2013年02月09日

クイーンCは東京芝1600m戦で行われます。ではコース図から見ていきます。
▼コース図
05111600

▼勾配図
05111600ko

▼ラスト3F位置展開データ
05111600ken
赤系統が好走が多い部分、青系統が好走の少ない部分になります。

東京芝1600mの特徴はこちら

▼クイーンC展開予想図
05131511
JRDBのクイーンC展開予想図を参考に上記のデータを当てはめると
内 7.アンルーリー 8.トロワボヌール
中 14.オーキッドレイ
外 2.イリュミナンス 15.ウキヨノカゼ
大外 13.ジョアンシーピン 4.スイートサルサ 12.ジーニマジック
でした。

▼各馬の動き
全頭用はこちら→前半用 中間用 後半用
過去4走一覧はこちら→一覧表
馬具説明はこちら→馬具図鑑

*基準はクラス毎の上位3頭の平均
*表示対象は当該条件と同じ芝・ダ、距離区分

東京11Rクイーンカップ
2013/2/9 3歳 OP芝1600M  基準前半3F35.8
前半順位


馬 名前 半(平均)状 態脚元ハミ競馬場
112ジーニマジック34.5(36.1)00掛る○→○東京(良-14)51
205コレクターアイテム35.0(36.3)00馬なり(普通)骨大○→○阪神(良-8)57
308トロワボヌール35.0(35.0)00馬なり(普通)○→○東京(良-14)45
403ブリリアントアスク35.1(36.2)00馬なり(普通)○→○東京(良-22)46
513ジョアンシーピン35.3(36.0)00抑える→○新潟(良-24)47
東京11Rクイーンカップ
2013/2/9 3歳 OP芝1600M  基準中間24.6
中間順位


馬 名中 間(平均)状 態脚元ハミ競馬場
111ミラクルラヴィ23.0(23.9)00馬なり(普通)E→E京都(良-6)54
213ジョアンシーピン23.4(24.6)00馬なり(普通)○→○東京(良-22)47
305コレクターアイテム23.5(24.7)00馬なり(普通)骨大○→○阪神(良-8)57
403ブリリアントアスク23.6(24.1)00馬なり(普通)○→○東京(良-22)46
501サトノフェアリー23.8(24.1)00馬なり(普通)E→E中山(稍重-6)48
東京11Rクイーンカップ
2013/2/9 3歳 OP芝1600M  基準後半3F34.3
後半順位


馬 名後 半(平均)状 態脚元ハミ競馬場
105コレクターアイテム33.2(34.1)00追って鋭く伸びる○→○京都(良-15)57
209スマートルピナス33.9(34.3)00伸びかけて止るE→D東京(良-15)46
304スイートサルサ33.9(34.1)00外から伸びる→R東京(良-14)55
402イリュミナンス34.0(34.3)00ゴール手前抑える余裕→E阪神(稍重2)52
515ウキヨノカゼ34.1(34.5)00外から伸びる→○東京(良-14)52


残りは続きからどうぞ。
-----

JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら

特に逃げたい馬もおらず、アンルーリーが馬ナリで逃げるイメージか。枠順もマズマズで近走は押してハナを奪っています。出遅れの心配もありません。ペースはスローペース。

◎5.コレクターアイテム
○2.イリュミナンス
▲3.スイートサルサ
△11.ミラクルラヴィ

コレクターアイテムは阪神JFで4着でしたが、内で競馬をしていた上位3頭とは対照的に1頭だけ外からの競馬。道中はやや包まれた部分も見られました。斤量こそ1キロ重いですが、アルテミスSで同条件の重賞を優勝。デイリー杯2歳Sでは鋭く伸びてきていますし、巻き返しに期待。

イリュミナンスはフェアリーSで道中位置取りが下がる不器用な競馬で前残りの競馬。コーナーの大きい阪神外回りで勝っているように、中山から東京へ替わるのはプラス。スタートが上手い一頭で好位から競馬のできる点は魅力。

スイートサルサは前走のフェアリーSで大外枠から出遅れる競馬。前残りの展開を0.1秒差の5着に差を詰めている点を評価。勝ち上がったのも、同じ条件である東京のマイル戦。カットされる不利がありながらも確りと追い込んでの優勝だけに上位2頭と同様に巻き返しがありそう。

気になるのはミラクルラヴィ。前走は直線包まれていましたが、最後は馬群を割って伸びてきています。マイル戦は「1-0-2-0」と安定していますし、左回りも問題ありません。また、スタートも徐々にではありますが、改善されてきているだけに好走があってもよさそう。

(大嶋)


©2010 JRDB

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
記事検索
JRDB本家はコチラ
JRDBについて
JRDB資料
↑クリックして拡大
⇒JRDBについてもっと詳しく