2018年08月05日

レパードS
3歳ダート重賞らしく、ダート馬としての格が大切になるレース。
新潟ダートなので、合わせて先行力も重視したい。

世代トップの実力があるのはドンフォルティスだが、調教はJDDからの上積みが感じられない。時計を出さないタイプの馬だとはいえ、重賞に挑む馬にしては物足らない。ここは無印。

本命は▲▲襯トス。530キロを超す大型のダート馬という点は、世代限定重賞では評価したい要素。前走はSペースから抜け出す際の脚色に光るものがあり、時計以上の評価ができる。着差を付けて優勝経験のある左回りに替わり、そして、調教の動きも良く、今回は更なるパフォーマンスの上昇が望める。


対抗はグレートタイム。ユニコーンS、JDDと、最後の最後に差し込んできたように、器用さは欠く。格としては十分だが、新潟ダートでは直線だけの競馬になることが懸念され2番手まで。山元TCから帰厩4走目ということで蓄積疲労が気になるが、藤原英厩舎らしい調教過程でケアされていると判断。

IDMが優秀なゥ▲疋泪ぅ筌咼ター、揉まれず運べれば世代トップのΕ哀螢、新潟微妙も末脚有終のエングローサーへ。

馬券は土曜の10時に買ったが、思ったより単勝オッズが人気になっていて...

IMG_2926



小倉記念
小回りで平坦コースの重賞であればトリオンフが優位。
相手もサトノクロニクルサンマルティンの2頭。
サンマルティンはノーザンファーム天栄→ノーザンファームしがらきでワンクッション→小倉競馬場の昨年同様の過程。レースでは気の悪さを見せているだけに、ストレスフルなトレセンを経由しないことは好感だ。昨年同様に好勝負が期待できる。

IMG_2927


JRDBはこちら 携帯版JRDBはこちら 携帯からの申し込みはこちら PCからの申し込みはこちら

©2010 JRDB
  • コメント( 0 )

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
記事検索
JRDB本家はコチラ
JRDBについて
JRDB資料
↑クリックして拡大
⇒JRDBについてもっと詳しく
Archives