2018年05月05日

IMG_2879


Д織錙璽ブロンドンはミッドウェイファームからの帰厩2走目。藤沢和雄厩舎は、レイデオロとソウルスターリングの活躍があったように、ノーザン社台系外厩の帰厩初戦でG気鮠,辰討た印象が強い。それでも、サトノアレスやゴーフォザサミット(重賞ですが)のように帰厩2走目でもマイナスにはならない厩舎。今回は坂路で全体、終いともまとめて良化気配。実績を信頼して。

2列目は3頭。村山激走指数の上位へ。

パクスアメリカーナの前走は、4→8→7というコーナー通過順位のとおり、内枠からうまく流れに乗れなかったなかで、タワーオブロンドンと差のない競馬。中内田厩舎は1戦必勝タイプの調整をするので帰厩初戦の成績のほうが優秀ではあるが、中間の動きからはデキもよさそう。

アーモンドアイやジェネラーレウーノのように、3歳のはじめを外厩で調整された馬が好走するのがトレンド。該当馬はノーザンファーム天栄からの帰厩初戦であるテトラドラクマ。自ら速いペースを刻んで良さが出るため今回もHペースを演出するだろう。東京マイル実績と天栄でのリフレッシュ・成長に期待。

ギベオンは毎日杯2着の実績と騎手、厩舎から。ただし、山元トレーニングセンターからの帰厩4走目で調教の動きもやや硬く映ったのはどうか。

3列目。桜花賞で見せ場を作れなかったNF天栄馬ということではゥ廛螢皀掘璽も該当。こちらは内枠だけに、うまくレースが運べればという注文が付く。

JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら

©2010 JRDB
  • コメント( 0 )

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
記事検索
JRDB本家はコチラ
JRDBについて
JRDB資料
↑クリックして拡大
⇒JRDBについてもっと詳しく
Archives