2011年03月29日



JRDB開催別データ



FireFox4記念という事で開発をしてみましたが、1段階目の実装を終えました。
僕は普段GoogleのChromeがメインだけれども、FireFox4は大分それに近い感じになっています。
デフォルトで、タブを順次閉じていった時の動作が、Chromeよりも自分には合っていると思います。

で、肝心の新規データは→コチラから。

掲載データ

・勝ち馬レベル
・レースコメント
・レースの前半3F(1600m以上は1000m通過)タイム、後半3Fタイム
・同クラス内距離別、タイムランク

・父名
・走破タイム
・勝ち馬名
・2着馬との着差(秒)
・枠番・馬番
・芝コース記号(A〜D)

競馬場と開催選択
データが作成されている箇所は、太字で表示されています。
競馬場をクリックすると、1年分を一括で表示。
回の部分をクリックすると、該当の回時のみの表示。


BOXにマウスを乗せる
同クラス(新馬・未勝利は同じ扱い)・コースのBOXが強調表示されます。

距離のセルをクリック
選択したコースのみを表示します。

父名をクリック
選択した父馬の産駒のみを表示します。

開催日をクリック
1日分のレースコメントを表示します。
(日付の右のアルファベットは芝コース記号)

元の画面に戻るには
選択した画面内の何も無い所をクリックで、初期画面に戻ります。。
または、コースのセル・父名・レースコメントの表示枠内、それぞれをクリックで、1つ前の画面に戻ります。

例えば先週の阪神の芝コースは、真ん中のみが異常に伸びる馬場で、枠の傾向としても内枠が有利でした。
トライアルが3レース行われた1800m(外)は、勝ち馬全てが3枠の馬。
2回阪神1800m

3日間開催(最終日は稍重)を行なった次週で、しかも事前発表では転圧もしていなかった訳ですが、馬場はかなり偏っていましたね。
来週からはBコースに変わりますが、先週1番伸びていた箇所が最内近くになります。
現在は勝ち馬のレベルが表示されていませんが、毎週木曜日の夕方にデータは更新されます。
このレベル「A」の馬だけを狙う方法でも、有効な活用方法になるかと思われます。




JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら

©2010 JRDB
  • コメント( 0 )

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
JRDB本家はコチラ
JRDB競馬アラカルト|note
 
記事検索
JRDBについて
JRDB資料
↑クリックして拡大
⇒JRDBについてもっと詳しく
Archives