2015年01月09日

年が明けてG1馬の引退も相次いだ。
トーセンンラーはディープインパクトの後継種牡馬として早い時期に引退したのは正解か。
サンデーサイレンス産駒が走りはじめた時代にサンデーを付けることが出来ないのでエイシンサンディが人気を集めたように、相手が集まるかも。
特に母系にミスプロの血が入っているのでダートで走る馬も出る予感。

年度代表馬になったジェンティルドンナは初年度の相手はキンカメになる予定とか。
産駒にとってサンデーサイレンスが3代前に入ることになるので、サンデー系の種牡馬は付け難い。


【中山11レース 招福S】

8.ケイジータイタン

岩部→松岡

先手さえ取れれば渋太い。
昇級戦の前走は行けなかったがクラス2走目でメンバー的にも先手を取れそう。
ハンデ戦で54キロという斤量も、これまでの中で最軽量。スイスイと行ければ。


JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら

©2010 JRDB

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
記事検索
JRDB本家はコチラ
JRDBについて
JRDB資料
↑クリックして拡大
⇒JRDBについてもっと詳しく