2009年02月28日

中山記念のデータを見ていきましょう。

中山記念過去6年データ
過去新聞はこちら


 まず基準人気ですが、勝ち馬は6番人気まで出ており幅広く注目したいですね。1番人気は過去6年で[2-2-1-1]の好成績。複回収率も高いですね。2000年から見てみると[2-2-3-2]の成績でした。また2番人気の成績もまずまずで[1-2-1-2]でした。3着には9番人気(2003−ダイワジアン)まで好走しています。過去6年では基準10番人気まで来ていませんでしたが、過去新聞を見てみると2000年のビッグサンデーは基準13番人気で3着でした。

 性別は牡馬が優勢です。牝馬は出走頭数が少ないのですが、秋華賞馬のエアメサイアは3着に好走していました。勝ち馬の年齢は4〜8歳まで。好走馬に偏りはそれほどありませんでした。

 勝ち馬のIDMは65以上でした。過去新聞を見てもトウカイポイントが『67』、アメリカンボスやダイワテキサスは『70』も超えています。3着にはIDM『60』以上でもいいようです。バランスを考えて目安は『65』以上にしています。厩舎指数は-20〜-10の馬は好走していないということが分かりました。また、厩舎指数25〜30の馬は過去6年で3頭おり、[1-2-0-0]の成績でした。調教指数は『0』以上を目安にしました。過去6年で0〜5の数値ですと、回収率が良く好成績を挙げていました。15〜20ですと2着件数が4回。複勝率が高く、複回収率も121.7%で良い成績でした。

 系統を見ていきますと父小系統はニジンスキー系が狙いでしょう。件数は少ないのですが[2-1-0-0]でした。また、サドラーズウェルズ系も[2-0-0-2]でした。ヘイロー系は当然抑えたいところでしょう。母父の系統はノーザンテースト系、ミルリーフ系ですね。トムロルフ系も狙いですが、中山記念を走った産駒は2年連続で優勝したバランスオブゲーム1頭しかいませんでした。

 騎手は関東の騎手が過去6年で5勝を挙げています。横山典弘騎手、後藤浩輝騎手、田中勝春騎手、蛯名正義騎手と関東のトップジョッキーの活躍が目立っています。関西では武豊騎手が[1-0-1-1]の成績でした。

 調教師は関東の調教師が過去6年で5勝。中でも伊藤正徳調教師の成績が良く[2-1-2-1]の成績でした。


【注目馬】
2番:カンパニー
7番:エアシェイディ


JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら

©2010 JRDB
  • コメント( 0 )

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
記事検索
JRDB本家はコチラ
JRDBについて
JRDB資料
↑クリックして拡大
⇒JRDBについてもっと詳しく
Archives