2017年12月29日

木曜日:久々の平日出勤? そう、毎度の土日と違い電車の発車時間が違っているのに気が付き、本日は「木曜日」だったかと・・・。
ま、それよりも、風が強く、気温も低く寒さとの闘いにになりそう。ただ、曇ってはいるが雨の心配が無いだけに取り敢えず、ホッ! となると何処かのレースで勝負を懸けなければ「年を越せない」果たして、結果は如何に・・・。

阪神4R2歳新馬 ダート1800m    

◎09番ハギノフロンティア(1着):ほぼ仕上がる。距離向く。軽目に終始。
○04番メイショウテンモン(4着):少し煩面見せるもデキ良し。少し脚捌き硬い。
▲01番アルジェント(8着):お釣りある仕上げもデキ良し。少し高脚使う。
注06番メイショウレイロウ(3着):お釣りある仕上げもデキ良し。脚捌き硬い。
△03番テイエムダイアラシ(10着):お釣りある仕上げもデキ良し。少し煩い。

総評 全体的に仕上げレベル低く難解

結果、注6番がハナに立ち、○4番が控えて2番手、*2番が好位、*7番が好位の外から、▲1番は中団の中、◎9番は中団の内から追走。直線、注6番(3着)が粘るところを、*7番が外から抜け出しを図ったところをその外から◎9番が力強く交わし、快勝。

阪神5R2歳新馬 芝1400m    

◎14番インディチャンプ(1着):馬体ふっくら見せ順調。距離向く。少し煩いが動きはマズマズ。
○01番アンジェロッティ(12着):すっきり仕上がる。距離向く。少し煩いが動きはマズマズ。
▲10番バイタルコード(6着):お釣りある仕上げもデキ良し。軽めも少しできる。
注11番ミルクアンドハニー(8着):仕上げ良し。距離向く。軽めもまずまず。
△04番ヒミングレーヴァ(10着):仕上げ良し。距離向く。煩い面見せる。

総評 ◎14番は意外は横一線

結果、*7番がハナに立ち、*8番は2番手、▲10番は好位、◎14番は好位後方の外、*5番は中団の内、*6番は中団後方、注11番は中団後方の外、○1番は中団後方の中から追走。◎14番が直線入り口から早めに動き、直線向いても脚色衰えず、そのまま、ゴールを駆け抜け快勝。*6番が馬群の中から抜け出し、2着確保、外から*5番が伸びて来たが、3着まで。
*◎14番は、馬体、レース内容からも上積み見込め、上のレースでも通用。

中山11R 芝2000M ホープフルS・G1 前日予想

上位馬実力拮抗

◎15番ジャンダルム:中間の馬体重492k(前走時484k)は中間の立ち写真通り好仕上げ。距離延長微妙な面あるが、叩き3走目、上積み、ハミ替え(Eハミ→Rハミ)2走目の慣れ見込め。
○7番タイムフライヤー:前走の敗因は、早めに抜け出し勝ち馬の目標になり。中間の馬体重460k(前走時460k)は好調キープ。距離向き、コース替わり問題無く、展開次第で逆転まで。
▲9番サンリヴァル:休み明け(グリーンウッド・滋賀。Bランク)もポン駆け利く体質。中間の馬体重484k(前走時482k)は、馬体絞れ好仕上げ。距離、コース向き、仕上げ次第。
注10番ルーカス:中間の馬体重488k(前走時488k)はメイチの仕上げ。距離延長、コース替わり問題無く、馬装具替え(チークピーシズ外し)2走目の慣れ、叩き2走目、上積み見込め。
△8番シャルルマーニュ:中間の馬体重480k(前走時480k)は、馬体絞れ好仕上げ。気性難残り詰めの甘さあるが、短期放牧(ヒイラギS・名張)効果見込め。距離延長好材料。ひと絞りあれば要注意。

複勝圏内
☆6番マイハートビート:短期放牧(ノーザンFしがらき。Aランク)帰り。中間の馬体重454k(前走時450k)は、前走時重かった分、絞れた感。
☆5番トライン:中間の馬体重464k(前走時464k)は、初戦、重かった分、絞れた感。大駆け注意。

結果、*5番がハナに立ち、▲9番は2番手、*12番が好位、注10番は中団の外、◎15番は中団の外、○7番は後方から追走。直線、◎15番が早めに抜け出し先頭に踊り出たが、外から○7番が力強く伸び、快勝。ゴール前まで▲9番は粘っていたが、*13番(3着)に交わされ、4着まで。
 
13R ハイカラ屋
タンノさん、徳島からナガイさん、ヨウコさん、スタッフの橋浜とワイワイヤイヤイ。参加された皆さん、おつかれさまでした。、

*最後になりましたが、今年も、格別のご愛顧を賜り厚く御礼申し上げます。
また、来年も変わらぬお引き立てのほどよろしくお願い申し上げます。

ではでは パドックでお逢いしましょう グッドラック!


JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら

©2010 JRDB

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
記事検索
JRDB本家はコチラ
JRDBについて
JRDB資料
↑クリックして拡大
⇒JRDBについてもっと詳しく
Archives