2018年04月14日

皐月賞

n11r


●ポイント
・G気涼罎任盂聞發ぅラシックなので、上位厩舎の帰厩2走目まで
・もちろん騎手も
・馬場や展開は深く考えない(土曜朝の段階では全くわからない)

今年の皐月賞はBOXにしました。理由としては単純で、軸を選ぶことができなかったから。激走指数では混戦模様、紛れのある中山芝2000m、重馬場強風が濃厚、逃げ先行馬が多く、差し馬は東京向きが揃った。難しいレース。

その中で、牡馬クラシックなので、騎手、厩舎、外厩を上に取りたい。BOXながら、一応の一番手はステルヴィオ。2歳時は追走に苦労していたが、年が明けてのスプリングSでは改善していた。加速ラップで伸びたことからも、距離に不安はない。木村哲也厩舎×NF天栄の2走目は平場では問題ないのが、重賞では好走歴がない(ほとんどが帰厩初戦で使われるためサンプルが少ない)ことはどうか。▲錺哀優螢▲も同じくNF天栄2走目。マカヒキと被るものがある。ただし、調整の過程は大きく異なる。ワグネリアンは気性面の問題からか皐月賞に向けた調整はずいぶん軽め。ステルヴィオと同じく、加速には時間がかかる東京ベター。それでも王道路線で上がり最速を使ってきた脚は評価したい。3種の神器がそろったとも言える池江泰寿厩舎×NFしがらき×Mデムーロ騎手のゥタノコマンドールも外せない。王道路線ではないが走破時計、上がり3Fからは重賞級のものがある。Д┘櫂ドーロは器用な競馬ができ、末脚も持続する。皐月賞では重視したいタイプ。藤原英昭厩舎×吉澤ステーブルWESTの2走目。前走が権利取りだったので、上昇度は?

ジャンダルムは舞台向き、池江泰寿厩舎で気になるが、点数を理由に買わず。オウケンムーンは能力的には評価できるが、共同通信杯から在厩調整で評価を下げた。

IMG_2864


JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら

©2010 JRDB
  • コメント( 0 )

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
記事検索
JRDB本家はコチラ
JRDBについて
JRDB資料
↑クリックして拡大
⇒JRDBについてもっと詳しく
Archives