番は後方から追走。直線に向いても▽9番の脚色衰えず粘り切り、快勝。▲12番はジリジリとしか伸びず、2着まで。○14番は伸び切れず、3着まで。


日曜日:昨日、以上に気温が上がり、冬とは思えぬ位の暖かさ。ただ、馬場は乾かず、芝、ダートとも渋ったまま。ただでさえ師走競馬で難儀なのに・・・。(涙)。
ま、本日の馬券勝負は「有馬記念」か、と。とにもかくも頑張るしかない!

6R2歳新馬 芝1400m    

◎18番インディゴブルー(5着):仕上げ良し。距離向く。煩い面見せる。
○13番アスタールビー(2着):少し煩くなるも仕上げ良し。前肢はともかく、後肢の蹴りが弱い。
▲06番シードラゴン(4着):ほぼ仕上がる。距離向く。軽めもまずまず。
注08番ヒシマデイラ(8着):お釣りある仕上げもデキ良し。少し煩い。
△09番ブライトホーン(7着):仕上げ良し。距離向く。少し後肢の蹴りが弱い。
▽14番ダズリン(18着):お釣りある仕上げもデキ良し。脚捌き硬い。

総評 各馬横一線

結果、◎18番がハナに立ち、○13番は2番手、*3番が好位後方、▲6番、注8番中団、*5番が中団馬群の中、△9番は中団後方、▽14番は後方から追走。直線、◎18番が粘る処を○13番が交わし、その外から*3番がアッサリ交わし、快勝。*5番が馬群の中から抜け出し、3着確保。

中山11R 芝2500M 有馬記念・G1 前日予想

上位馬実力拮抗 

◎12番レイデオロ:中間の馬体重490k(前走時482k)は、中間の立ち写真通り好仕上げ。コース向き、距離延長問題無く、叩き3走目、上積み、短期放牧(ノーザンF天栄(福島)Aランク。)効果見込め。
○8番ブラストワンピース:3歳馬。中間の馬体重540k(前走時530k)は中間の立ち写真通り、好仕上げ。コース替わり、距離短縮好材料。叩き3走目、上積み、短期放牧ノーザンF天栄(福島)Aランク。効果見込め。
▲5番パフォーマプロミス:ご当地馬主((有)サンデーレーシング)。中間の馬体重466k(前走時454Kは、数字上はお釣りある仕上げだが、前日追いで絞って来れば。距離、コース向き、短期放牧(ノーザンFしがらき(滋賀)Aランク。)効果、見込め。
注14番キセキ:中間の馬体重512k(前走時504k)は良い意味での平行線。外枠、連戦の疲れ、コース替わり微妙な面あるが、ハナ切れば渋太い。展開次第。
△15番シュヴァルグラン:中間の馬体重480k(前走時468k)は良い意味での平行線。外枠微妙な面あるが、距離、コース向き、叩き3走目、上積み見込め。手替わり魅力。

複勝圏内
☆11番ミッキーロケット:中間の馬体重488k(前走時474k)はお釣りある仕上げだが、長距離輸送で絞れれば。
☆3番モズカッチャン:4歳牝馬。中間の馬体重496k(前走時490k)はメイチの仕上げ。好枠活かせば。

結果、*1番がハナを切ったが、外から注14番がハナを奪いレースを引っ張る。☆11番が2番手☆3番は好位後方、○8番。◎12番は中団、▲5番は中団後方から追走。直線、注14番が粘る処を○8番が外から力強く抜け出し、快勝。◎12番は馬群の中から抜け出して来た後一歩及ばず、2着まで。△15番は馬群を巧く捌きながら抜け出すも、3着まで。

土曜日 13R

現場参戦 ハイカラ屋→韓国料理→スイーツ

ユミさん、島根からミギタさん(お土産ありがとうございました)、現役競輪選手の垣外中(かいとなか)勝哉さん、愛知からワタナベさん、オオシマくん、イナバさん、スタッフの橋浜、イハラとワイワイヤイヤイ。参加された皆さん、おつかれさまでした。

日曜日 13R ハイカラ屋→カレー

イノウエさん、ユミさん、島根からミギタさん(お土産ありがとうございました)、愛知からワタナベさん、カナヤさん&ミカさん(差し入れありがとうございました)、オオシマくん、イナバさん、スタッフの橋浜、イハラとワイワイヤイヤイ。参加された皆さん、おつかれさまでした。ヨウコさん、差し入れありがとうございました。カナコさん、差し入れありがとうございました。ユカさん、差し入れありがとうございました。チカさんのお仲間さん、差し入れありがとうございました。

ではでは パドックでお逢いしましょう グッドラック!

JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら



  • コメント( 0 )
©2008 JRDB

2018年12月23日

【本日の馬場情報】12/23

【阪神】
image
image
image


 芝:稍重馬場 ダート:稍重馬場

温かい。風はほとんど吹いていない。



コンディションを維持できている。少し緩い馬場。中団よりも前で競馬を進められる馬や、ダートにも対応できる馬が有利。

ダート

湿って脚抜きが良い馬場。少し粘り気があるように感じる。馬格がある先行馬が有利。



JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら



  • コメント( 0 )
©2008 JRDB

2018年12月22日

有馬記念 村山より

有馬記念の激走ポイント

‘睿叛莵塲呂とにかく優勢。

有馬記念の近5年の勝ち馬は、いずれも4角3番手以内。13年オルフェーヴルや16年サトノダイヤモンドのように、差し馬でも、直線までにポジションを上げておきたい。また、18年に行われた中山芝2500mのレースでも、明らかに「内枠・先行馬有利」の傾向が見られる。4角5番手以降で勝ったのは、潮来特別のエスティームだけ。

★有馬記念勝ち馬のコーナー通過順(近5年)
無題4


★中山芝2500m勝ち馬のコーナー通過順(2018年)
無題5


+-+-+-

◎3モズカッチャン
○12レイデオロ
▲8ブラストワンピース
△10ミッキースワロー
△15シュヴァルグラン

◎から3連複軸1頭流し

IMG_3153


モズカッチャンは、ステーブルキズナから帰厩して2走目。オークス2着、エリザベス女王杯1着と、好走したG汽譟璽垢狼厩3走目だった。このことから叩き良化型であることは明らか。エリザベス女王杯以上のパフォーマンスが期待できる。(特に外厩調整馬が圧倒的に有利なオークスでの2着は評価できる)前走エリザベス女王杯のコーナー通過順位が【5→6→5→5】。札幌記念こそ後方からの競馬だったが、本来は先行力がある馬。激走ポイントに合致しており、内枠を引いたこともプラス。

レイデオロは外枠を引いたために少々減点。18年の重賞において、ノーザンF天栄で調整が行われた1番人気馬は、勝率55.1%、3着内率72.4%。藤沢厩舎は天栄との連携に長けており、仕上がりに不安はない。今回出走騎手の中で中山芝1800m以上の成績は、Cルメール騎手が断トツの成績。1〜5番人気馬に騎乗した際、16年からの3着内率は67.4%。中山芝2500mでも、9戦して6度、3着内に入っている。騎乗ミスも考えにくく、順当に2番手評価。

★ノーザンF天栄×芝重賞(2018〜)
無題3


ブラストワンピースは、ノーザンF天栄からの帰厩初戦。大竹厩舎は16年から、同牧場からの帰厩初戦で3着内率が36.5%。複勝回収率は111.4%と配当的な妙味を兼ね備えている。大竹厩舎×ノーザンファーム天栄は、関西遠征時に成績を落とす。輸送がない今回は、前走以上の状態が期待できる。器用さを欠く馬だけに中山がどうかだが、ゲートと位置取り次第では好走可能。

★大竹厩舎×ノーザンF天栄(2016〜)
無題2



ミッキースワローが間隔を詰めて使うのは、古馬になってから初めて。調教からも状態の良さがうかがえるので、セントライト記念勝ちとAJCC2着の実績がある中山で一発あれば。ただ、鞍上が後方待機策を選択しそうで強気にはなれない。

シュヴァルグランは、ノーザンF天栄からの帰厩して3走目。これは、一昨年(6着)、昨年(3着)の有馬記念と同じ過程。友道厩舎は、個人馬主の所有するノーザンF生産馬では、ノーザンF天栄を利用することが多い。特に18年は、ワグネリアン(ダービー1着時)など、帰厩して2走目以降でもG気芭廟咾鮖弔靴討い襦M道厩舎×ノーザンF天栄からの帰厩して3走目は、16年からの芝重賞では、3着内率60%。外枠がネックだが、このオッズなら相手には押さえたい。

人気馬ではキセキを嫌った。先行力があるので、有馬記念でも重視したいところだが、やはり秋4走目、帰厩4走目が懸念。18年は4走目でも、人気馬であれば重賞で3着に好走できている。しかし、グレード別で見ると、G毅猫兇任蝋チ率が低く、配当的な妙味もない。12月に入ってからも、阪神JFのシェーングランツ、朝日杯FSのファンタジストが帰厩して4走目で馬券外に敗れている。

★2018年重賞・帰厩して4走目以降の成績(全外厩。単勝1〜5人気)
無題


点数を理由に軽視しましたが、クリンチャーなど、内枠で先行できそうな馬は押さえておいた方がいいと思います。
JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら



  • コメント( 0 )
©2008 JRDB
JRDB本家はコチラ
JRDB競馬アラカルト|note
 
記事検索
JRDBについて
JRDB資料
↑クリックして拡大
⇒JRDBについてもっと詳しく
Archives