2013年02月03日

東京新聞杯は東京芝1600m戦で行われます。ではコース図から見ていきます。
▼コース図
05111600

▼勾配図
05111600ko

▼ラスト3F位置展開データ
05111600ken
赤系統が好走が多い部分、青系統が好走の少ない部分になります。

東京芝1600mの特徴はこちら

▼東京新聞杯展開予想図
05131411
JRDBの東京新聞杯展開予想図を参考に上記のデータを当てはめると
内 10.レッドスパーダ 8.トライアンフマーチ 2.リーチザクラウン
中 13.リアルインパクト 1.ダイワマッジョーレ 11.マウントシャスタ
外 9.ドナウブルー
大外 なし
でした。

▼各馬の動き
東京11R東京新聞杯
2013/2/3 4歳上 OP芝1600M  基準前半3F35.0
前半順位


馬 名前 半(平均)状 態脚元ハミ競馬場
110レッドスパーダ33.7(34.4)00馬なり(普通)R→R中山(良-16)67
213リアルインパクト34.0(34.9)00追う・押すD→D東京(良-14)71
314インプレスウィナー34.3(35.1)00馬なり(普通)E→E福島(良8)65
416ガルボ34.5(35.0)00追う・押す骨小○→○阪神(良10)70
509ドナウブルー34.5(35.2)00馬なり(普通)R→R東京(良-14)72
東京11R東京新聞杯
2013/2/3 4歳上 OP芝1600M  基準中間23.1
中間順位


馬 名中 間(平均)状 態脚元ハミ競馬場
114インプレスウィナー21.8(22.5)00馬なり(普通)E→E阪神(良10)65
205クラレント22.0(22.9)00馬なり(普通)E→E阪神(良10)71
303ブライトライン22.2(23.0)00馬なり(普通)○→○阪神(良10)67
416ガルボ22.3(22.7)00馬なり(普通)○→○東京(良-14)70
506スマイルジャック22.3(22.7)00馬なり(普通)○→○中山(良-16)68
東京11R東京新聞杯
2013/2/3 4歳上 OP芝1600M  基準後半3F33.4
後半順位


馬 名後 半(平均)状 態脚元ハミ競馬場
109ドナウブルー32.6(34.0)00デットヒートの末R→R新潟(良-18)72
208トライアンフマーチ32.7(34.3)00外から伸びるE→E東京(良-6)69
314インプレスウィナー33.0(34.8)00追って確りE→E東京(良-18)65
404レインスティック33.3(34.2)00デットヒートの末○→○新潟(稍重-8)62
503ブライトライン33.5(34.2)00伸びかけて止る○→○東京(良-19)67


残りは続きからどうぞ。
-----



JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら

逃げるのはレッドスパーダかヤマニンウイスカーでしょう。枠順を考慮するとレッドスパーダの可能性が高いですがともに無理に逃げるタイプでもありません。リーチザクラウンの位置取りは気になりますが、出遅れもありますし、長期休み明けならそれ程気にしなくても良さそう。ペースはミドルペースか。

◎5.クラレント
○1.ダイワマッジョーレ
▲8.トライアンフマーチ
注9.ドナウブルー
△11.マウントシャスタ
△10.レッドスパーダ

クラレントは多少時計が掛かる今の東京の芝があっているはず。富士ステークスは大外枠から早め先頭で確り伸びて差しきり。東京実績は「1-0-1-3」ですが、レース前に放馬した東京スポーツ杯2歳Sとダービー以外は大崩れなく好走しています。前走は距離も短く、その条件を得意としていたサンカルロやガルボには敗れましたが0.3秒と差はありません。

ダイワマッジョーレは前走包まれて何も出来なかった1戦で巻き返しに期待。金鯱賞はオーシャンブルーと差のない競馬。マイル戦でも勝ち星を挙げていますし終いの脚は確実。3走前のように馬群を割って伸びてくることも出来る馬なのでロスなくレースができれば。

トライアンフマーチは前走トラックバイアスの影響があったとはいえ好位から粘った点は評価。過去には安田記念でも4着に好走していますし、多少ペースが速くなっても粘りきることも出来るはず。

ドナウブルはーは休み明けが気になりますが、この斤量で出走できる点は魅力。東京での勝ち星はありませんが、ヴィクトリアマイルを初め昨年のG1戦線で好走しています。

△にはマイル戦で前進したマウントシャスタと前走渋太い競馬だったレッドスパーダを。マイル戦線もそろそろ世代交代の予感。

©2010 JRDB

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
記事検索
JRDB本家はコチラ
JRDBについて
JRDB資料
↑クリックして拡大
⇒JRDBについてもっと詳しく