2018年05月12日

t11r


今週も馬トクサイトの激走指数上位で組み立てました。激走指数上位は人気馬が該当したので、ヒモ波乱期待の馬券。指数1位のアエロリットからの流しと上位馬のBOX。このような買い方には慣れていないのですが、波乱含みのレースならアリか。上位人気の馬連のみの決着なら大赤字となってしまうが果たして...。

IMG_2880


10アエロリットは、.魁璽硬性あり外厩帰り2看倭蠎蠅帽チ歴ありと好走要素は揃ったように思える。今回は4月20日(レースの23日前)にノーザンファーム天栄から帰厩。間隔は十分に空いているが、中山記念時よりも8日遅い入厩となっている。クイーンS時にレース16日前、NHKマイルC時には11日前の直前入厩で結果を出しており、今回はそれを意識したか。木曜日に最終追いを敢行していて、リスグラシュー同様にG気妊僖拭璽鵑鯤僂┐討たのがどうなるか。

+-+-+-
+-+-+-

16リスグラシューは東京新聞杯で見せたように、左回りでは一瞬で抜け出す脚力がある。調教後の馬体重は466キロ(前走時452キロ)で、3歳時比較では随分と大きくなった。それでも、東京新聞杯時は当週にびっしりと追い切っていたが、今回は1週前に時計を出して当週は軽めという違いはある。
輸送で馬体重が減り、ピリピリすることを懸念した調整過程が吉と出るか凶と出るか。

risu

↑パドック班からは、東京新聞杯時も馬体はギリギリだったとのこと。

+-+-+-
+-+-+-

昨年の好走馬3頭、11アドマイヤリード17デンコウアンジュ4ジュールポレールは、村山激走指数が高く出た。激走馬にも該当しており、この辺りが高配当をもたらしてくれたら。

1レッツゴードンキはこれまでこのレースでは結果を残せず。それは高松宮記念→VMの距離延長で引っかかってしまうというパターンであったが、内枠ならば押さえておくべきか。

9ソウルスターリングは流石に人気を落とし過ぎだが、前走の負け方、そして、今回の上昇も特に見られなかった。見送りが妥当か。

JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら

©2010 JRDB
  • コメント( 0 )

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
記事検索
JRDB本家はコチラ
JRDBについて
JRDB資料
↑クリックして拡大
⇒JRDBについてもっと詳しく
Archives