2010年04月30日

【天皇賞・春】



ジャガーメイル


3頭併せの真ん中。ブリンカー装着。掻き込むストライド。直線入口でもうとっとと独走の体勢に。
コーナーから首の使い方が良く、この馬にしては随分低い姿勢。
さらに、前肢の上からの叩きが改善されて手先が斜め前方遠くに伸びるようになった。
ブリンカーを装着し、首を前に突き出しつつ首振りのリズムが軽くなったことで、前後のバランスが改善されたのだろう。
相変わらず後肢の蹴り抜きのキレ味は素晴らしく、後半に軽く手を抜いても惰性がいいのでスピードが全く落ちない。
まさかこの年になって大幅に上向くとは。A↑、◎




トーセンクラウン


単走。掻き込むストライド。前傾姿勢。
相変わらず完歩がそれほど伸びないフットワークで硬めの脚捌き。
蹴り抜き・戻しともにキチッと出来ている。この馬なりに良いが、瞬発力は期待薄。そもそも距離も疑問。C+




トウカイトリック

「写真」
併せ馬の左側。掻き込む回転速いストライド。
あまり大きく振りかぶらず、小さく丁寧な脚捌き。四肢の折り畳みも小さい方。
手前を替える前と替えた後、体の軸の切り替わりが結構大きく、斜めに走っているように見えるのは気になる。
体の柔軟さは健在で、回転力もそれほど落ちてはいない。
ただ前走のような上がりの掛かる展開がベスト。軽い芝の速さへの対応力はあまり感じ取れない。B




メイショウベルーガ


単走。掻き込む回転速いストライド。正対できず常に首が左に傾く。前脚多少開き加減。
どうも前脚の掻きが首使いと噛み合ってないようなリズム。
これで現状走れているのでマイナスはしないが、動きの幅に限界があるのでさらにもう一押しというのは考えづらい。B−




エアジパング


併せ馬の内側。前脚振り出す回転速いストライド。
後肢の捌きもかなり効率良く戻り、前脚を振り出す角度も広い。
スナップの強いタイプではないので、その分キチンと体幹を鍛えている。一度叩いて明らかに上向いてきた。
不調期が案外長く、なかなかハマらないが、調子の良さは褒めて良い。B↑、○




フォゲッタブル

「写真」
併せ馬の外側。掻き込むストライドで大トビ。軽めでコーナーを回り直線少し強め。
直線ほとんど右手前のままだが…替えてない?
首のしなりは良く、全身運動と上手く連動している。目線もいい。前肢の掻き込みも深く、しっかりしている。
ゆったりした動きでスイスイ加速できている。いい所に力が篭り、楽に動ける準備ができているなら。A




ゴールデンメイン


単走。鞍上腰が浮きかなり軽め。直線後半に形だけ追ってる。
肩は出ているが膝が硬い。ぎこちなさはどうしても付きまとう。上昇を感じない。C−




カネトシソレイユ


単走。掻き込むストライド。手先もキチンと伸び、回転のリズムも良い。蹴り抜きも効いている。
前肢を投げ出す走りで、どちらかと言うと惰性で走るタイプだけに、平坦で加速してキレる要素があまりない。
しかしトモも充実している様子で、上昇は明らか。今回は見送り。C↑




フィールドベアー


単走。掻き込むストライド。首使いが甘いまま。
腰もあまり効かずヒョコヒョコ動いていて、全身運動にはまだ繋がっていない。あくまで良化途上の状態。C→、×




メインストリーム


3頭併せの最内。前脚叩くストライド。右手前のまま。直線後半は鞍上鬼追いで先着状態を維持。
右手前のままでかなり頑張りすぎている。体の軸が多少手前側に傾いているのかも?
蹴りが単発で戻しがやや弱く、精度が一つ落ちる印象。順調ではあるが。C→




テイエムアンコール


2頭進む中を単走で縫って進んでいく。前脚伸ばすストライド。
どうも首の浮き上がりが多く、腰で踏ん張る動きが見られない。元々こういうタイプかも知れない。
手先や関節の強さがあるが、しなやかで遠くへ伸びる動きは出てこないフットワーク。
距離が一気に延び、かなり軽い芝だとどんなものか。C→




ベルウッドローツェ


栗東ポリトラック。先行する馬に内から併せに行く形。シャドーロール。掻き込む回転速いストライド。
体型的に低い前傾姿勢で、後肢の蹴り抜きがかなり目立って強い。コンパス全部を使って蹴りきれている。
前肢の力がそれに比べてもう一つなので詰めは甘いが、前回と同様今回もデキは強調したい。B+、○




マイネルキッツ

「写真」
栗東CW。シャドーロール。掻き込むストライド。併せ馬の内側で最後まで優勢維持。
直線は手前替えてない。柔らかい動きで首も深く下がり、首で前に押す動きが出来ている。
動きの軽さを全く見せないタイプが、これだけ淀みない連携を作れているのなら合格点か。
最近は馬体重が増えていく一方なので、余裕を持たせつつ柔軟な動きを維持という仕上げで良いのかも。
キレキレの動きではないので調教評価としては次点だが、これはこれでいい。B+




メイショウドンタク


単走。ブリンカー装着。掻き込むストライド。前脚開いて走る。
後肢の蹴り抜きが全く効いておらず、背中がV字に落ち込む姿勢。腰が突き出てる。
かなり貧弱で腰に力が溜まらない。D、×




エアシェイディ


単走。掻き込むストライドで大トビ。前脚は叩き込むフットワーク。
膝を上手く伸ばすことが出来ない替わりに、肩関節が非常に強く、また広く開く。
後肢も深く戻り、強く蹴りきれている。パーツ一つ一つは申し分のない動き。
本当にこの状態のまま京都に持って来れれば、確かに好勝負するはず。A→、○




ミッキーペトラ


単走。掻き込む回転速いストライド。膝下がやや弱いが、とにかく首使いのリズムが滑らか。
背中が最後まで安定していて、一切の蛇行がなく、四肢の着地がブレてない。
痛い所が全くなさそう。少ない力・手先の動きでありながら、かなりの歩幅を稼げている。
これは馬が絶好調だろう。A↑、○




ジャミール

「写真」
併せ馬の内側。前脚振り出すストライドで大トビ。鞍上鞭連打も推進力甘いまま最後は併せ馬劣勢。
手先は真っ直ぐ振り出せていて、スナップの効きは十分。
しかし、首使いが硬いのは相変わらず。前脚の掻きがやや浅いのも、何か原因があるのかも。
パンパンの良馬場の方が得意なタイプだろう。体の軸が崩れたりはしていないので、評価はする。B−




ナムラクレセント

「写真」
単走。前脚振り出すストライドで超大トビ。
相変わらずバランスの中心がなく、首を振るリズムがブレてフラフラしている。
蹴りの伸びがかなりあり、柔軟性は非常に高いが、芯を食った走りをしないのがどうか。
この不良CWコースも上手く走れてないように、雨よりは良馬場がベターだろう。B−




JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら

©2010 JRDB
  • コメント( 0 )

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
JRDB本家はコチラ
JRDB競馬アラカルト|note
 
記事検索
JRDBについて
JRDB資料
↑クリックして拡大
⇒JRDBについてもっと詳しく
Archives