2017年10月06日

秋来ぬと目にはさやかに見えねども毎日王冠にぞおどろかれぬる

意訳:秋の到来を目で感じることはできないのだが、今週は毎日王冠だから、もう秋がやってきたんだなと感慨深い気持ちである。

冗談はさておき、今週は3日間開催です。ついこの前やったような。まあ毎年のことなんですけどね。この3日間に行われる重賞は、どれもその後のG1を占う一戦になるため、予想もいいですが復習をしっかりとしたいところです。

週中に予想を詰められなかったので今週は(も?)堅そうな所を少点数でこなせれば。
基本的に雨の競馬はやらない(苦手だから逃げているが正しいが)のですが、見ていきましょう。

+-+-+-+-+-+-
+-+-+-+-+-+-

☆東京11R サウジアラビアRC

t11r

例年は新馬未勝利勝ちの馬がここを勝って〜という流れだったが、今年は前走で重賞OP好走した馬が多数。夏場戦ってきた馬が集うレースにこれからなっていくのだろう。馬場が良ければ、速い上がりの使える完成度が高い馬で決まるレース。すなわちステルヴィオで良いとは思うが、重馬場ではそこまで推し材料はない。それならば上位人気にはならないであろうシュバルツボンバーに興味がある。タフな馬場だった新馬戦でダノンプレミアムに完敗しているが、重馬場が敗因ではなさそうで、レコードタイムを記録した未勝利での変わり身も良かった。人気薄の馬は深く詰められていないので、人気どころへの馬連しか買えない状況。相手はステルヴィオダブルシャープダノンプレミアムスワーヴエドワード。各15倍くらいはつくと思うが、自身の無い重馬場想定で4点は買い過ぎ感はある。オッズが付けば単勝も。


☆東京9R 西湖特別

t9r

良馬場を1分36秒台半ばで走れるイーグルフェザーが物差しとなるレース。1000万条件の東京ダ1600なら威張れる実績はあるが、裂蹄テープを巻いたり外したりを繰り返している馬で、ツメの甘さはそこから来ているのかも。東京ダ1600Mで最内枠となれば取りこぼしは十分に考えられる。サノサマーは出足が鈍く後方一辺倒も持ち時計は優秀。外枠なら相手にはと思っていたが、これも2番枠ということで最後方から大外回るだけの競馬になりそうで信頼は置けない。馬券はブライトンロックから。サノサマーと似たようなタイプだが、東京外枠偶数短縮騎手替わりと好走条件は揃っている。一度使ってからのほうがいいタイプかとは思ったが評価を落としているようであれば。相手は上記2頭とベバスカーンシルバーポジー。馬連で。差しが決まる重馬場だったらいいのだが。


☆京都11R 平城京S
k11r

映像を見れたわけではないが、ストロングバローズは調教時計からはだいぶ戻ってきているのではと推測できる。しかしながら、強気にはなれず、硬い馬だけに最内枠が微妙で、距離もどうなの?という感じ。本当は東京ダ1600Mで見たいのだが、2走続けての遠征は何か意味があるのだろう。テンザワールドクリノリトミシェルに馬連。


☆東京7R3番ハッスルバッスル・・・帰厩初戦の好期待値条件(吉澤ステーブルEAST)
→27.3-40-56-91.8-83

☆東京9R7番シルバーポジー・・・ノーザンFしがらきと相性の良い厩舎(帰厩2走目まで)
→18.7-29.9-41-104-85.6

あまり呟く頻度は高くありませんが、Twitterやってますので、
@vm_jrdb をフォローよろしくお願いします。
以下は、先週テンモースを締め切られた時のもの。








JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら

©2010 JRDB

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
記事検索
JRDB本家はコチラ
JRDBについて
JRDB資料
↑クリックして拡大
⇒JRDBについてもっと詳しく
Archives