2017年06月09日

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-

ヴィオトポスが関東の新馬勝ち上がり第一号となり、今年もビッグレッドファーム系外厩の馬がこの時期の新馬を盛り上げてくれそうです。ノヴェリストやロードカナロアといった新種牡馬が好タイムで勝ち上がったので、この辺りの勢力図なんかも楽しみですね。


◆阪神5R
新馬としては破格の調教タイムを記録しているグランデミノルに注目。馬券でどうこうではなく純粋な好奇心として注目しています。


1週前追い切りでスピリッツミノルに先着するなど時計の出は見事の一言で思わずつぶやいてしまいました。エンパイアメーカー×Storm Catなのでダート向きだとは思うのですが、素質でどこまでやれるか。本田優厩舎×宇治田原優駿ステーブルの吉岡實オーナーなのでイメージとしてはレーヌミノルなのです。

このレースは他にも楽しみな(注視しておきたい)馬が多数。ジョイオブライフはカナヤマホールディングス×名張トレセンなので昨年夏の小倉でポンポンと勝ち上がった組み合わせ。ビッグレッドF系のようにこちらも早い時期から注目しておきたいです。ビッグウェーブはKTレーシングが馬主なので、黒川哲美氏の所有馬ということになります。セレクトセールでカナリのお金を使われた方なので、これからメキメキと頭角を現してくるであろう馬主さん。これは騎手起用等を合わせて確認しておきたい。

◆東京5R
東京の新馬にはアジアエクスプレスの全弟レピアーウィットがいますね。先週のサトノオンリーワンに引き続きの早期デビューですが、芝でどうなのか扱いが難しいです。昨年の2歳新馬の勝率が66%!だった堀厩舎なので勝機があると見ての出走だとは思うのですが、サトノオンリーワンのように取りこぼしそうではある。ファストアプローチは藤沢和雄厩舎×ノーザンファーム天栄。今年もここからダービー馬が、、と胸躍る。藤沢和雄厩舎は2歳新馬からという厩舎ではないので馬券は買いづらいですが、天栄山元との連携・相性は更に良くなるのではと個人的に読んでいます。
◆2016年藤沢和雄厩舎×2歳新馬の外厩別成績:
無題
ノーザンファーム天栄の馬で新馬を勝った(馬券に絡んだ)のはレイデオロだけ。山元トレセンはソウルスターリングとペイドメルヴェイユでした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


☆東京8R4番ヘリファルテ・・・堀厩舎×ノーザンファームしがらき
→45-50-55-161-92

☆阪神9R2番ハイドロフォイル・・・ノーザンFしがらきと相性の良い厩舎(帰厩2走目まで)
→20.2-32.8-41.2-122.3-91.2

☆阪神10R8番クライムメジャー・・・ノーザンFしがらきと相性の良い厩舎(帰厩2走目まで)
→20.2-32.8-41.2-122.3-91.2



◆外厩とは?
→JRAには認定厩舎(外厩)という制度はないが、通称としてこの表現を用いる。
主にトレセン近郊に設けられ、厩舎から放牧に出された馬の管理・育成・調教を行う育成牧場のことを指す。

JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら

©2010 JRDB

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
記事検索
JRDB本家はコチラ
JRDBについて
JRDB資料
↑クリックして拡大
⇒JRDBについてもっと詳しく
Archives