2017年09月09日


競馬ナマTVが日曜14:00〜再開!!!
安井代表らしさ?を出した放送になるそうなのでお楽しみにお待ちください。






春競馬の競馬ナマTVで公開していた新激走指数は、改良を加え現在はスポーツ報知さんの「馬トク」サイトでご覧いただけます。コチラもあわせてご確認ください。
https://umatoku.hochi.co.jp/



h11rsun

☆セントウルS
今回はミッドウェイファームからの帰厩2走目となるファインニードル。北九州記念では前が詰まってロクな競馬ができなかったことを考えると重賞でも通用する実力を示した。ミッドウェイファームは勝利数こそ多くないものの、成績自体は上位外厩と遜色ない優秀な育成牧場。さすが世界のダーレー。個人的に狙い撃ちできる条件が分からず、推奨できていないのが申し訳ないところ。さて、このような場合は、厩舎の仕上げ方や馬のリズム等を合わせて判断するべし。高橋義忠厩舎は基本的に宇治田原優駿ステーブルの2、3走目で結果を残している厩舎(クラスの問題もありますが)で、ファインニードル自身も帰厩2走目で結果を出していることが過去走から見てとれる。本番で乗ることはないが、引き続きのMデムーロ騎手騎乗なのでモチベーションも高いだろう。

◇ファインニードルの過去走
fineneedle

フィドゥーシアは大山ヒルズからの帰厩2走目。近年は直線競馬で強さを見せてきた馬がセントウルSで好走するケースが多く、今年ならこの馬か。

ファインニードルから上手く組み立てたいが、おもしろい穴馬も見つけられずで、馬券は買いづらい。買うなら単勝かフィドゥーシアとのワイド1点になる。

--------
--------

n11rsun

☆京成杯AH
高速決着のイメージがあった京成杯AHも、エアレーションや馬場工事などで上がりの脚がある馬に有利になってきた印象。グランシルクは、ここまで【4,6,5,6】と安定した成績を残しているが、ノーザンF天栄からの帰厩初戦に限定すると【2,2,2,1】。馬券内を外したのは3歳時の京成杯AH時だけ。主戦の戸崎騎手がメラグラーナの方に乗りに行っている点が引っかかるが、この馬自身の力は出せるパターンではある。ただ勝ち切るタイプではないので、馬連フォーメーションで外厩馬券を。2列目には逃げ馬マルターズアポジー、勝率がイマイチも馬券にはよく絡む池添学厩舎×小松TCのボンセルヴィーソ、安定の音無厩舎×ノーザンFしがらきであるブラックスピネル、馬名太字馬になるほどではないが、藤原英昭厩舎×山元トレセンのガリバルディまで4点。

--------
--------

☆阪神9R 新涼特別
今年帰厩初戦で人気馬も穴馬も激走する西園厩舎。ノーザン系から宇治田原優駿S、吉澤S-WESTまで幅広く走っている。吉澤S-WESTからの帰厩初戦スマートレイチェルはスンナリ運べたら完勝まで。

◇2017年西園厩舎の単勝人気別成績(帰厩初戦時)
nisizono


馬券的に面白いのはマイネルラック。前走は出遅れて競馬にならず。距離延長に加え新潟→阪神のコース替わりなら差し脚が生きる。地力上位ヒロブレイヴと安田隆行厩舎のストリクス、スマートと同系だが逃げ馬のベルエスメラルダまで。

--------
--------

☆阪神10R 西宮S
かなり人気しそうなので推奨はできないですが、ミエノサクシードの放牧先である名張のヒイラギステーブルは率でならノーザンF系外厩に迫る実績がある、とは覚えていてください。

seiseki

--------
--------

☆阪神12R
なかなか勝ち切れないが500万下条件では地力上位のエンヴァールから。今回で3走連続となるノーザンFしがらき帰りとなる。藤原英昭厩舎は幅広くどこの外厩でも結果を残しているが、今年は吉澤ステーブルWESTからの帰厩初戦が【9,6,2,14】と爆発。レオナルドとかが代表馬でしょうか。前走ペースが向かなかったグランノーブルウェーブヒーローへ。


JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら

©2010 JRDB

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
記事検索
JRDB本家はコチラ
JRDBについて
JRDB資料
↑クリックして拡大
⇒JRDBについてもっと詳しく
Archives