2012年06月12日

M:どうやった?初めて事務所で日曜日競馬開催仕事は?


安井:僕はやっぱ現場が良いですね−。
(注:今週は事務所ヘルプのため現場参戦せず)


安井:ひっきりなしに3場の直前情報配信ってずーっとサーバー動きっぱなしなんですね−。


M:そやな。ゆきりんの監視に必死。大変だよ。






安井:(注:ゆきりん=M語ではJRDBメインサーバのことです)
。。。あと、事務所で思ったのが。


M:なんや?






安井:Mさんって、馬券買うかどうかって締切り3分前ぐらいから決めてませんか?


M:そやで。それどころか馬柱を初めて見るのも締切り5分前がほとんどやな。


安井:それはおかしくないですか?事前予想は?


M:「馬を見ることができる」信頼できるJRDBの現場スタッフがやってるので、完全にアウトソーシング。


安井:えーーー。どうなんでしょうかそれは。。。
(僕とは考えが真逆なので理解不能!)


M:俺はそれを「どう使うか」を決めてるだけだなあ。
逆に、現場スタッフはシステムはうちらにまかせっきりやろ?
同じ事やないか。餅は餅屋。








M:ま、強いて言えば。唯一俺が見てるのは
レース前の基準オッズとの「乖離」かな?


安井:乖離?どういう意味ですか?


M:ちょうどよくサポートに質問が来てたな。
「基準オッズってなんですか?どう使うんですか?」


安井:そうですね。Mさんの説明コーナーお願いします。
(Mさんは説明はヘタだからなあ。。心配)






M:おほん。
基準オッズとは。
その名の通り「基準となるオッズ」だ。

よくある「予想オッズとは違う」ぞ。


↑はい。ここ重要!わかった?






安井:いやいや。。


安井:(それではまったくわからないでしょう。。)
もう少し詳しくお願いします。


M:「一般的な人気を背負う要因だけで構成する馬券投票数では、このぐらいになるであろう」オッズだね。


M:逆に言えば

基準オッズと大きな乖離がある場合
「一般的な要因だけではない、別ファクターでのオッズ変化を察知できる」


とも言えるんだな。




安井:基準オッズの作り方から説明した方がいいのでは。。。


M:うーん。実は今から成績処理を急いでせなアカン。
続きはまたこんど。
長くなりそうだから、シリーズ化にしよう。
実例を挙げて説明していこうか。
これは序章と言うことで。



安井:今回はMと安井の雑談で終わってしまいました。
質問回答への続きはもうしばらくお待ち下さい。






JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら

©2010 JRDB
  • コメント( 0 )

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
JRDB本家はコチラ
JRDB競馬アラカルト|note
 
記事検索
JRDBについて
JRDB資料
↑クリックして拡大
⇒JRDBについてもっと詳しく
Archives