2017年03月03日

先週日曜は注目したアンビシャス・ヴィブロス・シュウジが揃って着外と情けない結果に。

中山記念を勝ったネオリアリズムはMデムーロ騎手×堀厩舎×ノーザンFしがらきなので、買える要素は満載。
それを知っていても軸にはアンビシャスを選んでしまうのが人間の弱さ。
(アンビシャスからネオリアリズムとヴィブロスに流した馬連を買っていました。。。)

外厩情報を取り入れたAIなら、しっかりとネオリアリズムの単勝を買ってるんでしょう。
そういう時代までもうすぐ、いやもしかしたらもう来ているのかも。


堀厩舎×ノーザンFしがらきはベタ買いで儲かるとは以前書いたけど、どうやら今年も続きそう。
土曜日はオーシャンSのバクシンテイオーが堀厩舎×ノーザンFしがらきです。

◆堀厩舎×ノーザンFしがらきの年別成績(2015年〜先週まで。帰厩初戦のみ)
horisiga

ハズしておいてなんですが、本命だったアンビシャスは、負けは負けだが、次につながりそうな良い負け方だったのでは。元来からの蹄の弱さや、乗り替わり等あるものの大阪杯でも楽しみです。

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-

☆チューリップ賞
tyu

個人的にチューリップ賞はガチガチのイメージがあるのですが、改めて見直すとそうでもないんですね。

狙うべきは、

末脚上位の馬。
内で巧く立ち回れる馬。
外厩でリフレッシュされた昨年末の実力上位馬。
クイーンCで脚を使いながらも敗れた馬。

こんなところかと。
今年は、IDMが抜けて高い、ハッキリ強いと分かる2頭がいます。
来る大舞台に向け、余裕ある仕上がりが予測される2頭に割って入れる馬がいるかどうかが選定ポイント。

人気が予測される馬は、、

◆ミリッサ
ノーザンFしがらきからの帰厩2走目。石坂正厩舎は帰厩2戦目に成績を落とす厩舎ではなく、在厩調整は気にする必要はない。ただ、1枠なので競馬が限られそう。リスグラシューと同じ位置で競馬をして、逆転できるかどうか。

◆ダノンディーヴァ
吉澤S-WESTからの帰厩3走目。大久保龍厩舎と言えば、帰厩初戦よりも2,3走目で成績を上げる厩舎であったが、直近は外厩×厩舎成績が芳しくない。しがらき吉澤グリーンウッドの関西有力外厩との成績も最近は強調点がなく、上積みを期待とはいかないか。鞍上頼み。

◆ミスパンテール
昆厩舎×四位騎手×ファンタストクラブのよくある組合わせ。
近一年で見るとヒルノマテーラくらいしか活躍馬はいないが、一応2015,2016年と連続して単勝回収率が100%を超えており、人気のないときに狙いたい存在ではある。が、さすがに単までは厳しそうで。

どうも人気2頭の壁は厚そうです。
人気2頭から3連複2頭軸流しで買いたいのですが、どれだけオッズが付くか分からず、現時点では何とも。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
外厩的に複勝率・期待値が高いレースをピックアップ!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


数字は左から、
勝率/連対率/複勝率/単勝回収率/複勝回収率(単位は%)を表します。(集計期間:2016/08/01〜先週まで)


☆中山2R7番アンチャーテッド・・・帰厩初戦の好期待値条件(吉澤S-EAST)
→22.2-37-54.3-99.8-90.6

☆阪神5R8番スマートウェールズ・・・帰厩初戦の好期待値条件(吉澤S-WEST)
→22.2-37-54.3-99.8-90.6


◆外厩とは?
→JRAには認定厩舎(外厩)という制度はないが、通称としてこの表現を用いる。
主にトレセン近郊に設けられ、厩舎から放牧に出された馬の管理・育成・調教を行う育成牧場のことを指す。




JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら

©2010 JRDB

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
記事検索
JRDB本家はコチラ
JRDBについて
JRDB資料
↑クリックして拡大
⇒JRDBについてもっと詳しく