2016年05月26日

☆ダービーの近5年の成績:

◆2015年
2015

◆2014年
2014

◆2013年
2013

◆2012年
2012

◆2011年
2011


距離や体重が不安な牝馬たちのオークスでは外厩を使用することがベターであったが、どうやら牡馬は皐月賞後、在厩でビシビシやるのがパターンか。今年も外厩からの帰厩初戦の馬は僅かで、人気が予測される馬は皆在厩調整ですね。

昨年こそノーザンが上位を独占したが、意外とノーザン一強ではないレース。
というのも、周知の事実ですが、Cコースで行われるために1枠が圧倒的に有利だからでしょう。枠を見てからゴロっと予想が変わるという方も多そう。

今年はレインボーラインとプロフェットがノーザンFしがらき帰り初戦で、あとは外厩を使っていないというのが現時点でのデータ。

.............
.............
.............

☆人気になるであろう各馬の過去外厩成績:

◆ディーマジェスティ
dhi-ma


◆マカヒキ
makahiki

◆サトノダイヤモンド
satonoda

◆エアスピネル
eas

◆リオンディーズ
rion

◆ヴァンキッシュラン
vanq

◆レッドエルディスト
red

◆スマートオーディン
smart

.............
.............
.............

普段外厩のデータを見ている身としては、外厩から帰厩して以降に多く走っている馬はマイナス補正したいのですが、ことダービーに関しては、ワンアンドオンリーが新馬戦以来外厩を使わずに帰厩9走目で勝利したという例もあり、帰厩4,5走目でも、帰厩初戦でも関係なく来るのでちょっと傾向としては表せない。。。結局は強い馬を探せということになるのか。。。

村山弘樹


JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら

©2010 JRDB
  • コメント( 0 )

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
JRDB本家はコチラ
JRDB競馬アラカルト|note
 
記事検索
JRDBについて
JRDB資料
↑クリックして拡大
⇒JRDBについてもっと詳しく
Archives