2017年06月10日

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

東京11RエプソムC
epsom

阪神11RマーメイドS
ma-me-do

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

トーセンビクトリーの戦歴をみると古馬になってからは間隔を詰めて使うとNGの模様。異なる競走条件で勝ち切っているので、"適性"よりかは"中間の過程"で結果が変わる、というタイプでしょう。今走は中山牝馬Sを勝ったときと同じノーザンファームしがらきでリフレッシュと、この馬の走るパターンに該当しています。
◆トーセンビクトリーの過去走
tosenviku

一方、マキシマムドパリは帰厩初戦よりも間隔を詰めて在厩調整した方が結果が出ている。こういうのを見るのも面白いですね。(不利やG1挑戦というのも凡走理由なのでコチラはこじつけ。嫌う理由にはなりませんよ)
◆マキシマムドパリの過去走
maxim

さて、"外厩"でいえばビッシュをどう扱うかに触れなければなりません。中山牝馬Sは十分に間隔を空けたにもかかわらずの馬体減で見せ場もなく。ノーザンファーム天栄→ミホ分場への外厩替わりが不安と当時このブログに書いたと記憶しています。さて、今走はノーザンファーム天栄に戻してきました。ヴィクトリアマイルを使えなかった?そうですが、中間の写真はフックラ見せていたし輸送があるとはいえ体重の心配はしなくて良さそう。1週前の福永騎手騎乗の坂路で終いをまとめ、今週は輸送を考慮してセーブすることもなかった。調整過程に不安はなく、今回は買いでいいと思います。
◆ビッシュの過去走
vish

他にも目移りする馬ばかり。アースライズは「ノーザンファームしがらき帰りの矢作厩舎の買いパターン」に該当。矢作厩舎所属馬はアースライズのように坂路で好時計&終いを伸ばせている馬が好走する傾向にあります。ハンデ戦ということもあり馬券組むのが難しいので、シンプルにビッシュ、アースライズ、トーセンビクトリーの馬連BOXを買おうかと思います。

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

☆阪神11R1番アースライズ・・・ノーザンFしがらきと相性の良い厩舎(帰厩2走目まで)
→20.2-32.8-41.2-122.3-91.2

☆阪神11R5番トーセンビクトリー・・・ノーザンFしがらきと相性の良い厩舎(帰厩2走目まで)
→20.2-32.8-41.2-122.3-91.2

◆外厩とは?
→JRAには認定厩舎(外厩)という制度はないが、通称としてこの表現を用いる。
主にトレセン近郊に設けられ、厩舎から放牧に出された馬の管理・育成・調教を行う育成牧場のことを指す。

JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら

©2010 JRDB

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
記事検索
JRDB本家はコチラ
JRDBについて
JRDB資料
↑クリックして拡大
⇒JRDBについてもっと詳しく