2018年03月17日

c11r
n11r
+-+-+-+-
+-+-+-+-

今週は重賞が4つ。個人的にはどれもピンと来ず、難しい。来週のG気鵬溝犬靴討くのも手かと思うが、自信と的中率は比例しないもので...。

中京11R ファルコンS
毎年一筋縄にはいかない印象があるが、ここは素直に人気どころで。各種指数が高く主力されたダノンスマッシュを軸に、テンクウ、フロンティア、アサクサゲンキ。ダノンスマッシュはケイアイファーム千葉から帰厩。今年のケイアイF生産3歳馬は、ダノンプレミアムもそうだが、関西馬でもケイアイファーム千葉で調整されて結果を残している。ケイアイファーム千葉は今週から外厩背景色がオレンジ色になっていますね。

ewfg



中山11R フラワーC
3歳牝馬重賞は成績上位外厩の馬を狙う。重賞でも上がりの脚を使えているトーセンブレスから、上位厩舎×ノーザンF・社台F外厩の各馬へ。オッズ的にはBOXでも。ロックディスタウンは藤沢和雄厩舎×ノーザンF天栄だが、少し前までは二ノ宮厩舎。難しい馬だけに池添騎手が起用されたのだろう。1番人気では買いづらい(私、阪神JFで本命でした...)

IMG_2844


+-+-+-+-
+-+-+-+-

阪神7R
外枠に連闘までしてきたゼセルがおり、これがハナを主張しそう。そうなると厳しいのだが、レッドルドラの粘りこみに期待したい。前走は前半〜中盤まで緩むことがない厳しいペースで、変わり目がありそう。典型的な流れ込みタイプなので、上がりの脚には期待できない。好走するには4角でどれだけ前目の位置に取れるかがカギ。前への意識が高い松山騎手にハナを主張して欲しいところだが。調整的には、大久保龍志厩舎の帰厩2、3走目という上昇ポイントに該当。大久保龍志厩舎はダートで良績。外枠が欲しかった。

阪神8R
勝つのはフィールドステイorアユツリオヤジか。2着にメイショウカネサダ、フィールブリーズ、ホイールバーニングを塗った馬単6点とか。

阪神9R
スローの内前残りをケアしても、エルプシャフトの3着内は信頼してよい。スロー予測でも延長のエンヴァールよりかはスマートエレメンツに興味。馬券的にはエルプシャフトとレプランシュのワイド。角居厩舎×NFしがらきは、3着というよりかは単系・連軸タイプなのですがね。

阪神10R
ジープルメリアは前走同様のアップヒル帰り。厩舎の好走パターンで、実績も十分。ただし今回は外枠に行き脚が速い馬が揃ったので、直線失速という場面があっても。買うなら前走だった。サクセスエナジーは、距離短縮も問題なく好位から上がりもまとめられるタイプ。昇級しても複軸にはできる。一発ハマりそうな馬の単勝をつまみつつ、サクセスエナジーから流す馬券を。タガノヴィッターは宇治田原優駿S帰り初戦の成績が安定している。

阪神11R
皐月賞へ向けたレースではあるが、タイムフライヤーは坂路の動きを見る限りは好調そのもの。オッズの通り勝ち切る可能性は高い。調教では青いチークピースを装着していた。ただ、馬券的にはダノンフォーチュンの単勝を購入。新馬戦のダイナミックなフットワークに素質を感じた。シクラメン賞の内容も悪くない。入厩後しばらく時計を出していないという情報があったが、問題はなさそう。以下、血統&馬体講座より。「ダノンフォーチュンはややダッシュつかず後方から。坂の下りで行きたがりながら進出し前を射程圏に捉えると、大トビで豪快なファームで一気に突き抜けた。馬群の中で競馬をするよりかは東京などの大きなコースでのびのびと走らせた方が良いだろうというのがファーストインプレッション」

+-+-+-+-
+-+-+-+-

h11r
sn11r


JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら

©2010 JRDB
  • コメント( 0 )

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
記事検索
JRDB本家はコチラ
JRDBについて
JRDB資料
↑クリックして拡大
⇒JRDBについてもっと詳しく
Archives