2008年03月28日

[赤]
 はぁ〜い、キャップ。今日はワテになんぞイイ話があるっちゅうことですけど、ナニかなぁ?オイシイ話ならなんでも乗らしてもらいますよ。。。

[キャ]
 一体なんのキャラ?;おいしい話なんてないですよ、このご時勢に、、、
今日は1つ報告をしたかっただけです。

[赤]
 なんや・・・味気ない話なんやったらしてもらわんで結構。報告いうて、またワシに頼みごとでもしますねやろ?

[キャ]
 いえいえ、頼みごとなんて無いですよ。あくまで報告だけです。いい報告なんで聞いてもらえます?

[赤]
 いい報告っちゅうても、オイシイ話と違いますねやろ?ほな要りませんって。

[キャ]
 もぉ、メンドクサイ・・・。実はオイシイお話なんです。。。

[赤]
 やっぱりそうなんやなー!そうや思たんや〜。最初から正直にそういえばエエのにぃ。。。



JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら

[キャ]
 (汗)。えーっとですね、実は近日JRDBが新しい決済を導入するんです。。。
ソノ名も「電子マネーちょコム」。NTTコミュニケーションズがサービス提供している電子マネーなんです。

[赤]
 おー!マニー話かいな!ええやんかー。。。もっと聞かせてや〜。

[キャ]
 はい(汗)。で、実はJRDBの決済手段は、これまでは銀行の自動引き落としか振込みしかなったんです。

[赤]
 そりゃ知ってます。それでよーさんの会員さんにお叱りをもらいましたわ。「クレジット決済はないんかい!?」ちゅうて。

[キャ]
 ですよね(汗)。そこでそのご要望にお応えするために、この「電子マネーちょコム」を導入したというわけなんです。

[赤]
 なるほどなるほど。そりゃエエことしてくれましたな。ってことはクレジットカードが使えるようになるわけですな?

[キャ]
 ええ。でもちょっと違います。正確には、クレジットカード"も"使えるようになります。

[赤]
 "も"?っちゅうことは、クレジットカードだけではないちゅうこと?

[キャ]
 そういうことになりますね。
ほかでは・・・
たとえば、コンビニだとか、「みずほ銀行」や「三菱東京UFJ銀行」、その他「ジャパンネット銀行」などのインターネット銀行とか・・・
さまざまな手段からお選びいただけるようになります。

[赤]
 へーぇ。そりゃ便利やんか!「ジャパンネット銀行」いうたら、JRAの「即PAT」もそれ使えたんちゃいますか?

[キャ]
 ソノ通りです。。。ちなみに「即PAT」は「ジャパンネット銀行」と「イーバンク銀行」と「三井住友銀行」が使えるんですが、この「電子マネーちょコム」も「イーバンク銀行」と「三井住友銀行」を使えるんですよねぇ、実は。。。

[赤]
 ありゃ〜。。。競馬総合銀行みたいなもんですやん、それって。。。

[キャ]
 (汗)それはちょっと違いますが、でも競馬資金を一元管理できるので、そういった意味では便利ですよね。。。

[赤]
 ワシらみたいに歳とると、どこでどの口座つかってたか分からんようになるんやー。
せやけど、キャップが言うてる「エレクトロニク んー・・・ちょっとだけマニ〜ィ」をつかったら、JRDBのデータみるんも馬券買うんも一元管理できるっちゅうことやな。そりゃそのほうが都合よろしいですわ。

[キャ]
 てんやわんやですねぇ、全く、、、。普通にいうてください!
そうですね。そういった即PATをご利用の方にはかなり有効にご活用いただけますね。
でも、そういう方だけではないんです。
さっきお話したように、「クレジット決済で」とか、ケータイのみをご利用の方が「ケータイで支払いたい」とかっていう方にとって、非常に利便性の高い電子マネーなんですよ。

[赤]
 なるほどな。たしかにJRDBの会員さんにはケータイだけの人もいらっしゃるから、その人たちがケータイで支払えるとなるとそりゃ便利やわなぁ。
最近コンビニもミニ銀行みたいなモン設置してるから、それつかってもエエねんけど、振込みや入金手数料が高いから、なんか損した気になるねや。かといって遠い銀行に走るのも面倒やし・・・。

[キャ]
 ケータイで払えるというのにはちょっと語弊があるのですが、まぁ間違ってはないですね。そのあたりはあとで詳しく説明します。

[赤]
 よっしゃわかった!コノ前のJRDB会員権プレゼントキャンペーンに外れたワシの連れに言うとくわ。
で、どうやったらその「ちょコム」でJRDBを使えるようになりますの?JRDBの石川くんに、「ちょコムでお願いしやす!」っていうたらそれでエエんかいな?

[キャ]
 あ〜イヤイヤ(汗)、石川くんには間違いないですが、それだけではちょっと無理ですねぇ・・・。ちょっと落ち着いてください。

[赤]
 なんやまたヤヤコシイこと言うのとちゃいますやろなー?

[キャ]
 ややこしくはないですよ。ちょっとだけ手続きを踏んでもらえれば済む話ですので。

[赤]
 それやったらエエねんけども。で、その手続きっちゅうのは?

[キャ]
 まずは「電子マネーちょコム」のサイトへいって、自分の貯金箱を開設してもらいます。
その貯金箱を介して、利用料金をお支払いいただくことになります。
要するに、その貯金箱にお金を入れえるための手段が、クレジットカードであったりインターネット銀行であったり、コンビニであったりするわけなんですよ。
なお、貯金箱に入金されたお金は「Pちょコム」という電子マネーになります。

[赤]
 なるほどな。貯金箱のワシの印象は、息子のを勝手に壊してちょっくらお借りしたってことやけど、ソノ話もっと詳しく聞きたい〜?

[キャ]
 いえ、結構です。忙しいので;;

[赤]
 なんや、つれんやっちゃナァ、、、まぁエエわ。ほんで、それはどうやりまんの?またヤヤコシ〜のとちゃいますやろなぁ?

[キャ]
 ほんとややこしいの嫌いますねェ。そのヤヤコシイのもちょっとは受け入れて頭をつかわないとボケてしまいますよ。

[赤]
 嫌や!ただでさえ最近の競馬はややこして困ってるいうのに・・・ほかは出来るだけシンプルにしてもらわんと、、、
僕はねー、競馬でいつも頭をフル回転させてるんです!

[キャ]
 完全に競馬中心・・・。ホント、JRAの年度代表馬券師ですよ(馬券師じゃないですが・・・)。
簡単なんで大丈夫ですよっ!

[赤]
 簡単なら文句ありませんな。
ほんで、それは一体どうしたらええの?ワシら年輩者にも分かるように説明してもらえますか?

[キャ]
 わかりました。っとソノ前に、もうちょっと「Pちょコム」について説明させてください。
その他、多くのメリットがありますので。。。赤木さんの好きなマネーをもらえる可能性もありますヨ〜。。。

[赤]
 わお!それ、詳しく聞かしてぇな。。。

[キャ]
 まぁまぁ焦らずに。
まず、「Pちょコム」は、約3000店のショップやサービスでのお支払いにお使いいただけます。
たとえば、
みなさんご存知の「楽天市場」。楽天に出店中のお店によっては、この「Pちょコム」によるお支払いが可能です。
同じく、「Yahoo!ショッピング」。「ベルメゾン」や「無印良品」なんかも使えますよ。
まだまだ一杯あります。

[赤]
 ワシはあんまり使わんけど、結構使えますねんな〜。「Pちょコム」の貯金箱をつくったら、JRDBだけと違って、いろんなトコで使えるちゅうことかぁ。。。
そりゃエエなぁ。。。

[キャ]
 でしょ〜。。。ただ買い物できるだけじゃないんです。
買い物をすると、お店によってはポイントをもらえたりするんですよね。
たとえば、「Pちょコム」で支払える楽天市場のショップで買い物をすると、そのたびに1%を「ちょコムポイント」として還元してくれるとか。。。「ちょコムバック」っていうらしいです。
この場合、「ちょコムポイント」と「楽天スーパーポイント」とダブルにポイントが貯まるので、すごくお得ですよ。
その他、ちょコムポイントをプレゼントしてくれたり、JALマイルやSuica(スイカ)に交換できたりもしますよ。
あっちなみに「ちょコムポイント」っていうのは、「Pちょコム」とはまた別モノなんですが、扱いはほぼ同じと考えてもらってもいいとおもいます。

[赤]
 はぁー、なるほどなぁ。。。スイカかメロンかしらんけど、なんや無茶苦茶便利やし得しそうやなー!他には?

[キャ]
 えっ?他?あぁ、、、そうそう!
毎月抽選で500円分の「ちょコムポイント」が当たったり、「Pちょコム」で初めてお買い物をした方の中から抽選で5000円分の「ちょコムポイント」がもらえたり・・・
僕みたいによく飛行機をつかって出張する人は、「Pちょコム」で全日空のビジ割というものを使うと2500円分の「ちょコムポイント」をプレゼントしてくれるんですよ〜。。。

[赤]
 はぁー、なるほどなるほど。。。で、他は?

[キャ]
 え〜っと、、、他はぁ、、、あっ!
その他のサービスで獲得したポイントを「ちょコムポイント」に交換したりもできます。。。たとえば、僕の場合だと、UCカードのポイントが2000ポイントぐらい溜まってるのですが、それを100pあたり500ちょコムポイントに交換できるんですよ。
なので、僕のUCの2000ポイントは10000ちょコムポイント(1万円相当)になるということですね。。。
さっきのJALマイルやSuicaの逆パターンです。

[赤]
 はぁー、エエやんエエやん。。。で、他は?

[キャ]
 えっ?他は他はって、一体ナニを期待してるんですか?それだけで十分でしょ?

[赤]
 ハハッ(汗)、まぁそれはそうなんですけど、もうちょっとワシ的に得する情報はないのかなぁと・・・ 

[キャ]
 赤木さんみたいに現金主義の人にはあまり得する情報はないかも。あしからず・・・。

[赤]
 そうみたいなや(汗)。せやけど、ネットでよく買い物をする人にとっては、得することばかりやなぁ。。。ちゃう?
そんなポイントばっかり還元してもらえたら、毎月JRDBの会費はタダになるやん!ちゃう?

[キャ]
 毎月は言いすぎですけど、たしかに買い物次第ではそういうことになりますよね。。。
でもこの「電子マネーちょコム」っていうサービス、消費者にとってはホントにありがたいサービスだとはおもいますね。

[赤]
 せやな。ん?消費者にとってってどないいうこと?JRDBみたいな加盟店はそんなに得はないんかいな?

[キャ]
 「電子マネーちょコム」はあくまで消費者志向ですから。消費者が常に得するようにサービスを形成されてるんですよ。
僕ら加盟店は正直いうとそれほどお得なところはないですが、広義のサービス指向アーキテクチャなので、それを利用できるというメリットはかなり大きいとおもいます。
柔軟な対応が可能になりますし。

[赤]
 そうなんか。まぁよーわからんけど、皆がエエようになるんやったらワシは何の文句もないわ。。。まぁがんばってや!
あぁそれと、「電子マネーちょコム」への登録の仕方とか、そこからJRDBへ支払う方法とか、ワシらみたいな年輩者でもわかるように説明書かいたってください。ほな、頼んます。。。

[キャ]
 了解しました。後日まとめてお知らせします。赤木さんも、その他ご不明な点がありましたら、なんでも聞いてください。。。

[赤]
 オッケー!・・・ところで〜
「電子マネー」ってなんやぁ?

[キャ]
 そこ〜ぉ!!?

©2010 JRDB
記事検索
JRDB本家はコチラ
JRDBについて
JRDB資料
↑クリックして拡大
⇒JRDBについてもっと詳しく
Archives