2008年11月25日

今回のレースロゴ
2008年11月23日(日)
 京都06R 芝1800 2歳新馬 1着


プロフィールロゴ
牝2 メイショウボナール
父 ホワイトマズル
母 ダイアナスキー
母父 マルゼンスキー
出産時の母の年齢 15歳
毛 色 鹿毛
馬体重 460K
厩 舎 池添兼(栗東)
馬 主 松本 好雄氏
生産者 木戸口牧場
生産地 浦河
リファール系

ホワイトマズル

鹿毛  1990
ダンシングブレーヴ
鹿毛  1983
Lyphard1969Northern Dancer1961
Goofed1960
Navajo Princess1974Drone1966
Olmec1966
Fair of the Furze
鹿毛  1982
Ela-Mana-Mou1976Pitcairn1971
Rose Bertin1970
Autocratic1974Tyrant1966
Flight Table1965
ニジンスキー系

ダイアナスキー

   1991
マルゼンスキー
鹿毛  1974
Nijinsky1967Northern Dancer1961
Flaming Page1959
Shill1970Buckpasser1963
Quill1956
ダイアンベンチャ
鹿毛  1978
Venture1957Relic1945
Rose o'Lynn1944
マルイチジョウオー1972シンザン1961
ダイユウ1960
クロス Northern Dancer 4x4
メイショウボナール-新馬戦パドック
メイショウボナール-新馬戦パドック
馬体コメントロゴ
 父ホワイトマズル産駒も、牝馬だけにやや胴が詰まり、全体の長さは足りていないが、前後躯のバランスは取れている。また、背中もメリハリがあり、スピード&瞬発力とも兼ね添えている。手脚、繋は少し短めも、それらをカバーするかのように、角度(遊び)が大きく、柔軟さがある。ただ、蹄が少し大きめで、蹄底も厚く、今の荒れ馬場には向くが、高速馬場など馬場状態に左右されそう。距離は1200m〜1800mが守備範囲。レースコメントロゴ
 内から少しずつポジションを上げていき、3番手の内を追走。外から1頭交わされたが、怯む面は見せなかった。直線を向いて直ぐに最内に飛び込み、そこから抜け出して先頭に立つ。後方からリクエストソングが良い脚で追い込んできたが、早めに抜け出し、セフティーリードを保った。

ホワイトマズル
ホワイトマズル © Mikiko UEDA.
マルゼンスキー-シルエット
マルゼンスキー-シルエット



ホワイトマズル-脚
ホワイトマズル-脚
マルゼンスキー-脚
マルゼンスキー-脚
メイショウボナール-脚
メイショウボナール-脚
血統コメントロゴ
 父のホワイトマズルはダンシングブレーヴ産駒。英国産で馬主は吉田照哉氏。伊ダービーを制し、同年のキングジョージに出走。10頭立てのレースとなったが、英愛ダービーを制したダンシングブレーヴ産駒のコマンダーインチーフや牝馬ながら前年の凱旋門賞2着のユーザーフレンドリー、現在種牡馬のテンビー、オペラハウスと豪華なメンバーの中で2着に好走した。
 母父のマルゼンスキーはニジンスキー産駒。競走成績は8戦8勝。日本短波賞では同世代の菊花賞馬のプレストウコウに7馬身差の圧勝だった。クラシック競走には出走できなかったが、種牡馬としてサクラチヨノオー、母父としてウイニングチケット、スペシャルウィークが自身が出走できなかった日本ダービーを制した。
関係者コメントロゴ
 返し馬も凄く良かったし、レースではハミを抜いて折り合ってくれました。直線を向いてからも、開いたスペースを怯まずしっかり突いてくれました。奥がありそうで楽しみです。(池添騎手)

※写真の無断転載を禁じます


JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら

©2010 JRDB
  • コメント( 0 )

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
JRDB本家はコチラ
JRDB競馬アラカルト|note
 
記事検索
JRDBについて
JRDB資料
↑クリックして拡大
⇒JRDBについてもっと詳しく
Archives