2013年09月30日

土曜日:朝の内こそ、秋らしく、涼しくなってきたが、日中の阪神パドックは、いまだ、真夏日。それに、夏の疲れも抜け切っていないから、スタッフの少ない土曜日の個人馬券は、開店休養状態。ま、明日になれば、スタッフが増え、個人馬券はどうにかなるか、と。また、この暑さも、京都開催になれば、一変、秋らしくなるはず。ひと辛抱すれば、秋の馬券収穫祭がスタートします。そう、頑張らねば…。

05R2歳新馬     

◎11番トゥザワールド(2着):脚捌き少し煩い面あるも好仕上げ。抑えて軽め。
○10番ドラゴンストリート(5着):馬体立派過ぎる感あるもデキ良し。少し煩い。
▲09番メイショウチギリ(3着):馬体ふっくら見せデキ良し。少し頭高い。
注03番バンドワゴン(1着):踏み込み少し緩いが仕上げ良し。少し煩い。
☆05番アムールブリエ(9着):ほぼ仕上がる。複勝圏内。軽めなのは騎手の特徴。

結果、注3番は、馬ナリでハナに立つ。道中は、飛びの大きいファームで、マイペース叶い、直線に入っても、脚色確か、後続を大きく引き離し、完勝。◎11番は、馬群の外から追走。直線、ジワジワと伸びるも、勝ち馬との差は一向に縮まらず、2着まで。▲9番は、馬ナリで2番手追走。直線、追い出すも、ジリジリとしか伸びず、3着まで。
*◎11番は、次走に期待。

06R 2歳新馬戦
◎06番メイショウホウトウ(3着):きっちり仕上がる。距離向く。少し掛かる。
○09番サトノバーキン(2着):すっきり仕上がる。距離向く。少し煩い。
▲08番ザマンダ(6着):歯ぎしり少し気になるもデキ良し。抑えて軽め。
注10番ステラマリーン(5着):少しお釣りあるもデキ良し。少し高脚使う。
☆03番ランズデール(9着):踏み込み少し緩いがデキ良し。少し高脚使う。

結果、◎6番は、スタート一息、後方馬群の外から追走。四角、大外を回り、直線、追い出すも、ジリジリとしか伸びず、3着まで。○9番は、軽く仕掛けて中団馬群の外から追走。四角、外を回り、直線半ばで先頭に立ち、そのまま、押し切るかに見えたが、中団待機の*5番勝ち馬に、外から強襲され、2着まで。

*◎6番は、次走、スタートまともなら巻き返す。


阪神11R ダート2000m シリウスステークス(G3・ハンデ)

◎01番グラッツィア(7着):コース微妙も馬体ふっくら見せ順調。軽めも少しできる。
○09番サトノプリンシパル(15着):良い意味での平行線。行き切れば。少し煩い。
▲13番ナイスミーチュー(2着):脚捌き少し硬いが仕上げ良し。少し高脚使う。
注15番ハートビートソング(4着):少し重め残り踏み込みも緩いがデキ良し。先入れ、元気良し。
△14番マルカプレジオ(6着):すっきり仕上がる。展開はまれば。軽目に終始。
☆02番ケイアイレオーネ(1着):馬体良く見せる。ハミ変え注意。抑えて軽め。

結果、☆2番は、馬ナリで後方待機策。四角、大外を回り、直線、外からグイグイ力強く伸びて、快勝。▲13番は、ゴール手前で抜け出しを計るも、2着まで。*11番は中団馬群の中から追走し、直線、狭い所から、渋太く伸びて、3着確保。
*2番は、ハミ替えが奏功した感。次走も要注意。

13R ハイカラ屋

イシイさん(開門ダッシュありがとうございました)、しょうじさn&カヨさん(一口愛馬ハートビートソング、立派な体つきでよく頑張っていましたね。脚元が無事なら、また楽しませてくれることでしょう)、アケダさん、ユミさん(差し入れありがとうございました)、スタッフの橋浜、イハラとでワイワイヤイヤイ、参加の皆様お疲れ様でした。

現場参戦

京都のKenさん(差し入れありがとうございました)とお友達さん。


日曜日:昨日同様、朝の内こそ秋風が吹き、涼しかったが、パドックに立つ頃になると、真夏を想い出させるような暑さで、早々にぐったり。しかし、今週末は、100倍ブログでリレーコラムの順番が回って来ている。その為、先週の日曜日から、ちょこっと馬券参加をしているのだが、なかなか、どうして、この暑さの中で、複雑な3連系の券種を考える余裕は無い。だから、超簡単な馬券法で闘う事に。その馬券法とは、パドック印◎評価点、3.4以上の馬の単勝(1.5倍以上)もしくは◎3.3以下の複勝(1.3倍以上)を購入。ま、これなら、利益こそ少ないが疲れも残らず、最後まで闘えるか、と。詳細は、週中の100倍ブログで公開します。

05R2歳新馬     

◎07番メネス(11着):脚捌き少し硬いが仕上げ良し。抑えて軽め。
○13番クインズハリジャン(2着):馬っ気出し幼い面見せるもデキ良し。抑えて軽め。
▲06番ガルデルスリール(3着):馬体立派過ぎる感あるもデキ上良し。軽めもまずまず。
注01番アマノウインジー(10着):脚捌き少し硬いがデキ良し。軽目に終始。
☆09番クリノカンパニー(5着):少しお釣りあるもデキ良し。複勝圏内。抑えて軽め。
☆08番タガノハンター(12着):ほぼ仕上がる。複勝圏内。少し煩い。

結果、○13番は、馬ナリで番手追走。直線半ばで一旦、先頭に立つも、*16番(1着)が外から渋太く良い脚を使い、差し切る。▲6番は、中団馬群の中から追走し、直線、狭い所から、抜け出し3着確保。◎7番は、スタート一息、直線の伸び無く、気性微妙。
*○13番は、▲6番とも、伸びシロ大きく、次走、要注意。


中山11R 芝1200m スプリンターズステークス(G1)

堅軸

◎10番ロードカナロア:休み明けの前走は、勝ち馬との差は、夏場使われて来た強みと、斤量(58k)の差だけ。中間の馬体重500k(前走時500k)は、メイチの仕上げ。 距離、コースとも向き、叩き2走目、上積み見込め大。巻き返す。
○1番グランプリボス:休み明け。ポン駆け微妙だが、中間の馬体重524k(前走時512k)は、前々走時の馬体重に戻り、中間の立ち写真通り好仕上げ。父バクシンオー産駒にして、ここまで、この距離を使って来なかったのは不思議な気もするが、馬体構造的には、通用する距離。
▲6番ドリームバレンチノ:中間の馬体重496k(前走時490k)は、中間の立ち写真通り、キッチリ仕上げた感。コース替わり微妙だが、デキの良さで克服可能。
注7番ハクサンムーン:中間の馬体重 490k(前走時480k)は、長距離輸送&気性面を考慮した仕上げ。距離向き、ハナ切れば渋太いが、揉まれ弱さ残り。スンナリなら、上位争い。
△15番マジンプロスパー:中間の馬体重524k(前走時504k)は、若干、重目残りに映るが、前走時が減りすぎていただけ。長距離輸送もあり、問題は無さそう。コース微妙だが、距離向き、展開嵌れば。
☆2番フォーエバーマーク:中間の馬体重513k(前走時512k)は、ビッシリ仕上げてきた感。同脚質馬との兼ね合い一つ。行き切ればチャンスも。

結果、注7番は、スンナリとハナに立つ。道中の手応え良く、ゴール手前まで渋太く粘っていたが、◎10番(優勝)に外からアッサリ交わされ、2着まで。*5番は中団馬群の内から追走し、直線、良い脚を使い馬群を割って、抜け出すも、3着まで。
*◎10番は、スタート一息も、慌てず騒がず、直線に入ると横綱相撲で完勝。

13R ハイカラ屋

イシイさん(連日の開門ダッシュありがとうございました)、ユミさん、小倉の美人馬券師ミキちゃん、某編集部のタバタさん、スタッフのイハラとでワイワイヤイヤイ。

現場参戦

ゴリラーマンさん(開門ダッシュ&プロレスのお誘いありがとうございました)、柴原央明元騎手のお父様、ヤノくん、次回ご参加ください。

ではでは パドックでお逢いしましょう グッドラック!

JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら

©2010 JRDB
  • コメント( 0 )

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
記事検索
JRDB本家はコチラ
JRDBについて
JRDB資料
↑クリックして拡大
⇒JRDBについてもっと詳しく
Archives