2009年09月29日

今回のレースロゴ
2009年09月27日(日)
 中山05R 芝1600 2歳新馬 1着


プロフィールロゴ
牝2 コスモヴァルール
父 ネオユニヴァース
母 アガーテ
母父 フォーティナイナー
出産時の母の年齢 9歳
毛 色 栗毛
馬体重 464K
厩 舎 畠山吉(美浦)
馬 主 襯咼奪哀譽奪疋侫 璽
生産者 上山牧場
生産地 浦河

ヘイロー系

ネオユニヴァース

鹿毛  2000
サンデーサイレンス
青鹿  1986
Halo1969Hail to Reason1958
Cosmah1953
Wishing Well1975Understanding1963
Mountain Flower1964
ポインテッドパス
栗毛  1984
Kris1976Sharpen Up1969
Doubly Sure1971
Silken Way1973Shantung1956
Boulevard1968
ミスタープロスペクター系

アガーテ

黒鹿  1998
フォーティナイナー
栗毛  1985
Mr.Prospector1970Raise a Native1961
Gold Digger1962
File1976Tom Rolfe1962
Continue1958
サドラーズスター
鹿毛  1987
Sadler's Wells1981Northern Dancer1961
Fairy Bridge1975
Princesse Timide1980Blushing Groom1974
Rigid Princess1974
クロス ありません
馬体コメントロゴ
 腰高体型で腹袋やトモ(後肢)が特に大きいのが目立ち、牝馬とは思えないほど。身のこなしが非常に柔らかく、全身の連動性が高いのも特徴。前躯の発達も良く、肉付きは母方の血統の影響が垣間見えるが、飛節の折が深く、柔軟な動きを実現する関節の稼動域の広さなどは父ネオユニヴァース譲り。そうした動きや繋が短い点を考慮すれば、距離は1600m〜2000mくらいがベスト。今回は上りの競馬での勝利だったが、長く脚を使う展開の方が向きそう。
レースコメントロゴ
 スタートはまずまず。直ぐに二の脚が付き、前に並びかけていくが、抑えられると直ぐに折り合いが付き先団で脚を溜める。直線に向いて仕掛けられると前の隙間にすぐさま反応し、力強く伸びてゴール前ハナ差差し切った。追ってからのフォームも良く、上手に体を使えているし、仕掛けられての反応も良い。正味直線だけの競馬で着差こそ僅かだったが、なかなかレースセンスのある内容だった。
コスモヴァルール-新馬戦
コスモヴァルール-新馬戦パドック
ネオユニヴァース
ネオユニヴァース 提供/スポーツ報知
フォーティナイナー-シルエット
フォーティナイナー-シルエット

血統コメントロゴ
父のネオユニヴァースは2000年生まれのサンデーサイレンス産駒。09/9/21までのネオユニヴァース産駒の成績を性別で見ると、総件数も牡馬が410件に対し、牝馬は397件でそれ程差はありませんでした。しかし牡馬が40勝しているのに対し牝馬は20勝しかしていません。勝率や連対率はすべて牡馬が上回っています。
 母のアガーテは1998年生まれのフォーティナイナー産駒。Princesse Timideから続く牝系で、近親にはダート戦で活躍したスターキングマンやアドマイヤスバルがいる。現役時はダートの短距離戦を中心に活躍し、23戦3勝の成績だった。繁殖牝馬としては本馬が2頭目で初勝利を挙げた。08年度産駒はキングヘイロー産駒の牝馬。


※写真の無断転載を禁じます


JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら

©2010 JRDB
  • コメント( 0 )

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
JRDB本家はコチラ
JRDB競馬アラカルト|note
 
記事検索
JRDBについて
JRDB資料
↑クリックして拡大
⇒JRDBについてもっと詳しく
Archives